オタクの服装の特徴の男女別まとめ!オタクに見えない服装とは? 美容

オタクの服装の特徴の男女別まとめ!オタクに見えない服装とは?

オタクの服装と聞くと、思いつく格好がいくつかあるな。そんな風に思ったことありませんか?オタクと言われる人の服装は、何故かどの人もよく似ています。今回は、そんなオタクの服装の特徴と、オタクに見えないようにするための婚活、街コン対策を男女別にまとめてみました。

目次

[表示]

オタクにあるあるな服装の特徴まとめ!【男性編】

kalhh / Pixabay

まずこの記事の初めに、「オタクであること自体は何の問題もない!」ということを強く主張しておきます。自分の好きな物にのめり込めるのは、男女問わず素晴らしいことです。

ところが、「オタクファッション」という言葉はどう考えてもマイナスのイメージがあります。何がいけないのか、一つずつその特徴を確認していきましょう。

①チェックシャツ

Pexels / Pixabay

オタク=チェック柄!そんな公式が成り立つ程に、チェックシャツを選ぶオタクが多いです。逆にいえば、襟付き&色付チェックシャツを着れば、不思議なことに、ただそれだけでオタクファッションが出来上がります。

配色を考えたり重ね着などのコーディネイトができれば、チェックシャツもオシャレに着こなせます。けれど、自信がないならチェックシャツは選ばない方が無難です。

②シャツを羽織りものにして着る

Pexels / Pixabay

先ほどのチェックシャツもそうですが、襟付きのシャツの前ボタンをとめずに、羽織りとして着ているオタクも多いです。ですが、ジャケットやカーディガンの代わりとして羽織るシャツは、だらしなく見えるだけです。

③アニメキャラのTシャツ

EliasSch / Pixabay

アニメキャラクターが描かれたTシャツもオタクファッションの特徴の一つ。これに関しては、オシャレの話ではなく、自分の好きなキャラクターのグッズを持ちたい、着たいという願望なのかもしれません。

けれど、やはりこれもオタクファッションを脱したいなら辞めるべきです。他のものと違って、アニメキャラTシャツは、自分がオタクであることを公表している状態です。

もちろん、自分のオシメンを世に広めたい、皆に見て欲しい!というのであれば、話は別になってくるかもしれません。

④プリントTシャツ

StockSnap / Pixabay

アニメキャラの絵柄じゃなければ、いいんじゃないの?そう思われる方も多いと思います。けれど、このプリントTシャツも意外と他のアイテムと組み合わせにくいのです。

プリントTシャツの上から、カラーのチェックシャツを羽織る。完全にオタクファッションのできあがりです。そうならないように、シャツはできるだけシンプルなものを選びましょう。

⑤迷彩柄

5933179 / Pixabay

迷彩柄でもオシャレ上級者であれば、見事に着こなしてくれることでしょう。ところが、これもやはり、「オシャレ上級者」用のアイテム。扱いにくいので、自信がなければ手を出さない方が良いでしょう。

何も考えずただ迷彩柄を着ているだけだと、ミリタリーオタクの完成です。

⑥上着の首周りや袖周りがヨレヨレになった服

stevepb / Pixabay

よれよれの服、ということはつまり古い服です。数枚しかないシャツを何度も着て、いつしか襟にドレープが出来る程になって、それなのにまだその服を着て出かけていませんか?

「オタクファッションはダサい」という印象を持たれます。それは、ボロボロの服をいつまでも着ていることも原因の一つです。

オシメンにお金をかけることも重要かもしれませんが、貴方の着ている服にもお金をかけてください!オタクファッションからの脱出は、そういった点も重要です。

⑦毛玉だらけのニット

Kaz / Pixabay

よれよれのシャツと同じで、その服が古いかどうかよくわかるのが、ニットです。毛玉だらけ=いつも着ている、古い、洋服の手入れをしない、という印象になります。

⑧サイズ感があっていないチノパン・ジーパン

PDPics / Pixabay

古いものを気にせず着る、ということは、新しい服を買わない、ということです。いつまでも昔の服を着ているからサイズもあわない、一度買うと買いなおさないから無難な色を買うとなってしまいます。

