仕事が遅い人の特徴は?一体どうすれば治る?改善策や接し方も掲載!ライフ

仕事が遅い人の特徴は?一体どうすれば治る?改善策や接し方も掲載!

目次

[表示]

失敗は成功の母!小さな成功体験から積み重ねを

Free-Photos / Pixabay

部下が失敗をしたとしても、それを前向きに捉えて指導をしていきましょう。

失敗はたしかにタイムロスに繋がることもありますが、失敗から学べることはたくさんあります。時には成功した時よりも発見出来るものもあるでしょう。

小さなことからどんどん積み重ねていき、失敗も成功も知っている部下に育てることを意識してみてください。

誉める事を忘れずに!モチベーションを維持させる事が大切

geralt / Pixabay

部下のことを褒める癖を是非身に付けてください。褒めららればモチベーションも上がり、自信にも繋がります。

仕事をする上でモチベーションや自信は非常に大切なことになります。

これらがあれば集中力もアップしていき、仕事の些細なことに気づけるようにもなり、結果的に全体の効率アップに繋がっていくのです。

新人の仕事が遅いのは当たり前?効率化ばかり優先しない

そもそも、新人の仕事が遅い、できないのは当たり前だという考えを持ちましょう。

誰だって最初から何でも出来るわけではありませんし、もし出来るのであれば上司や部下は必要ありません。

できないことを踏まえた上で、効率化ばかりを重視せず、覚えてもらうこと、慣れてもらうことを重視していきましょう。

仕事が遅い人は周りをイライラさせる?クビの理由になるの?

qimono / Pixabay

仕事が遅い人やできない人は、周りをイライラさせると言われています。

その理由や、クビでの可能性についても見ていきましょう。

仕事が遅いと周りはイライラしたり迷惑と感じる

仕事が遅いということは、周りがイライラしたり迷惑を感じたりすることに繋がることは事実です。

仕事の大半は1人で完結するものではなく、共同作業です。その中で1人だけ遅れてしまえば迷惑がかかるというのも当然だと言えます。

チームでの仕事の場合、周囲の手を煩わせる事も

Free-Photos / Pixabay

チームで仕事をしる場合、仕事が遅れてしまえば周囲の手を煩わせることに繋がります。

チームとなると、他の仕事よりも目標や期限、ルーティンなどがきっちりと決まっている場合が多く、そこで遅れてしまえば全体に支障をきたしてしまいます。

仕事は丁寧でも遅い為、評価は上がり難い

StockSnap / Pixabay

仕事が遅くても丁寧に仕事をしていればいいのでは?と考える人もいるでしょう。たしかに、ミスのない仕事は素晴らしいものです。

しかし、遅いことで周囲に迷惑をかけてしまっている場合は評価が上がりにくいのが事実です。

そもそも、仕事はミスをしないことが前提とされている面もあるので、ミスのなさや丁寧さを意識したとしても遅れていれば悪い部分だけが浮き彫りになってしまうのです。

仕事が遅いから残業するも場合によっては注意される事も

仕事が遅いと残業に持ち込むケースもありますが、本来残業はあまり良しとはされないものでもあります。

特に残業手当などの場合、残業をした分だけ給料が上乗せになりますが、会社からすれば「もっと早く仕事をしてくれれば…」と思ってしまうものです。

あまりにも仕事の遅さから残業が多いと注意をされてしまうケースもあるので注意をしましょう。

仕事が遅いだけではクビにはできない?

qimono / Pixabay

仕事が遅いからクビにする、というのはできないと言われています。

これは理不尽な理由で労働者が解雇されてしまえば生活に支障をきたすということで、法律的に決められていることなのです。

世間一般的に妥当だと認められるような、そして合理的な理由がない限りは仕事が遅いだけでクビにするというのは難しいと言えるのです。

仕事が遅いからクビになるのは本人の性格の問題もある

PDPics / Pixabay

仕事が遅いことを理由にクビになった…そんな人もいるかもしれませんが、その場合は仕事が遅いというだけでなく、本人の性格に問題がある場合もあるので注意が必要です。

性格的な問題は線引きが難しいものですが、周囲に迷惑をかけるような人間性、問題を起こす、トラブルメーカーなどの場合は、それが理由で解雇されてしまうこともあるそうです。

この場合、難ある性格によって迷惑を被った証拠や証言があるケースがほとんどなので、正式に解雇として認められている可能性が高いと言えます。

仕事が遅い人は病気の可能性もある?

