親孝行するならこれ!73選を紹介!おすすめの旅行先やプレゼントも ライフ

親孝行するならこれ!73選を紹介!おすすめの旅行先やプレゼントも

親孝行をしたいと思った時、あなたなら何をしますか?自立した自分を見せて安心させるためにも、国内・海外旅行をプレゼントしたり写真やアルバムを用意したりするのが良いと言われています。今回はそんな親孝行のおすすめの方法や、親孝行に関することわざに注目していきます。

目次

[表示]

親孝行とは?親孝行できるチャンスはあとどれくらい?

親孝行をしようと思いながらもなかなかタイミングが合わずに親孝行出来ないという人もいるでしょう。

しかし、いつまでもタイミングを逃してしまうとチャンスを失ってしまうことになりかねません。そうならないためにも、親孝行の意味や大切さについて、まずは確認をしてみると良いでしょう。

親孝行とは?敬い大切にすること?

Free-Photos / Pixabay

親孝行とは、親に対して感謝の気持ちを行動やプレゼントによって表すというものです。

今まで育ててくれた感謝の気持ちや、今でも自分を大切に思ってくれるかけがえのない両親に対して、今自分が出来ることをしてあげることが親孝行と言われています。

親孝行できるのはあと何回?

Engin_Akyurt / Pixabay

親孝行はいつでもできるし…と思っていても、あと何回できるのだろう?と考えてみると、急な焦りを感じてしまう人もいるでしょう。

年齢的に言えば自分は親よりも長生きするもので、親は自分よりも先にこの世を去ります。

そう考えてみると、もしかしたら親孝行できる機会というものは思った以上に少ないかもしれないと考えておいたほうが良いでしょう。

親孝行の大切さがわかる?親孝行を使ったことわざは?

StockSnap / Pixabay

親孝行の意味や理解を深めるために、親孝行にまつわることわざについても注目をしてみましょう。

「親孝行したいときには親はなし」

StockSnap / Pixabay

親孝行したいと思った時には、すでに親が他界していた、という後悔によることわざになります。

親孝行したいと本気で思った時にはすでに手遅れになっていた、そうならないためにも早めに親孝行したほうが良いという戒めにもなっています。

「石に布団は着せられず」

artbejo / Pixabay

石とは墓石のことを指します。親孝行をしたいと思っていても、すでにこの世にいなければその身に布団をかけることすら叶いません。

墓石に布団をかけるということはできず、生きているうちでなければ意味がないということわざになっています。

英語で親孝行は何と言う?

libellule789 / Pixabay

親孝行というそのものの英語はありませんが、「devotion to parents」という「両親への献身」という言葉ならあります。献身とはその身を捧げる、尽くすという意味を持つ言葉です。

また、日頃の感謝の気持ちを伝えるのであれば「Thank you for taking such good care of me.」と伝えてみると良いでしょう。

【親孝行】親が生きているうちにできる73の事は?

