鈴木裕樹の現在は?ゲキレンジャー出演?彼女や結婚の噂も! エンタメ

鈴木裕樹の現在は?ゲキレンジャー出演?彼女や結婚の噂も!

目次

[表示]

子供好きで祖父が校長のため教員を目指す

weisanjiang / Pixabay

もともと鈴木裕樹さんは俳優志望をしていたわけではないようで、校長先生を務めていた祖父の影響と子ども好きということも活かし、教員になることを夢見ていたそうです。

実際、大学で児童教育について学んでいたようで、本格的に教員になるための勉強、そして準備をしていたことを明かしています。

明るくて爽やかで、それでいて運動が得意ならば教師としても十分にやっていけたでしょうし、ファンからは「鈴木裕樹くんの先生を見てみたかった」という声もありました。

地元の盛岡大学に進学後、お笑いに誘われコンビ結成

3dman_eu / Pixabay

大学は盛岡大学に進学をしていた鈴木裕樹さん。教師になるために日々学びながら、お笑いコンビにならないか?と誘われて、お笑いコンビを結成していたようです。

もともと明るい性格と場を盛り上げることには長けていたようなので、お笑いコンビしても周りからは注目を浴びていたそうです。

活動は順調だったがコンビ解散

Tama66 / Pixabay

お笑いコンビとして活躍をしていく中で、周囲からの評判も良く、活動はかなり順調だったようです。

しかし、それでも鈴木裕樹さんはお笑いの道に歩もうとは思わなかったようで、コンビを組んでいた相方には正直に気持ちを伝え、コンビは円満解散を無開けたそうです。

ただ、人前で何かをするということに関してはこの時に興味が出たことも明かしており、お笑いコンビを組んだことがきっかけで、俳優になりたいと思うようになったようです。

俳優を目指し大学を休学、2004年(当時20歳)に上京

Walkerssk / Pixabay

本格的に俳優について興味が出てきた鈴木裕樹さんは、いよいよ俳優を目指すために大学を休学、そして結果的に退学をして、20歳の時に岩手県から東京へ上京を果たします。

ワタナベエンターテインメント「D-BOYS」のオーディションに合格

geralt / Pixabay

上京した鈴木裕樹さんが真っ先にやったことというのが、ワタナベエンターテインメントの「D-BOYS」メンバーオーディションへの応募でした。

もともとルックスも良く長身で、さらにお笑いの経験で培ったトーク力や場を和ませる力などが心強い武器としてあったので、見事オーディションには合格をし、芸能界入りを果たします。

ちなみに、鈴木裕樹さんと仲が良い荒木宏文さんも、同期メンバーとして同じ時期に加入をしています。

同年ミュージカル「テニスの王子様」(テニミュ)でデビュー

D-BOYSのメンバーに合格をした後、同年に上映された「テニスの王子様(テニミュ)」で俳優デビューを果たします。

鈴木裕樹さんが演じたのはメインキャラクターの1人でもある大石秀一郎であり、原作でも人気のキャラクターです。

テニミュは2.5次元の先駆けとなった超人気ミュージカルでもあるため、今の2.5次元人気があるというのも、この時に頑張った鈴木裕樹さんらのおかげとも言えるでしょう。

