中学生の恋愛はどこまでセーフ?脈ありサインや恋愛あるあるも!

思春期真っ只中の中学生は、付き合うことやキスの経験は当たり前のようになっているなど、親世代とは違った恋愛事情になってきています。好きな人の脈あり行動や、恋人と長続きするコツやどこまでOKなのかなど、今時の中学生の恋愛事情をまとめてみました。

中学生の恋愛はアリ?どこまでならOK?

ionasnicolae / Pixabay

中学生ともなると彼氏彼女がいるのは当たり前の時代です。しかし小学生の頃とは違い、大人っぽくなった中学生恋愛は純粋でありながらも、とても複雑な心境の中で繰り広げられています。

キスするのは当たり前?など、親世代とは違った最近の中学生カップルの恋愛事情があるようです。

中学生の恋愛に対する憧れは強い!

Nietjuh / Pixabay

「中学生が恋愛なんて、まだ先の話…」なんてのは昔の話で、最近の中学生にとって恋愛は生活の一部であり、恋愛に興味のある子が大半です。恋バナで盛り上がるなど、中学生の恋愛したい気持ちはとても強いんです。

女子だけじゃない!男子ももちろん恋愛に興味があり!

StockSnap / Pixabay

最近の中学生は恋愛漫画・ドラマ・映画などの影響により、恋愛を自然に受け入れやすい環境にあります。感情をオープンにするかしないかの違いだけで、大半の中学生が恋をしたいと思っています。

中学生で「付き合う」はもはや日常茶飯事?

Free-Photos / Pixabay

最近は中学生で付き合っているのは珍しいことではなく、むしろ小学生の頃から付き合っていることも珍しくないんです。昔なら付き合ってる二人は注目を浴びたりしていましたが、今ではそれも普通の光景なんです。

最近の中学生はきちんと男女交際している

beegaia / Pixabay

最近の中学生は相手が好きか嫌いかだけではなく、付き合うことの意味を理解しています。好きな人に告白をするとゆう認識もあり、子供だからと馬鹿にはできません。

「手を繋いでデート」が理想的な中学生の恋愛!

Free-Photos / Pixabay

中学生恋愛は、門限・塾通い・親の目など色々制限があり、自由に恋愛できない環境でもあるので、学校帰りの時間をデートの時間として楽しみましょう。

授業や部活が終わってから待ち合わせをして、手を繋いで一緒に帰るのは学生の時にしかできないことです。

中学生の恋愛はどこまでOK?キスまでするのは当たり前?

bdcbethebest / Pixabay

最近の中学生は約3割がキス経験済みで、キスくらいは当たり前になっているようです。同性の友達同士では「いつキスするのか?」と話題になることもあり、友達よりも早くファーストキスを望む中学生もいるようです。

付き合っている相手がいる中学生にとって、中学生のうちにファーストキスをすることは大切なことのようで、昔ほどファーストキスが大切なものだと思われなくなってきてるようです。

男子と女子でキスの捉え方が違ってくる?

AdinaVoicu / Pixabay

女子は好きな人とキスをしたらそれで満足なのですが、男子は「キス=身体の関係」になっている為、男子と女子ではキスの捉え方にズレがあるようです。

男子はキスをしたら止まらなくなってしまう人もいるようですが、好きだからこそ身体を求めてしまうこともあるようです。

身体の関係を持つのは危険!妊娠するリスクを考えよう!

ionasnicolae / Pixabay

中学生になると身体が発達して、必要以上に異性の身体が気になったり、触りたいなどの感情も出てきたりします。しかし、欲望のままどこまでもOKではありません。

特に男子には難しいことかもしれませんが、キズまでにとどめておくようにしましょう。

それ以上の関係は大きな問題を発生させてしまう危険がある

Counselling / Pixabay

異性の身体が気になり、身体の関係を経験したいと考えてしまいますが、どんなに避妊をしても100%妊娠しないわけではありません。ホルモンバランスが未発達な為、妊娠してしまうこともありえます。

妊娠してしまった時の責任を中学生では取ることが難しいので、相手のことを考えて自分の気持ちを抑えることが大切です。

あくまでも義務教育期間!自分の将来を大切にして楽しく恋愛しよう!

sasint / Pixabay

中学生のうちは相手の将来や人生の責任を取るのは難しいです。義務教育期間である中学生の間はキスまでで我慢し、中学生らしい付き合い方をするとともに、中学生にしかできない恋愛を楽しむといいでしょう。

それ以上の関係は大人になって責任が持てるようになってから、相手とともに考えていきましょう。

中学生に関連する記事はこちら

中学生でも本気で恋愛したい!恋愛を長続きさせるコツは?

