仕事が遅い人の特徴は?一体どうすれば治る?改善策や接し方も掲載!ライフ

仕事が遅い人の特徴は?一体どうすれば治る?改善策や接し方も掲載!

目次

[表示]

訳の分からない言い訳をする

Alexis / Pixabay

何かと言い訳をする人は、仕事以外においても難ありの人だと思われてしまうものです。

特に仕事に関しては、失敗が事実であることは揺るぎない中で訳の分からない言い訳ばかりになってしまうと、先に進むのが遅れてしまいます。また、問題点の共有も難しくなる原因にも繋がります。

納得出来る言い訳ならば聞いてもらえることもありますが、基本的に結果を求められる中での言い訳は仕事ができない人という印象を増幅させる原因にしかなりません。

前回の資料などを活用せず0から仕事をスタートさせる

Free-Photos / Pixabay

仕事内容にもよりますが、基本的に過去の経験が役立つことがほとんどです。また、関係がある仕事ならば前回の資料などを参考にするのは基本中の基本となります。

しかし、仕事が遅い人やできない人というのは、過去の経験や前回の資料を活用しません。また0から理解をしていこうとするため、仕事の遅延が発生してしまうのです。

また、この特徴を持つ人は仕事をするにあたって「学ぶ、覚える」ということが不足している傾向にあります。そもそもそういった気力がないため、その都度仕事への理解が必要となり、大幅なタイムロスに繋がるのです。

働かない人に関する記事はこちら

悩み解決!仕事が遅い人から早い人になる為に必要な事【考え方編】

qimono / Pixabay

続いて、仕事が遅い人から早い人になる為に必要なことについても注目をしていきましょう。

仕事が遅いことに悩んでいる人は、これから紹介していく仕事が遅い考え方を持っている場合の対処法を参考にして、明日からでも実践してみましょう。

具体的な今日の仕事のゴールを決める

rawpixel / Pixabay

仕事が遅い、できない人は1日1日を区切りとして考えてみると良いでしょう。

「今日はここまでを絶対にやろう」というゴールを決めておくと、1日の段取りを考えやすくなり、優先順位や仕事効率が掴みやすくなります。

困った時は分かる人に尋ねる

delphinmedia / Pixabay

仕事に関しての問題点や悩み、疑問などがある場合はすぐに人に尋ねる癖を身に付けましょう。

人によっては「何度も聞かないで」と言われてしまうこともありますが、今の時代それはパワハラに値する可能性があるとも考えられている返答なので気にしてはいけません。

もし、職場に信頼出来る人や話しやすいと感じる人がいる場合は、そういった人に素直に尋ねてみると良いでしょう。

報連相を忘れないように心がける

tammon / Pixabay

仕事が遅い人やできない人は、まず報連相を心がけることを意識してみてください。

何事も報告をして、連絡をして、わからなければすぐに相談をして…自己解決をしないということを徹底してみてください。

仕事が遅い、できないと感じている状況での自己解決はミスを生む原因になりかねません。まずは報連相を心がけていき、仕事に慣れることからスタートさせていきましょう。

タッチタイピング、キーボードショートカットなどの技術を習得

marvorel / Pixabay

仕事が遅い原因には、そもそもPCなどを使うスキルが身についていないというケースもあります。

タイピングが遅い、ショートカットが使えないなど、そういったことは仕事を確実に遅れさせる原因となり、理解をしているのに技術が追いつかないというジレンマにも繋がります。

そういった場合は、キーボードを見ないで作業が出来るようにタッチタイピングの練習をしてみたり、キーボードのショートカットを調べて活用していき、効率化を図っていきましょう。

受け身はNG、先読みを意識する

Pexels / Pixabay

言われたことだけをやる人は、言われるまでの時間を無駄に消費してしまっていると言えます。そのため、先読みをするという意識を持つことが大切であると意識してみましょう。

もちろん、まだ仕事に慣れていない、理解が追いついていないうちに先読みをしてしまうのはNGですが、言われたことをやっていく中で「なぜこれが必要なのか」ということについて考えて是非考えてみてください。

指示されている内容を理解しようとしていくと、次第に「次はこうすればいい」という次のステップが見えてきます。少しずつ先読みの練習をしていき、指示待ち人間から卒業をしていきましょう。

アクシデントが起きても慌てない

rawpixel / Pixabay

仕事でミスやアクシデントが起きた時、仕事ができる人ほど冷静に考え、対処をしています。

仕事が遅い人やできない人にとって、アクシデントはより自分の仕事の効率を低下させる要因となりますが、慌ててしまえばさらなるアクシデントを生むリスクが高まるだけになります。

アクシデントが起きたとしても「落ち着けばなんとかなる」という意識を持ち、状況を整理、次に何をすべきなのかを考えてみましょう。必要であれば上司や信頼出来る人にすぐ相談をするのがベストです。

