浜木綿子の息子は香川照之?今現在の活動や若い頃の画像も紹介! エンタメ

浜木綿子の息子は香川照之?今現在の活動や若い頃の画像も紹介!

女優の浜木綿子さんは年齢が83歳で、現在は座長公演やCM出演以外の仕事はないようです。2時間ドラマでは多くの作品で、左とん平さんとコンビを組んでいます。また、ひとり息子に俳優の香川照之さんがいます。そんな浜木綿子さんについてまとめてみました。

目次

[表示]

浜木綿子の今現在!活動・出演情報は?

女優の浜木綿子さんは、現在は年間1ヵ月ほどの座長公演とその稽古、またCM出演以外の仕事はほとんどされていないようで、テレビではほとんど見ることがなくなっています。

浜木綿子さんは、現在は女優としてどんな仕事をされているのか気になりますが、そんな浜木綿子さんの近況をまとめてみました。

女優・浜木綿子のプロフィール!現在の年齢は?

浜木綿子さんは、1935年10月31日生まれの女優で現在83歳、東京都目黒区に生まれ大阪府で育っています。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役でした。

浜さんは、1953年に宝塚音楽学校を経て、宝塚歌劇団に入団しています。宝塚歌劇団40期生の同期には、那智わたるさん、藤里美保さん、麻鳥千穂さんらがいます。

1980年代から2000年代前半にかけて、2時間ドラマの主演女優で多くの役をこなし、お茶の間で人気となりました。

浜木綿子は現在も活動している?引退した?

最近は、「女監察医・室生亜希子」シリーズの撮影が終わったあとは、テレビからその姿を消していますが引退はしていません。

ですから、テレビドラマでの女優復帰の可能性も全くないわけではなさそうです。ただ、現在83歳という年齢を考えると、引退を考える年齢なのかもしれません。

「女監察医・室生亜希子」終了後、ドラマ出演はなし

人気ドラマだった「女監察医・室生亜希子」シリーズが終了してからは、テレビドラマの出演はなく、悠々自適の生活を送っているようです。

2016年、舞台「極楽町一丁目 -嫁姑千年戦争-」で主演に

浜木綿子さんは、2016年の舞台「極楽町一丁目 -嫁姑千年戦争-」で主演を務めています。この舞台は、二階堂正宏さんの漫画「極楽町一丁目嫁姑地獄篇」を原作に作られています。

2001年に初演を迎えると多くの女性からの支持を受け、4度の再演を重ねています。今回は、脚本を書き直しての9年振りの上演となりました。

5月17日の制作発表会見では、浜木綿子さんをはじめ、前川清さん、加藤茶さん、正司花江さんらが登壇していました。

今は年間1か月の座長公演とその稽古、CM出演のみの活動

浜木綿子さんは、現在は年間1ヵ月ほどの座長公演とその稽古、またCM出演以外の仕事はほとんどされていないようですが、年齢的にしかたないのかもしれません。

2018年には、舞台で相手役だった左とん平が亡くなり追悼コメントを発表

俳優の左とん平さんが、2018年2月24日に亡くなられていますが、そのことを受けて2月26日に浜木綿子さんが以下のように追悼しています。

「寂しくてつらいです。ICUからCCUに移って、奥様からお許しが出て病院へお見舞いに伺ったのが去年のクリスマス前でした。あまり反応がないという話でしたが「とんちゃん、浜ですよ」と呼びかけたら、ウウウとおっしゃって、ほんの10センチくらい起き上がれたのが最後でした。ずっとずっと相手役でしたから、舞台の夫を失った思いがしています。喜劇を一緒に作り上げた戦友でした。100歳まで舞台をやるっておっしゃっていたのですが・・・まださよならは言えません」とコメントしています。

(引用:QテレNEWS24)

浜木綿子さんは、主演舞台「売らんでか!」や日本テレビ系火曜サスペンス劇場「監察医 室生亜希子」シリーズなど、多くの作品で左とん平さんとコンビを組んでいます。

浜木綿子のブログやSNSはある?

