真面目系クズとはどんな人?特徴は?病気の関係や治し方・改善方法 恋愛・心理

真面目系クズとはどんな人?特徴は?病気の関係や治し方・改善方法

世の中では「真面目系クズ」という矛盾した言葉が話題になっていますが、どんな意味があるのでしょうか。一説では発達障害という病気と似ているとも言われています。本記事では真面目系クズの特徴や原因について解説すると共に、治し方についてもご紹介します。

目次

[表示]

真面目系クズとはどういう意味?発祥は?

Free-Photos / Pixabay

容姿は真面目そうに見えるけど、実際に会話をするとイメージとは異なる男性は多いと思います。悪い意味のギャップを感じる男性は魅力的ではありませんよね。

ここからは真面目系クズの意味と言葉の発祥についてご紹介します。

真面目系クズとはどういう意味?

Pexels / Pixabay

真面目系クズとは、見た目とは裏腹に心がクズな人を意味しています。イケメンや清潔感のある男性は良いイメージがありますが、実際に会話をすると腹黒いタイプです。

人を見た目で判断するのは良くない!という意見もありますが、真面目系クズは自分がクズということを巧妙に隠しているので、深い関係にならないと気づかない場合もあるのです。

特に女性が男性に騙されることが多く、合コンや街コンなどで出会ったイケメンに裏切られたという話も多いです。つまり、真面目系クズと一緒にいると幸せになれないのです。

真面目系クズの発祥は2ちゃんねるの大学生活板

JESHOOTS-com / Pixabay

「真面目」と「クズ」という矛盾した意味を持つ言葉を合わせて作られた「真面目系クズ」の発祥は2ちゃんねる大学生活板でした。

「文系院生の真面目系クズの読書くんについて語る」というスレッドから、真面目系クズという言葉が浸透をして、SNS上でも使用されるようになりました。

現実から目を逸らして、ビックマウスな大学生をイジるような意味合いで使われており、月日が経つにつれて意味合いが変わってきたそうです。

真面目系クズとクズの違いは?

geralt / Pixabay

学校に来ないヤンキーや、法律を犯す犯罪者は「クズ」と称しているのですが、真面目系クズは、学校にも通い仕事もしているが自分は冴えない無能力な人間と自覚をしている人を意味します。

昔は自分自身をクズを言っている人たちがいましたが、最近では、クズの要素を見せないようにするのが上手な人たちが増えてきたと言います。

一見良い人!真面目系クズの特徴【真面目な部分編】

RyanMcGuire / Pixabay

身近にいる人が真面目系クズなのか調べたい方も多いでしょう。一見良い人に見えて中身はクズな人はたくさんいます。

ここからは真面目系クズを見分けるために、真面目系クズの中でも真面目な部分を切り取って解説していきます。

丁寧で真面目そうな言葉遣いをしている

RyanMcGuire / Pixabay

真面目系クズは一般社会に馴染むのが上手です。取引先や上司に対しての礼儀やマナーがしっかりしているので、「〇〇さんは仕事ができる人だ!」と思われがちです。

時と場合によって、言葉を使い分けることができるので、どんな舞台でも平均的な力を発揮するので、誰からも信頼されている傾向があります。

協調性があり要領が良い

Free-Photos / Pixabay

クズの場合は傍若無人で、人の気持ちを考えずに行動をする人が多いのですが、真面目系クズの場合はコミュニュケーション能力に優れているので、話し合いには必要不可欠な存在です。

