櫻井翔は”顔”だけじゃない!!中身も最高!嵐・櫻井翔の名言集

アイドルグループ・嵐のメンバー櫻井翔さん。30代も半ばを過ぎ、男としての色気も更に増してきましたよね?これまで櫻井さんはあらゆる場面で数々の名言を残しています。彼の愛が溢れた言葉の一つ一つを振り返っていきたいと思います。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》プロフィール

本名:同じ 生年月日:1982年1月25日(36歳) 出身地:東京都港区 血液型:A型 身長:171㎝ ジャニーズ事務所所属。 群馬県前橋市に生まれます。名前の「翔」は、母親が好きだった作家の柴田翔に由来しているそうです。小学校時代には東京に住んでおり、多くの習い事を掛け持ちしていたそうです。
当時は櫻井さんにとって学校がすべてであり、遊ぶ時間は全く無かったそうです。小学校はバスを2つ乗り継いで通っていましたが、それが普通だと思っていたため苦ではなかったそうです。この頃からすでに現在の櫻井さんの片鱗が見えていますね。

自らジャニーズへ志願!?

小学5年時には地元のサッカークラブチームに入り、一時は真剣にブラジルへ留学することを考えるほどサッカーにのめりこんだそうですが、その後 ジャニーズ事務所に自ら履歴書を送り、ジャニーズJr.としての活動を開始します。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》父の教えを守りつつ、嵐として活動

Jr.の活動においては、試験の1ヶ月前からは仕事も休むなど、学業を優先することを徹底していました。同じように試験で活動を休んでいた高校3年の6月、ジャニー喜多川社長からバレーボールワールドカップのイメージキャラクターをやらないかという依頼を受けて承諾します。これが「嵐」の前身となります。
1999年11月3日、嵐のメンバーとして「A・RA・SHI」でCDデビューを果たします。翌2000年の4月、慶應義塾大学経済学部に進学します。2003年1月、『よい子の味方 〜新米保育士物語〜』(日テレ)で連続テレビドラマ初主演を果たしました。2004年3月には大学を卒業しました。

活動の幅をどんどん広げる!!

2004年12月、『WEST SIDE STORY』で舞台初主演を果たします。2006年1月、初のソロ・コンサートを開催しました。同年7月には『ハチミツとクローバー』で映画初単独主演を果たしました。
同年10月、NNN『NEWS ZERO』の月曜キャスターに就任します。以降、ニュースキャスターとしての顔が定着します。2010年の1月、『an・an』に自身の初セミヌードが掲載される。当時、通常20万部の発行部数を2倍以上の44万3000部に増刷して発売したが全国の書店で完売店が相次ぎ、7万部重版されました。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》映画・ドラマに、バラエティーも!

2013年4月から、自身がメインMCを務めるTBSテレビ『今、この顔がスゴい!』の放送が開始されました。同年7月、シンガポールのラッフルズ・ホテルに宿泊した著名人の写真を飾る「Hall Of Fame」に、日本の男性芸能人として初めて櫻井さんの写真が掲出されました。
2017年4月15日、亀梨和也・NEWSの小山慶一郎とともに24時間テレビ40のパーソナリティーに就任しました。以降も『NEWSZERO』や『櫻井・有吉 THE夜会』など、キャスター・司会進行などはもちろん、CMにも多数出演しています。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》メンバーとの信頼関係が凄い!?

『コンサートで自分のうちわを見つけるとやっぱり嬉しい。でも、メンバーのうちわすらも嬉しいの。俺が信頼してるメンバーを好きでいてくれる人達が沢山いることに喜びを感じる』メンバーの仲の良さが伝わってきますよね。
『五人がいるのが当たり前だから誰かがいない嵐なんて考えられない、もしも誰かが辞めて四人になったらそれは嵐じゃない』…なんかTOKIOとかぶってしまう気がして切ない気分になってしまいますよね。「嵐」への愛が見えます。

リーダー・大野智さんへのリスペクトを忘れない!

