すっぴん美人の特徴は?なり方やすっぴん美人の芸能人を紹介! 美容

すっぴん美人の特徴は?なり方やすっぴん美人の芸能人を紹介!

すっぴん美人、とはどんな人を指すのでしょうか?すっぴん美人なんていない、芸能人だけだ、と思っていませんか?この記事ではすっぴん美人の特徴やすっぴん美人になる方法、基礎化粧品などスキンケアの仕方を紹介します。是非参考にしてみてください。

目次

[表示]

みんなの憧れ、すっぴん美人

peter_pyw / Pixabay

「すっぴん美人」一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。憧れの「すっぴん美人」に近く方法はたくさんあります。内側からも外側からも綺麗になりましょう。

すっぴん美人の特徴は

Marty-arts / Pixabay

ではまず「すっぴん美人」とはどういう人のことなのか、その特徴を紹介します。

透き通るような輝く肌

InspiredImages / Pixabay

「すっぴん美人」に欠かせないのが、肌に透明感があることです。

色白でも、日焼けした小麦色の肌でも透明感があればきれいな肌に見えるので、「すっぴん美人」だと思ってもらえるでしょう。

きめ細かくなめらかな肌

Antranias / Pixabay

「すっぴん美人」になるためには肌のキメ細かさも重要です。きめ細かな肌はつるんとした印象をつくり、すっぴんの肌のきれいさをよりしっかり出してくれます。

肌トラブルがない

Tumisu / Pixabay

「すっぴん美人」に肌トラブルはありません。どんなに肌質が綺麗でもニキビがあったりする台無しになってしまいます。

十分保湿されている

dungthuyvunguyen / Pixabay

「すっぴん美人」の肌は必ずうるおいもあります。前の項目で紹介した、キメが細かいことや、透明感があることも肌がうるおっているかどうかが大きく関係します。

肌が正しくうるおうことで毛穴もキュッとしまり、くすみのない透明な肌を実現できるのです。

血色がいい

1494202 / Pixabay

「すっぴん美人」の肌には程よいツヤと血色感も必要です。肌荒れしていないつるつるのきれいな肌だったとしても、顔色が悪ければくすんで見え、決して美人にはなれません。

透明感を失わない範囲の血色感は肌を健康的に見せ、それもまた魅力につながります。

ポジティブで自信を持っている

MMckein / Pixabay

ポジティブ思考でいることは、内面からの美しさが外見に表れるだけでなく、ストレスによる肌荒れなども避けることができるので、内面、外面、両方の意味で重要です。

内面的な意味

Atlantios / Pixabay

外見が完璧な「すっぴん美人」でも愚痴ばかり言っていたり、いつも落ち込んでいたりしたらせっかくの美人の魅力も半減してしまいます。

豊かな表情は顔をよりきれいに可愛く見せることにも繋がるのでポジティブ思考で笑顔を忘れずに過ごしましょう。

少し不思議な話ですが、いつもポジティブでプラスの意味の言葉をたくさん使う人の周りは同じような良い人が集まり、素敵な出来事がたくさん起きます。

外面的な影響は

MichaelGaida / Pixabay

ストレスは知らない間に身体に色々な影響をもたらします。表れ方は人それぞれですが、目に見えて肌が荒れる以外にも、内臓の調子が悪くなったり、代謝が落ちたりします。

このどちらも結局は美容にとても悪い影響を与えるので、ストレスを溜め込まないように、ポジティブ思考をキープしましょう。

すっぴん美人になる方法は?

