前田吟が死亡という噂?息子も俳優?男はつらいよで活躍して現在は? エンタメ

前田吟が死亡という噂?息子も俳優?男はつらいよで活躍して現在は?

俳優の前田吟さんですが、最近ご覧になっていますか?死亡されたのでしょうか?前田吟さんの息子は俳優なんですか?若い頃は「男はつらいよ」で寅さんの義理の弟役で出演されていましたが、現在はどうされているのでしょうか。気になる前田吟さんを調べてみます。

目次

[表示]

俳優・前田吟とは?死亡説がある?

8385 / Pixabay

前田吟さんが亡くなっているという説が出ていますが、本当でしょうか?詳しく調べてみましょう。

事務所はどこ?前田吟のプロフィール

dcondrey / Pixabay

前田吟さんのプロフィールを確認してみましょう。

  • 本名    前田信明(まえだのぶあき)
  • 生年月日  1944年2月21日
  • 出身地   山口県防府市
  • 所属事務所 マエダ企画
  • 身長    170㎝
  • 職業    俳優、司会、歌手

今のところ死亡したという情報は出ていません。

「男はつらいよ」や「渡る世間は鬼ばかり」など数々の作品で幅広く活躍

geralt / Pixabay

前田吟さんと言えば、男はつらいよで寅次郎の妹のさくらの夫役諏訪博を演じていたのは記憶に新しいところです。それだけではなく渡る世間は鬼ばかりの野田弥生の夫野田良役については20年演じている。

また映画については真夏の方程式や3月のライオンなど数多くの作品に出演されています。

前田吟が死亡?デマだった?

pixel2013 / Pixabay

前田吟さんをネットなどで検索すると、「死亡」「亡くなった」などの文字も一緒に検索されてきます。なぜでしょうか?それにはある番組で出演したエピソードが関係しているのです。

番組で無呼吸症候群などの病気を診断されたのが噂の原因

rawpixel / Pixabay

その番組で無呼吸症候群の症状が1分40秒あったと指摘を受けました。無呼吸症候群は突然死の原因として知られています。

そのため、ネットでその情報が切り取られて死亡説が浮上したと考えられます。

医師からは「いつ突然死してもおかしくない」!?

rawpixel / Pixabay

番組内で測定された無呼吸症候群の状態は前田さんの場合1分40秒あったということでした。この状態を医師が見て「いつ死亡してもおかしくない」という指摘を受けたのです。

しかし、ほどなく治療を行い、継続して経過観察状態ですが、現在も元気に活躍されています。番組がもとで病気がわかり危うくという状態であったので、死亡したのではという噂が流れたようです。

現在も活躍中!前田吟の最近の活動・出演情報は?

Pexels / Pixabay

病気の治療を行いながら、現在も元気に活躍し、数多くのドラマ、情報番組、バラエティ番組の司会で活躍されています。

本人も仕事は調整して何でもやっていきたいとに取り組むのでマルチジャンルでの活躍が出来るのでしょう。

ではそんな前田吟さんの活躍の一部をご紹介しましょう。

バラエティ番組「二代目 和風総本家」に司会者で登場

mohamed_hassan / Pixabay

2019年5月16日から増田和也さん(テレビ東京アナウンサー)から引き継ぎ2代目司会として出演されています。

ほかの出演者の方からも猛烈に面白いと言われ、一生懸命されている司会に共演者も笑いが絶えない収録となった様子です。

また、クイズの場面では答えに近いヒントを出すあたりが、前田さんの誠実さが見えてよかったようです。でも当のご本人は、ただただ一生懸命だったとコメントしている。今後も楽しみな番組ですね。

2019年公開予定の映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

主演は渥美清さん(映像)。今作は寅次郎の甥満男(吉岡秀隆さん)がかつて思いを寄せたイズミ(後藤久美子)の物語となっています。

どんな展開になるかは2019年12月27日の公開までお楽しみと言ったところです。

2018年10月「プレバト!!」に出演

料理の盛り付け査定の場面で苦戦している前田の映像は面白かったです。番組を毎週見ている前田さんならではの感じでした。

「刺身の三種の盛り付け」センスを競っていました。

関連する記事はこちら

前田吟の嫁はだれ?息子や孫もいる?息子の画像は?

JillWellington / Pixabay

前田吟さんが元気なことが分かったので、奥様のなれそめや息子さんのことなどプライベートなことも少し調べてみましょう。

1964年に養成所で学年が2つ上の女性と結婚

2歳年上の奥様とは1964年に当時前田さんが通っていた劇団俳優座の養成所知り合い結婚されました。その後奥様は俳優や演劇の舞台には出ていないことを考えると前田さんを支えることに尽くされてきました。

そんな奥様に前田さんは浮気をしたことがあったそうです。それは関西テレビで放送された「快傑えみちゃんねる」に四男の俳優の淳さんと2016年5月16日出演されたときに語られました。

「夜行(電車)に乗ってね。朝6時ごろ、(妻が)来た」と回顧。浮気のお相手は「芸妓さんでした」と明かし、「ちょうど(相手が)1時間前に帰った後、定宿に(妻が来た)。怒られましたね」と苦笑いした。

何度か浮気歴があるという前田。夫人は浮気が発覚するたびに、指輪などの宝石を前田に「罰として」買わせたといい、「それが何個あるか…」と苦笑していた。

(引用:快傑えみちゃんねるより)

現在でも離婚のお話が出ていないので浮気をしても奥様の寛容さが見えることと奥深い愛情が見えます。愛されているんですね。

前田吟には4人の息子がいる

383961 / Pixabay

前田さんは4人の息子さんがいるそうです。4人ともそれぞれの多方面で頑張っています。前田さんの息子さんたちはどんな仕事をされているのでしょうか。それぞれ気になるとこなので調べてみました。