モチベーションをあげる方法を把握する

FotografieLink / Pixabay

仕事が遅い、できない人は、そもそも仕事に対するモチベーションが低いケースというものも考えられます。

人はモチベーションが低下をしている状態だと本来の能力を発揮出来ませんし、集中力も欠け、ミスが連発するという悪循環に陥ってしまいます。

何か自分の中で仕事に繋がるモチベーションをあげる方法を考えていき、対処をしてみましょう。

転用可能なものは転用する

rawpixel / Pixabay

仕事の工夫ややり方というものは、少し落ち着いて周りを見渡してみると至るところにヒントが転がっているものです。

完全に真似をしてしまうというものはNGとなることもありますが、転用可能なものを参考にして転用していくことで、仕事効率を上げるきっかけになることもあります。

もし、要領が悪いことが原因で仕事が遅い、できないのであれば、要領がいい人からヒントを得てみるのもおすすめです。

気配りをする事でサポートを円滑に受ける

仕事をするにあたって、コミュニケーションを図ることはとても重要なことです。報連相も円滑に進み、結果的に仕事効率もどんどん上がっていきます。

ただ、コミュニケーションを図ると言っても様々な方法があるため、悩んでしまうのも事実でしょう。

そんな場合は気配りに意識をしてみてください。次は何をしたらいいのか、どうしたらあの人は快適に仕事が出来るのだろう…と、サポートを意識して行動をしてみると良いでしょう。

失敗を前向きにとらえ、学んで次に生かす

sweetlouise / Pixabay

仕事が遅い人やできない人は、失敗をしてしまうと地の底まで落ち込んでしまう人もいます。

たしかに、仕事の失敗は迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。しかし、起きてしまった失敗は過去のことであり、いくら悔やんでも時間が巻き戻ることはありません。

失敗をしたということは、失敗する原因を知れたということです。それは成功をしていれば知り得なかった情報でもあるため、次は成功をするために失敗を前向きに捉えていきましょう。

悩み解決!仕事が遅い人から早い人になる為に必要な事【行動編】

rawpixel / Pixabay

続いて、仕事が遅い人から早い人になるために必要な事や対処法の中で、意識するべき行動についても見ていきましょう。

仕事の開始前に今日やるべき事や優先順位を把握しリスト化

StockSnap / Pixabay

仕事をする前に、今日やるべきことや優先順位を整理していき、リスト化してみましょう。

この時頭の中だけでリスト化するのはおすすめ出来ません。忘れてしまう可能性もあるので、紙やPCのメモ帳などを利用して、視覚で確認出来るようにしてみましょう。

経験者や上司に仕事の進め方について相談する

nastya_gepp / Pixabay

仕事の進め方に対して疑問や不安などがある場合には、相談しやすい相手や経験者、上司に相談をしてみましょう。

人によっては、「そんな当たり前のことを相談するなんて」と思うかも知れませんが、たとえ当たり前だったとしても相談してはならないという決まりはありません。

疑問や不安に思ったことはどんどん相談していき、自分の中の不安要素を確実に潰していきましょう。

他の人、特に成果を出している人のやり方を参考にする、真似る

Free-Photos / Pixabay

仕事が遅い人やできない人がいるということは、仕事が早い人やできる人がいるということでもあります。

そういった人たちのことを観察していくと、どのように仕事をしているのか、考えをしているのか、どんな行動を取っているのかが見えて非常に参考になります。

場合によっては本人に相談をして、アドバイスを貰うのも良いでしょう。

休む時はきちんと休んで体調管理にも気を遣う

Free-Photos / Pixabay

体調を崩したとしても、無理をして仕事をしてしまう人がいます。しかしそれは、仕事の遅延やミスを生む要因にもなるため、やめたほうが良い頑張りだと言えます。

休む時にきちんと休んでおくことで、体調不良を長引かせずに仕事復帰も早くなります。中途半端の状態は仕事の遅延やミスを長引かせることにも繋がるため、結果的に周りの迷惑に繋がることになるのです。

