高島彩、2回の流産を経験!?北川悠仁とともに2人の子供を育てる現在までの道のり 芸能人

高島彩、2回の流産を経験!?北川悠仁とともに2人の子供を育てる現在までの道のり

2011年ゆずの北川悠仁さん(41)との結婚を発表したフリーアナウンサー高島彩さん(39)。現在4歳と2歳の子供に恵まれ幸せな家庭を築いています。そんな彼女が以前流産を経験した!?というニュースが話題となりました。彼女の現在に至るまでの道のりとは・・・

高島彩の結婚に至るまでの道のりとは

高島彩プロフィール

  • 本名:高島彩
  • 学歴:成蹊大学法学部政治学科卒業
  • 経歴:2001年4月にフジテレビアナウンサーとして入社。
  • 主な出演番組:「めざましテレビ」司会に就任。
  • 偉業:視聴者からの人気を集め「好きな女性アナウンサーランキング」5連覇、殿堂入り。
  • 現在:2010年10月1日7年半司会を務めた「めざましテレビ」を卒業、同年12月31日にフジテレビを退社。2011年1月1日芸能事務所フォニックスへ移籍しフリーアナウンサーへ転身。

 

高島彩、北川悠仁との交際

出会いのきっかけは?

2005年9月30日ゆずが「めざましどようび」でテーマソングを手掛けたことがきっかけで2人は出会いました。その後、2006年知人を介して再会したことで意気投合し交際がスタートしています。

交際期間は?

お互いのスケジュールが合わないことが多かったそうですが、両親を交えて食事をするなど交際は順調だったそうです。2008年北川悠仁さんの父親が亡くなってから高島彩さんが献身的に支えたことが結婚を意識するきっかけになったのではないかと言われています。その後2011年10月20日ゴールインとなりました。

高島彩、過去に2回の流産を経験

北川悠仁との結婚後に妊娠するも流産し・・・

結婚して半年後、妊娠4ヶ月ということがわかりました。ところが公開しようとしていた矢先、お腹の子供が亡くなったということが発覚しました。原因は「子宮内胎児死亡」。染色体異常によるものです。医師から流産であることを告げられた時は涙をこらえましたが、夫の北川さんの顔をみた途端、申し訳なさと悲しさでいっぱいになったそうです。

流産を経験した高島彩さんを支えたのは・・・

流産を経験し、悲しみに暮れる日々を送っていた高島さん。そんな彼女を支えたのは、同じ体験をした女性たちのブログでした。北川悠仁さんとともに彼女たちの言葉に励まされ、徐々に元気を取り戻していく中で「妊活」を行うことを決意しました。

「妊活」に取り組むも・・・

落ち込んでいた気持ちをなんとか取り戻し「妊活」に取り組むことを決意した彼女でしたが、残念なことに2回目の妊娠でも流産が発覚してしまいました。今回は「化学的流産(ケミカル・アボーション)」。着床後に発育が止まり、生理様出血が起こることです。2度に渡る流産という彼女にとって非常に辛く苦しい経験であったと思われます。

流産を乗り越え念願の子供を出産!

再び妊娠が発覚

1人目の流産から1年後、再び妊娠が発覚しました。メディアに公表した以降も、胎盤が子宮口を塞いでいる「全前置胎盤」や「切迫流産」の診断を受けるなどの危機を乗り越え、ついに2014年2月第1子を出産することができました。

2人目の子供を妊娠

2016年2人目となる子供を出産したことを発表した高島彩さん。1人目の出産から2年後再び新しい命が誕生しました。今ままでの経験があるからこその深い愛情を注いでいることが伺えます。その時の FAXがこちら。

私事ではありますが、先日、我が家に新しい家族が増えました。小さな体から放たれる高らかな産声に生命力を感じる、3065グラムの元気な女の子です。またひとり愛おしい存在が増え、家族の日々が益々賑やかに面白くなりそうです。お姉さんになろうと頑張る長女の姿もまた、愛おしい景色です。沢山の方に支えていただきながらこの日を迎えられたこと、改めて心より感謝いたします。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

eltha   https://beauty.oricon.co.jp/news/2072606/full/

 

高島彩、北川悠仁の子供はダウン症・・・?

子供がダウン症であるというニュースが噂となりました。1回目の流産をした時が「子宮内胎児死亡」であったと紹介しましたが、これが「染色体異常」からなるものであったためダウン症であるという噂が広まったようです。よって、子供がダウン症であるという話は事実である可能性は低いと思われます。ダウン症とは下記のことを意味します。

通常23組46本の染色体のうち、21番目の染色体が1本増え、全部で47本になったことが原因で起こります。21番目の染色体が3本あるものを「標準型21トリソミー」と呼び、これがダウン症全体の95%を占めています。

りたりこ発達ナビ https://h-navi.jp/column/article/63

 

北川悠仁の妻、2人の子供の母となった高島彩の現在

今もなお現場で活躍する高島彩さん!

現在高島彩さんは「サタデーステーション」のメインキャスターを担い、その他特別番組の司会を務めています。なかでも話題になったのが、2015年TBSのドラマ「下町ロケット」9・10話にジャーナリスト役で女優デビューを果たしたことです。このように、母になった現在でも多方面で衰えない活躍をみせておられます。

育児の基本は「適当」!?

