本当の友達って何?特徴や見極め方は?本当の友達の作り方って? 恋愛・心理

本当の友達って何?特徴や見極め方は?本当の友達の作り方って?

本当の友達は何人いますか?この質問を聞いてよく考えてみると難しい質問であることがわかるでしょう。この記事では本当の友達の特徴や見分け方をはじめ、友達ではないと思った瞬間のエピソードや名言をまとめました。作り方も紹介するのでいない人も必見です。

目次

[表示]

友達と本当の友達は違う?真の友達と言える人はいる?

StockSnap / Pixabay

友達と本当の友達という言葉がありますが、この2つの違いとはなんなのでしょうか?本当の友達について詳しく見て行く前に、まずはその部分を明らかにしましょう。

本当の友達って何?どんな友達なのか

Free-Photos / Pixabay

はっきり言ってしまうと、ここからが本当の友達というみんなに共通するような線引きはできません。冒頭の質問で答えるのが難しく感じるのはそのためでしょう。

本当の友達というのは周りの人とは比べ物にならないくらい気が合う人のことを言います。単に付き合いが長いからといったわけではありません。本当の友達の特徴に関しては後述するので、その時に見ていきましょう。

本当の友達を見分けないと利用されるだけの可能性もある

友達の中にはあれやこれやと物を求める人はいませんか?友達としての付き合いを持っているかもしれませんが、このような人はあなたにとって悪い影響しか与えないでしょう。

もっと詳しく言ってしまうと相手の都合の良いように使われているだけなのです。さらに悪いことに、似たような人を引き寄せてしまうので、あなたに与える悪い影響はどんどん大きくなってしまうでしょう。

友達と親友の違いは何?

mohamed_hassan / Pixabay

友達と親友は一見同じような言葉に聞こえてしまいますが意味は違うのです。「友達」は自分も相手も気を許しており、話したり一緒に遊んだりする人のことを言います。

「親友」は先ほど解説した友人の中から特に仲の良い友人のことを言うのです。そのため友達よりも親友の方が仲が良いことがわかっていただけたでしょう。

診断してみよう!本当の友達といえる人の基本的な特徴

TeroVesalainen / Pixabay

本当の友達というのがどんな人を指すのかがわかったところで、いよいよこの記事のメインの部分に入っていきましょう。ここからは本当の友達である人の特徴について見ていきます。

気が合う・似ている部分がある

rawpixel / Pixabay

「気が合う」に関しては目で見えるわけではないので、言われただけでは少し難しく感じるでしょう。ですが何となく一緒にいても不愉快な感じがしない人はに会ったことはありませんか?その人のことを言うのです。

また話をしていたり一緒に行動を共にしている時に、自分と好き嫌いなどの考えが似ている人に出会ったことはないでしょうか?このような人も本当の友達の可能性が高いです。

考えが合わなくてもお互いの価値観を尊重している

3dman_eu / Pixabay

特徴の一つとして似ている部分があることを前述していますが、もちろん全ての部分が似ているというわけではありません。ですが自分の考えと違っていてもその部分をしっかりと尊重できるのです。

自分と相手の考えを一致させようとする人がいますが、それは自分の考えが正しいことであると誘導したり、価値観を押し付けたりしているだけになります。それよりも相手の価値観を尊重する方が大切です。

お互い何も話していない時間も落ち着く

pasja1000 / Pixabay

友達と一緒に過ごしていると会話していることが多いでしょうが、いつまでも会話が続いているとは限りません。場合によっては会話が終わってから話すことがなくなり、沈黙することもあるでしょう。

普通の人であれば気まずい時間になってしまいますが、本当の友達は信頼関係がしっかりと出来上がっているので沈黙が続いたとしても、気まずい時間にはならず落ち着ける時間となるのです。

本音で腹を割って話せる

nastya_gepp / Pixabay

友達の機嫌を損ねてトラブルになりたくないから、本音を言うのを伏せておこうと友達の会話に対して注意を大きく払っている人はいませんか?そんな人は本当の友達ではないでしょう。

本当の友達はそんなことはありません。本音として相手に不満をぶつけたとしても不機嫌にならず、親身になって話に耳を傾けてくれます。これは信頼関係が築けている仲だからこそできることなのです。

困っているときは忙しくても時間を作って相談に乗ってくれる

Tumisu / Pixabay

話聞いてくれない?と言われれば大概の人は相談役に回ってくれるでしょう。しかし、仕事などで忙しい時には断られてしまうことが多いのではないでしょうか?

