無神経な人の心理や特徴は?無神経な彼氏・彼女のエピソードまとめ 恋愛・心理

無神経な人の心理や特徴は?無神経な彼氏・彼女のエピソードまとめ

皆さんのまわりにも、無神経な人っていますよね?発言に配慮がなかったり、何かにつけてわがままだったり……。彼氏彼女の関係だったりするとなおさら厄介なものです。人間関係でストレスを溜めないように、無神経な人の心理的特徴や対処法について具体的にお伝えしていきます!

目次

[表示]

人をイラッとさせる無神経な人!無神経とはどういう意味?

Pexels / Pixabay

「無神経な人」と聞いて、あなたならどのような人を思い浮かべますか?無神経、とひと口に言ってもいろいろなタイプがあり、それぞれに対処法が変わってきます。

まずは、無神経という言葉のそもそもの意味についておさえておきましょう。

無神経とはどういう意味?

Takmeomeo / Pixabay

日本語では、「気を遣う」という表現をよく使います。ここでいう「気」とはまさに神経のことで、無神経な人とはつまり、「他人に気を遣えない人」のことを指します。

それは彼氏、彼女の関係になっても同じことで、根っから無神経な人は恋人や家族、親しい人たちに対してもきちんと気を遣うことができず、むしろ親しいからこそネガティブな一面をさらけ出します。

無神経な人の無神経な行動はガラスの破片のようにまわりの人を傷つけますので、身近にいればいるほど一方的にストレスを溜め込んでしまうことになります。

無神経の対義語や類語は?英語だと何という?

Free-Photos / Pixabay

無神経の類義語としては、無遠慮、ぶしつけ、KY(空気が読めない)などがあります。また、コミュニケーションが成り立ちにくい、という意味ではコミュ障、というのも類義語に含まれるかもしれません。

対義語としては、思慮深い、配慮がある、気配り上手、八方美人などがあります。八方美人は現在ではマイナスなイメージで使われることが多いかもしれませんが、もともとはプラスの表現でした。

無神経の直接的な英訳は少ないようですが、「自分勝手」という意味ではselfishなどの単語があてはまるのではないでしょうか。

関連記事はコチラ!

苦手な人が多い?無神経な人の心理・特徴

Babienochka / Pixabay

無神経な人の行動パターンは、実は複雑です。タイプごとに適切な対処法も異なりますので、まずはおもな心理的特徴を把握し、自分なりの対策を組み立てておきましょう。

人の容姿などの外見を貶す

無神経な人は得てして、「悪口」と「毒舌」の区別がついていません。また、正直と無遠慮の区別もわかっていないため、初対面の人の見た目を平気でけなしたり、コンプレックスをあげつらったりします。

信頼関係のない相手の外見や性格にあれこれと口を出すのは紛れもなく悪口ですし、絶対にやってはいけないことです。

あなたがそのような言動を受けたら、曖昧に笑ってごまかさず、不快な発言は不快であるとはっきり伝えるようにしましょう。

自分が無神経だと自覚していない

RobinHiggins / Pixabay

酔っ払いが「自分は酔っていない!」と頑として主張するように、もともと無神経な人は自分が無神経な人間であると自覚していないものです。

自覚がないからこそまわりにとっては厄介で、「あなたは無神経ですよ」などと正面から指摘したとしても反論されるだけなのですから、かえって関係性が悪化するだけです。

仕事ができるタイプの人の場合、「自分には能力がある」と思い込んでいることも多く、このタイプが上司になると部下としてはモラハラやパワハラで苦しむことになります。

悪気があるわけではない

AdinaVoicu / Pixabay

無神経というのは裏を返せば正直な人、ということになり、本人としてはまったく悪気がないどころか、むしろ「親切で言ってあげている」と思い込んでいる場合があります。

もちろん、悪気がないからといって何でも許されるというわけではなく、周囲としては地道に本人に対し「あなたの発言や行動で苦しんでいるんですよ」ということを伝えていく必要があります。

自分の価値観を押し付ける、モラハラが多い

無神経な人の大きな心理的特徴として、自分がいちばん正しいと思い込んでいる、という点が挙げられます。特に、能力に恵まれた人の場合、なまじ知識と経験があるために妙な自信をもっていたりします。