rawpixel / Pixabay

実は、仕事が遅い、できない人は病気の可能性もあると言われています。

そんな考えられる病気についても注目をしていきましょう。

仕事が遅い人は発達障害の可能性がある

DanaTentis / Pixabay

どんなに努力をしても仕事が遅い人の場合、発達障害の可能性があると言われています。忘れ物が多い、不器用すぎる、覚えが悪いなどは、発達障害の症状として考えられているようです。

自分としては最大限に頑張っているつもりなのに、なぜかどこか抜けてしまう…そういった場合は努力をしたところで改善されないことが多いと言われているそうです。

強迫性障害など精神疾患の可能性も

Counselling / Pixabay

過度な心配性や完璧主義の場合、強迫性障害などの精神疾患の可能性もあると言われています。

必要以上に心配や不安をしてしまい、プレッシャーをかかえてしまう、つまり精神的な問題が原因で仕事の効率が下がってしまうというケースが当てはまると考えられているようです。

気になる場合には、病院で診察を受けよう

Free-Photos / Pixabay

これらの病気に関しては、視覚的に判断出来るものではありません。本人が気づかず、ただ自分の能力が低いせいだと自分を追い詰めてしまうこともあります。

しかし、病気ならば能力などの問題ではありません。もし、当てはまる場合には一度病院で診察を受け、その上で治療や改善方法を医師の視点から指摘してもらうことが大切です。

仕事が遅いのはモチベ低下が原因も?工夫で効率アップを図ろう

rawpixel / Pixabay

最後に、仕事が遅い原因の1つでもあるモチベーションの低下をアップさせる方法について見ていきましょう。

仕事で使うアイテムを新調しよう

Free-Photos / Pixabay

仕事で使うアイテムを新調して気分を盛り上げてみるのもおすすめです。

たとえば文房具やPCならばマウスやマウスパッドなど、普段仕事をしている上で目につく場所にお気に入りのものがあれば、仕事のモチベーションも上げやすくなります。

給料で買うものを決めておこう

LisaLiza / Pixabay

給料で買うものを決めておくのも、仕事のモチベーションに繋がるのでおすすめです。

仕事を毎日していくと給料を貰うため、というよりかは仕事をするために仕事をする…という謎の考えに陥ってしまうことがあります。

そもそもは給料をもらうためであり、給料をもらったらあれをしよう、これを食べようなど、楽しいことをゴールの先に考えておくとモチベーションもアップしやすくなります。

仕事がテーマの映画を観てモチベーションや仕事のヒントを得よう

igorovsyannykov / Pixabay

映画が好きな人におすすめなのが、仕事がデーマの映画を観るというものです。仕事を頑張る人や悩む人を題材にした映画を見ると、自然とモチベーションが上がりやすくなります。

今回はそんな仕事がテーマの映画を2つあらすじと共に紹介をしていくので、気になる人は是非ご覧ください。

プラダを着た悪魔

VladBitte / Pixabay

アン・ハサウェイ主演の映画「プラダを着た悪魔」は、ファッション雑誌の記者として働く女性の映画です。

ファッションに興味どころか、どこか馬鹿にした意識を持っていた主人公が、カリスマ編集長の元で働き、仕事に対して前向きに、真剣になっていきます。

とにかくおしゃれな映画でありながらも、仕事の理不尽さ、失敗、その中で成長していく姿はキラキラとしていて、仕事を頑張ろうと思える気持ちにさせてくれます。

マイレージ、マイライフ

keshavnaidu / Pixabay

仕事とプライベートを完全に割り切っていたジョージ・クルーニーが演じる主人公が、若手社員の教育をしながら仕事とプライベートに揺れ動くというストーリーです。

仕事が出来たとしても全てが報われるわけではなく、それを部下を教育するという視点で気づいていく過程は、様々なことに気づかせてくれるものにもなっています。

もし、仕事が原因で他のことにも悩んでいる、または人生の目標がわからなくなっている人は、モチベーションアップにも繋がるこの映画を是非見てみてください。

仕事が遅いのは改善出来る!焦らずに対処していこう

Engin_Akyurt / Pixabay

仕事が遅い、できない人について注目をしてきました。特徴や考え方を見ていくと、「確かにこれでは遅くなってしまう」と考えさせられた人もいるでしょう。

まず、仕事が遅いことやできない事は、恥じるべきではないということを覚えておきましょう。そのままで満足するのはNGですが、誰もがそこからスタートしていて、改善、対処法を試し、成長をしているのです。

もし、今悩みを抱えているという人は今回紹介した方法や対処法、そして原因を振り返りながら、少しずつ仕事が遅い人、仕事ができない人からの卒業をしていきましょう。

関連する記事はこちら

3/3