全員の意見を汲み取り、まとめるのが上手なので、周りからは協調性のある人と思われています。狙っているのではなく、自然に出来るのが魅力です。

物事を俯瞰して見るのが得意なので、仕事も要領が良く、上司からも信頼される存在です。

人の意見に反発せず器が広いと思われがち

Activedia / Pixabay

真面目系クズは真面目な部分を演出するのがとても上手です。上司に無茶なお願いをされた時でも顔色一つ変えずに仕事に取り組む姿勢を見せます。

そのため、周りから同情されることも多く、「〇〇さんって器が広い人なんだ」と思われる傾向がありますが、そう思われることを狙っている場合もあります。

指示された通りに動くので、人から頼られることも多いです。上司の右腕として働いている方も多いでしょう。

学校や会社の規則やルールを守る

Free-Photos / Pixabay

不真面目な人は学校や会社の規則を守りませんが、真面目系クズの場合は、全員の模範となるくらい規則正しい生活をします。

「なぜ、ルールを守らないの?」と注意をする立場なので、周りからはとても真面目な人と思われています。問題行動を起こすこともありません。

単調な仕事も作業も指示通りに断ることをせずにこなす

stevepb / Pixabay

真面目系クズは、どんな仕事を与えられても反発せずに喜んで作業をします。自分がやらなくてもよい仕事でも上司に言われたら断らずに実行するのです。

指示通りに行動することに慣れているので、自分から行動を起こすことは好きではありません。指示待ち人間になる傾向があります。

本人は問題や揉め事を起こさなければ十分という価値観を持っているので、注意されない限り、一定のパフォーマンスとクオリティを維持し続けます。

目上の人との付き合い方が分かっている

rawpixel / Pixabay

真面目系クズは社会人として、とても優秀な側面を持っています。上司や取引先の相手に対する接待は抜群に上手なので、物事に対して柔軟に対応することができます。

真面目系クズは、今の自分がやるべき事を明確に理解しているので、どんな相手に対しても真面目で好印象というイメージを持たれます。

一見真面目でしっかり者の印象を与える

rawpixel / Pixabay

真面目系クズは、自分が目立つよりも相手を立てる事が上手なので、初対面の人からも「〇〇さんて、絶対に真面目ですよね!」と言われることがあります。

前述した通り、協調性があるタイプなので、状況を判断する能力はピカイチです。自分を真面目に見せるための行動も熟知しているので、相手に勘違いされやすくなっています。

目上の人や年上の人に気に入られやすい

TeroVesalainen / Pixabay

真面目系クズは与えられた仕事をそつなくこなし、反発もしないので、上司のYesマンになりがちです。しかし、上司はそんな部下を重宝するので、真面目系クズは可愛がられるのです。

同じ会社だけではなく、一緒に仕事をしたことがある会社の人たちからも絶大な信頼をされているので、出世もしやすいタイプです。

誰にでも優しく人間トラブルが少ない

5688709 / Pixabay

真面目系クズは、上司や取引先の相手だけではなく、どんな人に対しても優しく接する心の持ち主です。会社内ではペコペコする人はいますが、真面目系クズは純粋に人が好きなのです。

悩んでいる後輩や同僚、女性に対しても優しく接するので、「〇〇さんの事が気になる…」という女性も多く、アプローチを受けることも頻繁にあります。

気に入っている人だけに声をかけると、他の人から嫉妬されたり、嫌悪感を抱かれることがありますが、真面目系クズは全員を平等に見ているので、人間関係のトラブルも少ないのです。

トラブルに対する能力が高い

3dman_eu / Pixabay

人間関係のトラブルが少ない真面目系クズでも、時にはトラブルに巻き込まれることがあります。しかし、頭の回転が早いので、即座に最善策を導き出し、トラブルを解決させるのです。

「問題が起こったときにどうするか?」を常に考えているので、トラブルが起こっても感情的になることはありません。

身だしなみが整っている

Free-Photos / Pixabay

ただのクズは「俺なんてどう思われてもいいや〜」と思っているのですが、真面目系クズは人から印象を気にしているので、身だしなみはしっかり整えています。

時と場合に合わせて髪型や服装を変えるので、一般常識がある人として認識されています。

メモやノートは一生懸命とっている

真面目系クズは学校の授業や会社の会議では熱心にメモを取ります。会話をまとめる能力があるので、非常に綺麗なノート整理をするので、「ノート見せて!」と頼られる側なのです。

