安倍晋三の偏差値は高い?低い?出身大学から若い頃の安倍総理ついてまで徹底検証! エンタメ

安倍晋三の偏差値は高い?低い?出身大学から若い頃の安倍総理ついてまで徹底検証!

小泉政権以来の長期政権を築き、今や日本の顔として定着している安倍総理。そんな安倍総理について、みなさんはどの位知ってますか?今回は主に、総理の学歴や抱えているとされるコンプレックスに関して調べてみました。意外と面白いですよ!

安倍晋三の出身大学は?偏差値はどれくらい?~総理の若い頃①

出身大学と偏差値

まずは早速、安倍総理の気になる出身大学とその偏差値を調べてみました。安倍総理は1977年に成蹊大学法学部政治経済学科を卒業しています。偏差値は59です。あれっ?て思いました?決してレベルの低い大学ではないのですが、総理大臣の出身大学としては正直見劣りしますよね。

ここで、その他大学と同学部の偏差値を比較してみます。まずは国立、日本一の東京大学は76。京都大学が75。大阪大学が71。名古屋大学が68。北海道大学が65となっています。続いて私立、慶応義塾大学が75。早稲田大学が72。上智大学が70、中央大学が68です。やはりこれらの一流大学に比べると、ワンランク以上は落ちますね。

成蹊大学ってどんな大学

成蹊大学は関東圏では有名ですが、全国的に見ると知らない方もいらっしゃるかもしれませんね。場所は東京都武蔵野市吉祥寺にあります。学部は経済・理工学・文学・法学。大学院は理工学・経済経営・法学政治・文学があり、全体で7000人以上の学生が在籍しています。キャンパスはとてもきれいで、ドラマの撮影などにもよく利用されます。

また、同大学の卒業生には著名な方も多数いらっしゃいます。一例として、アサヒ飲料社長の菊池史郎さん。森永乳業社長の古川紘一さん。ホリプロ社長の堀義貴さん。小学館社長の相賀昌宏さん。などの方々です。

安倍晋三のプロフィール紹介

安倍総理の出自

安倍総理は1954年9月21日生まれ(現在63歳)。東京都新宿区のご出身です。父親は元毎日新聞の記者で、後に政治家に転身し、外務大臣なども歴任した安倍晋太郎。母方の祖父は元総理大臣の岸信介。大叔父はこれまた元総理大臣の佐藤栄作。

また、安倍総理は3人兄弟の次男で、兄は三菱商事の執行取締役を務める実業家の安倍寛信。弟は安倍総理と同じく政治家の岸信夫です。御覧のように安倍総理の一族は、代々一流の政治家を輩出している超名門の政治家一族なんです。

安倍総理の経歴

安倍総理は成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校を経て、先述した成蹊大学法学部政治学科を卒業しています。1977年3月に成蹊大学を卒業したのち、同年4月に渡米。9月に南カリフォルニア大学に留学。1979年4月に中退して、帰国。帰国後、神戸製鋼所に入社して3年間勤務しています。

そして1982年から当時外務大臣だった父の元で秘書官を務めます。1991年に総裁候補の最有力だった父が急死し、1993年父の地盤を受け継いで衆院議員総選挙に出馬、初当選を決めて政界入りを果たします。その後はスピード出世をしていき、2006年に1度目の内閣総理大臣に就任。2012年に2度目の就任を果たし、現在に至ります。

安倍晋三の兄は?弟は?学歴コンプって本当?~総理の若い頃②

兄ー安倍寛信(あべ ひろのぶ)

ここで、安倍総理が学歴コンプレックスを持っているという噂を耳にしたので、検証したいと思います。まずは世間一般によくある、兄弟間での学歴コンプレックスについて。お兄さんの安倍寛信さんの出身大学は安倍総理と同じく成蹊大学です。恐らく、安倍総理と同様にエスカレーター式の内部進学の道を歩んできたのでしょう。

お兄さんも同じ大学ならコンプレックスは抱かないでしょう。ちなみに安倍寛信さんは法学部ではなく、経済学部を卒業しています。また卒業後に三菱商事に入社しているので、最初から政治家の道は考えず、実業家を志していたのだと思われます。

