色仕掛けの意味とは?色仕掛けの方法や落ちやすい男性の特徴も紹介! 恋愛・心理

色仕掛けの意味とは?色仕掛けの方法や落ちやすい男性の特徴も紹介!

この記事では、女の色仕掛けの意味やそのやり方、また色仕掛けに落ちやすい男性の特徴にについてご紹介します。色仕掛けというと男性を誘惑するためにするものと思われがちですが、実はビジネスの場でも役に立つことがあるのです。それらについて詳しくまとめました。

目次

[表示]

色仕掛けとは?

TeroVesalainen / Pixabay

では、そもそも「色仕掛けとは何なのか」というところから見ていきましょう。

色仕掛けの意味は?恋愛以外でも使われる?

Pexels / Pixabay

色仕掛けというと、やはり女性が男性を誘惑し落とすために使うものというイメージが強いのではないでしょうか。確かに、色仕掛けの本来の意味はこれです。

しかし、色仕掛けというのは恋愛においてのみ用いられる言葉ではなく、何かの物事を達成するために色気や美しさを使うことを指すのも、この「色仕掛け」という言葉なのです。

色仕掛けは、必ずしも男性を誘惑して落とすためだけに使われるわけではないということになります。

色仕掛けの語源は?

色仕掛けという言葉は、「色」という言葉と「仕掛ける」という言葉の名詞形が合わさってできた言葉です。

昔は兄のことをいろせ、姉のことをいろねと呼んでいました。ここから色という言葉ができ、女性の美しさや男女の交友関係を表すようになりました。

一方で仕掛けるの方はと言うと、相手に対して何かを働きかけるという意味を持つ言葉です。ですから、色仕掛けというのは、「色つまり女性の美しさを使って相手に対して何かを働きかける」という意味になります。

関連する記事はこちら

色仕掛けの目的や効果は?

TeroVesalainen / Pixabay

色仕掛けの言葉の意味はわかりましたが、では実際に色仕掛けを使う時には何を目的としているのでしょうか。また、色仕掛けそのものの効果はどの程度のものなのでしょうか。

色仕掛けの目的は?欲しいものを手に入れる手段?

3803658 / Pixabay

色仕掛けは、基本的には自分の欲しいものを手に入れたり、欲を満たしたりするために用いられるものです。

たとえば、自分の欲しいものを手に入れるために相手に金品を差し出すという方法がありますが、それと同じようなものです。色仕掛けは、金品の代わりに自らの美しさやフェロモンといったものを利用するのです。

色仕掛けは金品よりも効果的?

nattanan23 / Pixabay

色仕掛けは、相手に自分の美しさや女性らしさをアピールして、「心を許している」と勘違いさせることによって成り立つものです。

ですから、単に相手に金品を差し出して交渉するよりも、相手とのコミュニケーションがより密なものになります。

相手が異性の場合には金品で何かを要求するよりも、色仕掛けを使った方がより多く、そしてより容易に情報やモノを手に入れられるでしょう。

色仕掛けは自分の役にも立つ?

1643606 / Pixabay

色仕掛けをする女性と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。色仕掛けをするためには当然「色気」が必要なわけですが、それを手に入れるためにはまず自分磨きをすることが必要になります。

つまり、色仕掛けをしようと思うのであれば、自分磨きをして女性らしさや色気といったものを手に入れるのが必要不可欠なのです。

色仕掛けは、欲しいものを手に入れたり欲を満たしたりするために使うのはもちろんのこと、自分を磨くためのきっかけにもなると言えるでしょう。

男性は色仕掛けに弱い?理由は?

Free-Photos / Pixabay

女性の中には、「色仕掛けで男性を落とすなんてとんでもない」という人もいますが、男性が女性の色仕掛けに弱いというのは事実なのです。

女性は男性の男らしさを感じると落ちると言われていますが、男性の場合は女性の色気を感じた時に落ちます。それは、お互いが持っていないものに刺激を受けて心がときめくからです。

男性を落とす方法として一番手っ取り早く賢い方法は色仕掛けであるとも言われています。もちろん恋愛面だけでなく様々なシーンで役に立つものですから、女性としてこれを活用しない手はないでしょう。

効果的な色仕掛けのやり方・方法は?【見た目編】

JillWellington / Pixabay

では実際には、色仕掛けはどのようにするのが効果的なのでしょうか。まずは色仕掛けの準備段階とも言える「見た目」について見ていきましょう。

露出は控えてチラ見せで

色気を出すとなると露出をすれば良いと思いがちですが、過度な露出は逆効果で、相手に引かれてしまう可能性が高いです。そのため、色仕掛けを使う時には露出は控えめにしましょう。

首・手首・足首はさりげなく見せるだけでも色気を出すことができるので、その三点を意識してみると良いでしょう。

髪型もセクシーにする

Pexels / Pixabay

髪型は誰でも簡単に変えられる上に、女性の場合は少し変えるだけでもセクシーさを演出することができます。

特に、うなじが見えるような髪型にはドキッとしてしまう男性は多いです。自分に似合う、かつセクシーさを出せる髪型を見つけるのが良いでしょう。

胸を強調するしぐさを取り入れる

RondellMelling / Pixabay

胸というのは女性特有のものですから、それに惹かれてしまう男性はやはり多いものです。胸を強調するような仕草をされれば、当然そちらに目が行ってしまうでしょう。

腕を組むと腕に胸が挟まれた状態になって、普段よりも強調されますよね。男性を誘惑するのには非常に効果的な方法であると言えるでしょう。

さりげなく足を組みかえる

Pexels / Pixabay

女性が足を組むという仕草は、それだけでも男性には魅力的に映ります。しかし、足を組みかえる仕草は、より男性に刺激を与える行為です。

特にスカートの日に目の前で足を組み替えらたら、女性の足にくぎ付けになってしまう男性が多いでしょう。

見え方を意識して上着を脱ぐ

Free-Photos / Pixabay

上着を脱ぐというのは、誰しもあまり意識せずにやっていることだと思いますが、胸やお尻など女性らしいボディラインを強調させるように脱ぐことを意識するだけで、十分に効果的な色仕掛けになります。

