満たされない心理や原因は?心が満たされないときの対処法も紹介! 恋愛・心理

満たされない心理や原因は?心が満たされないときの対処法も紹介!

何をやっても心が満たされない心理は原因はあるのでしょうか。これが続くとしんどいですよね。恋愛していて相手を思いすぎていたり性欲が満たされていなかったり、食べても食べても満たされていない人は要注意。対処法も一緒にまとめてみました。

目次

[表示]

何をしても心が満たされない気持ちの心理・原因や特徴は?

Myriams-Fotos / Pixabay

友達と遊んでも、楽しいことがあっても、そして何を頑張っても何をしても心が満たされないと感じるときはどんな心理なのでしょうか。またその気持ちになるときは何か原因があるのでしょうか。

寂しさを埋める方法が分からない

qimono / Pixabay

一つは、心の底からさみしいと言う気持ちが襲いかかるせいで何をしても満たされないと感じてしまうのです。例えば恋人と別れてさみしい上京して家族と離れてさみしい等理由は様々。

しかしこの寂しさというものは解決できるものではなく、寂しさを埋めれば満たされるのですが難しい問題なのです。

日々退屈で楽しくない

ivanovgood / Pixabay

毎日の生活が退屈でつまらないと感じている人は、何をしても満たされないと思いやすいようです。毎日の生活が平凡で刺激もなくつまらないとおもいがちです。

朝いつもと同じように起きて、仕事や学校で一日過ごし、帰って夕食を食べて寝るという生活の繰り返しに嫌気がさしている可能性も。そのせいで楽しくないと思うのです。

不安をぬぐい切れない

xusenru / Pixabay

だれしも不安になったり心配になることはありますよね。しかし大体解決したり、時間が過ぎればその気持ちがなくなることが多いのですが、ずっと不安な気持ちであれば何をしても満たされないと思うのです。

例えば将来に対する不安があればすぐには解決するわけではないので、ずっとその気持ちが心にあるなら何をしても満たされない気持ちがずっと続きます。

否定的なことばかり考えてしまう

geralt / Pixabay

何をしても心が満たされない人の多くは、物事をプラスに考えられず、否定的な考えばかりが先行してしまう傾向にあるようです。

いいことがあっても、よかった、うれしいと考えられず更に人から高い評価を得ても、嘘だそんなはずはないと素直に受け止められません。

自分を人と比べて落ち込む

ColiN00B / Pixabay

満たされない要因はまだまだあり、周囲の人と自分を比べてしまうようです。更に他人と比べて自分が劣っている部分に目がいき、心が満たされないせいで自分の心が満たされなくなってしますのです。

あの人はこんなに凄いのに私なんて全然だめだと落ち込むのです。人にはそれぞれいいとこも、悪いとこもあるのですがどうしてもそう感じてしまうので何をしても満たされないのです。

いつも何かが不足しているように感じる

Graehawk / Pixabay

何をしても満たされないと思っている人は、何をしても何かが足りないと感じてしまうようです。何かを始めても、やってみてもそう思うので心が満たされないのです。

ポジティブにまだまだ頑張ろうと思えばまだ救いようはあるのですが、ここでネガティブ思考が加わりどうせ無理だと思ってしまうので解決しないのです。

更に何が足りていないのか要因も定かではないので、モヤモヤしその気持ちがあるので何をしてもと感じてしまうのです。

理想が高すぎて追いつけない

futurials / Pixabay

想像している理想が高く、その理想に追いつけない、たどり着けないという人は何をしても心が満たされないようです。

理想がありそこを目指して努力するのはいいのですが、現に頑張ってもたどり着けないといことに落胆し落ち込むのです。

じゃあ、ハードルを下げてみてはと思うのですが、そういう人ほど考えを変えたくない頑固な人が多いので結果的にこうなってしまうのです。

なにをやっても思い通りにいかない

SimonaR / Pixabay

先程の理想にたどり着けないというのと同じで、自分が思い描いているこがあるのに、実際やってみても思い通りにいかないと感じている人は何をやっても満たされないと感じてしまいます。

