波岡一喜は韓国人?結婚や子供は?イクメンって本当?春菜とキス?エンタメ

波岡一喜は韓国人?結婚や子供は?イクメンって本当?春菜とキス?

目次

[表示]

波岡一喜さんは早稲田大学を卒業している!?

Pexels / Pixabay

そして、波岡さんは早稲田大学の政治経済学部へ進学しました。早稲田の政治経済学部は全国的にもトップクラスの偏差値の学部であるため、波岡さんはかなりの高学歴であると言えます。

波岡一喜さんと塚本高史さんが似てると話題に!

現在公開中の映画「貞子」など様々な作品に出演している塚本高史さんですが、波岡さんと似ていることで話題になっています。

ここからは塚本高史さんをはじめ、波岡さんと似ていると話題になった人についてまとめていきたいと思います。

波岡一喜さんと塚本高史さんが似ていると噂になっている?

波岡さんと塚本高史さんの顔がそっくりだと噂になっています。画像等で比較してみると、特に2人の目が似ていると言われています。

波岡一喜さんと読売ジャイアンツ・丸佳浩選手も似ている?

また、波岡さんは読売巨人軍の丸選手とも似ていると言われています。画像等を見てみると、確かに雰囲気は似ていると考えられています。

波岡一喜さんと綾野剛さんも似てる?

さらに、波岡さんは俳優の綾野剛さんとも似ていると言われています。この2人は、宮崎あおいさんと二階堂ふみさんのように、似ている芸能人として紹介されています。

波岡一喜さんとISSAさんも?

さらに波岡さんはDA PUMPのリーダーISSAさんとも似ていると言われています。ISSAさんと塚本高史さんも似ていると言われていることからこのように言われるようになったと考えられています。

波岡一喜さんは演技が下手?性格は怖い?

様々な作品に出演をしている波岡さんですが、ネットでは演技が下手という噂が流れているみたいです。また、波岡さんの見た目などから性格が怖いとも言われています。

ここからは、これらの噂がどうして広まっていったのか、またこの噂は信憑性があるものなのかについてまとめていきたいと思います。

波岡一喜さんは演技が下手なの?ネットで話題に?

ドラマや映画など多くの作品に出演し、主役を演じることもある波岡さんですが、ネット上では演技がそこまで上手くないと言われています。

どうしてこのように評価されることが多くなってしまったのかについて次のトピックから述べていきたいと思います。

演技が下手といわれる理由は?

3271136 / Pixabay

波岡さんの演技が下手だと言われるようになった理由として考えられているのは、自身のデビュー作である映画「パッチギ!」での監督とのエピソードだと言われています。

波岡さんは「パッチギ!」で監督を務めた井筒和幸さんとのエピソードをインタビューで述べ、このインタビューの内容が、演技が下手と考えられるようになった原因と言われています。

「パッチギ!」で監督井筒和幸さんに絞られていた!「フィルムが無駄」?

実際に「パッチギ!」での波岡さんと井筒監督のエピソードについて説明をしていきたいと思います。

波岡さんはこの作品で井筒監督に散々しごかれたらしく、具体的には笑うシーンでは200回以上笑わされたが、「フィルムの無駄」と監督に言われ、カメラが回っていない状態で笑い続けていたと言われています。

井筒監督は「どこへ出ても辛くないようにしてやった」と述べており、波岡さんはこの映画より辛い仕事はなかったと言っています。

性格は?役のイメージから怖いという噂も

danymena88 / Pixabay

次に、波岡さんの性格についてまとめていきたいと思います。演じるイメージから性格も怖いと言われていますが、実際の性格はどうなのでしょうか?

波岡一喜さんの実際の性格は?

役のイメージとは裏腹に波岡さんは気弱な性格であると言われています。幼稚園や小学校ではいじめを受けていたことや、育児に対して積極的であることから、演じる役のイメージとはだいぶ違うと考えられます。

波岡一喜さんの生い立ちや経歴・出演作は?

現在様々な作品に出演し、活躍を続けている波岡さんですが、どのようにして現在まで活動を続けてきたのでしょうか?

ここからは波岡さんの生い立ちや経歴・出演作についてまとめていきたいと思います。

波岡一喜さんは父親との確執があった?

geralt / Pixabay

波岡さんには父親と確執があったと言われています。波岡さんは父親との仲が良くなく18歳の頃くらいから会話をしていなかったそうです。そして、22歳の時に父親を亡くしました。

波岡さんのお父さんは自身が亡くなる前に、波岡さんと自分の仲について述べており、自分の葬式に来てくれるかなと述べていたようです。

このことを波岡さんが父親の13回忌の時に知り、父親の寂しさを痛感したと言われています。

2004年にドラマ「プライド」で俳優デビュー

そして、父親を亡くした4年後の2004年に、波岡さんは木村拓哉さん主演で、アイスホッケーを題材としたドラマ「プライド」で俳優デビューをしました。

波岡さんはこの作品に「西田成純」役で出演しています。

2004年特撮「幻星神ジャスティライザー」

また、波岡さんは同年に超星神シリーズの第2作「幻星神ジャスティライザー」に出演しています。

波岡さんはこの作品で「神野司朗/デモンナイト」役を演じています。

2005年映画「パッチギ!」に出演

そして2005年に先ほども紹介した映画「パッチギ!」に出演しました。

この作品で波岡さんに韓国人疑惑が浮上したことや、井筒監督とのエピソードから、この作品は波岡さんにとって大きな作品だと言われています。

2006年ドラマ「ライオン丸G」で初主演

「パッチギ!」が公開された翌年2006年に、波岡さんはドラマ「ライオン丸G」で初の主演を演じました。

この作品は1972年に放映された「怪傑ライオン丸」のリメイクで、波岡さんはこの作品の主人公のダメホスト「獅子丸」を演じています。

ハリセンボン春菜・はるかとキスシーンも!?