本当の友達であれば相談に乗ってくれるのはもちろんのこと、あなたを心配させたくないからと言う理由で忙しくても時間をしっかりと作ってくれるのです。あなたのことを思ってくれるからこそできることでしょう。

何かあった時は本気で心配をしてくれる

Free-Photos / Pixabay

もしもあなたが仕事やプライベートでピンチに陥っている時に、「大丈夫?」などの声をかけてくれる人はいますが本当の気持ちが入っておらず、ただ言っているだけという感じの人もいるでしょう。

本当の友達はあなたがピンチに陥っている時は本当に心配してくれています。信頼関係があるからこそできることであり、あなたの陥っている状況や気持ちを人一倍理解できるためです。

口先だけではなく行動に移してくれる

Free-Photos / Pixabay

あなたに何かあった時に大概の人は「何かあったら言って」と言うような言葉をかけてきますが、ほとんどの人は行動には移してはくれないでしょう。これは本当の友達ではありません。

もしも何かあって助けて欲しかったりすると本当の友達は真っ先にあなたのために動いてくれるでしょう。本当に信頼できるのは言葉ではありません。このような行動こそが見分けるポイントなので覚えておきましょう。

久々に会っても気遣わずに素の自分で居られる

kdbcms / Pixabay

引越しや進路など関係によってしばらく会っていない人というのは誰でもいるでしょう。友達として付き合っていたのに、時間が経って大人になってから会うとうまく話ができないなんて場面が多々あります。

しかし本当の友達はしばらく会っていなかったとしても、当時の感覚ですぐに話が盛り上がったりするのです。うまく話ができなかったり、気まずいということはまずないでしょう。

間違っていることは正そうとしてくれる

niekverlaan / Pixabay

悪いことをしてはいけませんが、気持ちがイライラしているといった理由から間違ったことをしてしまう可能性があります。あなたのことをどうでも良いと思っているのであればそのまま放置するでしょう。

本当の友達であれば悪いことをしっかりと指摘してくれて、どうすれば良いかをアドバイスしたりと正してくれます。あなたを本当に大切に思っているからこそできることで、悪いことに手を染めて欲しくないからです。

誕生日を覚えている・毎年祝ってくれる

Leo_65 / Pixabay

他人の誕生日を使って良い人を演じようとする人もいます。この場合は相手の誕生日を聞いて「今度お祝いしてあげるね」なんて口では言っていますが、すぐに忘れてしまいますし当然お祝いなんてありません。

本当の友達であれば誕生日を忘れることはありませんし、しっかりとお祝いもしてくれるでしょう。これは相手の誕生日を特別な日であると認識しているからできることです。良い人を演じるなんて欠けらもありません。

親身になって自分からサポートをしようとしてくれる

zhivko / Pixabay

困っている時に自分をサポートしてくれるかを確かめましょう。「手伝おうか?」と声をかけくれても、何もやらないか、サポートっぽいことをしていても都合が悪くなると裏へ隠れてしまうでしょう。

本当の友達であれば、困難の壁に当たっているあなたの手伝いをしようと一生懸命になってサポートしてくれます。これはあなたのことをしっかりと考えられるからこそできることです。

長い付き合いだと言わなくても気持ちがわかる

StockSnap / Pixabay

普通の人であれば長い時間をかけて相手のことを知るというのが一般的です。そのため付き合いが長ければ長いほど相手のことをよく知っている可能性が高いでしょう。

しかし本当の友達というのは付き合いが長い短いの話ではありません。目には見えたりしませんがもっと直感的な部分があります。自分と相手の気持ちが通じ合っているからこそ何も言わずとも理解しているのです。

おめでたい話を心から祝福してくれる

QuinceMedia / Pixabay

資格や学校の試験に合格したということは生きていれば一度くらいは経験するものです。そのようなおめでたい話に対しては嫉妬の気持ちが大きくなって、心の底からおめでとうと言ってくれる人は少ないものです。

おめでたい話があったら本当の友達は心の底からのおめでとうを言ってくれる人です。あなたのことを理解しているからこそ、その気持ちが手に取るようにわかるため、おめでとうにも気持ちが入っています。

お互い刺激しあえる

un-perfekt / Pixabay

できることは一人で行うのが良いのですが、さすがにどんな人でも限界というものがあります。そんな時にそっと手を差し伸べてくれる人がいれば、本当の友達と言って良いでしょう。

それによって目標を達成した時は、相手も「自分ももっと頑張ろう」と思って刺激になるのです。それは逆のパターンでも同じことが言えるため、お互いに刺激し合いながら自分を成長させていけるでしょう。

絶対的な信頼を寄せれる

3dman_eu / Pixabay

信頼関係が本当の友達を見分けるのはなんとなく予想がつくでしょう。ですが「絶対的に」信頼を寄せている人は、自分の周りにはなかなかいないものです。ただの信頼ではなく「絶対的に」がなければいけません。

