男性恐怖症とは?症状や特徴は?原因や克服するための方法について 恋愛・心理

男性恐怖症とは?症状や特徴は?原因や克服するための方法について

対人恐怖症の一種である男性恐怖症は少しずつ増加していて、誰もが何かのきっかけで発症してしまう可能性があります。その症状や原因は人それぞれで、重度になると生活にも支障をきたします。今回は、そんな対人恐怖症の症状や治し方について、まとめてみました。

目次

[表示]

男性恐怖症どういう意味?

ambermb / Pixabay

そもそも男性恐怖症とは、どのようなものなのでしょう。男性のことが怖いというだけだと、軽く思っている人もいるでしょう。

しかし、人によっては生活に支障をきたしてしまうほどの症状もあり、治療も難しく、思っているよりもずっと複雑なものなのです。

男性恐怖症とはどういう意味?病気なの?

rawpixel / Pixabay

男性恐怖症は、名前の通り男性に対して恐怖や不安を感じてしまう症状のことを言います。

日常生活で男性を避けるというのは意外にも難しく、常に身の回りに恐怖の対象がいるという状況の中で生活をしなければいけません。

男性恐怖症を克服するためには、周囲の協力や、長期にわたる治療が必要となります。

男性恐怖症は対人恐怖症の一種!

kabaldesch0 / Pixabay

男性恐怖症とは、正式な医学用語では対人恐怖症に分類され、その一種です。対人恐怖症は男性よりも女性に多く、その中でも男性に対して恐怖心や不快感を感じる症状がある人のことを、男性恐怖症と言います。

他人からはその苦しみは目に見えず理解できないので、男性恐怖症を抱えていてもわかりにくく、周囲からは誤解されやすい病気です。

軽い男性恐怖症も?軽度から重度まで、症状の重さは人それぞれ

stevepb / Pixabay

男性恐怖症と言っても、症状やその重さは人それぞれです。近くにいると症状が出る、匂いだけでも症状が出るなど、男性の気配を感じただけで症状が出てしまう人もいれば、触れられなければ大丈夫という人もいます。

生まれつきの性格だったり、自信が覚えてもいないような昔の体験、忘れられないようなトラウマなど、人それぞれに原因があり、治すには長い時間を必要とします。

男性恐怖症だと恋愛できない?男性恐怖症の彼女を持つ人も

panajiotis / Pixabay

男性恐怖症だと男性とうまく関わることができないので、恋愛も難しくなります。しかし、男性恐怖症の女性が全員恋愛できないというわけではありません。実際に、男性恐怖症の女性を彼女に持つ男性もいます。

しかし、やはり男性に対して恐怖を感じる瞬間はあるので、男性恐怖症ではない女性とは、付き合い方も少し違います。

男性恐怖症のことを理解し、受け入れてくれる相手であれば、お付き合いや結婚をすることも可能です。

あなたは男性恐怖症?具体的な症状や特徴で診断

geralt / Pixabay

男性恐怖症の人の中には、症状がごく軽度なので、自分では気が付いていないという人もいます。もしかすると、あなたも男性恐怖症なのかもしれません。

男性恐怖症でもその症状も人それぞれで、たくさんの種類があります。男性恐怖症の症状や特徴についてご紹介しますので、自分は大丈夫なのかチェックしてみましょう。

また、男性恐怖症ではなく男嫌いということもあります。気になる方はこちらの記事をチェックしてください。

男嫌いに関する記事はこちら

男性と話すだけで普段と違う声が出てしまう

sasint / Pixabay

男性恐怖症の人は男性と会話をすることが苦手で、男性と話をすると普段とは違う声が出てしまうことがあります。

思うように声がでず、そのせいでさらに恥ずかしさから焦ってしまい、パニックに陥ることもあります。

症状が重いと口が動いてくれない

oTschOo / Pixabay

症状が重たくなると、男性を前にすると口が動かなくなり、うまく会話ができなくなります。

自分の意思とは関係なく、理解のない人や男性恐怖症ということを知らない人には、誤解や悪印象を与えてしまうことがあります。

男性が近づいてくるだけで足がすくむ・手が震える

Free-Photos / Pixabay

男性恐怖症の人は、男性が近づいてくると、怖いとは思っていなくても勝手に足がすくんでしまったり、手が震えてしまうことがあります。

また、過去のトラウマを思い出してしまい、恐怖を感じて震えてしまうこともあります。

恥ずかしさから顔が赤面する

3803658 / Pixabay

男性恐怖症の人は、男性と話していると緊張して、恥ずかしさから自分の意思とは関係いなく赤面してしまいます。

恋愛感情がなくても赤面してしまい、相手を誤解させているのではという悩みも、男性恐怖症の人ならではです。

人によっては、特定の年齢層の男性だけに赤面してしまうという男性恐怖症の人もいます。

会話をしているときに目が合わせられない

ivanovgood / Pixabay

男性恐怖症の女性は、男性と会話をしていると恐怖や不安を感じ、目を見ることができません。目を見られることが怖い、目を見ると相手に不快感を与えるのではと考えてしまい、目を合わせられなくなります。

