頭悪い人の特徴は?付き合い方や対処法を紹介!向いている仕事は? ライフ

頭悪い人の特徴は?付き合い方や対処法を紹介!向いている仕事は?

あなたは頭がいい人ですか?それとも悪い人ですか?頭が悪いとは常識がないことや自己中心的、周りに迷惑をかける人のことを言います。今回は頭の悪い人の特徴や原因、頭の悪い人が適している仕事や子供の将来のためにしておきたい習慣など頭の悪い人の全容を解明します。

目次

[表示]

頭悪い人にみられる特徴は?

RyanMcGuire / Pixabay

頭が悪いと聞くとテストで悪い点をとる人を想像しますが今回は「社会的に」頭が悪い人に注目します。社会的に頭が悪いとは他人のことを考えず迷惑をかけたり極端に感情的な人のことです。

ここでは周りから頭が悪いと思われる考え方や行動を25個にまとめました。

思い込みが激しい

xusenru / Pixabay

頭が悪い人の特徴として思い込みが激しいことが挙げられます。常に根拠のない自信があるため自分が「こうだ!」と思うと他人の意見は聞き入れません。

結果が間違っていても意見は変えず誰かのせいにする傾向があるようです。

すぐ話がそれる、話がまとまっていない

sasint / Pixabay

頭の悪い人は話がまとまらず会話が成り立たないことがあります。語彙力が欠如しているため頭の中で整理し相手に伝えるという能力が低いのが特徴です。

また頭の悪い人はすぐに話しがそれてしまいます。これは無意識に話題を全て自分の自慢話などに繋げてしまうことが原因のようです。当然相手からは「この人頭悪いな」と思われています。

客観的に自己分析できない

geralt / Pixabay

客観的に自己分析することは自らの立ち位置や態度を見直し、周りと歩幅を合わせる重要な能力です。頭の悪い人は客観的ではなく常に主観的なので冷静に物事を判断できません。

そのため周りと歩調が合わず敬遠されてしまうこともあります。また自己分析も出来ないため自身の成長も著しく遅い傾向があります。

仕事に無駄が多い

Free-Photos / Pixabay

頭の悪い人は仕事をする際無駄な作業をしてしまう傾向があります。今やらなくていいこととやらなくてはいけないことが分けられていないため仕事でのミスや後戻り作業が絶えません。

周りからの助言を受けても素直に受け入れない傾向にあるため「あの人は頭悪い」という評判が広がってもおかしくありません。

簡単な質問を繰り返す

RobinHiggins / Pixabay

ちょっと考えればわかることもしつこく質問してくる人がいます。頭の悪い人はまさにこのような質問を繰り返し周囲を脱力させます。ですが本人は至って普通で悪気はないことが多いです。

頭が悪い人は自分で調べる努力をしないためすぐに人に聞いてしまいます。始めのうちはいいかもしれませんが繰り返しの質問に聞かれる側は呆れかえってしまうでしょう。

感情をコントロールできない

geralt / Pixabay

人には理性があり、少々の怒りや悲しみは表に出さないようになっています。感情をそのまま出すことは幼い子供と同じであり、恥ずかしいことだからです。頭が悪い人はその恥ずかしさがわかりません。

頭の悪い人は気に入らないことがあるとすぐに機嫌を損ね、怒りを露わにします。冗談で言ったことに対しても容赦なく怒りをぶつけてくるので気がつけば話しかけてくる人がいないこともあります。

我が強い

EliasSch / Pixabay

頭の悪い人は自己中心的です。自分のことしか考えられないとも言えますが他人に興味がないため全て自分本意で考えてしまう傾向があります。

自分の考えが正しいと常に思っており、意見が違う相手とは徹底的に争います。例えその相手が恋人や家族でも容赦はしません。その結果別れや決別というリスクがあるということが頭に無いのです。

空気が読めない

reaklop2 / Pixabay

頭の悪い人は空気が読めません。人間関係の構築が出来ないため自分の余ったことは誰の前であろうと言いたいことを言います。周囲は「なんでここでそんなこと言うの?」と腹立たしく思っています。

