子供欲しくない人の心理や理由は?理解すべきことは?後悔はない? 恋愛・心理

子供欲しくない人の心理や理由は?理解すべきことは?後悔はない?

パートナーに「子供は欲しくない」と言われたら、あなたはどう思いますか?妻や彼女など女性側が言う場合もあれば、夫や彼氏など男性側に言われることもあるでしょう。この記事では、「子供が欲しくない」という人の心理や結婚についてはどうするべきなのかについてまとめました。

目次

[表示]

子供が欲しくないと思うのはおかしいことではない

bngdesigns / Pixabay

大好きなパートナーに「子供欲しくないんだよね」と言われてしまったら、ショックを受けてしまう人もいることでしょう。しかし、子供が欲しくないと思うのは決しておかしなことではありません。

子どもをもつかどうかは夫婦の選択

debowscyfoto / Pixabay

子供をもつかどうかを決めるのは、当然当事者つまり夫婦が2人で話し合って決めることです。「周りの家庭はこうだから」「世間的にはこうだから」という理由で決めるものではありません。

「子供が欲しくない」ということはおかしなことではありませんが、なるべく早く、できれば結婚する前にパートナーとしっかり話し合うべきでしょう。

多くの人が口にしないだけ

philm1310 / Pixabay

「子供が欲しくないというのはおかしなことなのか?」と感じてしまうのは、周囲にそのように言う人が少ないからではありませんか?

しかし、そう口に出して言わない人たちがみんな子供を欲しいと思っているかというと違います。実際は、多くの人たちが口にせずとも「子供は欲しくない」と感じているのです。

実は子供のことを誰よりも考えている

sathyatripodi / Pixabay

子供をもたないと決めた人たちは、実は誰よりも子供のことについて考えているという場合もあります。子供をもたないという決断をするまでに、何度もパートナーとの話し合いや考慮を重ねたのではないでしょうか。

子供がいらない人も婚活していい、普通のこと

Takmeomeo / Pixabay

「子供はいらないけど結婚はしたい」、そう思う人は多くいることでしょう。世の中には「結婚=子供を産む」ことだと思っている人もいるようですが、結婚生活って当然それが全てではないですよね。

「子供がいらない人は婚活してはいけない」そんな決まりはもちろんありません。実際、子供が欲しくないという人は男女ともに増加していますし、婚活の場でも同じ価値観を持つ人はたくさんいるはずです。

関連する記事はこちら

子供はいらない・ほしくないという人の心理や理由は?

TeroVesalainen / Pixabay

では、子供はいらない・欲しくないという人は、なぜそのように思うのでしょうか。まずは、男女どちらにも考え得る心理や理由について見ていきましょう。

金銭面の不安

nattanan23 / Pixabay

子供をもつ場合、1人を育てるだけでも相当なお金がかかります。今は大学に行く人が非常に多くなっていますから、およそ20年間は子供を養っていかなくてはいけません。

当然、夫婦2人の場合と比べて経済的に負担が大きくなります。金銭的な問題は、子供をもつかどうかを決めるうえで非常に重要なポイントとなるでしょう。

そもそも子供を欲しいと思ったことがない

Engin_Akyurt / Pixabay

中には、そもそも子供を欲しいと思ったことがないという人もいるでしょう。

そもそも子供が好きではなかったり、それ以外にも理由は考えられるとは思いますが、子供が欲しくないのであれば無理に作る必要はありませんよね。

過去に負った心の傷が残っている

darksouls1 / Pixabay

過去に何か心に傷を負うような経験をして、それがトラウマになって子供は欲しくないあるいはいらないという考えに至る人もいます。

そうしたトラウマを抱えた人はなかなか周囲にはいないかもしれませんが、過去の出来事ひとつでも心が深く傷つき、子作りや子育てというものに励めない人もいるのです。

子供に愛情を注げる自信がない

parthrpatel800 / Pixabay

特に子供が好きではないという人の場合、子供に愛情を注げる自信がないというのも理由のひとつでしょう。

「自分の子供なら可愛く見えるよ」という人も中にはいますが、もし産んでから愛情を注げなかったら、育児放棄や虐待に繋がってしまう可能性もあります。

そのような事態を恐れて、子供は欲しくないという考えに至る人もいるのです。

キャリアを優先したい

janeb13 / Pixabay

これは特に女性に言えることでしょう。今までどんなに残業や休日出勤をしてキャリアを積んで来ても、子供を出産して仕事にかける時間が減ってしまえば、そのキャリアが水の泡になることも考えられます。

今は昔と違い、男性と同じようにバリバリ働きたいという女性も多いですから、「子供は作らない」という選択も増えてきているのでしょう。

親としての責任を負いたくない

TheDigitalArtist / Pixabay

親としての責任を負いたくないという理由で、子供は欲しくないと考える人もいます。家にいる時も外出している時も、親としての責任はいつでも付き纏います。

また、子供を産むと当然子育てをしなければならず、自分たちのことは疎かになってしまう可能性があります。自分自身が幸せな生活をするために、このような選択をする人もいるのです。