エレベーターでも2人きりになれない

nakataza02 / Pixabay

男性恐怖症を抱えていると、男性と2人になることが怖く、特にエレベーターなどの閉鎖空間で2人きりになると恐怖や不安を強く感じます。

好きな相手であっても二人になることができない人もいて、激しい苦痛を感じ、大きなストレスとなります。

男性が近づいてくる・声が大きいだけで威圧感を感じる

Free-Photos / Pixabay

男性恐怖症の人は、女性にはない男性のたくましさや威圧感などに恐怖を感じることも多く、近づいてきたり、大きな声だけでも威圧感を感じてしまいます。

このようなタイプの方は、威圧感のない男性であれば問題ないということもあります。

たくましい身体をした男性的な女性にも恐怖を感じることがある

skeeze / Pixabay

男性恐怖症の人は男性に対して恐怖や不安を感じますが、人によっては男性的なたくましい女性でも、自分の中で男性と結びついてしまい、症状が出てしまうことがあります。

逆に、女性的な男性や中性的な男性など、あまり男性らしさを感じない男性であれば大丈夫だという男性恐怖症の日ともいます。

男性と話すと疲れが押し寄せる

Wokandapix / Pixabay

男性恐怖症の人は、男性と話すだけで緊張や不安から激しい動機が起こり、会話が終わったころには疲れがどっと押し寄せてきます。

男性恐怖症の人にとって、男性と会話をするというだけでもそれだけ大変なことなのです。

職場や日常生活で男性との接触を避けられない状態が続くと体に疲れがたまって負担になり、大きなストレスとなります。

かなり重たくなると男性が近くによると呼吸ができなくなる

pedrofigueras / Pixabay

男性恐怖症の症状が重たいと、男性が近くにいるだけでも呼吸ができなくなり、苦しくなることもあります。ここまで症状がひどいと、普通の外出も困難になるので、生活にも支障が出てきます。

重症の場合は下ネタ話す男性に吐きそうになることもある

Pexels / Pixabay

男性の中には女性の前でも気にせず下ネタを話す人もいますが、そのような人に対して不快感を感じ、吐きそうになるのも男性恐怖症の症状の一つです。

女性同士ではなかなかしない下品な話をする男性に、拒否反応が出てしまうようです。

対人恐怖症のチェックシートで確認してみよう

MabelAmber / Pixabay

以下のチェックシートで、当てはまる項目が多ければ多いほど、対人恐怖症である可能性があります。

Q1.人見知りがはげしい
Q2.ひどくはにかみやである
Q3.人前で緊張感が強い
Q4.人前で顔面がこわばる
Q5.人前で体がこわばる
Q6.人とむかいあうのをおそれる
Q7.人と会話するのをおそれる
Q8.人と視線を合わせるのをおそれる
Q9.人前で汗が出ることをおそれる
Q10.人前で顔が赤くなることをおそれる
Q11.人前でどもることをおそれる
Q12.人前で声がかすれたり、声が出にくくなることをおそれる
Q13.人前で声がふるえることをおそれる
Q14.人前でばかなことをいうことをおそれる
Q15.人前で字を書くとき、手のふるえをおそれる
Q16.人前で変な表情になることをおそれる
Q17.自分の顔またはその一部(目、鼻、口など)がみにくいと感じている
Q18.自分の体型または体の一部がみにくいと感じている
Q19.人の視線が気になる
Q20.人前でおならをすることをおそれる
Q21.自分の体の臭い(体臭、ガスなど)のために人にいやな感じをあたえることをおそれる
Q22.自分の視線のために人にいやな感じをあたえることをおそれる
Q23.自分の恐怖が人に移ることをおそれる
Q24.人と同室で寝るとき、寝言をいうことをおそれる
Q25.人が話していると自分のことを悪く言っているように感じる
Q26.人のちょっとしたしぐさが自分にあてつけているように感じる
Q27.人といっしょに食事をすることをおそれる
Q28.人のそばにいると小便が出にくくなることをおそれる
Q29.人前で体がふるえることをおそれる
Q30.人前で顔が青ざめることをおそれる
Q31.人前で唾を飲みこむことをおそれる
Q32.人前でおなかが鳴ることをおそれる
Q33.自分の目つきが異性にいやらしく思われることをおそれる
Q34.脇にいる人が視野に入ることをおそれる
Q35.自分の視線が相手の性器にいくことをおそれる

(引用:Mental Health&Morita Therapy)

男性恐怖症の原因は?