空気が読めないのは言葉だけではなく行動でも同様です。集団行動ができないため誰もが予想しないような行動をとることがあります。周囲からは当然白い目で見られています。

会話するのが下手

jamesoladujoye / Pixabay

頭の悪い人は会話をすることが苦手とされています。先述した「話しがそれる・まとまらない」のと同様に会話を続けらない特徴があります。

頭が回らないため次の話題を考えられないことが原因で会話が途切れ途切れになってしまいます。相手からすると会話がスムーズに進まないためイライラしてしまうようです。

当たり前のことに気付けない

smokefish / Pixabay

頭が悪い人はあなたが普段から行なっている当たり前のことができません。挨拶や最低限のマナー、相手への思いやりなどあなたが無意識に行なっていることでも頭の悪い人は気付かないのです。

これは教養がないためであり、「人と会ったら挨拶をする」ことなどの当たり前であり重要であることをわかっていない可能性があります。

仕事の段取りなどをイメージできない

Free-Photos / Pixabay

ほとんどの人は仕事を始める前に一日の大まかな予定を立て、状況に応じて柔軟に対応していくものです。ですが頭の悪い人はこのような計画性を持っていません。

忘れ物や不足している書類などが多くあり、その上仕事の優先順位もバラバラです。チームで連携している場合などは特に致命傷になる可能性もあります。

あまりに計画性がないため納期もいつもギリギリで周りは自然とイライラに。「なぜその仕事を今やるのか」と周囲は思っているでしょう。

効率を考えられない

mohamed_hassan / Pixabay

仕事は効率化によって収益性が高まります。社員は日頃からこの効率を念頭に置き忙しく仕事をこなしています。その中で頭の悪い人は一貫してマイペースです。

効率という言葉を知っているのかと思うくらいに効率を意識していません。そのため人の何倍もの時間をかけてやっと人並みの成果しか出せません。

更に人並み以下の成果でも改善を考えることができません。頭の悪い人からしてみれば「出来たんだからいいじゃないか」と開き直ることもあります。

ミスを繰り返す

stevepb / Pixabay

一般の人は自分のミスに対し反省した上で解決策を見出し、原因と対策を検討して二度と同じ失敗を繰り返さないように努力します。これに対し、頭の悪い人はミスを繰り返します。

頭の悪い人はミスしたことに反省はしますがその場しのぎです。そして解決策は自分で考えられないことが多く他人任せなので対策や原因も自分一人では見出せないことがしばしばあります。

新入社員ならまだ許されてもおかしくないですが10年選手や20年選手だとそうはいかず、周りからは呆れた態度で対応されることもすくなくありません。

忘れっぽい

JuiMagicman / Pixabay

先ほどの仕事でのミスもそうですが頭の悪い人は基本的に物事をすぐ忘れる傾向にあります。せっかく教えてもらったことも一日経てば忘れてしまいます。

忘れても支障がないことなら許されますが重要な会議の日時や取引先との待ち合わせ場所なども平気で忘れてしまうため会社などからは重要な仕事はまず任されません。

普段の日常生活でも忘れ癖があり、小物などが部屋のどこにあるか忘れてしまったり恋人との予定を忘れてしまうことがあるようです。

言い訳や責任転嫁をする

geralt / Pixabay

言い訳や責任転嫁は自分のためになりません。自分に関わる全ての責任は自分にあると思うことで考察力や想像力が鍛えられ自分の成長に繋がります。

頭の悪い人はすぐに他人のせいにしたり責任を逃れようとします。自分へのリスクは極力避けるので自分で考えて問題を解決する機会がありません。

反省せず疑問にも思わない

MoonRid3r / Pixabay

頭の悪い人は反省しません。反省をしないため次のステップに進めないでいるのです。「なぜ自分が謝らなければいけないのか」「自分は悪くない」と逃げてしまいます。

これではせっかく育てようとしてくれている人に失礼ですがそれさえも「教えてもらって当然」と思っている場合が多くその態度がトラブルの原因にもなることがあります。

気が散りやすい

walbergcarvalho / Pixabay

物事に対し、すぐに気が散ってしまう人は頭が悪いとされています。これは幼少期の子供に多く見られる思考で頭の悪い人も似たような思考だとされています。

パソコン作業をしていてもすぐにネットサーフィンをしてしまう、会議の途中でも別のことを考えてしまい上の空など、とにかく難しいことから逃げたいという思いが表れているようです。