このようなタイプの人に「あなたは間違っているんですよ!」などと正面切って反論したところで聞き入れられるどころか、論理でつぶされるだけですので、極力遠巻きにするのが得策です。

空気が読めず、図々しい上に馴れ馴れしい

Pexels / Pixabay

無神経の類義語としてKYが挙げられているように、無神経な人は往々にしてその場の空気を読むのが苦手です。

同時に、相手との距離感を適切に保つことも不得意なため、初対面であっても自分自身が気に入れば馴れ馴れしく接したり、反対に気に入らなければぞんざいに接したり、ということになります。

良し悪しを考えずすぐに思った事を口に出す

無神経な人が度々周囲を傷つけ、対立を生むのはとりもなおさず、発言のひとつひとつがストレートすぎるからです。

ちょっとぽっちゃりしている人に初対面でいきなり「太ってるね」と言ってみたり、スレンダー体型の女の子に「貧乳だね」と言ってみたり……。

本人としては決して、相手を傷つけるつもりではなく、あくまでもコミュニケーションの一環として、見たまま感じたままを指摘しているにすぎないのです。

冗談を超えた馬鹿にしたような発言をする

DanaTentis / Pixabay

無神経な人の中には、「自分にはユーモアセンスがあって面白い」と思い込んでいる人も少なくないようです。

ただ、悪口と毒舌の境界線が理解できていないため、バラエティ番組でもアウトになるレベルのひどい悪口をジョークだと混同し、実際にはまわりを一方的に傷つける、ということになってしまいます。

節度のないジョークはたんなる悪口ですし、下品でしかありません。周囲がお追従で笑ってしまうと本人はますますウケていると勘違いしますので、まわりの対応にも一定の責任があります。

計画性が無く大雑把なため、勢いで行動しがち

SAM7682 / Pixabay

衝動性もまた、無神経な人の特徴のひとつです。このタイプの人は万事につけて計画性がなく、その時々の気分や思いつきで行動するため、周囲は少なからず迷惑を被ります。

プライベートであればせいぜい彼氏、彼女をちょっと振り回す、ぐらいですみますが、ビジネスで責任のある立場だったりすると何百人単位の部下を巻き込んだりするので、影響はさらに深刻になります。

人のプライバシーにずかずか踏み込んでくる

TheDigitalArtist / Pixabay

無神経な人は他人との距離感においても自分だけのルールで動きますので、相手のプライバシーであろうと自分にとって興味があれば遠慮会釈なくどんどん踏み込んでいきます。

当然、踏み込まれた側にしてみれば不快でしかありませんが、無下に拒絶してしまうと今度は「理由もないのに嫌われた」ということになり、よけいに関係がこじれてしまうことになりかねません。

言葉遣いがガサツ・悪い

martakoton / Pixabay

無神経な人の代表としてしばしば関西人が挙げられるのは、その本質はどうあれ、言葉遣いに遠慮がないからではないでしょうか。

ご飯を食べるでいいのにあえて「メシを食う」と言ってみたり、トイレのことを公共の場で便所と言ってみたりと、とにかく言葉に気を遣わないため、不快感を受けてしまいます。

また、無神経な人は得てして声が大きいため、下品な言葉遣いが人前でも目立ってしまいます。

人に立ち入り過ぎで、根掘り葉掘り聞いて来ようとする

無神経な人ほど人の噂話が大好きで、あらゆる方面に絶えずアンテナを張っています。ターゲットにされたら最後。興味関心が尽きるまでとことんプライバシーを掘り返されますので、距離感には気をつけましょう。

人より優位に立ちたがる

skeeze / Pixabay

無神経な人は客観的には自信に満ちあふれているように見えて、その実、コンプレックスの塊なのかもしれません。コンプレックスの多い人は精神的に弱く、その弱点を強気な態度で必死に隠しています。

もともと気が強い人ではそれが周囲への攻撃的な態度に表れ、まわりのほうが委縮すると「ほら、自分のほうが正しいのだ」とますます増長し、パワハラの原因にもなります。

マイペースで自由人な人が多い

byrev / Pixabay

いわゆるKY型の人の場合、基本的に集団行動が苦手で、会社組織でもスタンドプレイを好んだり、そもそも就職しなかったりと、マイペースな言動が目立ちます。

このタイプの人は周囲に対してもそれほど攻撃的にならず、価値観を押し付けるわけでもないため扱いやすいと言えますが、彼氏彼女、結婚相手となると事情は変わってくるようです。