鈴木裕樹の出演作

次に、鈴木裕樹さんが過去に出演してきた作品をより詳しくまとめてみたので、過去作品が気になる人は是非ご覧になってください。

2015年ドラマ「相棒Season13」

大人気ドラマシリーズ「相棒」のSeason13にて、最終話で梶祐一郎役を演じた鈴木裕樹さん。

相棒は毎回事件の内容が違うだけに、ゲスト出演する人物も話に大きく関わることが多く、特に最終話はかなり盛り上がりを見せるとのことで話題になっていました。

2012年~ドラマ「警視庁・捜査一課長」

大人気ドラマシリーズ「警視庁・捜査一課長」では、天笠一馬役として出演をしています。

巡査部長役でもあり、Season2からは実際に事件について捜査をしていく様子も描かれており、鈴木裕樹さんファンにとっては見どころ満載のドラマとなっています。

2016年ドラマ「家売るオンナ」では中国語を披露

大人気ドラマ「家売るオンナ」シリーズでは、帰国子女である八戸大輔役を演じている鈴木裕樹さん。

しかもこのドラマでは、流暢な中国語を披露したということでも話題になりました。帰国子女設定ではあるものの、あまりにも流暢な中国語に視聴者の多くは驚いたようです。

2007年「獣拳戦隊ゲキレンジャー」

鈴木裕樹さんの演技力がすごいと話題になったのも、2007年に放送された「獣拳戦隊ゲキレンジャー」で主演を務めたのがきっかけだと言えるでしょう。

戦隊モノに関しては前々から興味があったようで、オーディションに合格した際はかなり嬉しかったようです。ただ、主人公である漢堂ジャンの役柄にはかなり苦労した様子。

明るく元気で、それでいて特殊な性格である主人公を演じるのは大変だったそうですが、共演者やファンの保護者からの助言を受け、見事演じきったようです。

2011年「海賊戦隊ゴーカイジャー」

2011年に放送された「海賊戦隊ゴーカイジャー」では、第7話に漢堂ジャンとしてゲスト出演を果たしていました。

過去作品の主人公がガスト出演をするというのは、ファンにとってはかなり嬉しいポイントになっており、もともと漢堂ジャンはかなり人気があっただけに嬉しいファンは多かったようです。

2010年ドラマ「ゲゲゲの女房」

2010年に放送されたNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」には、小林太一役として鈴木裕樹さんは出演をしています。

小林太一は水木しげるの漫画の愛読者であり、小説家寺山修司にも憧れている青年でした。ドラマでは爽やかな好印象を持ったキャラクターを見事演じ切っていました。

鈴木裕樹は色々な人に似ているらしい?

MabelAmber / Pixabay

鈴木裕樹さんと言えば、同姓同名の鈴木裕樹さん、刀剣乱舞などの舞台に出演している鈴木拡樹さんと間違えられることが多い人物です。

しかし、それだけではなく「顔も似ている」ということで、名前以外にも間違えられることがあるそうで…そんな鈴木裕樹さんと似てると噂の人物にも注目をしてみました。

成宮寛貴

よく似ていると言われているのが、俳優の成宮寛貴さんです。成宮寛貴さんと言えば、相棒シリーズにも出演をしていたので、縁のようなものを感じる人物でもあります。

確かに、目元と口元、そして顔立ちが全体的に似ているような気がしてくるので、パっと見た感じだと成宮寛貴さんに間違えられてしまうのも無理はないと言えます。

実際にネット上でも話題になっているようで、「似ていませんか?」という質問が投稿されるほどなのです。

吉沢亮

次に似ていると噂されているのが俳優の吉沢亮さんです。こちらは賛否両論あるようなのですが、似ていると言われている最大の理由が大きな目です。

鈴木裕樹さんも吉沢亮さんも目元が大きくパッチリとしているので、そこだけを見ると、「確かに似ているかも?」と感じる人が多いです。

柿原徹也

最後に注目をするのが声優の柿原徹也さんです。柿原徹也さんと鈴木裕樹さんの場合、顔立ちがすごく似ているというわけではないものの、優しげな顔立ちは確かに似ていると言えます。

また、笑い方が特に似ているとネット上では評判のようで、柔らかく、くしゃっとした笑顔が2人とも似ていてそっくり、と感じるファンは多いようです。

今後もどんどん活躍をする注目俳優

Paramjeet / Pixabay

ドラマや映画、舞台で活躍をする鈴木裕樹さんに注目をしてきました。

鈴木裕樹さんは高い演技力と整ったルックス、高身長が魅力的な武器となっているだけあり、今後もどんどん様々な役柄を演じていくのではないでしょうか。

ドラマの人気シリーズへの出演も増えてきているので、これからはさらに俳優としての活躍の幅が広がるでしょう。今後の活躍に期待していきましょう。

関連する記事はこちら

2/2