何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法まとめ! 恋愛・心理

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法まとめ!

今回は、何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法について紹介していきます。やりたいことがない人はどんな仕事を目指すべきなのか?進路に悩む大学生や夫婦はどのような将来を描けばいいのかなど詳しいことにも触れながらみていきます。

目次

[表示]

何がしたいかわからない時にやりたいことを見つける方法まとめ!

ijmaki / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つけるのにはどうしたらいいのでしょうか。みていきます。

①自分が日々ついついやってしまうことは何か考える

OyeHaHa / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の1つ目は、自分自身が日常生活でついついやってしまうことが何を考えてみることです。

人間は自分が意識していない無意識なことを知らないうちにやっていることは少なくありません。その為、まず自分は日常生活でどんな行動しているのか、今一度意識で行動してみてください。

すると普段はあまり気にしていなかったことに気づき、それが自身のプラスになる能力になることも多く、そこから自分のやりたいことを見つけられるヒントにもなります。

②自分が得意なことを書き出してみる

Free-Photos / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の2つ目は、自分が得意なことを紙など書き出してみることです。何を文章に残すという行為は、仕事面でも頭を整理しやすい方法の一つです。

その為、得意不得意を自分の中でわかっている人も書き出して見ることでより自分がどういう人間なのかを理解しやすくなります。そしてその中で自分ができそうなものや似てそうなものを探してみましょう。

③自分の長所や短所から向いていることを考えてみる

DavidRockDesign / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の3つ目は、まず自分の長所が何か、そして短所が何なのかを考えてみることです。生きていく上で自分自身を自分が知ることは大切です。

しかし自分を自身を知ろうとせずに生きている人も少なくありません。やりたいことや自分がどういう進路に進んでいくには、自分の長所、短所を知って考えた方が先のことを知った方が考えやすいです。

④自分の好きなこと・嫌いなことを明確にする

TeroVesalainen / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の4つ目は、自分が好きなことを嫌いなことを明確にすることです。嫌いなことは相手から強制をさせられたとしても、辛くなってしまうだけです。

しかし好きなことは自分が飽きるまでやり続ける人も多いのではないでしょう。このように、自分が好きなことが何なのか。そして嫌いなことが何なのかを分けることで、やりたいことのヒントにも繋がります。

⑤自由に使える時間とお金があったらやりたいことを考えてみる

JillWellington / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の5つ目は、もし自由な時間がお金があったら何をしたいかを考えてみることです。

世界一周旅行をしたい。ハワイでバカンスを楽しみたいなどなど、何でも良いのでまずは細かいことは考えず、自由の発想で自分が何をしたいか考えてみましょう。

⑥現実にしたいと思う夢がないか考える

DanaTentis / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の6つ目は、現実的に自分自身が実現させたい夢はないか考えてみることです。自由の発想をすると、現実から掛け離れた夢を持ってしまうことがあります。

しかしそれが逆に辛いと思ってしまう人も少なくありません。そういった人にはこちらの方法がオススメです。例えば今月貯めたお金で旅行に行ってみようなど現実的にできそうな夢を考えて見ましょう。

そうすることであまり現実的に不可能なことは考えないようになります。まずはちょっとしたことから考えていくことが、自分のやりたいことに繋がる一歩にもなります。

⑦たくさんの人と話をしてみる

gavilla / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の7つ目は、とにかく色々な人と交流して話してみることです。中高生や大学生と学生は友達が多かったりして、話す機会が多いかもしれません。

しかし社会人や主婦な方は中々他人と交流する機会が学生に比べて少なくなってしまうこともあります。そんな時も会社の同僚や近所の人たちと話して見ることが大切です。

そうすることで、最初は自分がやりたいことがなかったとしても他人の意見や考え方を聞いて、自分の意見や考え方が変化することもあります。

⑧辞められることはないか探してみる

Josy_Dom_Alexis / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の8つ目は、何か辞められることはないか探してみることです。タバコや仕事など何でも良いの考えてみることが大切です。

辞めたいことと思っていることは、自分自身にとってマイナス面が強いことがあります。その為、辞めて距離を置くことで、マイナスになっていた部分が空き、余裕を持って物事を考えることができます。

やりたいことがないと思っている人も、余裕を持って自分のことを考えてみることで、今までと違った見方で自分自身を見つめることができ、自分にプラスになることが見つかるかもしれません。