自分の被害に対しては敏感

un-perfekt / Pixabay

無神経な人ほど普段はおおらかに見えて、心の内では「誰かに攻撃されないか」とつねにビクビクしているものです。

そのため、自分がいざ誰かから攻撃されると防衛本能が過剰にはたらき、ちょっとしたことでもまるで相手が極悪人であるかのように激しく責め立て、被害者ぶりをアピールします。

まわりも最初のうちは本人のアピールに振りまわされますが、そのうちに実はたいしたことがないとわかり、最終的には本人自身がオオカミ少年のようになってしまいます。

いつでも自分を一番に優先してほしがる

gfergu1 / Pixabay

無神経な人は実は、孤独なのかもしれません。子どものころから承認欲求と自己実現欲求が強すぎるために、大人になってからも絶えず自分を最優先にしてもらわなければ気がすまなくなります。

このタイプの人を極端にないがしろにしてしまうと余計に孤独感を深め、プライドを傷つけてしまいますので、まわりとしてもほどほどに本人の意見と能力を尊重してあげる必要があります。

無神経な人の被害に合わない・傷つけられないための対処法

rickey123 / Pixabay

無神経な人は噂に聞く分には時として魅力的に映りますが、いざ近い関係になるとしばしば被害を受けるものです。

無神経な人からあなた自身を守るための正しい対処法について見ていきましょう。

こちらの気持ちを相手にやんわりと伝える

Free-Photos / Pixabay

多少なりとも聞く耳を持ってくれるタイプの人に対しては、タイミングを見計らって本人に「私はこういうことで傷ついています」ということを間接的にでも伝えていくのも効果的です。

無神経な発言について冷静に説明してあげる

GingerQuip / Pixabay

無神経な人は意外と、自分自身の無神経発言に気づいていないものです。

本人を主語にするのではなく、「こういう人ってちょっと困りますよね」というかたちで少しずつ伝えていき、本人に時間をかけて理解してもらうアプローチが効果的と言われています。

無神経発言返し

geralt / Pixabay

相手との関係性にもよりますが、すでにある程度気の置けない距離感にある場合にはあえて本人に無神経発言を返すことで自覚を促し、ストレスを発散させることができます。

そういう人だと割り切る

geralt / Pixabay

無神経な人に対してあなたがストレスを感じるのは、少なからず期待しているからです。自分のはたらきかけによって相手が変わってくれるだろうと期待しているからこそ、変わらない相手にイライラしてしまうのです。

最初から「この人は無神経な人なんだ」と自分自身で割り切るだけでもストレスがかなり軽減され、ほどよい距離感を保てるようになります。

近寄らないようにする

makunin / Pixabay

無神経な相手が直属の上司などでなければ、普段は極力近寄らず、本当に必要な時にだけコミュニケーションを取る、という対処法も可能です。

触らぬ神に祟りなし、とはよく言ったもので、無神経で不快に思えた相手でもある程度距離を取って付き合ってみることで長所や魅力が再発見できたり、新たな距離感が見つかったりするものです。

適当な相槌を打って話を終わらせる

mohamed_hassan / Pixabay

無神経な人は話が長い傾向にありますが、相手の反応には特に関心がなく、話を聞かせる、ことそのものに満足しているものです。

失礼にならない程度に話を適当に受け流し、相槌だけを打っておくだけでも案外、聞き上手として気に入ってもらえるかもしれません。

病気や障害の可能性もあるのでフォローしてあげる

loilamtan / Pixabay

無神経な人の無神経な言動は、あるいは、当人だけの責任ではないのかもしれません。最近では「目に見えない障害」についての研究が進み、発達障害やアスペルガー症候群などが知られるようになりました。

極端に空気が読めない人に対しては無神経と安易に決めつけず、正当な知識を持ったうえで適切なフォローを行う必要があります。

自分が無神経だと言われたら?!無神経な性格を直す方法

Free-Photos / Pixabay

あなた自身が無神経だと言われたら、やっぱりショックですよね。無神経な言動や性格は、ちょっとした努力と工夫次第で改善することができます。

NEXT:周りの人に協力してもらう
1/2