Anemone123 / Pixabay

男性恐怖症になってしまう原因も、症状と同じように人それぞれです。もともとの性格からという先天的な人もいれば、途中からある出来事がきっかけで恐怖症になったという人もいます。

ここでは、トラウマやきっかけなど、男性恐怖症になる9つの原因をご紹介します。

対人恐怖症からの発症

Engin_Akyurt / Pixabay

男性恐怖症はもともと対人恐怖症の一種で、対人恐怖症には他にも様々な恐怖症があります。失敗をしてしまった時に激しい恐怖や不安を感じたり、特定の場面でそのような症状が出ることを対人恐怖症と言います。

その失敗をしてしまったところに男性がいると、近くに男性がいるとまた失敗するのではと緊張や不安を感じてしまい、男性恐怖症に発展してしまうことがあります。

対人恐怖症を抱えている人は、その恐怖症がきっかけで他の恐怖症も発症しやすくなってしまうんです。

男の子にいじめられたトラウマ

Anemone123 / Pixabay

過去に男の子にいじめられたトラウマがあると、そのつらい経験がきっかけとなり、男性恐怖症になってしまうことがあり、いじめた男のことは関係ない男性にまで恐怖を感じてしまいます。

いじめられたことを記憶では覚えていなくても、体がいじめた体験を覚えていて、無意識に男性に恐怖を感じたり、震えやパニックという症状があらわれます。

痴漢や強姦などによるトラウマ

simonwijers / Pixabay

痴漢や強姦などの経験があると、それがトラウマとなって男性に対して恐怖を感じるようになり、男性恐怖症になってしまうことがあります。

性的犯罪の被害はその女性に大きな傷を作り、癒すことはとても難しいです。特に、被害に遭った時と同じ環境になると激しい恐怖感に襲われ、重い症状が出やすくなります。

子供の頃受けた性的虐待

Free-Photos / Pixabay

子供の頃に性的虐待を受けると、その体験がトラウマとなり、男性恐怖症につながることがあります。男性に触られたり、近くにいるだけでも子供の頃のトラウマがフラッシュバックし、恐怖を感じてしまいます。

虐待を受けていた当時はどんな意味があるのかを分かっていなくても、あとあと虐待であったと理解することで、トラウマとなることもあります。

父親や兄弟から暴力や虐待を受けたトラウマ

Greyerbaby / Pixabay

幼いころに父親や兄弟など、身近な男性に秒力を振るわれたり、虐待を受けると、その経験がトラウマとなって男性に恐怖を感じるようになり、男性恐怖症になることがあります。

父親や兄弟はしつけのつもりでいても、幼い女の子に男性の怒る姿や暴力は大きな恐怖を与えてしまい、なかなか消えることはありません。

その景観から、大人になっても男性を見ると幼いころの父親や兄弟に重なり、恐怖や不安を感じてしまうのです。

失恋で受けた強いショック

Alexas_Fotos / Pixabay

失恋で強いショックを受けると、そのショックがトラウマとなり、男性との恋が怖くなってしまい、男性恐怖症になってしまうことがあります。

男性と関わることで過去の辛い記憶がフラッシュバックし、男性とうまく会話をしたり、恋愛をすることができなくなってしまいます。

恋人からDVを受けたトラウマ

恋人から暴力を振るわれた経験も、男性恐怖症になるきっかけの一つです。

信頼していた男性に暴力を振るわれることで、男性に対して恐怖を植え付けられてしまい、関係のない男性にも恐怖を感じてしまうようになります。

また暴力を振るわれるのではないかと考えてしまい、新しい恋愛にもなかなか踏み出すことができません。

自分の容姿に自信が持てないなどのコンプレックス

cuncon / Pixabay

男性に対して、性的虐待たいじめのトラウマが何もなくても、自分に自信がなく、コンプレックスを持っていて男性からの視線が気になってしまうという女性も、男性恐怖症になってしまうことがあります。

男性恐怖症になることで男性との会話もできなくなってしまい、それがきっかけで「自分はダメだ」と思い込んでさらに自信を無くしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

人見知りな性格によるもの

422737 / Pixabay

過去に男性に対して何かトラウマやつらい経験がなくても、元々の性格で男性恐怖症になることもあります。人見知りな性格だと、初めて会う人や環境では極端に緊張してしまい、恐怖や不安を感じることがあります。

この性格は人と関わる経験によって、大人になるころには改善されていくことが多いですが、まれに男性に対してのみ改善されないこともあります。

男性を前にすると人見知りな性格が出てしまい、結果的に男性恐怖症となってしまいます。

NEXT:男性恐怖症の治し方は?克服する方法はある?
1/3