キスしたくなるリップをつくる

Pexels / Pixabay

女性の唇は、潤いやつやがあるだけで十分にセクシーに、そして魅力的に見えます。そして、人は動くものに目が行きやすいという特徴があるため、男性を虜にするために唇は重要なパーツとなります。

普段から、保湿などのケアをしっかりするようにしましょう。

胸元が美しく見える服を着る

holdosi / Pixabay

胸元が美しく見える服を着るのも、色仕掛けをする時には効果的でしょう。

胸元が開いたものは当然セクシーに見えますが、そうでなくてもタイトでボディラインが強調されるような服を着れば、胸元も美しく見せることができます。

抜け感のあるメイクで隙を見せる

kaboompics / Pixabay

常にきっちりとメイクをしている女性は、どうしても隙がないように見えてしまいます。あえてメイクに抜け感を出し相手に隙を見せることで、男性側からも近寄って来やすい女性になれるでしょう。

髪の毛を触る

Free-Photos / Pixabay

髪の毛をかき上げたり耳にかけたりなど髪の毛を触る仕草も、男性には魅力的に映る仕草のひとつです。特に美しい髪の毛の女性であれば、その仕草ひとつで虜になってしまう男性もいるでしょう。

ピアスは繊細でキラキラ揺れるものを

StockSnap / Pixabay

男性は、揺れるものをつい目で追ってしまうという習性を持ちます。そのため、ピアスをつける時には必ず揺れるデザインのものを選ぶようにしましょう。

揺れるピアスをつけるだけでも、自分の顔に男性の視線を集中させることができます。

網タイツやビジューのついたストッキングをはく

PIX1861 / Pixabay

男性を誘惑するためには、網タイツを着用するのも一つの手です。しかし、似合う人と似合わない人とに分かれるので、足に自信がない人が着用することはあまりおすすめできません。

また、ビジューなどのついたストッキングを着用するのも良いでしょう。網タイツとは違って、こちらならどんな女性にも似合います。

ヒールが高めの靴で脚をきれいに見せる

stevenmeans67 / Pixabay

色仕掛けの時には、足元のおしゃれも忘れないようにしましょう。高めのヒールは足のラインを綺麗に見せてくれるのはもちろんのこと、姿勢も綺麗に見せてくれます。

また、先にご紹介した網タイツやビジューのついたストッキングと併せれば、より色気を出すことができるでしょう。

清潔感と色っぽさをうまく利用する

stevepb / Pixabay

うまく色仕掛けをするためには、色っぽさだけではなく清潔感もうまく利用するようにしましょう。相手に「清潔感がある女性だ」と思わせるためには、相手への気遣いが大切です。

手入れされたネイルで指先まで美しくみせる

martaposemuckel / Pixabay

名刺交換をする時などは、自然と相手の指先に目が行きますよね。そんな時に綺麗なネイルが施されていれば、色気をプラスできること間違いないでしょう。

ビジネスの場などで色仕掛けを使う時には、TPOを考えて肌なじみの良い色を選ぶと良いでしょう。逆に派手な色や個性的な色は避けた方が無難です。

少しだけ汗をかいて首筋を見せる

Gromovataya / Pixabay

女性は程よく汗をかくことで、色気を醸し出すこともできます。首筋にあたりに流れる汗に、男性は思わずドキッとしてしまいます。

そんな時に首筋を見せるとより効果的です。髪をアップにするなどして、男性の視線を首筋に集中させましょう。

女性らしい柔らかい肉感を見せる

langll / Pixabay

男性は、自分にはない女性特有の柔らかい肉感に惹かれます。ボディラインを強調する服を着たり、ミニスカートをはいたりするなど、女性らしい質感を出せるように工夫しましょう。

また、「最近太っちゃったんだよね」などと言って自分の体をプニプニと触るのも良いでしょう。男性は思わず女性の柔らかい肌に触れたくなってしまうかもしれません。

ゆったりと落ち着きのある動作をする

色仕掛けをするときには、普段と比べて全ての動きがゆっくりになるように心がけましょう。せかせかと忙しく動く女性の姿には色気がありません。

食事をする時であれば、口にグラスを運ぶスピード、ナイフとフォークを動かす手のスピードなど、いたるところでゆっくり落ち着きのある動作をするよう心がけましょう。

効果的な色仕掛けのやり方・方法は?【行動編】

Free-Photos / Pixabay

次に、色仕掛けの祭の「行動」に注目して、その効果的なやり方・方法を見ていきましょう。

笑顔や含み笑いを見せる、大声はNG

StockSnap / Pixabay

笑顔や含み笑いの女性は、男性にとっては色気があるように見えます。特に口元に手をあてた含み笑いは、相手の目を見つめながらすることで、より一層色気を醸し出してくれることでしょう。

ただし、大声で笑うのは下品な女性だと思われてしまうので絶対にNGです。

NEXT:自然な感じで相手に触れる
1/3