Free-Photos / Pixabay

浜木綿子さんはブログやfacebookなどのSNSはされていないようです。

浜木綿子は離婚経験がある?息子は香川照之?現在の夫は?

浜木綿子さんは、1965年に2代目市川猿翁さんと結婚し、長男である俳優の香川照之さんをもうけています。

香川照之さんは父親である市川猿翁さんとは絶縁状態でしたが、現在は良好な関係を築いているようです。

浜木綿子は2代目市川猿翁と結婚していた!

浜木綿子さんは、1965年に2代目市川猿翁さんと結婚していました。

1965年に結婚するも、わずか3年後に離婚

2代目市川猿翁さんと結婚した浜木綿子さんでしたが、3年間の結婚生活の後、離婚されています。

浜木綿子の息子は、俳優の香川照之

浜木綿子さんは1965年に結婚し、同年のNHK大河ドラマ「太閤記」に出演しましたが、妊娠のために番組を途中降板し、12月に長男の香川照之さんを出産しています。

現在は息子家族と同居している?

浜木綿子さんは、現在は息子一家と同居していて、一時期は元夫も一緒に生活していたそうです。

しかし現在、元夫は別の女性と暮らしているようです。

香川照之と2代目市川猿翁は絶縁状態だったが、孫が5代目市川園子を襲名

俳優の香川照之さんは、父である市川猿翁さんとはずっと絶縁関係にありましたが、現在は良好な関係を築いていて、2011年には香川照之さんの息子が五代目市川園子を襲名して話題となりました。

浜木綿子は香川照之が離婚したことを本人から聞いていない!?

浜木綿子さんは、2017年7月3日のテレビ番組「徹子の部屋」に出演し、息子である俳優の香川照之さんの離婚について、詳しいことは全くわからないと困惑の表情を浮かべていました。

香川照之さんは、離婚について詳しいことは、母親の浜木綿子さんには伝えてなかったようです。

浜木綿子の離婚理由は?再婚を考えた相手がいた?

1965年に浜木綿子さんは、歌舞伎役者の3代目市川猿之助(後の2代目市川猿翁)さんと結婚して、同年12月に香川照之さんを出産しています。

しかし、結婚して2年後に夫の市川猿翁さんは、日本舞踊の藤間流紫派家元の藤間紫さんの元に移り住むようになりましたが、そのことが離婚の原因になりました。また、浜さんにも再婚を考えていた相手がいました。

2代目市川猿翁は香川照之が1歳半の時に愛人・藤間紫の元へ

香川照之さんがまだ1歳半の頃に、夫の市川猿翁さんは別の女性の元に移り住んでいました。その相手は市川猿翁さんより16歳も年上で日本舞踊藤間流紫派家元の藤間紫さんです。

藤間紫さんは、6代目藤間勘十郎さんの妻で2人のお子さんもいました。そんな藤間紫さんは、市川猿翁さんにとって初恋の相手だったそうです。

しかし、藤間紫さんの夫である藤間勘十郎さんは、市川猿翁さんの踊りの師匠でもあり、諦めるために結婚したのが浜木綿子さんでした。

浜木綿子は待ち続けたが、1968年に離婚

市川猿翁さんが藤間紫さんと一緒に住むようになって1年間、夫の帰りを待ち続けた浜木綿子さんでしたが、その思いは届かず1968年に離婚しています。

浜木綿子は香川照之に「お父さんは立派な人」と言って育てた

浜木綿子さんは、市川猿翁さんと離婚したあとも、香川照之さんに対して一度も猿翁さんの悪口を言った事がなかったそうです。

悪口を言うどころか「あなたのお父さんは立派な人で尊敬できる人」と教え続けていたそうです。

そうやって育てられた香川照之さんは、後年猿翁さんから「自分の子供ではない」と言われても、ずっと父親を尊敬していて、忘れられなかったのかもしれません。

離婚後の1975年頃から元小結・龍虎と交際をはじめる

浜木綿子さんは、1975年頃に元小結の龍虎さんと出会い、交際を始めています。龍虎さんは、浜さんが離婚したあとずっと支えになっていた人でした。

再婚を考えたものの、香川照之は龍虎に懐かなかった

龍虎さんは子供好きでしたが、浜さんの長男である香川照之さんにはずっと懐くことはなかったといいます。

龍虎さんが、浜さんの家に訪れた時も照之さんは、龍虎さんに背を向けたまま壁に向かってずっと座っていたそうです。そんな照之さんを見て、龍虎さんは「やっぱり子供は難しいね」ともらしていたそうです。