育児に仕事にと多忙な日々を送る高島彩さん。どのように両立させているのでしょうか。現在は産後すぐに職場復帰する女性も増えているので気になる方は多いと思います。高島彩さん曰く、座右の銘は「適当」だそうです。あるインタビューでこのようにおっしゃられていました。

長女を出産したときは、一人目の子どもということもあり、『すべて私がやってあげたい』と思っていたんです。ところが、次女を妊娠したときに、前置胎盤になってしまい、長女をあまり抱っこできなくなってしまったんです。それでようやく『これはできない!』と思い、ヘルプを求めることができたんです。
それから、良い意味で力の抜きどころがわかる『適当』ができるようになったんです。

ベネッセ教育情報サイト http://benesse.jp/kosodate/201804/20180413-1.html

高島彩の家族について

高島彩、父親は俳優だった!

高島彩さんは実は2世だったのです。父親は元俳優の竜崎勝(りゅうざき かつ)さん。1984年、高島彩さんが5歳の時に亡くなられています。竜崎勝さんの同期には中尾彬さん、高橋英樹さんなど現在も活躍されている方々がおられます。その中でも多くの作品に出演されて活躍をみせていた実力派の俳優さんだったのです。

兄も以前俳優だった!

実はお兄さんも俳優をしていたのです。お兄さんは高島郷さん。高島彩さんの5歳上で、彩さんと同じく成蹊大学法学部に入学しますが、中退し俳優活動を始めました。その後テレビドラマやCMに出演し活躍しますが2003年に引退。現在は眼鏡量販店Zoffを展開する株式会社インターメスティックの部長さんだそうです。

母親は厳しい人!?

高島彩さんの母親は普段はとても優しい方だそうですが、昔から身だしなみには厳しい面もあるそうです。テレビに映った彩さんを観て「足がだらしない!常に両足に力を入れて立ちなさい!」と言ったこともあるそうです。このような母親の言葉に彩さんは今でもとても感謝しているそうです。

高島彩、北川悠仁の子供について

1人目の子供は?

2回の流産を経験し、やっとの思いで2014年2月17日第1子である長女が誕生しました。2人で仲良く歩く姿が近所で目撃されているようです。待ちに待った初めての子供であり大事に育てられていることでしょう。

「ベストマザー賞」受賞

長女出産後「ベストマザー賞」を受賞されました。今までアナウンサーとして大活躍してきましたが、母親してもその功績を残しています。受賞した時のコメントからも控えめでありながら母親としても自分の信念を貫いた高島彩さんらしさが伺えます。

まったくもってベストなマザーではなく、自分の都合で朝10時くらいまで娘とゴロゴロしていることもあれば、母に預けてお芝居を見に行ったりと、頑張っているお母様方にとっては『何て自分勝手な』と言われるような日々かもしれませんそれは陽気な母でいることです。お母さんの機嫌が良ければ、家庭が上手くいくんじゃないかなと信じているので、基本的には『何とかなるさ。ケセラセラ』でニコニコしながら今は過ごしております。

ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp

2人目の子供も女の子

2016年6月1日2人目の子供を出産したことを発表しました。今回も女の子だったそうです。驚くのは職場復帰時の早さです。長女の時は8ヶ月、次女の時はなんと1ヶ月半で復帰されたそうです。なぜここまで早い復帰ができるのかというと、実母が子供たちのお世話に非常に協力的で、預け先には困らないそうです。

高島彩の夫、北川悠仁について

北川悠仁プロフィール

  • 本名:北川悠仁
  • 身長:175cm
  • 体重:57Kg
  • 担当楽器ボーカル・ギター・タンバリン・ピアニカ・カズー・口笛など
  • 兄弟:姉が3人と兄がいて、兄とは17歳離れている
  • 母親:宗教法人かむながらのみちの教主北川慈敬さん

「ゆず」結成秘話

音楽を始めたのはお兄さんのドラムを叩いたのがきっかけで、ゆず結成前は「X JAPAN」のYOSHIKIさんに憧れバンドのドラマーとして活躍していたそうです。その後もともと同級生で相方の岩沢さんが路上ライブをしているところに心を打たれ「一緒にやりたいんだけど」と北川さんが声をかけ1996年3月「ゆず」が結成したそうです。

北川悠仁の「ゆず」としての活躍

1997年にデビュー。1999年にリリースされた2ndアルバム「ゆずえん」で初めてオリコン1位を獲得、その後2000年には「嗚呼、青春の日々」が初めてオリコンシングル1位を獲得しました。同年、NHK紅白歌合戦に初出場。そしてシングルは2ndから43thまで42作連続トップ10入りを果たしています。

夫、子供に恵まれた高島彩さんの現在までの道のりを振り返って

現在は公私ともに充実した生活を送っている高島彩さん。それも2回の流産を夫の北川悠仁さんと乗り越えたことでさらにたくましい女性になった彼女であるからこそ実現できていることなのかもしれません。今後も彼女の活躍に注目したていきたいですね。