だれしも、考えていることがすべて思うようになるなんてことありません。それに考えを変えればこれでもいいかと思えるはず。

しかし、自己中心的な考えや固定観念が強すぎて意見が変えられず、思うようにいかなくなり心が満たされないという悪循環に陥ってしまうのです。

子供の頃の愛情不足

Greyerbaby / Pixabay

悲しい話ではありますが、子供の頃に親からの愛情が少ない人は大人になってから何をしても満たされないと思う人が多いようです。

寂しいと感じる人は何をしても満たされないと先程述べましたが、まさに親からの愛情不足の人はさみしいと思う気持ちを募らせて生活してきたことが原因なのです。

何もかも完璧でいたい

qimono / Pixabay

何をしても心が満たされないという人の多くは完璧主義な人が多いと言われています。それが中途半端ではなくすべてにおいてなので、何かが1つ欠けてもダメなのです。

しかし、世の中全てが完璧なんて無理な話です。ですので、すべてを完璧にしたいのにそれが出来ないことを不満に思ってしまうので何をしても心が満たされないのです。

自分を認めてほしい

RyanMcGuire / Pixabay

人から認めてほしいという気持ちが強い人ほど何をしても心が満たされないようです。しかしネガティブな考えなので認められても、それも嘘だと感じてしまうのです。

認められたいのに、認めてもらえない、認めても受け入れられないということから結局、何をしても心が満たされないのです。

愛情の表現方法がわからない

sasint / Pixabay

人を好きになることはあっても愛情表現をどうしていいかわからない人は、何をしても心が満たされと感じています。人の愛し方がわかれば満たされるのでしょうが分からないのです。

こういう人は、幼少期に両親からの愛情不足が原因と言われています。愛情を受けていないので自分もどうしていいのかわからないのです。

褒められても信じられない

Fotoworkshop4You / Pixabay

周囲の人から評価され、褒められても信じられず、素直に嬉しいと思えない人は何をしても心が満たされないでしょう。

褒めてもらいたいという気持ちはあるのに、またここもネガティブ思考からお世辞で言っているのだろうなど思ってしまい結果そうなってしまうのです。

プライドが高い

StockSnap / Pixabay

負けず嫌いで、絶対相手に負けたくないというプライドの高い人は何をしても心が満たされない気持ちになるでしょう。人と比較し、対抗意識を燃やしすぎて孤立してしまうのです。

そのせいで、周囲が逃げていき、孤独になり寂しさでそうなるのです。また、いつも負けたくないライバル意識があることで心が落ち着く暇がなく心が満たされない状況に陥るのです。

着飾ることで自分を大きく見せようとする

PhotoMIX-Company / Pixabay

認めてほしいが自分事態を認めてもらえる要素がないと思い、そのせいでブランド品などを身に着けて自分の価値をあげようとしている人は何をしても心が満たされません。

なぜなら、結局物で評価されるなら、常に新しいものを身に着け価値を維持しなければいけませんが普通の人は中々難しいですよね。一時的に評価されても継続するのは難しいのです。

結果、人からは評価されず認めてもらえるのも一時的となり、心が満たされないことから、何をしても心が満たされないのです。

お金にとらわれている

nattanan23 / Pixabay

頭の中がお金、お金と考えてしまう人は何をしても心が満たされない人が多いようです。お金の事ばかり考えるとまだまだお金が欲しいと考えてしまいがち。

そのせいで、今まで仲良くしてきた友人や家族をおろそかにしてしまうのです。そのせいで今まで培ってきた大切な関係も崩してしますのです。

そしてその結果、人が自分から離れていくことで自分に残るのはお金だけになってしまい何をしても心が満たされない状態になるのです。

自分の心を満たすにはどうすればいい?対処法まとめ【考え方編】

Larisa-K / Pixabay

心が満たされない原因は自分の性格や持っている考え方、さらには育った環境からそうなってしまうことがわかりました。

しかしこの状態が続くとしんどいですよね。いつか心が折れてしまうのでは。そんな何をしても心が満たされないひとはどう対処すれば脱出せきるのでしょうか。

まずはあなたの考え方を変える必要がありますが、どのようにすればいいのかまとめてみました。

意味があっての現状だと気付く

BUMIPUTRA / Pixabay

何をやっても辛く感じ、心が満たされず日々過ごすことで何をしても心が満たされないと感じている人は、このつらい時期は意味があることだと考えましょう。

例えば努力して結果が出ない、将来に対して不安を感じていても、いつかはあの時はつらかったけど頑張ってよかったなと思える日が来るはずです。

ですから辛い気持ちはわかりますが、少しこういう気持ちがあれば気が楽になり少しでも改善できるでしょう。

身近にも自分を必要としている人はいる

KathrinPie / Pixabay

何をしても心が満たされない人は、自分は必要ない人間だと考えがちです。しかし、誰もあなたを必要としないということはありません。

むしろ、あなたの家族や恋人、親友などの身近な人は必ずあなたを必要としているはず。言葉にしないだけでそう思っています。逆を言えばあなたも家族を必要としていますよね?

