キスの日は5月23日!由来は?みんなはどうやって過ごしてる?恋愛・心理

キスの日は5月23日!由来は?みんなはどうやって過ごしてる?

毎年5月23日は「キスの日」なんです。皆さん、御存知でしたか?といっても、日本ではまだあまり浸透していないかもしれませんね。ということでこの記事では、キスの日の由来や5月23日に決められた理由などについて、イラストもまじえつつ詳しく解説していきます。

目次

[表示]

キスの日とはいつ?由来は?なぜできたの?

StockSnap / Pixabay

5月23日はキスの日、と突然言われても、ほとんどの人にとってはピンときませんよね。そもそもなぜ、5月23日でなければならないのでしょうか。

キスの日とは何か、というところからひとつひとつじっくり理解していきましょう。

5月23日はキスの日!日本で制定されている記念日?

Simon / Pixabay

キスといえば欧米の風習のようですが、5月23日のキスの日に関しては日本独自の記念日のようです。ちょっと意外ですよね。

ということで、たとえばアメリカのお友達に「今日ってキスの日だよね?」なんて言ってもまったく通じませんので御注意ください。

なんで5月23日?キスの日の由来・理由は?

3803658 / Pixabay

5月23日がキスの日とされているのはわかりました(日本だけですが……)。次に気になるのはやっぱり、「そもそもなぜ5月23日でなければいけない理由は?」ということではないでしょうか。

これについては(日本独自の)というところがキーポイントになっていて、1946年5月23日に日本で公開された「はたちの青春」という映画が邦画として初めてキスシーンを描いた、というのが由来になっています。

ただ、公開当時からキスの日が制定されていたわけではなく、キスの日として実際に制定されたのは映画の公開よりももっとずっとあとのことのようです。

キスの日はみんなどう過ごす?特別なイベントはある?

JillWellington / Pixabay

5月23日がキスの日、というのは果たして、日本ではどのくらい浸透されているのでしょうか。

そもそもキスの日を知らない…

ulleo / Pixabay

どんなにステキな記念日でも、極端に認知度が低ければ意味がありません。キスの日にしても、少なくとも現時点の日本では広く知られているとは言えず、半数以上の男女がキスの日を知らないようです。

ハグでさえ気恥ずかしいと敬遠するようなお国柄において、「さあ、今日だけ恥ずかしがらずにどんどんキスしましょう!」なんて言われてもいっこうに気乗りしないのはある意味で当然かもしれません。

カップルでキスを楽しむ

philm1310 / Pixabay

記念日のメリットは何といっても、普段恥ずかしいプレゼントが遠慮なくできてしまうこと。母の日、父の日といわれると普段は気恥ずかしくても、記念日にかこつけて両親に贈り物ができたりします。

キスの日もまさにその通りで、ラブラブカップルはもちろん、普段はその種の営みに淡白になっているカップルも「今日はキスの日!」となると案外抵抗なくキスやハグができたりするのかもしれません。

最高のキスをプレゼント

pasja1000 / Pixabay

せっかくのキスの日ですから、この日ぐらいは普段はできない最高のキスを研究してみたりするのも良いかもしれません。

実際、5月23日ぐらいはラブラブにしようと、その日にむけてカップルふたりでキスのスタイルをリサーチし尽くし、1日中キスを楽しむ、というパターンもあるようです。

NEXT:魚のキスを食べる人も
1/4