桶川ストーカー殺人事件とは?犯人は小松和人?被害者は女子大生? 社会

桶川ストーカー殺人事件とは?犯人は小松和人?被害者は女子大生?

皆様は桶川ストーカー殺人事件という事件をご存知でしょうか?小松和人容疑者を中心とした犯人グループによる殺人事件で、マスコミによって警察の不祥事も明らかになった事件でもあります。清水潔氏による本が出版されたことでも有名なこの事件について今回はご紹介致します。

目次

[表示]

桶川ストーカー殺人事件とは?犯人は小松和人?

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

桶川ストーカー殺人事件は小松和人容疑者を首謀者とした犯人グループによって引き起こされた殺人事件のことです。

また、この桶川ストーカー殺人事件は首謀者によって極めて計画を練り込まれた事件でもあり、結末もとても後味の悪いものでした。

新たにストーカー規制法という法律を生みだすきっかけにもなったこの事件について詳しくご紹介致します。

桶川ストーカー殺人事件の概要は?

桶川ストーカー殺人事件は1999年10月26日に起きた殺人事件で、埼玉県桶川市JR日本高崎線桶川駅前にて起きました。

被害者の女子大生と当時容疑者として有力であった小松和人氏の交際関係のもつれから起きたストーカー行為が発展しての殺人事件でした。

当時ストーカー行為から殺人に至る事件は極めて稀であり、この事件が契機となって2000年にストーカー規制法が施工されることになります。

被害者は犯人の元交際相手の女子大生・猪野詩織さん

cowins / Pixabay

被害者は当時21歳の跡見学園女子大に通っていた猪野詩織さんで、小松和人氏とは過去に交際関係にありました。

当時、猪野詩織さんは小松和人氏に対し別れ話を切り出しており交際関係を解消しようとしていたようです。

小松和人氏は交際関係の解消を拒絶していたようで、別れ話を切り出された後にいわゆるストーカー行為を始めます。

被害者は束縛や恐喝に加え別れた後には激しい嫌がらせを受けていた

KlausHausmann / Pixabay

被害者の猪野詩織さんはそもそも小松和人氏とまともな交際関係にあったわけではなかったようです。最初の頃こそ食事やドライブを楽しむ程度の仲だったようです。

しかし、交際が続くにつれて小松和人氏の異常な面があらわになり始め、恐喝紛いの行為を働くようになります。さらには携帯電話での頻繁な連絡など束縛行為も始まりました。

そこで猪野詩織さんは別れ話を切り出すと嫌がらせはさらに加速して家族にまで及ぶようになりました。

複数人の犯行グループによって殺害された

Alexas_Fotos / Pixabay

猪野詩織さんに執拗なストーカー行為が始まってしばらくした後、猪野詩織さんは小松和人氏から受け取ったプレゼントを返送します。

その時点で小松和人氏は猪野詩織さんの殺害を計画し始めていたそうです。小松和人氏は金を使って猪野詩織さんの殺害の実行犯を集めました。

そして10月26日に猪野詩織さんは実行犯の久保田祥治氏に殺害されてしまいます。

犯行グループは4人で小松和人はいなかった

Russell_Clark / Pixabay

実際に猪野詩織さんの殺害を行ったのは久保田祥治氏で、その他には久保田祥治氏を輸送するために雇われた川上聡氏、見張り役の伊藤嘉孝氏がいました。

また小松和人氏の兄である小松武史氏は上記の3人に小松和人氏から受け取った報酬を使って犯行を指示していたようです。

この時、小松和人氏と小松武史氏は犯行の現場にはいませんでした。

犯行グループの小松武史、久保田祥史、伊藤嘉孝、川上聡は金で雇われていた

kschneider2991 / Pixabay

上に挙げた犯行グループの人物たちは首謀者の小松和人氏に金で雇われた人物でした。

小松和人氏は自らのアリバイを作り出すためにこのような手口を取っていたのです。

実行犯4人と名誉毀損容疑で他8人が逮捕された

犯行グループの人間が逮捕されたのは12月19日のことで、最初に逮捕されたのは久保田祥治氏でした。

