巣鴨子供置き去り事件の真相は?長男の現在は?母親や子供達について 社会

巣鴨子供置き去り事件の真相は?長男の現在は?母親や子供達について

1988年に起きた「巣鴨子供置き去り事件」をご存知でしょうか?母親が5人の子供たちを放置して家を出たため、長男が幼い兄弟の世話をしていました。今回は事件の概要や発覚までの経緯、出生届が出されていなかったことで問題視された「無戸籍者」についてまとめました。

目次

[表示]

大人の身勝手で起きてしまった「巣鴨子供置き去り事件」とは

Myriams-Fotos / Pixabay

これは1988年に東京都豊島区で発覚した事件であり、幼い子供たちが育児放棄されてマンションの一室に放置されたという虐待事件です。

子供たちよりも恋人を優先させたいという大人の身勝手な理由で、幼い5人の子供たちが地獄の日々を過ごすことになったのです。そんな悲しい事件の概要、発覚までの経緯、裁判での判決など順番に追っていきます。

まずは事件の発覚までを簡単にご説明していきます。より詳細な情報に関しては後半でご説明していますので、そちらもご覧ください。

「巣鴨子供置き去り事件」の概要

巣鴨子供置き去り事件は、1988年7月、あるマンションの大家からの通報で発覚しました。幼い子供たちを放置して家を出た母親に非難の声が寄せられ、多くの人が悲しみに包まれました。

2000年になってから多数の虐待事件が報道されていますが、2000年以前では最も有名な虐待事件なのでは、と言われています。

婚姻届が出されていなかった母親・蒸発した父親

Free-Photos / Pixabay

子共たちを部屋に置き去りにした母親は、好きになった男性と結婚して1973年に長男を出産します。ですが、結婚していたと思い込んでいただけで、実際には婚姻届が提出されていませんでした。

婚姻届の提出を頼まれた父親が、「出した」と嘘をついて隠し持っていたのです。そしてあろうことか、長男が6歳前後の時、そのまま行方をくらまします。

出生届が出されなかった長男

christianabella / Pixabay

父親は婚姻届を提出しなかっただけでなく、長男が生まれた時の出生届も未提出であったことがあとから判明します。何故嘘をついてまで隠したのか、その理由は不明です。

母親に新しい恋人ができたことが事件のきっかけとなる

父親が蒸発したあとも母親は数人の男性と関係を持ち、長女、次男、次女、三女と出産しています。そして1988年頃、新しい恋人ができたことが巣鴨子供置き去り事件のきっかけとなりました。

母親は子共たちとの生活より、恋人と同棲することを選んだのです。

家に残された子供達は5人、長男が兄弟の面倒を見ていた

eyeImage / Pixabay

母親は長男に「妹たちをよろしく」といった内容の置手紙と多少の現金を残し、出ていきました。家に残されたのは5人の子供たち、15歳だった長男が4人の兄弟の世話をしていたといいます。

長男とその友達少年A、少年Bに三女が殺害される

stux / Pixabay

長男は食べ物を買いに出かけた先で、同じように不登校だった2人の少年と出会います。仮にA、Bとしますが、仲良くなった3人は長男の部屋をたまり場としてたびたび出入りするようになりました。

そしてあることが原因で三女が3人の怒りを買ってしまい、暴行の末に殺害されてしまいました。原因についてはのちほど詳しくご説明します。

マンションの大家によって通報、事件発覚

cocoparisienne / Pixabay

そして1988年7月、巣鴨署にこのマンションの大家から通報がありました。それは、「ある部屋が不良のたまり場になっている。また、親がいなく子供だけで暮らしているようだ」といった内容でした。

この通報が事件発覚に繋がり、日本中に大きな悲しみをもたらしました。

関連する記事はこちら

被害者であり加害者の長男のその後〜現在は?

mohamed_hassan / Pixabay

育児放棄の被害者であると同時に、三女殺害の加害者ともなってしまった長男は、事件後どのように生活しているのでしょうか?

実名報道がなされなかったため、長男のその後について詳しく掘り下げるのは難しいようです。

長男は現在どのように暮らしているの?

Fotorech / Pixabay

育児放棄の被害者でもあり三女殺害の加害者でもある長男は、現在どのように暮らしているのでしょうか?

実名報道されていれば何らかの情報はあったかもしれませんが、当時未成年で実名は伏せられていたため、その後についての確かな情報はひとつもないといいます。

長男は2019年現在46歳

StockSnap / Pixabay

事件発覚からすでに数十年経ち、当時15歳だった長男も現在(2019年)では46歳ということになります。

虐待などを経験した子共たちは、何十年経っても傷が癒えることはないと言われています。彼もまた、事件の傷跡を抱えながら、どこかでひっそりと暮らしているのでしょうか。

大学に通っていたという噂がある?

geralt / Pixabay

長男が大学に通っていたという噂も一時期持ち上がっていたようですが、実名や顔写真が明かされていないため、かなり信ぴょう性の低い情報であると言われています。

養護施設退所後から現在、消息不明

Foundry / Pixabay

長男が養護施設を退所したあとについては何の情報もなく、「消息不明」ということになっています。当時未成年で実名報道されなかったということもあり、その後について探ることはできないのでしょう。

養護施設を退所する年齢制限については、以下の通りになっています。

入所対象者は、1歳以上18歳未満の幼児(満1歳から、小学校就学の始期に達するまでの者)及び少年(小学校就学の始期から、満18歳に達するまでの者)である。場合によっては20歳まで延長できる。

(引用:Wikipedia)

巣鴨子供置き去り事件の詳細【母親の実態〜置き去りに至った経緯】

さて、巣鴨子供置き去り事件について簡単にご説明してきましたが、ここからはより詳しい経緯についてご説明していきます。まずは母親の実態から、置き去り事件に至るまでの経緯をみていきましょう。

母親はどんな人物だった?名前や写真は?