日頃から体調管理に気を使うことも大切ですが、仕事に悪影響を及ぼさないためにも休む時はしっかりと休む、それが今の自分の仕事であるということを忘れずにおきましょう。

仕事を後回しにしない

rawpixel / Pixabay

仕事を後回しにしないというシンプルなことも大切です。

場合によっては後回しにしなくてはいけない状況というものもありますが、後回しにしなくても良い案件は後回しにせず、すぐに取り掛かるようにしましょう。

もし、優先順位に困ったら周囲に相談をして、後回しにするべきかを考えてみるのが良いでしょう。また、後回しにする場合は期限を設けておくのもおすすめです。

不要な物は捨てる、データを整理する、リストの終わった作業は消して行く

picjumbo_com / Pixabay

仕事をしていて不要なものやリスト化した作業のものはどんどん消していきましょう。また、データを整理するというのも大切です。

いつまでも不要なものや古いリストなどがあると、「いつやったっけ?今やるべきだっけ?」と混乱を生む原因になります。

新しいものをどんどん取り入れていくために、必要なものを覚え、不必要なものはどんどん整理していきましょう。

この仕事は10分以内でなど時間制限を設けたスケジュールを立てる

nile / Pixabay

仕事をするにあたって、自分の中で時間制限を設けてみるのはかなりおすすめです。

たとえば何か資料を作ると考えた時に、これは1時間で終わらそうと考えておけば、仕事のゴールが見えて効率アップにも繋がります。

たとえ時間オーバーしてしまったとしても次の時間制限の参考にすればいいだけなので、自分なりに時間制限を決めてルール化していきましょう。

メモを取る事で忘れた時にも対応出来るように備える

kaboompics / Pixabay

どんなことでもメモを取る癖をつけておくと、何か起きた時にもスムーズに対応出来るようになります。

もし、何をメモに取ったらいいのかわからない、全てをメモしてしまうという几帳面なタイプの人は、メモを取るべきか取らないべきか相談をしてみるのもおすすめです。

また、「仕事内容」「仕事の目的」「やり方」「注意点」「期限」の5点だけでも把握をしておくと、いざという時にも冷静に対処出来るので意識してみると良いでしょう。

同じミスを繰り返さない為に振り返りを行う

RobinHiggins / Pixabay

ミスをしてしまう人は、同じミスを繰り返さないということについて考えてみるのも良いでしょう。

なぜミスをしてしまったのだろう、何が原因なのだろう…それを振り返ることによって、ミスの原因を学べ、失敗を前向きに捉えられるようになります。

原因がわかれば同じミスをする確率は下がりますし、もしミスをしたとしても対処法を考えてみれば改善もしていけるので、ミスに対する振り返りを重要視してみましょう。

速さにこだわり過ぎてミスするのは本末転倒

Couleur / Pixabay

仕事が遅い人やできない人の中には、速く仕事をすればいいという考えになってしまっている人もいますが、これはNGです。

仕事の速さというものは、速くやろうとして速くなっているわけではありません。今までの経験、知識、考え方、スキルなどが合わさってその時間になっているだけなのです。

つまり、時間だけを意識しても能力や理解が追いついていなければミスは増え本末転倒です。時間を気にすることは大切ですが、意識しすぎるのは禁物なので注意をしましょう。

【上司向け】仕事が遅い人・部下への接し方や対処方、改善策

自分自身が上司で、部下の中に仕事が遅い、できない人がいる場合、どのような対処法を試せばいいのか悩んでしまうものです。

そんな人のために、上司向けの部下への接し方についてもまとめてみたのでご覧ください。

相手の能力や仕事ぶりを把握する

geralt / Pixabay

まず、相手がどの程度仕事を出来るのか能力の把握をしてみましょう。

その能力や力量の中で「このくらいならば出来るはず」という目安を決めていき、本人が出来そうな範囲内の仕事を割り振るようにしましょう。

相手に仕事が遅い事を自覚させる

Alexas_Fotos / Pixabay

仕事が遅い人の中には、自分の仕事が遅いということに自覚がない人もいます。

しかし、仕事が遅いと言うだけではモチベーションが下がる原因にもなるため、時間の提案をしてみるのがおすすめです。

「この時間まで出来るかな?」と提案をすれば、時間内で終われば問題ありませんし、出来なければ本人の自覚にも繋がります。遅れた場合のフォローについては予め考えておきましょう。

怒ると叱るは違うので注意!ネガティブな言葉も使わないようにする

jamesoladujoye / Pixabay

仕事が遅い、できない、ミスに対して怒ることはNGです。怒るのと叱るのとでは意味が違うので、ただ怒るというのは絶対にやめましょう。

怒るという行為は相手の集中力を低下させ、能力が発揮出来ない状況を作り出すと考えられています。

ネガティブな言葉を使わないようにするということや、ネチネチとミスについて責めるのではなく、シンプルに要件をまとめて注意をするということを心がけていきましょう。

仕事を依頼する際には期日や方法をしっかりと伝え、時間を意識させる

marijana1 / Pixabay

仕事が遅い人やできない人には、仕事を頼む時に期日、方法をしっかりと伝えましょう。

特に期日は時間を意識させ、仕事の遅延を防ぐ効果になります。方法を伝えれば相手が悩んでタイムロスをするというのも防げます。

また、この時に疑問がある場合はすぐに相談をするということを優しく伝えてあげると、相手も安心して作業に取り掛かれるでしょう。

部下にしっかりと寄り添う、他の社員に指導を任せるのはNG

rawpixel / Pixabay

自分の部下ならば自分がしっかりと寄り添う意識を持ちましょう。

部下は身近な上司から学んで成長をしていきます。普段寄り添っていないならば、自分を参考にしてくれることもありませんし、ただ必要な時は偉そうに怒るだけの人物として見られます。

部下がどんな能力を持っていてどんな状況なのか、どういった悩みを抱えやすいのか、それを自分の目でしっかりと確かめておきましょう。

NEXT:失敗は成功の母!小さな成功体験から積み重ねを
2/3