JillWellington / Pixabay

すぐに効果が現れなくてもきちんと継続して正しいスキンケアをすればきちんと応えてくれます。すっぴん美人になるには努力を続けることが大切です。

しっかり保湿する

kerdkanno / Pixabay

「すっぴん美人」になるにはまずうるおいが重要です。後ほど、スキンケアのところで詳しく説明しますが、肌のうるおいを保つ、ということは水分と油分のバランスを正しく保つということです。

人それぞれ、肌質は異なるのできちんと肌質に合ったケアをしていきましょう。また、日常の中でこまめにお手入れするのも大切です。

例えば、空気の乾燥しているところに長時間いるときは途中でミストなどを使ってうるおいを与える、などです。保湿アイテムは肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

ストレスを解消する

Graehawk / Pixabay

ストレスが肌荒れに直結する女子は少なくないでしょう。肌荒れは「すっぴん美人」の大敵です。ストレスをためない、もしたまりそうになったら上手に発散させる技術を身につけましょう。

自分に合ったストレス発散方法を見つけることは今後生きていく上でもとても大切です。

自分の肌の状態に合ったケアをする

andreas160578 / Pixabay

人それぞれ肌質や生活が異なるので、必要なケアも変わってきます。まずは自分の肌質や問題をしっかり自覚することが大切です。

例えば、年齢が気になる肌にはエイジングケア、特に乾燥が気になる肌にはよりしっかりした保湿ケア、というふうに自分の肌に何が必要か考えて日々のスキンケアをしていきましょう。

肌荒れが治らない場合には皮膚科などに行って相談するのも良い選択です。病院にかかるのも早い方が良いので自力で治せない肌荒れがあるときは、すぐに受診しょう。

笑顔でいる

sasint / Pixabay

「すっぴん美人」だと思われるためには健康的な表情も重要です。どんなに肌がきれいで美人でもむっとした表情ばかりしていたり、いつも真顔だったりすると、あまり魅力的にはみえません。

表情豊かで笑顔が多いとそれだけで健康的な魅力になります。笑顔を絶やさないように心がけましょう。

むくみを取る

StockSnap / Pixabay

普段きれいな人でも顔がむくむと一気に垢抜けない印象になってしまいます。「すっぴん美人」になるには、洗練された印象も必要です。

定期的にマッサージをしたりお酒の飲み過ぎを控えたりして顔がむくまないように気をつけましょう。

また、マッサージをして血の巡りがよくなると、フェイスラインがすっきりしてたるみが解消され、さらに血色も良くなるのでいいことづくしです。

自分に自信をもつ

Free-Photos / Pixabay

「すっぴん美人」になるには、外見を磨くだけでは不十分です。自分に自信を持ち、堂々と過ごせるメンタルも必要です。自分に自信を持てるかどうかは自分を大切にできるかどうかで変わってきます。

まずは、他の誰よりも自分自身のことを認めて大切にしましょう。自分に自信を持てれば自然と明るくなり、姿勢も良くなってよりきれいになれます。

生活習慣を整える

Free-Photos / Pixabay

生活習慣を整えるのは「すっぴん美人」になるための第一歩です。食生活を整えたり睡眠時間をきちんと確保したり改善できるポイントはたくさんあります。

適度な運動をすることも美容のためには必要です。筋肉量が上がれば代謝もよくなり、太りにくくなったり、肌のターンオーバーが活発になったりします。

また、喫煙は健康に悪いだけでなく、肌の老化を早めます。もし今たばこを吸っているひとがいたらなるべく減らしましょう。

洗顔でメイクをしっかり落とす

stux / Pixabay

メイクをすると肌はきれいに見えるようになりますが、メイクそのものは肌への負担になります。一日頑張って帰ってきたら、すぐにメイクを落としましょう。

まずはメイクをしっかり落とすことがスキンケア以前に大切なポイントです。メイクの落とし残しがあると毛穴に皮脂やメイクの成分が詰まって肌荒れをおこしたりや色素沈着の原因になったりします。