そのおかげで、みんなから勉強家として位置付けられていることがあり、本人もそう思われることが嬉しくなったりしています。

礼儀正しく世間体が良い

SCY / Pixabay

大人になると、相手を利害関係で見てしまう側面があるのですが、真面目系クズの場合は全ての人に対して礼儀正しく、とても世間体が良いです。

電車で高齢者を見つけると席を譲ったり、子どもに対しても同じ目線で会話をすることができるので、誰からも好かれやすいタイプです。

愚痴や不満が少ない

lukasbieri / Pixabay

真面目系クズは人前で愚痴や不満を漏らすことはしません。人間なので不満を感じる事はありますが、溜め込んで別のところで発散をしているのです。

同僚とお酒を飲む時には聞き役に徹することが多いので、同僚が抱えている不満を聞きながら「うん、そうだよな。お前は良いやつだよ!」とフォローにまわるのです。

授業にはちゃんと出る

nikolayhg / Pixabay

クズの場合は授業をサボったり、学校に行かないことが多いのですが、真面目系クズの場合は最前線の席で授業を受けるほど、真面目な姿を見せます。

授業の内容を把握してなくても、とにかく真面目に先生の話を聞く素振りは見せているのです。

仕事ができない?真面目系クズの特徴【クズな部分編】

Free-Photos / Pixabay

真面目系クズの中には仕事ができないのにできるフリをしている人もいます。ここからは真面目系クズが見せるクズな部分について解説していきます。

仕事が出来る真面目系クズは良いのですが、下記で紹介する人は場を空気を乱す場合があるので要注意です。

マナーやモラルに関する意識は低め

Free-Photos / Pixabay

真面目系クズの中には、マナーやモラルを守らない人もいます。人が見ている前では善意のある行動をするのですが、人が見てないと分かったら平気でポイ捨てをします。

人からの見られ方を気にしているので、みんなが歩きタバコをしていたら同じような行動を取る場合もあります。また、困っている人を見ても「誰かが助けるだろう」と無視をするのです。

指示待ち人間で自分から考えない・努力をしない

Free-Photos / Pixabay

真面目系クズは、人間関係のトラブルや仕事のミスを嫌っているので、指示されたこと以外の行動はしません。故に指示待ち人間と言われてしまうのですが、本人はそれで満足しているのです。

流されやすい性格をしているので、自分は左だと思っても多数の人が右に行ったら自分も右に進んでしまうのです。オリジナリティーに欠けるタイプです。

真面目系クズはYesマンになりやすく、会議でも人の発言には決して反発をしません。心では同調できなくても「うんうん」と頷く素振りを見せるのです。

与えられた以上のこと・余計なことをしたくない面倒臭がり屋

Pexels / Pixabay

真面目系クズは極度の面倒臭がり屋なので、自分に与えられた仕事だけ終わらせたら十分と考えています。同僚が仕事を手伝ってほしいと思っている時でも、違う作業をしているフリをします。

「これ、君の代わりにやっておいたよ!」と言って、余計なことをするとトラブルに発展する場合もあるので、それを恐るあまり、自分のことしか考えていないのです。

仕事ができる真面目系クズは上司からも好かれて、出世をするチャンスがあるのですが、仕事ができない真面目系クズは、現状維持を好みます。

善人ぶっている

cocoparisienne / Pixabay

真面目系クズは自分のことを良い人と思われたいので、とにかく善人を演じます。真面目系クズが周囲に優しくするのは、何か見返りを求めていることが多いのです。

例えば、自分が仕事で困った時に助けてもらえるように恩を売っていたり、好きな女性の視野に入っていることを確認してからゴミを拾ったりなど、とにかく計算高い一面があります。

行為に対していやらしさを感じさせないのが上手なので、周囲の人は「人格者だな…」「カッコイイ」と思ってしまうのです。

誰かの行動に合わせて自分も行動する

pixel2013 / Pixabay

真面目系クズは自分から意思決定をすることが少ないです。AかBを判断する場面では、人が多い方に便乗する選択をします。

そうすることによって、選択したことが間違っていても自分の責任にはならないので責められることもありません。責任を取るような重大な話には積極的に参加しないのです。

自分を守るためや面倒を避けるための嘘をつく

真面目系クズは本性を隠したがる性格をしています。大切な人にも平気で嘘をつくことがあるのです。全て自分を守るために嘘をつきます。

例えば、友達のA君とB君が喧嘩をして、その相談をA君にされたとしても「Aは悪くないよ!」と言い、B君に対しても「Bの言う通りだ!」と、お互いから良い人と思われるようにしているのです。

自分の気持ちを素直に伝えると、相手に不快な思いをさせて嫌われるかもしれないと考えているので、八方美人な態度を取ってしまうのです。

やるべきことを後回しにしがちで、楽な道を選ぶ

Mediamodifier / Pixabay

真面目系クズは、一見テキパキ仕事が出来る人に見えて全くできないパターンが多いです。面倒な仕事を任された時は期限ギリギリまで後回しにするので、仕事は非常に遅いです。

気分屋な性格なので、自分にスイッチが入るまでは重い腰を上げようとはしません。締め切りがギリギリになってから慌てるタイプです。

本音を隠した愛想笑いが得意

shawrypa / Pixabay

誰に対してもイメージの良い真面目系クズは、愛想笑いが得意です。とにかく場を和ませることが上手いので、本心では面白くないと思っても笑って雰囲気を良くしようと努力します。

仕事のスキルが無くても上司に可愛がられることが多いので、本人はそれで満足しているのでしょう。真面目系クズとは腹を割って話すことができないのです。

NEXT:人の顔色を窺って面倒ごとを回避しようとする
1/3