『智くんは他人には優しいけど、自分には極度に厳しい人。今の完璧なダンスだって才能もあるけど裏でかなりの努力があるはず。ほんとすごいんだよ、うちのリーダー』同じグループのメンバーにこんなふうに言われたら絶対うれしいですよね!
『大野くんは尊敬する先輩ですね。なんだかんだ言って頭上がんない』少年時代からの付き合いですから、いろんな壁を一緒に突き破って、いろんな困難を一緒に超えてきたからこそ、これだけの信頼関係を築けるのでしょう。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》嵐に対する「夢」と「誇り」

『決して「かっこいい」が最初にくるグループじゃないから、だからこそ落ち着けるというか、安心するというか。そういうグループがあってもいいよね』充分かっこいいですが、確かに「嵐」には癒しも感じますよね。
『今の嵐のライバルは嵐じゃない?嵐としてよそがどうだとか、あんまり考えた事ない。大切なのは自分達がどうあるかってことだと思うから』他と比べることよりも、他にはできない、オンリーワンを目指して走り続けているんですね!

後悔はあり得ない!?

『最近、本当に考えるんですね。10年前のあのハワイ会見。もう一度、もう一度あの日に戻るとしても、 きっと同じ道を選ぶだろうなと強く思います』櫻井さん自身も「嵐」を愛しているんですね。きっとメンバー全員同じ気持ちなんだと思います。
『やっぱり今すごく幸せだよ。10年続けてこれたっていうだけでも幸せじゃない? それ以上の贅沢は言わない』櫻井さんをはじめ、「嵐」のメンバー全員がいつも活き活きしているのは、全員が同じ方向を向いているからなんですね。

全員が一丸となって明日に進む!!

『一人で見る夢はただの夢だけどみんなで見る夢は現実になる』今もまだ夢の途中なのでしょうか?これからも私たちにどんな夢を見せてくれるのでしょうか?「嵐」の新しい夢をどんどん叶えてほしいですよね!

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》ファンが一番大切!

『コンサートの3時間というのは、誰も傷つかない、誰も嫌な思いしない超ハッピーな空気に満ちてるんだよね』エンターティナーとして何よりうれしいことなんでしょうね!ファンの笑顔無くしてジャニーズは存続できないですよね。
『僕らの仕事は、感動のキャッチボールだと思う、嵐のファンでよかったって思ってもらえるような嵐になります』櫻井さんはじめ、「嵐」の人気が高いのは、こうしたファンへの感謝が溢れているからなんですね!

いつもファンの近くに!!

『俺達って遠くに行こうと思ってないの いつもみんなの傍にいる』どんなに大きくなってもファンとの距離感は変わらないって大事ですよね。どんどん遠くに行ってしまうことがほとんどですから、ファンにとってはすごくうれしい一言ですよね。
『嵐ファンであることを誇れるような、そういうグループになっていたいなって思う。でもそれは数字とかのトップではないんだと思う。』記録ではなくて記憶に刻み込みたいという櫻井さんや「嵐」みんなの意志なんだと思います。

ファンとの信頼関係がすごい!

『僕の勝手なイメージだけど…嵐ファンの皆って、なんだかんだ言って、嵐五人、グループを好きでいてくれてるんだと思う。そして優しい。』ファンへのリスペクトを常にわすれない櫻井さん。ファンとしても最高に名誉なことですよね!

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》櫻井翔の精神論!

『100やっといてさ、それでもダメだったら納得出来るけど、やってないで出来なかった時って言うのは、もう…どうにもならないからさ。自己嫌悪っぷりがさ。だから、やっておく事はやっておく。その後で後悔したいって事。』全くその通りだと思います。やれるときにやり切っておくことは一番大事なことですよね。
『ちょっとかじったくらいじゃ才能があるかなんて分からない。限界まで努力して行ってその先に才能があるんだって。』仕事と学業、常に努力を忘れない姿勢の櫻井さんだからこそ言える言葉ですよね。かっこいいです。

いつも今だけしか見ていない!!

