多幸感の意味とは?どんなときに感じられる?言葉の使い方には注意?

多幸感という言葉をご存知でしょうか?時折日本語歌詞の中で聞くことがあるかもしれません。そんな多幸感の意味とは?また市販薬のウット、マイスリーやサプリを使って多幸感は得られる?この記事では多幸感について徹底的にご紹介します。

多幸感とは?

Myriams-Fotos / Pixabay

多幸感とはこの上なく幸せな気持ちになる感覚のことを指します。一般的には麻薬などでトリップ状態になっている時に使われることが多いですが、日常生活でも多幸感を感じることができます。

多幸感は英語でEuphoria(ユーフォリア)。Euphoriaの語源はギリシア語で、Eu(良・善・幸・楽)+Pherein(運ぶ・生ずる)+ia(状態や性質を現す)が組み合わさってできた言葉です。

多幸感を感じる時のメカニズムは、脳内で快楽などを司るA10神経のシナプス間に幸福感を司るセロトニンが、大量に分泌されて多幸感を感じることできます。

多幸感と似た言葉

denkendewolke / Pixabay

日本語では他にも多幸感と似たような言葉がたくさんあります。似たこうな言葉を知ることで多幸感のイメージが付きやすいのではないでしょうか。一部をご紹介します。

  • 幸福感
  • 陶酔感
  • ハイな気分
  • トリップ状態
  • 有頂天の気持ちなど・・・

多幸感の意味は?強い満足感や幸福感?薬によるもの?

Lazare / Pixabay

多幸感の意味は非常に幸せな感じ。ですが、薬による作用で強い満足感や幸福感を得ることもできますが、薬を使わずとも多幸感を得る方法はたくさんあります。

薬を使わなくても多幸感は得られる

Pexels / Pixabay

薬を使わなくても多幸感を得られることはできます。どのような方法で薬を使わずに多幸感を得られることができるのでしょうか。体内の脳内物質でも得ることが可能です。

多幸感を感じる理由①幸せホルモン、オキシトシン

ThePixelman / Pixabay

薬を使わないで多幸感を感じる理由の一つ目は、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」です。

物事に充実していたり、目標を達成した時にオキシトシンが大量に分泌されることによって多幸感を得ることができるからです。

オキシトシンは男女に差があり、女性のほうがオキシトシンが出やすいといわれています。またオキシトシンはスキンシップをし、人とコミュニケーションをすることでもオキシトシンは分泌されます。

NEXT 多幸感を感じる理由②幸せ物質、ドーパミン