サイズ感があっていない理由は、上記のような点にあります。また残念なことに、「無難な色」=「コーディネートしやすい色」とも限りません。

サイズの合わないダボダボのベージュのチノパン、プリントTシャツ、そしてチェックのシャツ。だんだんとオタクファッションが完成していくと思いませんか。

⑨ズボンの丈が短い

SnapwireSnaps / Pixabay

流行や、ファッション的な意味合いに関係なく、ズボン丈が微妙に短い。もしくは、微妙に長い。これもオタクファッションの特徴の一つです。

自分の体形に合わせて買い替えたりしないので、洗濯で縮んでしまったり、逆に縮んでも良いようにと長かったり。この特徴もまた、ファッションへのこだわりの無さがなせる業なのです。

⑩ストレートジーンズ

これもまた、オタクの履くズボンにありがちな光景です。「ストレート」と言う言葉の響きが、「無難」を思い起こすのか、ストレートジーンズを無難なジーンズ、と勘違いしているような人が多いです。

ストレートジーンズは、体型によって見え方も異なり、似合う似合わないの差が激しいです。それに気付かずに履いているので、ダサく見えるのです。

⑪ハーフパンツ

TheDigitalWay / Pixabay

夏の暑い時は、短いパンツの方が良い。そんな意味でハーフパンツを選んではいけません。

子供っぽく見えるハーフパンツは、肌を露出するので、すね毛の処理にまで気を配る必要があります。また、余程体型が良くない限り、スタイルが悪く見えるので、オシャレに自信がなければ選ばないのが無難でしょう。

⑫白のロングソックス

KlausHausmann / Pixabay

白いソックス、一見清潔そうに思います。ですが、オシャレに興味のないオタクの選ぶ白ソックスは、少し長め。小学生のファッションです。大人が、白の長めのソックスを履きこなすことは困難だと覚えておきましょう。

また、白は目立つ色でもあります。白いソックスで足元に注目を集めてしまうと、スタイルが悪く見えることもあります。ズボンの色やシューズの色にあう、色の付いたソックスを選ぶようにしましょう。

⑬使い古したスポーツシューズ

RyanMcGuire / Pixabay

履きなれた靴だからといって、いつまでも同じ靴を履くのもやめましょう。「使い古した靴」かどうかは、靴の汚れ具合でもすぐにわかります。

誰も足元なんて見ていない、なんて大間違いです。「オシャレは足元から」です!

⑭運動靴

congerdesign / Pixabay

いまからランニングにでも行くかのような、運動靴もNGです。オタクのイベントは動きやすい靴が基本。もしそうだとしても、せめて普段は運動靴を選ぶのはやめましょう。運動靴は、運動するときに履く靴です。

⑮リュックサック

aitoff / Pixabay

最近は、普通のサラリーマンがリュックサックで通勤する、という光景も見られるようになりました。だから、オタクの定番であるリュックは、特に問題ない!なんて思っていませんか?

サラリーマンが持つリュックサックは、当然ながら通勤時などに使用し、機能面を重視しています。オタクもまた、機能を重視してリュックを持ちます。その結果、ダサいオタクファッションになるのです。

⑯ダッフルコート

Free-Photos / Pixabay

確かに、今の流行に合わせた、オシャレなダッフルコートもあります。けれど、オタクの着ているダッフルコートは、「学生時代に着ていたものを、未だに着ている」ように見えることが問題なのです。

⑰黒縁メガネ

Free-Photos / Pixabay

眼鏡をかけるのは、目が悪いから仕方がない。確かにその通りです。ではなぜ、黒縁の、しかも縁の太い眼鏡をかけるのでしょう。まるで瓶底眼鏡をかけているように見えます。

⑱十字架のネックレス

giselly / Pixabay

オシャレに挑戦しよう!と思いたち、何故か他の服装ではなくアクセサリーに手を出してしまう。それも、何故か十字架をあしらったデザインではありませんか?