Pexels / Pixabay

昔に比べて中学生が簡単に付き合うようになった分、付き合っても簡単に分かれてしまうのも現状です。恋愛を長続きさせるには相手をどのように思いやることができるかが大切のようです。

長続きさせるためには、どうしたらいいのか? そのコツをいくつか紹介します。

中学生の恋愛は続かない?すぐに分かれるカップルが多い?

Takmeomeo / Pixabay

最近の中学生カップルは3ヶ月続けば長い方で、1年付き合うのは奇跡と言われるほど長続きしません。軽い気持ちが付き合うことが多いため、続かなくて当然です。

別れることに罪悪感を抱えることもなく、自分にとってマイナスになる気持ちもないので、別れを選ぶことに抵抗がないようです。

思春期は友達関係のトラブルが多い!

Ben_Kerckx / Pixabay

思春期は人に対する感情が変わりやすく気持ちが安定しません。仲が良い友達と次の日には喧嘩をしたり、好きだった人をちょっとした理由で嫌いになったり、簡単に気持ちが変わってしまいます。

大人の恋愛への憧れはあっても、思春期は色んな葛藤や悩みが多いせいで、気持ちがついていかないのが現状なため、恋愛が長続きしないようです。

長続きさせるコツ①相手に依存しすぎないことが大切!

5688709 / Pixabay

初めて恋愛するともなるとつい気持ちが舞い上がり、相手との時間だけを優先しようとしてしまいます。最初のうちは盛り上がっていても、後からすぐ冷めてしまうことが多いのです。

長続きさせるためには、相手との距離を適度にとることが大切です。普段と変わらない学生生活を送り、時々一緒に行動するなど、程よく距離を保つことで好きな気持ちが冷めにくくなり、長続きしやすくなります。

長続きさせるコツ②記念日が相手の重荷になることも?

pixel2013 / Pixabay

付き合った日、誕生日、クリスマスなど、カップルで楽しみたいイベントはたくさんありますが、学校の行事なども多い中学生が必ず記念日に何かしようするのは大変で、窮屈に感じやすく喧嘩の原因にもなります。

記念日に何もできなくても別の日に遊びに行くなど、記念日を重視し過ぎてルールを決めるのではなく、お互いが記念日を覚えていたことに幸せを感じられるようになることが大切です。

長続きさせるコツ③相手と同じゴールを目指そう!

Free-Photos / Pixabay

共通の目標を持つことで、絆を深めやすく関係性が深まります。例えば「同じ高校を受験できるように頑張る」「テストが終わったらデートする」「学校では普通に過ごし、週末にデートする」などです。

共通の目標を持つことが、長続きしているカップルの特徴のようです。

長続きさせるコツ④「とりあえず」で付き合うのはNG!

MabelAmber / Pixabay

「彼氏彼女が欲しかったから付き合った」など惰性で付き合うことはNGです。試しに付き合って、後から好きになることもあるかもしれませんが、最初から好きでもない相手と付き合う必要はありません。

好きでもない相手と付き合うことで時間を無駄にし、相手を傷つけることになることがほとんどです。好きな気持ちがあって初めて恋愛は成立します。惰性で付き合わないようにすれば、長続きできるでしょう。

長続きさせるコツ⑤相手への思いやりを忘れずに!

Babienochka / Pixabay

中学生は塾に通っていたり、門限や予定など様々な事情があり、会いたくても会えないとゆうことがあります。大人になっても同じで、仕事や家庭の事情で会えないことがあります。

そんな時、会えないからといって浮気をしてはいけません。相手の事情を理解してあげることが大切なことなのです。辛い制限を乗り越えることで、2人の絆がより固いものになり、簡単には壊れない関係となるでしょう。

長続きさせるコツ⑥恋人の優先順位を考えよう!

sasint / Pixabay

付き合い始めは最も楽しい期間で、恋人と一緒に過ごしたいという気持ちが強く、恋人との予定や時間を最優先にしてしまいがちですが、付き合っている間は良くても、別れたときに孤立してしまう危険があります。

恋人とばかりの時間を過ごすことで、友達から「誘っても駄目だ」と見放される可能性があります。その状況でもし別れたとき、友達はあなたを素直に受け入れることができない状況となってしまいます。

友達との時間も大切にしよう

StockSnap / Pixabay

恋人優先で友達の誘いを断ってきたのに、別れたからといって友達のところに戻るのは都合が良すぎです。断り続けられた友達は「利用された」と捉える子もいます。

自分にとって友達は、どんな時でも味方してくれる存在だということを忘れず、恋人ばかり優先にするのではく、友達との時間も大切にしましょう。

長続きさせるコツ⑦自分や相手の生活を考えた上で恋愛関係を築こう!