ポジティブで前向きな考えをすることを癖にする

sweetlouise / Pixabay

何をしても心が満たされない人はネガティブ思考になりがち。ですからできるだけポジティブな考えを持つことです。しかし急にポジティブになるって難しいですよね。

ですから少しでもポジティブになれるように、心の中でポジティブになろうと自分に言ってみて下さい。これを繰り返し行い癖付けしましょう。

そうすれば自然とポジティブになれるのです。

好きなことにとことん打ち込む

何をやっても不満に思う人でも、自分が好きなことをやっているときは楽しく感じるので、その楽しいと思うことにトコトン打ち込んでください。

それは何でもいいのです。本を読んでもいいですし、ゲームや料理などでもいいのです。

完全に満たされることはないと理解する

jplenio / Pixabay

心が満たされない人は、完璧ではないと納得できません。しかし自分の思うように物事が進むことはまずありません。ですからその事実を理解しない限りこの苦しみからは逃れられません。

自分をもっとよく知る

心を満たすためには、まず自分をしらなければなりません。つまり、自分と向き合うことです。自分が本当は何がしたいのか、何が好きか嫌いかをしっかり自問自答するのです。

自分自身で明確にするのです。その時自分のいい所も、悪いと心も気づくでしょう。嫌なところは目をつぶりたくなるでしょうがそこも含めて自分なんだと理解することが大事なのです。

自分の本心と対話して信頼関係を築く

jplenio / Pixabay

自分とのことを知り、向き合うことが出来たならば、次のステップに進みましょう。嫌なことがあっても前は落ち込むだけでなぜ嫌なのかと考えなかった人が多かったのではないのでしょうか。

しかし、その時なんで自分は嫌に思うのだろうかと、少しでもいいので自分自身に聞いてみて下さい。ただ、聞いたことで問題が解決するわけではありません。

ただこうすることで、落ち着いて物事を考えられるので、精神的に安定するのです。

自分を少しずつ満たして機嫌よく過ごす

TheVirtualDenise / Pixabay

機嫌がいい、悪いは自分次第で決まります。例えば上司に嫌がらせされても機嫌がいい、悪いという感情は自分次第で上司は関係ないのです。

ですから、できるだけ自分を機嫌よくできるようにコントロールしましょう。~したいと思うことを行い、楽しめば自分の機嫌もよくなるはずです。

自分には価値がないという思い込みを捨てる

Alexas_Fotos / Pixabay

心が満たされない人は、自分には価値がないと考えすぎているので、この思い込みを捨てましょう。最初は難しいので、まずは自分自身が自分を大切にすることから始めましょう。

そうすれば自分に心の余裕ができます。心に余裕ができれば、他人を大事にしようと思います。そして人を大切にすれば、大切にされた人からも大切に思われるのです。

まず人からこうされない、という外部からのものを得るという考えを捨て、まずは自分自身を満たすという考え方に切り替えましょう。

過去の辛かった経験を否定せず受け入れる

darksouls1 / Pixabay

過去に辛いことがあっても、あまり思い出したくなかったりするのは当然ですがこの経験は否定せず受け入れてあげましょう。よく頑張ったから今があるんだ、自分はすごいと思えばいいのです。

あの辛い経験があるから、あの経験は意味がある物で、それでほかの人よりも成長できたと自分をほめてあげましょう。

ただトラウマになるくらいの出来事で、精神的に病んでいる場合は無理にそうしなくてもいいです。時間がたつのを待ち徐々にそう思える日が来るのを待ちましょう。

自分の心を満たすにはどうすればいい?対処法まとめ【行動編】

JillWellington / Pixabay

心を満たすためには、まず自分自身の考え方を改めてみるという方法を述べましたが、今回はそれ以外に行動することで改善できる方法はあるのか調べてみました。

NEXT:小さな成功を重ねていく
1/3