勘違いしやすい

DzeeShah / Pixabay

一般人は物事を判断するためある程度の裏付けを取ります。自分がもしも勘違いしていたら恥をかいてしまいますし信用も無くし兼ねません。頭の悪い人は自分が正しいと思えば突き通します。

ですが「自分が正しいと思う」ことの裏付けは何もなく、ただ単純に浅はかな想像でしかありません。明確な証拠がないため根拠のない意見を意地でも突き通すしか方法が無いのです。

パニックに陥りやすい

creozavr / Pixabay

頭の悪い人は段取りや忘れっぽさから物事の逆算が出来ません。そのため何かトラブルや問題が起きた場合、パニックになることが多々あります。

目の前のことしか考えられず、なおかつ自分のことしか考えないので納期が迫ってきて初めてそのことを知り途端に慌てふためくということもすくなくありません。

周りが見えていない

1643606 / Pixabay

頭のいい人は自分のやる事をこなしながら常に周りに気をかけています。一人一人が意識し合う事で効率化にも繋がり仕事の質が向上するからです。頭の悪い人はそんなことは気にしません。

頭の悪い人は自分の世界を持っていてそこに介入される事を嫌います。周りが困っていても助けようとせず、まるで赤の他人のように振舞います。

自信がない

RyanMcGuire / Pixabay

頭が悪い人はいつも自分の自慢話をしているため自身があるのかと思いきや、仕事などで責任ある作業を任されそうになると途端におとなしくなり拒否しようとします。

自分の経験値が低いため「自分には無理だ」とわかっているのです。それでも仕事を任されると逆上し怒りの感情をあらわにしてしまうこともあるようです。

自分のことを一番に考える

RondellMelling / Pixabay

頭の悪い人は自分こそが全てであり他の人には興味がありません。周りのことはどうでもよく、自分さえ良ければそれでいいのです。

仕事やプライベートでも自分を一番に考えているので周りからは敬遠されることが多く、トラブルメーカーになりやすい傾向にあります。

気が利かない

頭の悪い人は常に自分の利だけを考えているため全く気が利きません。気が利かないことを注意されても「何が悪いんだ?」と理解できない人が多いのです。

育ってきた環境もありますが社会生活において気が利かないことはかなり致命傷と言えます。口で言わなくとも自分から「私は頭が悪いです。」と宣伝して回っているようなものです。

手伝ってもらっても自分は手伝わない

Pexels / Pixabay

頭のいい人は一人だけで仕事をしようとはしません。自分がピンチになった時、助けてもらえるように日頃から上司部下関係なく悩みを聞いたり仕事を手伝って信頼を高めています。

頭の悪い人は先のことを考えて行動することが出来ないので「手伝ってもらって当然だけど自分が手伝うのはめんどくさい」と考えます。

その結果、周りは頭の悪い人を避けるようになり、自分が忙しくなっても誰も見向きもしなくなるのです。

自分をひけらかす

StockSnap / Pixabay

頭の悪い人は大したことないことでも自分をすごく見せようとします。頭の悪い人が得意とする自慢話もよく聞いてみると全然すごくないことがわかります。

どうでもいい事を如何にも偉業を成し遂げたかのようにドヤ顔で自慢されるため「痛い人」や「ヤバい人」など周りから引かれることが多いようです。

関連する記事はこちら

なぜ頭が悪くなる?頭が悪いと思われる原因は?

Anemone123 / Pixabay

頭が悪いのは生まれつきではなくあくまで後天性とされています。頭が悪くなる原因は今までの家庭環境や思考の深さが関係しているのです。

ここでは頭の悪くなる原因を4つの項目に分けてご紹介します。

経験値が低すぎて達成感を知らない

人は困難な事を乗り越える事で経験値を深めたり成功体験を重ねる事で自信がつきます。ですが頭が悪い人は困難な仕事や難しい事を嫌います。要は努力することができないのです。

その結果いつまでたってもスキルアップせず現状維持を続けるので「その年でそんなことも知らないの?」と批判されるのです。

NEXT:人と関わってきてないため想像力がない
1/3