坂上二郎の死因は?コント55号で大ブレイク!歌手や俳優でも活躍?

坂上二郎さんは、萩本欽一さんとコント55号を結成して一躍人気となりました。代表的なギャグ「飛びます飛びます」や、歌手としては「学校の先生」が大ヒットしました。坂上さんには息子と娘がいますが、2011年には脳梗塞が原因となって死去されました。

坂上二郎はすでに死亡している?どんな人だった?

坂上二郎さんは、1934年生まれのコメディアンです。萩本欽一さんと組んだ、コント55号での活躍で有名になりました。また、俳優や歌手としても活躍し、多くの人の記憶に残っています。

坂上二郎のプロフィール!画像は?

坂上二郎さんは、1934年生まれのコメディアンです。鹿児島県鹿児島市の出身で、元々は歌手を目指して上京しました。その後、付き人や漫才での活動を経て、お笑いコンビ「コント55号」で一躍有名になりました。

坂上二郎さんのギャグ「飛びます飛びます」は、物まねなどで様々な人がパロディーをしているので、知っている人も多いはずです。

また、俳優や歌手としても幅広く活躍して、多くの人の記憶に残る人物となりました。

坂上二郎はコント55号で大人気に?

坂上二郎さんが大人気になったのは、コント55号での活躍があったからでした。1966年に萩本欽一さんとお笑いコンビ「コント55号」を結成して、演芸ブームに乗って劇場からテレビに進出して人気になりました。

坂上二郎さんはコント55号のボケを担当していて、「飛びます飛びます」「コタローね」などのギャグがヒットしました。

また、「コント55号の裏番組をぶっ飛ばせ!」という番組では、女性タレントを相手に野球拳を行ったことでも話題になりました。

俳優や歌手としても活動

坂上二郎さんは、俳優としても活動していました。コント55号として活動している1972年頃から俳優活動を始めて、連続ドラマ「夜明けの刑事」では主演を果たしました。

また、歌手としても活躍して、1974年には「学校の先生」が30万枚を売り上げるヒットとなりました。

その後も「風まかせ新・諸国漫遊記」のテーマソング「風まかせ」や、ユニコーンとのコラボで「デーゲーム」などを歌っています。

2011年、脳梗塞で死去

坂上二郎さんは2011年に脳梗塞で死去されました。最初に脳梗塞で倒れたのは、2003年のことでしたが、この時はリハビリによって復帰しています。

しかし、2010年8月に再び脳梗塞を発症して、後遺症として麻痺が残ることとなりました。その後、2011年に脳梗塞によって栃木県内の病院で死去されました。

NEXT 最近の人にはあまり知られていない?