マキャベリストとはどういう意味?目的のためには手段を選ばない人?

目的のためには、他者を手段化することを厭わない「マキャベリスト」。「マキャベリスト」の意味する人物像は?サイコパスや、ナルシストとの違いは?ここでは、マキャベリストの診断方法をはじめとして、彼らの特徴や遭遇した際の対策、対応の仕方についてご紹介します。

マキャベリストとは?意味は?どんな人のこと?

「マキャベリスト」とは、具体的にどのような人物を指す言葉なのでしょうか?また、サイコパスやナルシストと呼ばれる人物像とは、どこに違いがあるのでしょうか?

ここでは上記の疑問に加え、マキャベリストのルーツである『君主論』の著者「ニッコロ・マキャヴェッリ」を参照し、もともとの意味を確認します。

続いて、マキャベリストの人格特性や、人間の進化においてマキャベリストがどのように理解されているかなどもご紹介します。

マキャベリストは、目的のためなら手段を選ばない人?

Hans / Pixabay

マキャベリストは、一般的に「目的のためには、手段を選ばない」という考え方を持っている人物を指します。マキャベリストの用いる手段は、主に「他人を操る」ことです。

誰もが一度は、自身の目的を達するために他者を利用した経験があるのではないでしょうか?そのような場合、並大抵の人間は、良心の呵責を感じるものです。

しかし、マキャベリストと呼ばれる人格を持つ人々は、他者を手段化することに罪悪感を抱くことがないのです。

マキャベリストという言葉の語源は?実在した人物?元々の意味は?

cocoparisienne / Pixabay

現在は、目的のためには手段を問わない人物を評して用いられる「マキャベリスト」ですが、本来はマキャベリズム(Machiavellianism)を信奉する人物をあらわす言葉です。

マキャベリズムとは、イタリア(ルネサンス期)の思想家「ニッコロ・マキャヴェッリ(以下マキャベリ)」が主著『君主論』において展開した、きわめてリアリスティックな政治思想に由来します。

『君主論』では、政体や君主の在り方が論理的に記述されています。しかし時代を経てマキャベリズムは通俗化し、手段の非人道性は国家の繁栄を目的とするかぎり正当化される、といった面が強調されるようになります。

ニッコロ・マキャヴェッリとはどんな人物?「君主論」とは?

morhamedufmg / Pixabay

マキャベリズムの語源となった「ニッコロ・マキャヴェッリ」とは、どのような人物だったのでしょうか?主著『君主論』の一部を引用しながら、ご紹介していきます。

ニッコロ・マキャヴェッリとは?

7753727 / Pixabay

マキャベリは15世紀~16世紀のイタリアの思想家で、外交官としても活躍しました。故郷はフィレンツェ南西にあるアルノ河付近で、法律家の父を持ちます。

貴族の家柄でありながら、質素な幼少期を過ごしたと「ヴィットーリ宛書簡」で述懐しています。メディチ家の没落によって混乱をきわめたフィレンツェで学を深め、政治の道に進みました。

1502年にはイタリア征服を試みたチェーザレ・ボルジアのもとに派遣され、その冷酷ながらも確かな政治的手腕を観察、享受しました。しかし、メディチ家の復権後は冷遇され、寒村で執筆にいそしむこととなります。

君主論とは?

Free-Photos / Pixabay

『君主論』は、復権したメディチ家とマキャベリの橋渡しを担った一冊でもあります。

当時の実質的な君主ロレンツォ・デ・メディチへの献辞と26章で構成され、君主の「統治」、「性格」などが、以下のようにさまざまな角度から検討されています。

  • 第1章 君主国にはどんな種類があり、その国々はどのような手段で征服されたか
  • 第14章 軍備についての君主の責務
  • 第17章 冷酷さと憐れみ深さ。恐れられるのと愛されるのと、さてどちらがよいか
  • 第25章 運命は人間の行動にどれほどの力をもつか、運命に対してどう抵抗したらよいか

その第25章においてマキャベリは、混沌とした世相を運命の女神「フォルトゥナ」になぞらえ、「ヴィルトゥ(力量、自由意志)」によって運命を支配することが君主には望ましい態度だと語っています。

NEXT マキャベリスト、サイコパス、ナルシストは邪悪な人格特性?違いは?