弟ー岸信夫(きし のぶお)

続いて、弟さんの岸信夫さんです。岸信夫さんは生後間もなく、母親の実家である岸家の信和・仲子夫婦に養子として迎えられています。夫婦に子供ができず、後継ぎがいなかったことが理由だそうです。本人がこの事実を知ったのは、大学入学前に必要な提出書類として戸籍謄本を取り寄せた時だったそうです。

年齢は安倍総理の4歳下なので、安倍総理自身もこのことを知っていたかどうかは、何とも言えないところですね。というわけで兄弟といえど、一緒に育ったわけではないので、学歴コンプレックスを抱くということもなさそうです。ちなみに岸信夫さんは慶應義塾大学経済学部を卒業されています。同じく幼稚舎からの内部進学です。

安倍晋三の大学生時代は実はチャラい?合コン?~総理の若い頃③

安倍総理は一体どんな若者だったのでしょうか?大学生時代は合コンしまくってたなんてことも噂されていますが、実際にどうだったのか調べてみました。小さい頃は野球選手やドラマの刑事に憧れていたそうです。ごく普通の子供と同じですね。高校では地理研究部に所属し、大学ではアーチェリー部で準レギュラーだったそうです。

チャラい要素が全く見当たりません(笑)。実際に大学生の頃は人付き合いも良く、大人しくて真面目だったそうです。ほとんど現在のイメージと同じだったんですね。名門の政治家家庭の生まれなので、きっと息苦しく感じることもあったでしょうに、親の期待通りの好青年に育ったようです。

安倍晋三は大学で留年していた?~総理の若い頃④

安倍総理は留年していた?なんて噂もあります。一般的には留年というと、大学でのことを指すと思います。調べたところ、ちゃんとした根拠のある情報は見つかりませんでした。真面目な性格だったことと、留年なんてしたら父親に許されないだろうということをかんがみて、まずありえない話だろうと私は思います。

安倍晋三は海外の大学に留学していた?~総理の若い頃⑤

政治学を学ぶためにアメリカへ留学

安倍総理は1977年4月に渡米し、まずはカリフォルニア州ヘイワードの英語学校に通います。しかし、周りが日本人だらけで、語学勉強するのに障害があると判断したため通学を止めます。その後はイタリア系アメリカ人の家に下宿させてもらいながら、同州南部の湾岸都市、ロングビーチの語学学校に通ったとされています。

そして、1977年の9月から南カリフォルニア大学へ入学。1979年の3月に同校を中退して帰国しています。ちなみに留学の目的は政治学の勉強をするためだったそうです。ところが今回、安倍総理の留学について調べていく中で、学歴詐称という言葉を目にしました。そのことに関して同大学の広報担当者からこんな回答得ています。

安倍総理の学歴詐称疑惑!?

「シンゾウ・アベは78年の春期、夏期、秋期のみ在籍しています。その間は本学の正規の学生であるが、専攻はまだありませんでした。取得したコース(講座)は全部で6、そのうち3つは“外国人のための英語”です、政治学は入っていません。1コースは4単位ですから取得単位は24。卒業できる数字ではありません」https://blog.goo.ne.jp/yoroshiku109/e/74729faa53e73754e7aa807f4448ab62

これが真実だと明らかに学歴を水増ししていたことになりますよね。安倍総理側の主張は政治学は履修していたが、途中で断念したため記録に残っていないのだと、なかなか苦しい言い訳をしています。やはり学歴コンプレックスが詐称の背景にあるのでしょうか……

安倍晋三と比較~歴代内閣総理大臣の出身大学と偏差値①

鳩山由紀夫

鳩山由紀夫さんは、民主党政権時代の2009年9月16日~2010年6月8日まで266日間、内閣総理大臣を務めました。なかなかの変わり者で有名な方で、当時は無責任な発言で多くの国民を振り回していました(笑)。

そんな鳩山さんですが、東京大学工学部(偏差値75)を卒業した後、スタンフォード大学大学院工学部博士課程を修了している、超高学歴の持ち主なんです。政治家としての適性は全くありませんでしたが、その道に専念していれば、すごい才能を発揮していたのかもしれませんね。なぜ政治家になろうとしたのか……