オシャレにチャレンジしているんだ、という自信があるのでしょうが、それは中二病の延長でしかないです。

⑲シャツをインする

JESHOOTS-com / Pixabay

この着こなしは、オタクファッションの代名詞です。とりあえず、だらしなく見えないようにズボンにシャツを入れておこう、そんな意思が見えるシャツのインの仕方は、大昔からあるオタクファッション大定番です。

⑳上下同じ色のコーディネート

maura24 / Pixabay

全身に統一感が出ていい、なんて大間違い。メリハリがなくなり、体型が悪く見えます。特に多いのが、上下黒。アニメの悪役キャラは全身黒かもしれませんが、現実世界ではただのオタクファッションです。

㉑いつも同じ服を着ている

Pexels / Pixabay

これには、2つの意味があります。本当に手持ちの服が少なく、それを着まわしているので同じ服になる場合が1つ目です。

もう1つは、持っている服が全て同じようなオタクファッションなので、何を着ても同じように見える場合です。

どちらにせよ、ファッションのバリエーションが減ることで、オタクファッションが維持されることになるのです。

㉒髪の毛がべったりしている・パサパサしている

IIIBlackhartIII / Pixabay

髪がぱさぱさの場合、それはおそらくただ手入れをしていないからです。服に気を使わないのであれば、髪にまで気を配ることはないです。

逆に髪がべったりしている場合は、髪型を気にしすぎてスタイリング剤を塗りすぎている、もしくは、お風呂に入っていない、などが考えられます。どちらにせよ、正しい手入れを知らないことが原因なのです。

結局、ファッションに興味がなければ自分自身の格好にも興味がない、ということなのでしょう。

㉓全体的にサイズ感が合っていない

esudroff / Pixabay

ここまで、オタクファッションは、ファッションに興味がないのが原因だと見てきました。ファッションに興味がない人は、当然ながら服を買いに行く機会が少ないです。

古い服は、当然ながら今の体形に合わないことが多く、そのせいでオタクファッションは、サイズの合わない服であることが多いのです。

あまりにもファッションに興味を失いすぎて、限界オタクとならないよう、くれぐれも気を付けたいものです。

アニメオタクとバンダナの関係

これも、オタクファッションの定番、バンダナ。でも、なぜバンダナをしているか、考えたことはありますか?真偽の程は不明ですが、実はこのバンダナにはちゃんとした理由があるのです。

そもそも、バンダナを使用していたのは「カメラオタク」の人。カメラを構える時、汗が垂れてくるのを防ぐためにバンダナをつけていたのが、はじまりだとされています。

そして、そんなカメラオタクに触発(?)されたのか、いつの間にやらオタクはバンダナをするもの、という程に定着していきました。もしかすると、今でも理由は「汗が垂れてくるのを防ぐため」なのかもしれません。

関連する記事はこちら

オタクにあるあるな服装の特徴まとめ!【女・腐女子編】

JESHOOTS-com / Pixabay

ここまで、男性のオタクファッションを見てきましたが、女性でも、オタクファッションに陥っている人は多いです。

最近は「自分は腐女子だ」と公言している人もいるようですが、別に公言しなくてもファッションでわかるよ、なんてことにならないよう、女性オタクファッションの特徴を見ていきましょう。

①ブランドが「アクシーズファム」

ブランドによるファッションの系統の偏りが出やすいのは、女性に多いパターンです。アクシーズファムは、ガーリーなデザインが多く、上手く取り入れれば女性らしい柔らかさが出ます。

けれど、オタク女子はオタク男子とまた違った視線で、ファッションに対する興味の方向がずれています。

上から下まで同じブランドで揃える。するとガーリーなファッションは、一瞬でオタクファッションに様変わりです。

②ブランドが「リズリサ」

こちらも同じく、ガーリーなデザインが売りのブランド。マネキン買いをすると、コーデが楽に決まる、とは言いますが、これもやはり上から下までだとオタクファッションになります。

かわいいデザインなので、上手に取り入れることが必要なブランドです。

NEXT:③フリフリ
1/3