marvelmozhko / Pixabay

早速、親孝行でできる73のことについて注目をしていきましょう。

73のことは全てやる必要はありません。自分ができること、親が喜びそうなことをピックアップして、是非チャレンジしてみてください。

1.会話をたくさんする

edsavi30 / Pixabay

大人になって自立をしていくと、親との会話が少なくなっている人がほとんどです。

親としては子供が自立したから…と納得しているものですが、それでもたくさん会話が出来たら嬉しいと感じる人は少なくありません。

他愛のない話でも最近のことでも、とりあえず親と会話をしてみるというのも十分な親孝行になります。

2.両親の誕生日を毎年欠かさずに祝う

Free-Photos / Pixabay

両親の誕生日を毎年欠かさず祝うのも立派な親孝行となるのでおすすめです。

今まで両親はあなたの誕生日をたくさん祝い、生まれてきてくれたことを喜んでくれていました。

次はあなた自身が両親が生まれてきたことを祝ってあげると良いでしょう。

3.写真集やフォトブックで思い出をプレゼント

jarmoluk / Pixabay

写真を良く撮る人ならば、写真集やフォトブックを作ってみるのもおすすめです。

今までの写真というものは一度に見る機会も少なければ、スマホで写真撮影を済ませてしまっている人も多いため、親が見れていないというケースもあります。

オリジナルの写真集やフォトブックをプレゼントすれば、いつでも思い出の写真を見返すことが出来るので是非プレゼントしてあげましょう。

4.実家の大掃除をして部屋をピカピカに

jarmoluk / Pixabay

たまには実家の大掃除をしてあげるというのも親孝行の1つになります。

なかなか大掃除をする機会というものはなく、親としても掃除したいけどなかなか出来ないと気になっている部分は多いものでしょう。

日頃の感謝の気持ちということで、ピカピカに掃除をしてあげましょう。

5.電話をかけて近況報告、声を聞かせてあげる

nastya_gepp / Pixabay

もし、親と住んでいる場所が遠い、時間がなかなか取れないというのであれば電話をかけてあげるのもおすすめです。

電話はどんなに離れていても電波さえあれば話すことが出来ますし、何より耳元で相手の声を聞ける素敵なツールです。

最近のこと、親のこと、気になったことをたっぷりと話してみましょう。

6.美味しいレストランで食事をご馳走

rawpixel / Pixabay

美味しいレストランで食事をプレゼントするというのも親孝行としておすすめです。

特になかなか自分ではいかないような場所に連れて行ってあげれば喜んでくれること間違いなしでしょう。

親ならば食の好みをわかっているという人も多いはずなので、サプライズで用意してみてはいかがでしょうか。

7.一緒にお墓まいりへ

drippycat / Pixabay

一緒にお墓参りに行く機会というのはなかなかないものです。そのため、一緒に親族の墓参りに出かけてみるのも良いでしょう。

墓参りというものは、親族や家族だからこそ気軽に出来るものでもあります。

墓参りをして親族や家族への報告をして、一緒にきた親とも久々に色々な話で盛り上がってみると良いでしょう。

8.健康診断に行って自分の健康状態を報告

rawpixel / Pixabay

子供が自立をしたとしても、親は子供の健康状態が非常に気になるものです。

そこで、健康診断に行ったという報告を親にしてあげるのがおすすめです。今自分はこのような健康状態で、と報告をすれば親も安心して見守ることが出来ます。

9.長期休みには帰省して顔を見せる

miltonhuallpa95 / Pixabay

なかなか休みが取れないという人でも、長期休みならば帰省できるという人はいるでしょう。

そんな人は是非長期休みを利用して、親に顔を見せてあげましょう。

長期休みくらいにしか会えないということは、親としてもやや寂しさを感じている可能性は十分に高いと言えます。久々に会話に花を咲かせて、親孝行をしてみましょう。

10.昔のアルバムを一緒に見て昔話に花を咲かせる

congerdesign / Pixabay

昔のアルバムを持っているのであれば、親と一緒にアルバムを見るのがおすすめです。

自分としても、昔のアルバムを見ると面白い発見などもあり、親だからこそその時の状況や記憶を話せるものなので、盛り上がること間違いないと言えます。

実家に帰省した時などに「昔のアルバムある?」と尋ねてみて、あったら是非一緒に見てみてください。

11.肩もみでささやかな親孝行を

succo / Pixabay

シンプルなことですが、肩もみをしてささやかな親孝行をしてあげるのもおすすめです。

肩もみならば気軽に出来るだけでなく、家事や仕事で肩こりに悩まされている人は多いので効果てきめん、喜ばれる可能性は高いでしょう。

ただ、あまり長時間揉みすぎてしまうと揉み返しが来て腫れる恐れもあるので、5分~10分で留めておくようにしましょう。