Free-Photos / Pixabay

母親は神奈川県川崎市の私立高校を卒業していて、その後は服飾専門学校に進学しています。歌手を夢見ていた時期があってレコードも出したのですが、思うようには売れずに諦めたといいます。

歌手の夢を諦めた彼女は、1968年頃(当時20歳前後)からデパートの派遣社員として働き始めました。その時に出会った男性と恋に落ち、結婚を前提に同棲を始めます。

この男性こそが、事件の長男と血が繋がっている本当の父親です。また、事件発覚から現在まで、子共たちだけでなく母親も実名で報じられることがなかったため、本名や顔写真などは出回っていません。

事件の長男より以前に子供を出産し、養子に出している

Pexels / Pixabay

彼女の両親はこの男性との結婚を許してくれなかったといいます。そんな中で男性との間に子供ができたため、育てることが出来ずに養子に出したのです。

この養子に出された子供は、事件に巻き込まれていません。つまり事件で置き去りにされた長男には、父親が同じ兄(または姉)がいたということになります。

長男の父親である人物とは駆け落ち同然だった

efes / Pixabay

両親に結婚を猛反対されていた2人が同棲を始めたのは、駆け落ち同然でした。そして2人は婚姻届を書き、役所への提出を男性に頼んだところ、「出しておいた」という返事が返ってきました。

冒頭でも少し触れましたが、実はこの時、実際には提出されていなかったことが後から明らかになります。

父親の違う5人の子供を産むが、出生届を出さず

mariagarzon / Pixabay

そして1973年に長男を出産します。この時の男の子が、事件時15歳であったとされる長男です。通常なら役所に出生届を提出するのですが、この時も男性に「出した」と騙され、実際には未提出のままでした。

1979年頃、男性が突然蒸発してしまいます。丁度この時期に長男が就学年齢に達していたのですが、役所から何の通知も来ないことを母親が不思議に思い、婚姻届と出生届が提出されていなかったことが判明しました。

また、その後も長女、次男、次女、三女と出産しましたが、長男と同様に出生届は提出しませんでした。さらに長男以外の4人に関しては、病院にも行かず自宅で産んだと言います。

嘘で塗り固められた母親の言動

母親は子供にも周りの人にもたくさんの嘘をついていました。男性が蒸発したあとマンションを転々とせざるを得なくなった彼女は、長男以外の子共を隠し「夫を数年前に亡くして長男と2人暮らし」だと言っています。

さらに、近隣住民には「長男は立教中学(豊島区池袋)に通っている」「自分は三越で働いている」などと言いふらしていたといいます。実際には、売春や窃盗で食いつないでいました。

1985年2月に次男が死亡

Capri23auto / Pixabay

次男を出産したのは1984年でしたが、翌年上旬、仕事から帰宅した彼女は哺乳瓶を口にくわえたまま死んでいる次男を発見しました。

彼女は遺体をビニール袋に包んで押し入れに隠し、押し入れを仏壇代わりにお供え物をしていたといいます。

長男に全てを任せ恋人の元へ・子供達を置き去りにした

Antranias / Pixabay

1988年、母親は千葉県浦安市で働く50代の男性と愛人関係になり、同棲するために子共たちを置いて家を出てしまいます。長男に「妹たちをよろしくね」と声をかけたといいます。

母親は知的障害者だった?

geralt / Pixabay

母親の言動について、平気で周りの人に嘘をついたり、ネグレクトをしてしまったことから「知的障害者ではないか?」という情報も浮上しています。

知的障害を抱える親がネグレクトなどの虐待をしてしまうパターンも多くあったからです。ですがこの情報に関しては確証もなく、事件を知った人が囁き始めた単なる噂と捉えた方が良いでしょう。

巣鴨子供置き去り事件の詳細【残された子供たちの生活】

ijmaki / Pixabay

母親の実態や事件発生までの経緯についてみてきました。では次に、部屋に残された子供たちがどのような生活をしていたのか、ということに焦点を当ててみていきましょう。

部屋に置き去りにされた子供達

Free-Photos / Pixabay

母親が家を出てから、長男は妹たちのオムツを替えたり、毎日のようにコンビニやスーパーに行って食べ物を買ってあげていました。金銭の入手経路に関しては後述しています。

子供達が取り残されたマンションの場所は?住所は西巣鴨?

472301 / Pixabay

事件現場は、東京都豊島区の西巣鴨という地区にあるマンションだと言われています。鉄筋コンクリート造の4階建てで、JR大塚駅(山手線)から歩いて10分弱くらいの場所に建っています。

兄弟の世話を任された長男は、母親の少ない仕送りで生活していた

janeb13 / Pixabay

お金に関しては、母親が月に2~3万円ほど書き留めで送っていたといいます。もっと高かったという情報もありますが、買えるものはアイスやお菓子が多かったといいます。

母親が顔を見せるのは極たまにだった

Alexas_Fotos / Pixabay

母親からたまに電話がかかってきて近くのファストフード店で会ったりしていたようですが、「様子はどう?」と聞くだけで、マンションに立ち寄ったことはなかったといいます。

食事はコンビニ(ミニストップ)で買ったものやもらった廃棄弁当

ppkpichch / Pixabay

長男がよく買い物していたというのが、マンションの1階部分にあるコンビニ「ミニストップ」です。そこでお菓子やアイスを買ったり、廃棄弁当をもらったりしていたといいます。

当時のミニストップの店長は、学校があるはずの昼間や深夜に買い物に来る男の子に違和感を感じていた、と後から語っています。

NEXT:巣鴨子供置き去り事件の詳細【長男と友達の存在、三女の殺害・死体遺棄】
1/3