「絶対的に」の一つの例として財産を相手に預けていてもあなたが安心できるかどうかといった具合です。かなり端的に聞こえますが、これぐらいのことをしても大丈夫なくらい相手を信頼していること言うのです。

何かあったときは一番最初に教えたくなる

FirmBee / Pixabay

あなたに嬉しいことがあった時に一番最初に誰に連絡を入れるでしょうか?実はこれ、あなたは無意識にやっているかもしれませんが、大切な人から順番に報告していることが多いのです。

過去から今にかけて、真っ先に連絡を取りに行った友達はいませんか?相手もそのようにしてくれたら本当の友達でしょう。前述しているようにしっかりと祝ってくれますし、互いの刺激にもなる良い関係です。

ずっと友達として付き合っていきたいと思える

natureaddict / Pixabay

学生からの付き合いでも進学先や就職などの関係によってなかなか会う機会が減ってしまうでしょう。多くの場合は「まあ、仕方ないか」と思ってしまい、そのまま疎遠になってしまいます。

本当の友達の人はそうは思いません。「たとえ離れていても一生連絡できる関係でいたい」と思い、どこにいようとも疎遠になることはなく、友達の関係をずっと保っていられるのです。

秘密を打ち明けても良いと思える

stevepb / Pixabay

ある人だけに秘密を打ち明けたのに何日か経ったら自分の周りの人がみんな知っていた。なんて経験はありませんか?それでは秘密にしていた意味が全くありません。そのような人は本当の友達ではないでしょう。

本当の友達であれば、あなたの秘密を周りにバラしてしまうことは絶対にありません。自分の中だけにとどめておいてくれるのです。相手のことをよく知っていて、かつ信頼がなければできないことでしょう。

多少のワガママを許してくれる

RobinHiggins / Pixabay

人の付き合いを持っていれば、自分も相手もわがままな部分が見えてくることがありますが、それらのわがままを聞いているうちにお互いイラついてくることはないでしょうか?

これが本当の友達になると、多少であればそのわがままを受け止めてくれるのです。あなたのことを理解してくれているので、大きな問題ではないことを知っています。「いつものことだ」と許してくれるのです。

小さなことでも裏切らない

cherylholt / Pixabay

ある程度仲良くなってしまうと多少のことは許容してくれるだろうと思ってしまい、小さなことが守れなくなってしまいます。しかもだんだんと歯止めが効かなくなってほぼ約束を守らなくなるでしょう。

本当の友達は小さな約束事もしっかりと重んじて行動するため破ることがありません。仮に急用ができて約束を守れないことがわかると、すぐに連絡を入れてくれるので安心できるでしょう。

損得勘定での付き合い方をしない

danymena88 / Pixabay

普通の友達と呼んでいる人たちの中には、あなたとの付き合いに得があるから近づいてきたと言う人もいるでしょう。そのため損するような付き合いになると「巻き込むな」と言わんばかりに離れていきます。

本当の友達は付き合いを持っているのは損得勘定ではありません。あなたに信頼を寄せているからです。そのため自分が損しようが得しようが気にすることはなく、どんな時でもあなたと一緒にいてくれます。

本当の友達とは言わない!見せかけの友達とはどんな友達?

Momonator / Pixabay

先ほどは本当の友達の特徴について見ていきましたが、ここからはその反対で見せかけだけの友達の特徴についても見ていきましょう。人間関係に大きく関わるのでしっかりチェックしてください。

自分の都合ばかりで頼みごとが多い・自分を利用してくる

cocoparisienne / Pixabay

ある程度親しい中になったことをいいことに、あなたに様々なお願いをしてくる場合があります。一見聞いてあげるのが筋だと思うかもしれませんが、これはあなたを自分の都合の良いように利用しているだけなのです。

相手のことよりも自分のことを優先しているため、多少あなたに害があったとしても「あはは、ごめんごめん」といった感じで、まともに謝ろうともしないでしょう。そんな人は本当の友達には入りません。

約束を守らない・口先ばかりで行動に移そうとしない

「今度あれしようよ!」や「今度これしてあげる!」といった会話をよく耳にしますが、これは発言している相手からすれば、言っておけば良いものであり、すぐに忘れてしまうことが多いのです。

あなたとは表面上のおつきあいだけをしていればいいと言う風にしか思っていません。いくら暇があっても自分の都合を優先して遊び呆けていたり、いくら待ってもその時が来ることはないでしょう。

NEXT:嘘をつく・騙そうとする
1/3