照之さんは、母親から猿翁さんのことを尊敬できる人と教えられていたので、母親の恋人である龍虎さんのことを、すんなり受け入れることができなかったのではないでしょうか。

大学生だった香川照之の一言で龍虎に別れを切り出した

浜木綿子さんが龍虎さんと交際を始めた時10歳位だった照之さんは、東大生になっていました。

その頃、照之さんは「もうそろそろ別れた方がいいんじゃない?自分にとって父親はひとりしかいない」と言われ、浜さんは龍虎さんに別れることを告げたそうです。

龍虎が死去したときには斎場に花を供している

元小結の龍虎さんは、2014年8月29日に、家族とお礼参りに事任八幡宮に訪れ、本宮への階段を上っているときに循環器疾患で倒れ、そのまま搬送先の静岡県掛川市の病院で亡くなられています。

通夜・告別式には「料理天国」で共演した芳村真理さんや西川きよしさん、また「暴れんぼう将軍」で共演した松平健さんや根本りつ子さんら、多くの方がが参列していました。

しかし、斎場には浜木綿子さんの姿はなく、浜さんの名前で斎場の花が供されていただけでした。

浜木綿子の画像・動画集

浜木綿子さんの若い頃から現在までの画像や動画を紹介します。

浜木綿子の若い頃がかわいい!画像はある?

浜木綿子さんの若い頃の写真を紹介しました。目が大きくかわいい顔は小池栄子さんによく似ているとも言われています。

「子連れ狼」出演時の浜木綿子

テレビドラマ「子連れ狼」で、ヤクザの女親分役で出演した浜木綿子さんの映像を紹介しました。浜木綿子さんは、第7回「あんにゃとあまね」で出演しています。

ドラマ「子連れ狼」は、小池一夫原作・小島剛夕画の時代劇漫画作品「子連れ狼」を原作としてテレビドラマ化しました。1973年から1976年まで日本テレビ系で放送され、主演を萬屋錦之介さんが務めました。

この番組は、原作から既に人気がありましたが、第1部と第2部での拝一刀の息子の大五郎(西川和孝)が拝一刀に「ちゃん」と呼びかけるシーンが話題となりました。

火曜サスペンス劇場「悪魔が忍び込む」OP&ED

テレビドラマ火曜サスペンス劇場「悪魔が忍び込む」で主演を務めた浜木綿子さんを紹介しました。(OP&ED)

ドラマ火曜サスペンス劇場「悪魔が忍び込む」は、1985年7月2日に放送されたドラマで、浜木綿子さんの他に伊東四朗さんが出演しています。

「火曜サスペンス劇場」は、1981年9月29日から2005年9月27年まで放送された2時間ドラマです。番組のタイトル通り、サスペンスドラマ専門でしたが、初期にはホラー系の作品もありました。

旭日小綬章受章の際のコメント

浜木綿子さんは、2014年秋の旭日小綬章受章を受賞していますが、映像はその時のものです。浜さんは「61年間の芸道を認めてくれたことが非常にうれしい」と話されていました。

浜木綿子の学歴・経歴

DariuszSankowski / Pixabay

浜木綿子さんの学歴や宝塚歌劇団での活躍、その後の経歴などをまとめてみました。

1953年、宝塚音楽学校を経て宝塚歌劇団に40期生として入団

浜木綿子さんは、1953年に宝塚音楽学校を経て、宝塚歌劇団に40期生として入団しています。

宝塚入団時の成績は64人中3位ですから、かなり成績がよかったことが分かります。

NEXT:娘役としての演技が高く評価され、外部出演も多くこなした
1/2