長男はテレビ東京に務めている

長男の琢(たく)さんテレビ東京のサイトを閲覧してみましたが、アナウンサーには名前はありませんでした。

ある情報筋によると営業職をしているとも言われています。となると番組制作や裏方的な仕事をしているので表立って情報が出てこないのでしょう。

しかし、テレビ東京に勤務されている事は確かです。

次男は俳優の前田淳

次男の前田淳さんは吟さんと同じマエダ企画所属の俳優です。1966年3月16日生まれ。(2019年時点で53歳)NHK朝の連続テレビ小説の春よ来い(1994~1995年)では君塚良平役を演じました。

また金八先生の第4シリーズ(1995~1996年)では 阿部一智役を演じました。そのほか数多くのテレビドラマ、映画などに幅広く出演されています。

淳さんには年齢は不明ですが、お子さんがいるそうです。

三男は建築会社経営

quinntheislander / Pixabay

三男の悟(さとる)さんの情報がかなり少なめでした。その理由は一般人だからでした。その中から分かったことは長野県で建設会社の経営者をされている事だけはわかりました。

芸能界に籍があるわけではないので情報をセーブされているのかもしれませんね。

四男・前田亨はボールルームダンスプロジェクト代表

ivanovgood / Pixabay

四男前田亨さんは1950年12月16日生まれです。前田ボールルームプロジェクトを奥様と一緒にされています。

大学は東京農大で入学すると社交ダンスの女性の衣装にあこがれて社交ダンスをはじめられました。2012年に奥様の近藤悠果さんと結婚されています。

社交ダンス界では亨さんは大会で優勝したり数々の受賞をされていまして、幅広く活躍されています。

孫は少なくとも5人いることがわかっている

Poison_Ivy / Pixabay

前田さんのお孫さんの情報がわかっている範囲では2009年時点で5人いることはわかっています。前田さんはお孫さんには目がないようで、ものすごく可愛がっているとご近所でも噂になっています。

前田吟は息子2人と徹子の部屋に出演したことも!

2018年7月27日放送された徹子の部屋で俳優の淳さんとダンサーの亨さんと一緒に出演されていました。

番組では次男の淳さんが子育ての違いについて、長男次男三男までは厳しく育てられたのですが、四男だけは甘やかしたと吐露されていました。

どこのお宅でも末っ子はやはりかわいいもんですからね。

前田淳がテレビ出演した際には前田吟の自宅の様子が紹介された

alles / Pixabay

2014年4月7日にTBSテレビの「ワケあり芸能人家族を隠し撮りSP」に前田淳さんが出演されました。その際吟さんが西川きよしさん以上にせっかちな性格ということが暴露されました。

また番組では前田吟さんの自宅を取材し、クローゼットに曜日ごとに着る服を準備して札を付けている様子や愛犬を散歩させている様子を紹介していました。

ここでもせっかちそうな様子をとらえてパネラーの池内ひろ美さんから「妻からすればせっかちな夫のほうが都合がいい」などと言われ場の雰囲気を盛り上げていました。

前田吟の生い立ちが壮絶?

BarbaraALane / Pixabay

前田さんは物凄く笑顔が印象的な俳優さんです。しかし、実は俳優になるまで苦労を重ねた波乱万丈な人生を送られています。どんな人生だったのか詳しく見ていきましょう。

両親は結婚せず、父は生後まもなく亡くなる

aliceabc0 / Pixabay

父親は今の共同通信の記者で母親はタイプライター教師でした。両親は結婚しないままだったのですが、吟さんが生まれて間もなくお父様は他界したそうです。

母が失踪したため養父母に育てられるも、養父母も子供の頃に亡くしている

sjv_john / Pixabay

その後、母親が失踪してしまったので、前田家に養子に出された。しかし、5歳の時に養母を亡くされ、12歳の時には養父をも亡くされました。

親戚の家をたらい回しにされた挙句、突如現れた母により工場勤務へ

Alexas_Fotos / Pixabay

養父母がなくなった後も、実家には戻らずに、知り合いの家を転々としたそうです。そして突然高校1年の時に失踪していた母親が目の前に現れて、高校を中退させられて工場で働かされたのです。

なぜこの時母親が現れ、高校を中退させられたのかは明確な理由はわかりません。ただこの時の経験が前田さんにとって人生の肥やしになっているように感じます。

それが前田さんの仕事に対する姿勢や演技の深みになっているのですね。

当時観た黒澤明監督作品に感動して役者を目指す

高校中退後は大阪の家具屋に就職しました。しかし、黒澤明監督の『野良犬』や『七人の侍』を見て感動して、俳優養成所へ向かったことは有名です。

前田吟が「男はつらいよ」で渥美清からかけられた言葉とは?

26年来の付き合いのあった渥美清さんから前田吟さんに特別にかけられた言葉があるそうです。それは一体なんでしょうか?男はつらいよにまつわるエピソードを含めてご紹介しましょう。

前田吟は寅さんの妹に恋い焦がれている役どころを演じた

1969年に山田洋次監督に気に入られて初めて男はつらいよに出演されました。役どころは寅次郎の妹のさくらに恋い焦がれる印刷工の諏訪博役でした。

この役は前田さんにとってもびっくりするほどベストマッチとなり、さくらと結婚した博としてシリーズ48作全部出演されました。

一つの役をこれほど長く演じれるキャスティングはもちろん山田洋次監督のすごいところですが、前田吟さんもぶれずに諏訪博役を一貫して演じてきた役者魂は素晴らしいものがあります。

NEXT:渥美清からは、哲学者のような言葉をかけられた?
1/2