小泉純一郎

小泉純一郎さんは2001年4月26日~2006年9月26日まで1980日間、長期にわたり内閣総理大臣を務めました。郵政民営化や派遣法の成立、北朝鮮の拉致被害者の一部を日本に帰還させ拉致問題を進展させたりと、さまざまな改革に取り組みました。現在は息子の小泉進次郎さんが次期総理大臣の候補の1人に挙がっています。

小泉さんは慶應義塾大学経済学部(偏差値70)を卒業しています。やはり総体的に見て、理系卒より文系卒の方のほうが政治家には向いているようです。ちなみに息子の小泉進次郎さんは関東学院大学経済学部(偏差値43!?)を卒業した後、コロンビア大学大学院政治学部修士課程を修了しています。関東学院大学には内部進学で入ったようです。

安倍晋三と比較~歴代内閣総理大臣の出身大学と偏差値②

田中角栄

田中角栄さんは、大正生まれで初の内閣総理大臣にして、戦後で初めて大学を卒業していない内閣総理大臣になった方です。対人関係において、相手の心をとらえるのにとても長けていました。周りの政治家とは一線を画す異色の存在であり、戦後混迷にあった日本をリードしてきた政治家と言われています。

田中角栄さんの最終学歴は中央工学校という専門学校の卒業です。しかしながら、その学力や頭の回転の速さは非常に優れていたと言われています。ちなみにご存知かと思いますが、田中角栄さんの長女が同じく元政治家の田中真紀子さんです。個性的なキャラクターが印象的でしたが、早稲田大学商学部(偏差値71)を卒業されています。

安倍晋三と比較~妻、一族の出身大学と偏差値

安倍昭恵夫人

森友学園問題で一躍その名をとどろかせた渦中の人、安倍昭恵さんですが、父親に森永製菓の社長を務めた松崎昭雄さんを持つ、お嬢様なんです。学歴は聖心女子専門学校英語科を卒業していますが、その後2011年に、立教学院立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程を修了しています。聖心女子学院は初等科からの内部進学です。

安倍総理の一族~東大一色

まず、安倍総理の父である安倍晋太郎さんは東京大学法学部政治学科(偏差値76)を卒業しています。続いて、母方の祖父である岸信介さんは同じく東京帝国大学(現東京大学)卒業。父方の祖父の安倍寛(あべ かん)さんも同じく東京帝国大学卒業。そして、大叔父である佐藤栄作さんも、なんとこれまた同じく東京帝国大学法学部卒業です。

安倍晋三と比較~その他有名議員の出身大学と偏差値

麻生太郎

安倍総理の盟友にして親戚でもある、麻生太郎さん。一応、総理大臣経験者です。数々の問題発言が取り上げられる中、一部のコアな層にはとても人気があるそうです。個人的には早く議員辞職してほしいと思っています(笑)。そんな麻生太郎さんは政治家一族のお坊ちゃまで、学習院大学政治経済学部(偏差値62)を内部進学で卒業しています。

森喜朗

麻生太郎さん同様に、数々の問題発言と行動が世間に知られている森喜朗さん。同じく、一応総理大臣経験者です。現在は東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会の会長を務めています。政治家としてはロシアとの外交交渉力で一目置かれています。早稲田大学商学部(偏差値71)を卒業しています。

安倍晋三の学歴コンプレックスの原因は?

ここまで、安倍総理の兄弟から一族、奥さんや、歴代の総理大臣等の学歴を見てきました。国会議員である以上は、高学歴の方が多いのも当たり前なのだと思いますが、さすがに安倍総理の一族には驚きました!揃いも揃ってみんな東大卒なんですから。コンプレックスを持つなと言うのは、無理な話だと思います。

父である安倍晋太郎さんは、政治家を志そうとしていた若き安倍総理の姿を見て、それなら東大に行けと言ったとか。結果として東大には行けなかったかもしれませんが、総理大臣になった以上、今さら学歴なんてどうでもいい事のように感じてしまいます。