この作品で波岡さんは、お笑いコンビ「ハリセンボン」の2人とのキスシーンがありました。お互い初めてのキスシーンであり、当初は春菜さんとだけキスシーンをするという予定でした。

しかし、監督であった大根仁さんの無茶ぶりではるかさんともキスをすることになり、波岡さんは、はるかさんとキスした後のセリフを間違えまくって、数え切れないほどキスしたと述べています。

2007年特撮「仮面ライダー電王」

2007年に「平成仮面ライダーシリーズ」第8作として放送された「仮面ライダー電王」。この作品の主役である野上良太郎は、佐藤健さんが演じています。

波岡さんは、この作品の第3話と第4話にゲストとして出演しました。

2007年映画「クローズZEROシリーズ」

また、この年には、高橋ヒロシ原作「クローズ」をモチーフとし、主演を小栗旬さんが演じたことで話題になった映画「クローズZERO」が公開されました。

波岡さんは第1作の「クローズZERO」、続編の「クローズZEROⅡ」に鷲尾郷太役で出演しています。

2009年映画「ドロップ」

お笑い芸人である品川祐さんが、自身の過去を基に中学時代から高校時代を描いた小説「ドロップ」。この作品は2006年に発行され、当時話題を呼びました。

そしてその2年後に「ドロップ」は映画化されました。品川さん自身が映画監督を行い、主演は成宮寛貴さんが演じました。

波岡さんはこの作品で、主人公が転校してきた中学の不良グループのリーダー「井口達也」(演:水嶋ヒロ)の親友かつ右腕的存在の「森木隆」役を演じています。

2013年特撮「仮面ライダー鎧武/ガイム」

そして、2013年には先ほども述べたように「仮面ライダー鎧武/ガイム」に出演しました。この作品に出演したエピソードから、波岡さんと子供の良好な関係がうかがえます。

2013年バラエティ「ジャニ勉」にも出演

また、この年に波岡さんは関ジャニ∞がMCを務めるバラエティ「関ジャニ∞のジャニ勉」にゲストとして出演しました。

2017年NHK連続テレビ小説「わろてんか」

吉本興業の初代創業者吉本せいの生涯をモチーフとし、主役を葵わかなさんが演じた連続テレビ小説「わろてんか」。

波岡さんはこの作品で初代桂春団治をモデルとし、作中で「落語界の風雲児」と呼ばれる落語家「月の井団吾」を演じました。

この役は夜にどんちゃん騒ぎをしているが、昼に人一倍稽古に取り組むという二面性のある役であり、波岡さんはこの難しい役を見事演じ、話題となりました。

2016・2017年ネットドラマ・映画「火花」

お笑い芸人の又吉直樹さんが書いた小説「火花」。この作品は売れない芸人「徳永」が、徳永の先輩で奇想の天才と評される「神谷」と運命的な出会いをし、徳永が神谷に弟子入りするというところから話が始まります。

2015年3月にこの作品は発行されました。そして、同年の8月に又吉さんが芥川賞を受賞したことで脚光をかなり浴び、2016年にはドラマ化されました。

波岡さんは、ネットドラマにて「徳永」(演:林遣都)が憧れる先輩「神谷」を演じました。

波岡一喜さんの他にどんな人が?芸能界のイクメンを紹介

sasint / Pixabay

波岡さんは育児に積極的な「イクメン」であるということを紹介しました。また、芸能界にはイクメンが多いと言われています。

ここからは芸能界を代表する「イクメン」を紹介していきたいと思います。

そもそも「イクメン」とは?

「イクメン」とは「イケメン=イケてるメンズ」のように育児とメンズを掛け合わせた言葉です。この言葉のキーとなるポイントは義務的ではなく、育児を楽しむというところにあると言われています。

この言葉ができたのは最近のことで、2010年に長妻昭労働大臣(当時)が日本の少子化対策ということで「イクメン」という言葉を流行らせたいという発言をしました。

そして、「イクメンプロジェクト」と題したプロジェクトを立ち上げたことでメディアへの露出も増え、この年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに「イクメン」はノミネートされました。

イクメンと主夫の違いは?

qimono / Pixabay

「イクメン」と似た言葉で「主夫」という言葉があります。「主夫」というのは昔から使われている「主婦」と同様に家事や育児を仕事より主戦場にしている男性のことを指します。

一方で、「イクメン」とは先ほども述べたように、義務的ではなく育児を楽しむ男性のことを指します。そのため「イクメン」と「主夫」の違いは、義務的に家事や育児を行っているかどうかということになります。

しかし、これらの言葉は同時期に世間に普及したため、「イクメン」と「主夫」を同じ意味と考える人も中にはいます。ただ、定義からこれらの言葉は「似て非なるもの」だと考えられます。

著名人に贈られる「イクメンオブザイヤー」

また、「イクメンプロジェクト」の一環として、毎年10月19日をイクメンの日と題し、育児を楽しみながら参加した著名人に贈る「イクメンオブザイヤー」という表彰イベントが設立されました。

この賞は2011年から行われ、過去にはつるの剛士さん、中山秀征さん、杉浦太陽さんなどが受賞しています。

NEXT:芸能界で有名なイクメン①つるの剛士さん
2/3