その後の同月20日には犯行グループ全員が逮捕されました。いずれも殺人容疑での逮捕でした。

さらにその後、猪野詩織さんやその親族への名誉毀損行為でさらに8人が逮捕されました。

主犯の小松和人はアリバイ工作の為沖縄にいた

Monoar / Pixabay

桶川ストーカー殺人事件の首謀者である小松和人氏は事件当日にアリバイ工作を行うために沖縄に飛んでいました。

2000年1月26日に名誉毀損で逮捕者が出たと同時に小松和人氏に対して指名手配がかかっています。この時の罪状は名誉毀損容疑でした。

指名手配され逃亡後に遺書を残し北海道で自殺

2000年1月26日に指名手配された小松和人氏でしたが、犯行後実に2か月以上もの間逃亡を続けたことになります。

そして指名手配が為された翌日の2000年1月27日に北海道屈斜路湖畔にて遺体で発見されます。

小松和人氏は遺書を残しており、その内容は自身の泣き言と小松和人氏の両親に宛てた保険金に関することが書かれていたそうです。

桶川ストーカー殺人事件に関連する記事はこちら

主犯の小松和人とは?色男で実業家だった?

桶川ストーカー殺人事件の主犯格であった小松和人氏ですが、いったいどのような人物だったのでしょうか。

事件の内容を読み解いていくと、小松和人氏がかなり異常な執着心を持っていたことが伝わってきます。

では、実際に事件やその前後の行動から小松和人氏の人となりを読み解いていきましょう。

小松和人の当時の年齢や特徴は?長身の色男?

Pexels / Pixabay

小松和人氏は当時27歳で身長は180cm程度、髪は天然パーマで少々染めていて、顔は俳優に見紛うほどに整っていたようです。

猪野詩織さんと知り合ったときは名前を小松誠、年齢を23歳と偽っていました。また、職業も自動車販売であると偽っていたようです。

酒もほとんど飲まずタバコも吸わなかった

Free-Photos / Pixabay

小松和人氏は酒はほとんど飲まず、タバコは全く吸わなかったようです。

後述しますが小松和人氏は風俗営業店を営んでいました。そこからは想像できないような一面ですね。

口癖は「自分では手を下さない。」

RyanMcGuire / Pixabay

小松和人氏は「自分では手を下さない、金で動く人間はいくらでもいるんだ」と口々に言っていたようです。

これは本心からの言葉であった可能性が高く、実際に執着していた猪野詩織さんの殺害も金を使って人に殺害させています。

小松和人は無許可で風俗店を経営する裏の実業家だった?

上述したように小松和人氏は風俗店を経営していました。しかしこの風俗店は無許可に営業していたものでした。

小松和人氏は実業家は実業家でも裏社会に根付く実業家だったのです。小松和人氏が運営していた風俗店はいくつかあったようです。

もともと風俗店に勤務しており、勤務先から風俗嬢を引き抜き、備品を持ち出して独立したようです。

小松和人は複数の店舗で女性を人妻と称して働かせていた

27soon / Pixabay

小松和人氏は未認可の風俗店を経営していましたが、その実態はどのような物だったのでしょう。

小松和人氏の経営していた風俗店は30歳過ぎくらいの女性を人妻と称して提供するような店舗を運営していたようです。

経営ではトラブルも?

RyanMcGuire / Pixabay

先に述べたように小松和人氏は風俗店経営者として独立する際に元々働いていた風俗店の風俗嬢やその店舗の備品を持ち出して独立しました。

そのため元々働いていた店舗ともめており、経営していた店舗に怒鳴り込まれることもあったようです。

桶川ストーカー殺人事件で自殺後の死体は屈斜路湖畔で発見

PIRO4D / Pixabay

そんな小松和人氏は桶川ストーカー殺人事件を起こした後、北海道に逃亡するまでは沖縄でいつもと変わらない生活をしていたようです。

そして北海道に逃亡し、指名手配が為された翌日に屈斜路湖畔で首をつって自殺してしまいます。

小松和人の遺書の内容は?