子育てで起きることに向き合うのが苦痛

Free-Photos / Pixabay

子供を産んで育てるということは、肉体的にも精神的にも非常に労力が必要です。例えば子供が熱を出したり、病気になったりすればより一層自分への負担が大きくなります。

こうした子育てで起きる様々なことに向き合うのが、苦痛に感じる人もいるでしょう。

子供という存在が苦手・嫌い

Alexas_Fotos / Pixabay

中には当然子供がという存在自体が苦手あるいは嫌いという人もいるでしょう。子供が嫌いと自分でわかっているのに、欲しいと考える人はあまりいないでしょう。

子供が大好きな人にとっては無邪気で可愛げのある子供の行動でも、嫌いな人にとっては嫌悪感を抱いてしまうようなこともあるのです。

自分の夢を諦めたくない

DanaTentis / Pixabay

子供を産めば、必然的に自分自身の時間は少なくなってしまいます。

何か叶えたい夢や目標を持っている人にとっては、子供が生まれることで自分自身の時間や行動に制限がかかってしまうというのはあまり好ましくないことでしょう。

子供を立派に育て上げる自信がない

GoranH / Pixabay

子供を立派に育て上げる自信がないというのも、子供はいらないと考える理由のひとつでしょう。

特にまだ若い人の場合、「まだまだ世間知らずで、まだ自分自身が社会から学ぶことが多くある」と感じている人もいるでしょう。

この場合には、子育てに不安がある状態ですから、子供が欲しいとは思っていてもなかなか子作りや出産に踏み出せないという人が多いのかもしれません。

自分の時間を持っていたい

annca / Pixabay

子供が小学生や中学生になればある程度は時間に余裕が持てるようになるかもしれませんが、出産直後は当然自分の時間はほんのわずかになってしまいます。

特に趣味や何か没頭できるものがある人の場合、それらに費やす時間がなくなればストレスに感じてしまう可能性もあるでしょう。

高齢で出産することのリスクが怖い

xusenru / Pixabay

今現在、日本では晩婚化が進んでいて、それに伴って必然的に高齢出産も多くなっています。高齢でも子供が欲しいと思う人がいる一方で、高齢出産によるリスクが怖いという人もいます。

本当は子供が欲しいけれど、高齢出産のリスクを考えるとあきらめざるを得ないという人も中にはいるのです。

結婚しても夫婦関係をずっと楽しみたい

photo-graphe / Pixabay

子供ができると、どうしても夫婦2人の時間が少なくなってしまい、仲にはそれが原因で冷めた関係性になってしまう夫婦もいるでしょう。

結婚してからも夫婦の時間を大切にしたいと思うがゆえに、子供を作るのは結婚後少ししてからという夫婦はそれなりにいますよね。

それがどんどんと延長して、結局結婚から数年経っても子供は作らなくていいという結論に至る夫婦もいるでしょう。

日本の教育制度に不満がある

RobinHiggins / Pixabay

子供は好きで欲しいと思っていても、現在の日本の教育制度に不満があるため子供を産みたくないという人もいるでしょう。

教育制度以外にも、現在はネットやSNSが普及し、子供に悪影響を与えるようなものも多く出回っています。このような環境では、立派な子供を育てることが出来ないと心配している人もいるようです。

ペットが子供のように可愛い

Free-Photos / Pixabay

現在では、ペットをわが子のように可愛がっている人が多いでしょう。特に動物が好きな人となれば、相当な愛情を自身のペットに注いでいるはずです。

そのような人の場合、子供ができたらと考えることはあるものの、ペットと比較してしまい結局はペットの方が良いとなってしまうことが多いようです。

子供に持病が遺伝するのを怖れている

StockSnap / Pixabay

中には、自分が持っている病気やアレルギーが子供に遺伝してしまうことを怖れている人もいるでしょう。持病やアレルギーの辛さを知っているからこそ、自分の子供には遺伝してほしくないと強く思うのです。

しかし、それらが遺伝するかどうかは実際に子供を産んでみないとわからないことですから、どうしても子供を産む気にはならないという人もいるでしょう。

絶対に欲しくないわけではないが自発的には欲しくない

thatsphotography / Pixabay

中には、「絶対に子供はいらないというわけではないけれど、かと言って欲しいかと言われるとそうでもない」という人もいるでしょう。

絶対に子供を産まなければいけないという義務はないですし、絶対に子供が欲しいという欲望もなければ、この考えに至るのは自然なことだと言えます。

妻や彼女に特有?子供を欲しくない心理・理由

cuncon / Pixabay

子供が欲しくないという人の心理や理由について見てきましたが、これらは男女ともに当てはまる可能性のある理由です。

では、男女それぞれに特有な心理・理由としてはどのようなものが考えられるのでしょうか。まずは妻や彼女など女性目線で子供が欲しくない理由を見ていきましょう。

義母・姑が口うるさくなりそう

silviarita / Pixabay

嫁姑問題というのは、女性に特有のものであると言えるでしょう。

普段から夫婦生活に口出しをしてくるような義母だと、子育てのことにも何かと口うるさくなりそうで、子供を作る気にならないという女性もいるようです。

心配や不安がたえない

1388843 / Pixabay

子育てに対する心配や不安が絶えず、もしも子供を産んだら子供のことにいっぱいいっぱいになってしまうため、子供は欲しくないという人もいることでしょう。

特に、自身の体があまり丈夫でない人は、子供の体調に対する不安も人一倍大きくなってしまうようです。

精神病で子育てできる状態ではない

Counselling / Pixabay

中には、精神的な病を患っていて子育てどころではないという女性もいるでしょう。精神的な病を患っていない人でも、子育てというのは相当な精神的疲労を伴うものです。

また、病気の治療のために服用している薬が妊娠や出産に影響を与える可能性もあり、医師から「子作りはあまり望ましくない」と言われてしまうケースもあるようです。

産休を取るとキャリアが無駄になる

helpsg / Pixabay

今は昔とは違い、女性も外に出てバリバリ働く時代です。キャリアを積むために、毎日一生懸命仕事をしている女性も非常に多いことでしょう。

そんな女性にとっては、やはり妊娠・出産・子育てというのはキャリアを積むための妨げとなってしまいます。女性が社会進出する時代だからこそ、増えてきている理由のひとつかもしれません。

NEXT:産休から復帰しても会社で浮いてしまう
1/3