櫻井翔は”顔”だけじゃない!!中身も最高!嵐・櫻井翔の名言集

sunset 2530165 1280 - 櫻井翔は”顔”だけじゃない!!中身も最高!嵐・櫻井翔の名言集

アイドルグループ・嵐のメンバー櫻井翔さん。30代も半ばを過ぎ、男としての色気も更に増してきましたよね?これまで櫻井さんはあらゆる場面で数々の名言を残しています。彼の愛が溢れた言葉の一つ一つを振り返っていきたいと思います。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》プロフィール

本名:同じ 生年月日:1982年1月25日(36歳) 出身地:東京都港区 血液型:A型 身長:171㎝ ジャニーズ事務所所属。 群馬県前橋市に生まれます。名前の「翔」は、母親が好きだった作家の柴田翔に由来しているそうです。小学校時代には東京に住んでおり、多くの習い事を掛け持ちしていたそうです。
当時は櫻井さんにとって学校がすべてであり、遊ぶ時間は全く無かったそうです。小学校はバスを2つ乗り継いで通っていましたが、それが普通だと思っていたため苦ではなかったそうです。この頃からすでに現在の櫻井さんの片鱗が見えていますね。

自らジャニーズへ志願!?

小学5年時には地元のサッカークラブチームに入り、一時は真剣にブラジルへ留学することを考えるほどサッカーにのめりこんだそうですが、その後 ジャニーズ事務所に自ら履歴書を送り、ジャニーズJr.としての活動を開始します。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》父の教えを守りつつ、嵐として活動

Jr.の活動においては、試験の1ヶ月前からは仕事も休むなど、学業を優先することを徹底していました。同じように試験で活動を休んでいた高校3年の6月、ジャニー喜多川社長からバレーボールワールドカップのイメージキャラクターをやらないかという依頼を受けて承諾します。これが「嵐」の前身となります。
1999年11月3日、嵐のメンバーとして「A・RA・SHI」でCDデビューを果たします。翌2000年の4月、慶應義塾大学経済学部に進学します。2003年1月、『よい子の味方 〜新米保育士物語〜』(日テレ)で連続テレビドラマ初主演を果たしました。2004年3月には大学を卒業しました。

活動の幅をどんどん広げる!!

2004年12月、『WEST SIDE STORY』で舞台初主演を果たします。2006年1月、初のソロ・コンサートを開催しました。同年7月には『ハチミツとクローバー』で映画初単独主演を果たしました。
同年10月、NNN『NEWS ZERO』の月曜キャスターに就任します。以降、ニュースキャスターとしての顔が定着します。2010年の1月、『an・an』に自身の初セミヌードが掲載される。当時、通常20万部の発行部数を2倍以上の44万3000部に増刷して発売したが全国の書店で完売店が相次ぎ、7万部重版されました。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》映画・ドラマに、バラエティーも!

2013年4月から、自身がメインMCを務めるTBSテレビ『今、この顔がスゴい!』の放送が開始されました。同年7月、シンガポールのラッフルズ・ホテルに宿泊した著名人の写真を飾る「Hall Of Fame」に、日本の男性芸能人として初めて櫻井さんの写真が掲出されました。
2017年4月15日、亀梨和也・NEWSの小山慶一郎とともに24時間テレビ40のパーソナリティーに就任しました。以降も『NEWSZERO』や『櫻井・有吉 THE夜会』など、キャスター・司会進行などはもちろん、CMにも多数出演しています。

《嵐・櫻井翔:珠玉の名言集》メンバーとの信頼関係が凄い!?

『コンサートで自分のうちわを見つけるとやっぱり嬉しい。でも、メンバーのうちわすらも嬉しいの。俺が信頼してるメンバーを好きでいてくれる人達が沢山いることに喜びを感じる』メンバーの仲の良さが伝わってきますよね。
『五人がいるのが当たり前だから誰かがいない嵐なんて考えられない、もしも誰かが辞めて四人になったらそれは嵐じゃない』…なんかTOKIOとかぶってしまう気がして切ない気分になってしまいますよね。「嵐」への愛が見えます。

リーダー・大野智さんへのリスペクトを忘れない!

次のページへ