⑨やらなければいけないことをまず片付ける

MabelAmber / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の9つ目は、まず今やらないといけないことを先に片付けておいてしまうことです。例えば仕事など後回しにするのではなく早いうちにやっておきましょう。

そしてやらないといけないことを終えた後に、自分がやりたいことが何なのかを考えていくことが大切です。

後回しにしておくと、やりたいことが見つかったとして、それを行うとしても、やらないといけないことに邪魔をされ自分の思い通りに行かなくなってしまう事があります。

⑩少しでも興味があることは片っ端からやってみる

jplenio / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の10つ目は、少しでも興味を持ったものであればとりあえずやって見るという事です。

やりたいことがない人の多くは、少し興味を持っただけでは行動しない人が多いです。一方でやりたいことがある人は、少しの興味でも好奇心を持って取り組んでいきます。

その為、ちょっと興味を持ったことは挑戦して見ましょう。そしてもし自分に合わないことがあれば、止めて別の道に進んでいくのg大切かもしれません。

⑪簡単なことから取り掛かってみる

Free-Photos / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の11つ目は、簡単なことから挑戦していくことです。大きな目標や夢を持つことは決して悪いことではありません。

しかしその夢をいきなり実現することは、色々な人との協力も必要となっていき、そう簡単に実行できるものではありません。

大きな目標を実現させる前に、まずは自分の力で成し遂げられる簡単なことから挑戦していきましょう。そして色々と挑戦していった上で大きな目標に挑戦していく事が大切です。

⑫やりたいことに挑戦する

sasint / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の12つ目は、やりたいことから挑戦していくことが大切です。やりたいと思っていないのにやっても当然面白くはありません。

興味があって、自分自身がやりたいと思ったことに挑戦していきましょう。そして飽きてしまったら、また違うやりたいことに挑戦するなど色々なことに手を出してみることが大切です。

⑬やりたいことをやって心地よい割合を考える

Skitterphoto / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の13つ目は、やりたいことをやっていて自分が心地よいと思う割合を考えて行動してみることです。

やりたいことをやっていたとしても、環境によって自分が心地よいと思っていることが少なく、やりたいことなのにどこかやる気が出ないという人も少なくありません。

その為、自分がやりたいことをやっていて楽しいと思うのかなど心地を考えながら色々と挑戦していくことが、自分のやりたいことが見つかるチャンスになります。

⑭目標を立てる

rawpixel / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の14つ目は、目標を立てて行動することです。やりたいことがない人は、何をしたらいいのかわからない人も少なくありません。

その為、まずは目標を立てて、その目標を達成するまで努力していきましょう。そうすることで今、自分は何を目指して動かないといけないのかがわかります。

⑮できることを継続する

Simon / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の15つ目は、できることを継続していくことです。一度にたくさんのことを同時に行っていくことは大変なことです。

しかしその中で自分ができること、集中して進めることを選び、それを継続してやっていくことが大切です。そうすることで、それを最後までやったという自信が自分の中に作られます。

⑯自分が幸せだと思う状態を想像してみる

StockSnap / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の16つ目は、自分が幸せだと思う状態を想像しています。理想な家庭を築いているときなど幸せと感じる瞬間は人によってそれぞれ違います。

その為、自分が理想とする幸せを想像してみることが大切です。自分が理想となる瞬間を想像してみることで、自分はどんな状態を目指しているのかを自分自身で知ることができます。

⑰引き寄せの法則を実践する

Activedia / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の17つ目は、引き寄せの法則を実践してみることです。引き寄せの法則は、心理学の一種で、自分が考える最高の未来を意識的に作り出す方法です。

この方法は、自分が一体どんな人物なのか、どんな人生を生きていきたいかを瞑想をしたり、考えたりします。そしてその考えを自分の中で意識させることで、その目標に向かって行動していく事ができます。

家族やパートナーには相談しない方が良い?

Pexels / Pixabay

何がしたいかわからない人がやりたいことを見つける方法の18つ目は、自分が進路やこれからについて悩んでいることに家族やパートナーに相談をしない方がいいことです。

もし相談をしてしまう、自分の考えていることに同意してくれない場合があります。そしてそれが原因でトラブルになり関係が悪化してしまうことがある為、相談をしないのをオススメします。

何がしたいかわからない時に実践したい考え方のポイントは?