『昨日を積み重ねて今日がある。今日を積み重ねて明日がある。明日を積み重ねて未来がある。だから僕は今を生きる。昨日に笑われないように 明日もっと笑えるように』明日のために今日があるって当たり前すぎて忘れちゃいますよね。大事なことに気付かせてくれます!
『僕は大切な人が悩んでいる時、「頑張れ」とか「無理するな」という言葉は使いたくない。頑張る定義は人によって違う。相手の苦しみに僕は少しでも寄り添いたい。だから僕はこう言ってあげたい。「負けないで」「踏ん張れ」「大丈夫」と』櫻井さんの優しさが詰まった言葉ですね。

常に前を向き、振り返らない!!

『人生是一方通行。どうか。ただ前だけを』櫻井さんらしい言葉です。30代半ばを越えてもあの若々しさはきっと前を向き続けているからなんでしょうね。元気を分けてもらえますよね!やる気が湧いてきます!

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》自分らしく、とことんまでやる!!

『苦戦することが全く無いよりはあった方がいいかなと思います』中途半端はしない櫻井さんの信念が宿っていますよね。投げ出したくなった時にはこの櫻井さんの言葉を思い出したいですね。嫌なことから逃げたらそこで終わっちゃいますよね。
『みんなの大好きな嵐のイメージに引っ張られて、自分たちを見失わないようにしたい』どんな時でも自分らしさを忘れないことは確かに大事なことだと思います。櫻井さん達「嵐」が自分らしくいるからこそ、見ている人たちも楽しくなるのではないでしょうか?

嫌われたって関係ない!!

『みんなに好かれようとニコニコ笑って来年消えゆくくらいなら、誤解を恐れずに大事なものを貫きたい。そこで離れていく人がいたとしても』櫻井さんがファンをどれだけ大切に想っているかがわかります。ファンにとって一番の「嵐」を届けたいという気持ちの表れだと思います。
『日に日に、”時”はせまってきている。日に日に、”時”が削られていく。ひとつひとつが、きっと最後』一分一秒を真剣に生き抜いている櫻井さんの生き様が伝わってきますよね!まさに「今を生きる」櫻井さんの座右の銘なのではないでしょうか?

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》いつもの顔で、ありのままの自分で

『普段あんまり幸せと感じることはない。 強いて言えば、そういうことを改めて考えない事が 幸せってことなのかも』振り向いてる暇がない櫻井さんも、立ち止まって自分の立ち位置を確認するときもあるんですね。
『「無理しないでね」人は言うかもしれません。死ぬほど無理してください。別に死にゃしないから』そうですよね。死ぬほど無理しても、死ぬわけではないですからね。櫻井さんが歩んできた人生は常人の数倍はハードなハズですからね。心がけましょう!

どんな時でも、ブレない!!

『怒ったところで何も解決しないじゃん。もし怒って解決するなら怒りまくるけどね』(意外と気が短い?)『あっははは。短い、短い。いや、短かったですね』誰しも若いころは血の気が多いですよね。現在の櫻井さんがキレているところなんて想像もできないですからね。平常心でいることは大事なことですよね。
『決断するって、何かを選び、何かを失うということだと思うから』思わず納得してしまいますよね。本当にその通りですよね。全部なんて選べないですからね、一つを得れば一つを失うようにできているんですよね。

「アイドル」から「嵐」へ

『嵐というジャンルを作って、「職業:嵐」と言えるようになりたい』もうなっていますよね!他のアイドルグループにはない「嵐」の絆を感じてしまいます。現在は完全に職業:嵐ではないでしょうか?

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》櫻井翔の結婚・恋愛観

『相手に条件なんて求めない。 “好きだから一緒にいたい”それが「恋愛」のすべて。』女性としても相手の男性にこんな風に思ってもらえたらうれしいでしょうね。恋愛の根本ですよね。男らしいですよね。
『「料理ができる」「包容力がある」といった条件を設けた時点で「それはもう恋愛じゃなくなる』上記の延長線の言葉ですよね。当たり前に求めてしまいそうなことではあるんですが、確かに「だから好き」ってわけじゃないですよね。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》まとめ

いかがでしたでしょうか?櫻井さんの言葉一つ一つにしっかり思いがこもっていますよね。櫻井さんが今まで積み上げてきた努力が形になったような言葉達ですよね。これからも生み出されていくであろう櫻井さんの名言、今後もしっかり心に刻んでいきましょう!!