jarmoluk / Pixabay

小松和人氏は自殺前に遺書を残しており、その内容は小松和人氏自身の泣き言と、自身にかかっている保険金に関する内容を両親に宛てていました。

被害者や遺族に謝罪するような文面はなかったようですが、一文だけ「自分は天国にはいけない」というような内容を書き綴っていたみたいです。

小松和人の執着は異常だったと世間で言われている

moritz320 / Pixabay

小松和人氏が猪野詩織さんに向けていた執着心は、行動を見るに異常な物でした。小松和人氏は別れを切り出した猪野詩織さんに風俗嬢として働けと迫っていました。

しかし、事件の内容やそれまでの猪野詩織さんに対する接し方を見る限り猪野詩織さんがたとえ風俗嬢として働いたとしても小松和人氏にプラスが出るとは思えないのです。

追い続けても自身にプラスになるものは何もない猪野詩織さんに対して異常と言えるまでの執着を持っていたことがわかりますね。

小松和人の生い立ちは?精神病院にも通っていた?

esudroff / Pixabay

前の項では主犯の小松和人氏を起こした事件からどのような人物なのかを見てきました。

人は金で動くという考え方をある種の信念として持っていたことや、異常なまでの執着心を持っていたことがわかります。

では、そんな小松和人氏を育んだ環境とはいったいどのような物だったのでしょうか?

育ちは悪かった?出身校などは不明?

ijmaki / Pixabay

小松和人氏に関する生い立ちや出身校などは不思議なほどに情報が出回っておりません。しかし小松和人氏はどうやら事件の途中に家族を恨むような発言をしていたようです。

そのことから何か愛情に飢えたような部分が見て取れるという意見も散見されます。

桶川ストーカー殺人事件前にもストーカー事件を起こしていた?

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

小松和人氏はどうやらこの桶川ストーカー殺人事件の前に付き合っていた女性とも問題を起こしていたようです。

程度の差はあれどその女性にもストーカー行為を働いていたというような話があります。

事件後に姉がマスコミに警告した?

kpuljek / Pixabay

この桶川ストーカー殺人事件を起こした小松和人氏には姉がおり、この姉がマスコミに対してストーカー殺人事件という言葉を使うななどと警告したようです。

小松和人氏は両親に捨てられたなどと言う発言をしていた割にはこの事件に関して家族からかばわれるような言動が散見されます。

小松和人はパラノイア患者だったと言われている

geralt / Pixabay

小松和人氏は過去に精神科への通院歴があり、自身は親に捨てられたという発言や、異常なまでのストーカー行為からパラノイアを患っていたともいわれています。

桶川ストーカー殺人事件の流れとは?被害者は警察にも相談していた?

webandi / Pixabay

前の項では小松和人氏の生い立ちや家族との関係についてご紹介してきました。家族、特に両親とはうまくいってなかったように見受けられます。

また、小松和人氏自身の情報に関しては不自然なほど情報がないのも特徴です。

ではそんな小松和人氏が引き起こした桶川ストーカー殺人事件についてその流れを見ていきましょう。

小松和人が被害者に話しかけて交際のきっかけに

johnhain / Pixabay

まず、小松和人氏と被害者の猪野詩織さんはどのようにして知り合ったのでしょうか。

二人の出会いは大宮駅の東口にあるゲームセンターでのことで、猪野詩織さんが友人とプリクラを撮ろうとしていました。

しかしプリクラ機が故障しており、そこに小松和人氏が声をかけたことがきっかけのようです。

小松和人は名前や年齢を偽り職業も外国車のディーラーとしていた

Noel_Bauza / Pixabay

この出会いの時、小松和人氏は自らの名前はおろか年齢や職業までもを偽っていました。

その時に伝えていた情報は名前を小松誠、年齢は23歳と伝えていました。また、職業に関しても外国車のディーラーとしており、月収は1千万程度だと伝えていました。

NEXT:小松和人は被害者と出会った時は優しい人だった?
1/2