Skitterphoto / Pixabay

何がしたいかわからない人が何かしたい時に実践したいポイントはどんなところなのでしょうか。みていきます。

①将来より今を重視する

asmuSe / Pixabay

何かしたい時に実践したいポイントは、将来より今を重視していく事です。多くの人は、将来や未来のことを考えてその結果を求めて実践をしたり、生きていく人が多くいます。

しかし実際に成功している人や成果を出している人の多く、今を大事にして生きている人が多いです。その為、何か挑戦をしたいと思っている事が本気であるのなら、今を大事にする事が大切です。

②本当の自分と向き合う

johnhain / Pixabay

何がしたい時に実践したいポイントは、本当の自分と向き合うことです。本来の自分を知ることは、生きていく上でとても大切なことです。しかし本来の自分を知っている人はあまりいないようです。

何かやりたいこと、挑戦したいことがわからない人は、まず自分がどういう人間なのか?どういう考え方を持っているのか?などをきちんと向き合って考えてみる事が大切です。

考えることで自分自身がどういう人間なのかが理解できるようになり、そこからやりたいことや挑戦したいことが見えてくる事があります。

③主体性を持つ

geralt / Pixabay

何かしたい時に実践したいポイントは、主体性を持つことです。特にやりたいことがない人やあまり自分の意見を持っていない人は周囲に流されて生きていくというのが多いです。

しかし何かしたいと思っているのであれば、主体性を持つ事が大切です。周囲に流される事もあってもいいですが、ここだけは自分が主導となって行動していくという部分を作る事が必要です。

④自分を認める

RondellMelling / Pixabay

何かしたい時に実践したいポイントは、自分を認めてあげることです。自分の行動や性格について拒否反応があり、自分自身を認めないという人が多いようです。

しかし自分を認めないことで辛くなってしまい、病気になってしまうこともあります。その為、自分の行動や性格を認めてあげることが大切です。認めてあげることで、自分の行動や性格を理解できる場合があります。

理解をするということは、自分のことを知ることができ、それをきっかけに自分がプラスになることを見つけることができます。

⑤自信を持つ

Free-Photos / Pixabay

何かしたい時に実践したいポイントは、自分に自信を持つことです。過剰に自信を持ったりすることは逆に周囲から嫌われてしまう事もありますが、自分に自信を持つことは決して悪いことではありません。

自信があるということは、自分がどういう人間なのかを自身で理解をしているということです。その為、自分がどんな行動をすると楽しいのかわかるので、プラスになるように行動することができます。

⑥感覚を大事にする

geralt / Pixabay

何かしたい時に実践したいポイントは、自分の感覚を大事にすることです。感覚は物事を柔らかく見て判断する上では必要な能力です。感覚が優れている人は物事を色々な方向を見ている人もいます。

その為、自分がどんなことをしていきたいのかなどを知る上では、論理的に考えることも大切ですが、感覚的に柔らかく考えてみることで自分が考えていることが色々な方向から感じることができます。

やりたいことが見つからないのは潜在意識が原因かも?

johnhain / Pixabay

やりたいことが見つからないのは存在意識が原因があるようです。その原因の1つ目は、トラウマです。

トラウマにはバーストトラウマとインナーチャイルドがあります。バーストトラウマは、胎児の時から生後3ヶ月間の間で満たされなかったことや傷ついたことがトラウマとなって現在も残ることです。

そしてインナーチャイルドは、生後3ヶ月から成人の間で満たされなかったことや傷ついてしまった経験がトラウマとなってしまい、現在の自分に影響が出てしまうことをいいます。

何がしたいかわからない人の状況別・対処法まとめ!

StockSnap / Pixabay

何がしたいかわからない人はどう対処していけばいいのでしょうか。状況別にみていきます。

仕事でやりたいことを探すには?転職を成功させるために考えたいことは?

Free-Photos / Pixabay

まず自分がどんな仕事に就職したいかを考えることから始めることです。自分の得意、不得意は何なのか。そして得意の中でも自分がやりたいことは何かなどを考えていくことです。

そしてなぜその職業をしたいのかなども考えていくこともいいでしょう。

転職エージェントを利用するのも良い?

Free-Photos / Pixabay

また、最近では今の仕事があまり自分に向いておらず、転職を考えている人も増えてきました。自分の特性を知り、なぜ自分は転職をしたいのかの理由もしっかり考えて転職をすることをオススメします。

さらに転職エージェントと呼ばれる企業が転職を募集している要項がまとめられたサイトが掲載されています。こちらを使ってどんな仕事が今募集しているのか見ることができます。

NEXT:就職でやりたいことがない?就活生がやりたいことを見つける方法は?
1/2