肌にダメージを与えない洗い方

geralt / Pixabay

しかし、落とさなくてはいけないからと言ってごしごしこすってはいけません。肌への摩擦もダメージになります。

肌に合うクレンジング剤を使って、落ちにくいときにはポイントメイクリムーバーなども活用して肌にダメージを与えずにしっかり落としましょう。

日焼け対策は欠かさない

chezbeate / Pixabay

紫外線は肌の大敵です。日焼けして色が暗くなってしまう以外にも、しみ、しわ、たるみ、くすみの原因になり、老化も早めてしまいます。

外出するときには上着を着たり日傘や帽子を活用してできるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

また室内でも窓ガラスなどを通して日焼けをしてしまうことはあるのでかならず日焼け止めをぬり、こまめに塗り直しをしましょう。

日焼け止めの選び方

AnnaliseArt / Pixabay

日焼け止めはSPF値とPA(+~++++)があります。数値が高い方が効果がありそうですがそれだけ肌の負担も大きくなります。

日常では低い数値のものをこまめに塗りなおすのが最も良いです。海に行ったり屋外でスポーツをするときなどは数値の高いものを選びましょう。

睡眠時間はしっかり

DieterRobbins / Pixabay

睡眠は、日中に受けた疲れを癒し、ダメージを回復させるためにとても重要です。外にでれば紫外線、乾燥、メイク、ストレスなど様々な原因で肌はダメージをうけます。

きちんとケアして適切な睡眠時間を取ることでそのダメージを修復し、肌をきれいな状態に保ってくれます。成人の取るべき睡眠時間は約7時間~8時間といわれています。

そしてゴールデンタイムと呼ばれる肌や体の回復に最も適している時間は夜の10時~午前2時の4時間です。この時間を含め1日に7~8時間寝るようにすると肌にも良い影響が出てきます。

髪のケアも気を抜かずに

RyanMcGuire / Pixabay

「すっぴん美人」に見せるには髪型も重要です。顔が整っていて髪がいい加減な人よりも顔は普通だけど髪が綺麗で整った髪型をしている人の方が美人に見える、という意見もあるくらい、髪を整えることは大切です。

自分に似合う髪型、髪色にすること、髪質が良くなるように日頃からお手入れを欠かさないこと、毎日きちんとセットすることを実践しましょう。

髪が伸びてプリンになってる、何ヶ月も美容室に行っていないんだなぁと分かるような伸びっぱなしの髪、傷んだ毛先など言語道断です。手入れの行き届いていない髪はだらしなく、不潔な印象を与えます。

だれだってかわいくなりたい!こちらの記事もおすすめです

すっぴん美人になりたい!基礎化粧品選びやメイクの方法は?

Bessi / Pixabay

肌質にあったスキンケアや、メイクをすること、基礎化粧品、コスメを正しく選ぶのは「すっぴん美人」になる方法の一つです。

洗顔料は肌質に合わせて選ぶ

qimono / Pixabay

洗顔料は、泡で出てくるタイプや粉タイプ、ジェルタイプ、オイルタイプ、固形石鹸のタイプなど様々です。まずはメーカーやタイプを自分の肌にあったものを選んで使いましょう。

そして使うときには泡立てネットをつかいしっかりと泡立てることも大切です。自分に合う洗顔料が分からないときには肌診断などに行ってプロにお勧めを教えてもらうと良いです。

洗顔は泡で洗う

Alexas_Fotos / Pixabay

先ほども少し触れましたが洗顔の時はできるだけ肌に摩擦刺激を与えないようにすることが大切です。顔を洗うときには洗顔料と清潔な泡立てネットを用意します。

まずはてを清潔にしてから泡立てネットで洗顔料を泡立てます。形を保てるくらいしっかりとした泡ができたらそっと顔にのせます。

洗うときは泡をつぶさないように意識して優しくあらいます。ての動きはくるくると小さな円うぃ描くようなイメージです。小鼻や目元など細かいところも丁寧に洗います。

洗い終わった後も注意

Engin_Akyurt / Pixabay

一通り洗い終わったら水でそっと洗い流します。この時もごしごしこすったり勢いよく水をかけるのではなく、顔に水を置くようなイメージであらいながします。

流したあとはやわらかいタオルで水分を取りましょう。もちろんこの時もこすってはいけません。

NEXT:化粧水はたっぷりと
1/3