12.LINEのアイコンを変えて、手軽な近況報告を

FirmBee / Pixabay

親とLINEをしているのであれば、アイコンを変えて近状報告をしてみるのもベストです。

親は子供が今なにをしているのか、どんな状況なのか気になってしまうものなので、アイコンでそれがチェック出来るのであれば安心感を得ることが出来ます。

次に会った時にでも、アイコンにした写真の思い出話をしてあげるのもおすすめです。

13.仕送りで経済的に親孝行

HOerwin56 / Pixabay

経済的に親孝行をしたいのであれば、定期的に仕送りをしてあげると良いでしょう。

仕送りは使う、使わないは別としても子供が自分で稼いだお金を自分たちにプレゼントしてくれるというのは、子供の成長を感じられる1つの感動に値するものです。

また、この時代経済的に不安を感じている人も少なくないので、経済的にサポートをして安心させてあげられるのであれば、心強い支えとなっていくでしょう。

14.難しい事出なくても親の介護をする

eliola / Pixabay

親が介護の必要な年齢だとしたら、難しい事は出来なかったとしても介護をしてあげるのがおすすめです。

介護はプロに任せることが肉体的にも精神的にも楽だと言われていますが、簡単なことであれば感謝の気持ちを込めてやることは出来るでしょう。

たとえば軽くマッサージをしてあげたり、ご飯を食べさせてあげたり、出来そうなことを是非チャレンジしてみてください。

15.子から親へお年玉

Engin_Akyurt / Pixabay

正月になったら、親へとお年玉をプレゼントしてあげると良いでしょう。

お年玉は子供の頃はもらえたものですが、大人になるとあげる側になってしまうものです。そんな親に対してお年玉をプレゼントすれば、喜ばれ、サプライズにもなります。

16.孫の顔を見せる

dassel / Pixabay

もし、結婚をしていて子供を作る予定があるならば、孫の顔を見せてあげるというのも親孝行になります。

やはり、親としては孫の顔が見れるのであれば見てみたいという人は多く、孫の顔が子供の幼い頃の面影を持っていると、より嬉しいと感じるようです。

ただ、今の時代経済的な問題や不妊の観点からは難しいという人も少なくはないので、決して孫を見せないと親不孝になるというわけではありません。別の方法で親孝行をしていきましょう。

17.父の日、母の日を毎年祝う

SimpleMediaKit / Pixabay

父の日や母の日は絶好の親孝行日和です。普段照れくさくて出来ない感謝の気持ちやプレゼントを、父の日や母の日を使って伝えてみると良いでしょう。

また、父の日や母の日はプレゼントが用意しやすい時期でもあります。スーパーやデパート、ネット通販などでは特集も組まれているので、喜んでくれそうなものを選んでみるのがおすすめです。

18.手作りのバレンタインチョコ

Free-Photos / Pixabay

手作りのバレンタインチョコをプレゼントすると、喜んでくれる親は多いようです。

バレンタインというと、女性が男性に…という印象を強く持ちますが、日頃の感謝の気持ちということで母親にプレゼントしても良いでしょう。

また、男性からプレゼントをするというのもサプライズとなって喜ばれることが多いので、あなたが息子ならば両親に手作りチョコをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

19.結婚して安心させてあげる

Takmeomeo / Pixabay

親の中には、子供が結婚をしてくれたら安心出来るという考えを持つ人もいます。

結婚をするということは大きな自立を意味し、親としても自分たちがいなくても子供はもう大丈夫だろう…という安心感を抱くポイントにもなります。

結婚の意思があり、さらにそういった予定があるならば、結婚をして安心させてあげることが最高の親孝行になるのです。

20.母親に家庭の味のレシピを教えてもらう

Free-Photos / Pixabay

母親から家庭の味のレシピを教えてもらうのも良いでしょう。一緒に料理をして教えてもらうことで、親から子へ知識や技術、経験が継承されていくのです。

また、家庭の味というものは家庭によって異なるものです。自分がその味で育ってきたのであれば、今後のためにも知っておいて損はありません。

母親ならばあなた自身が料理が苦手だったとしても、甘えて教えてもらうことも出来るので、料理下手も料理上手も母親のレシピを教えてもらいましょう。

21.あなたがやりたい事をして楽しく生きる

Pexels / Pixabay

親にとって、子供が楽しい人生を送れるのであれば自分たちの幸せだ、と感じる人は多くいます。

そのため、あなたがやりたい事をして、楽しく生きて、人生を謳歌する、それをしていることが親孝行となる場合もあるのです。

もし、親がそういったタイプだという人ならば、自分は今こんなことをしていて人生が楽しいということを近状報告してあげると良いでしょう。

NEXT:22.両親の趣味を一緒に楽しむ
1/4