DariuszSankowski / Pixabay

中学生は勉強や部活を頑張って、将来の生活の基礎を作ることが最も重要なのです。恋愛経験をすることも大切ですが、将来に向けてやるべきことをしっかりやらなければいけません。

相手を思いやることでお互いの生活を尊重し、限られた時間でお互いの絆を深めることによって、限られた時間の中で最も良い選択肢を生み出そうとするので、より二人の時間を大切にすることができます。

悩み事があればYahoo知恵袋などで相談してみよう

mohamed_hassan / Pixabay

中学生恋愛相談

今度、気になってる人に告白しようと思っているのですが、方法はなにがいいですか? ・LINE ・直接 ・手紙 他にも提案があったらお願いします

(引用:Yahoo!知恵袋)

Yahoo!知恵袋では、このような中学生恋愛に関する相談が多数あります。同世代からの回答も多いので気軽に相談してみるといいでしょう。

質問する際には、最初に「中学生恋愛相談」と入力した上で、質問を投稿しましょう。

中学生の恋愛には制限が多い?不自由な恋愛になりがち?

kelseyannvere / Pixabay

中学生恋愛は、勉強や部活はもちろん、塾や門限、金銭事情や親の目など、たくさんの制限があり、とても不自由な中で恋愛をしているのが現状です。

中学生がいかに不自由な中で恋愛をしているのか、辛い恋愛事情を覗いてみましょう。

中学生の恋愛にはいろいろな制約がある!

Wokandapix / Pixabay

中学生の恋愛は何かと制約が多いのが現状で、好きな人と付き合いたい、ずっと一緒にいたい、ドラマのようなキスがしてみたいなど、異性への興味が止まらない思春期にも関わらず、恋愛ができない環境の子もいます。

①親からの干渉を受ける

Free-Photos / Pixabay

中学生は大人でもなく子供でもない微妙な年齢であることから、とても難しい時期なのです。様々な誘惑に対して大人は疑うことを知っていても、純粋な中学生にはその良し悪しを判断することが難しいのです。

「干渉されてたから助かった」「干渉されずに酷い目に遭った」など、親は自分たちの経験から、中学生の時期が難しいことをよく知っているからこそ、干渉することで子供を守ろうとしているのです。

親の干渉が厳しくなり、「うるさい」「鬱陶しい」「ほっといてくれ」など反発をしている子もいるでしょうが、守ってやりたい・救ってやりたいと考えている親の気持ちも理解してあげてください。

②稼ぎが無いため自由に使えるお金が少ない

stevepb / Pixabay

中学生は親の収入に全面的に頼っているので、自分で稼いだものではなく保護者からもらったお小遣いが使えるお金になります。その月平均額は2,500円前後で、その限られた中でやりくりをしなければなりません。

全てを自由に使える人もいれば、必要な文房具などをお小遣いから捻出しなければならなかったり、中には貯金している子もいたりします。

限られたお小遣いでデートをするにしても遠出は難しく、飲食店や娯楽施設などもそうそう行くことができないため、近所の公園やお互いの家など、お金をかけないで済む場所でのデートをするしかないのです。

③移動手段が限られる

CHENA / Pixabay

中学生はもちろん車を運転することはできませんので、移動手段は自転車・バス・電車等になります。限られたお小遣いで電車・バスなどの運賃を出すとなると、その費用だけでお金を使ってしまうことになります。

そのため遠くへ行くことができないなど、中学生同士では行ける場所が限られてきてしまいます。

しかし、18歳になり車で出かけられるようになったとしても、車で出かければガソリン代や駐車場料金がかかるなど、かえってお金がかかることもあるので、車で出かけられなくてもデメリットはほとんどありません。

NEXT ④恋愛経験が乏しくトラブルが発生しやすい