篠田三郎の今現在は病気?ウルトラマンタロウのエピソードや子供は? エンタメ

篠田三郎の今現在は病気?ウルトラマンタロウのエピソードや子供は?

俳優の篠田三郎さんといえば特撮ドラマ「ウルトラマンタロウ」で一躍子供たちの人気者となった名俳優さんです。そんな篠田三郎さんですが現在は病気との噂もあります。真相はどうなのでしょうか?また篠田さんの奥さんや息子さんのことについても触れて行きます。

目次

[表示]

篠田三郎の今現在は?妻や息子について

Free-Photos / Pixabay

俳優の篠田三郎さんは特撮ドラマ「ウルトラマンタロウ」を演じて子供たちの憧れとなりました。そんな篠田三郎さんですが現在では結婚されて息子さんもいらっしゃるようです。

それでは篠田三郎さんの奥さんはどのような方なのでしょうか?一般人?2人の馴れ初めは?子供たちは?また息子さんは何をしている人なのかについて篠田三郎さんのプロフィールと合わせて紹介します。

ウルトラマンタロウを演じた篠田三郎のプロフィール

  • 名前:篠田三郎(しのだ さぶろう)
  • 本名:大塚晴生(おおつか はるお)
  • 職業:俳優
  • 生年月日:1948年12月5日
  • 出身地:東京都港区麻布
  • 身長:178cm
  • 血液型:O型
  • 所属事務所:田上事務所

俳優の篠田三郎さんは1948年12月5日に東京都港区麻布でサラリーマン夫婦の長男として生まれます。身長178cmで血液型はO型。現在50歳です。

「篠田三郎」という名前は芸名で、本名は大塚晴生さんといいます。所属事務所は田上事務所。人気特撮ドラマ「ウルトラマンタロウ」で主演・東光太郎役を演じて子供たちのヒーローになりました。

1975年に結婚した奥さんは一般人?馴れ初めは?

Free-Photos / Pixabay

篠田三郎さんは1975年に現在の奥さんと結婚されていますが、相手がどういう女性なのかということについては一切公表されていません。そのため同じ芸能人ではなく一般の女性と考えられます。

2人の馴れ初めについても公表されていません。ですが若い頃の篠田三郎さんは爽やかで甘いマスクが印象的な俳優さんでしたから、女性にかなりモテたことが想像できます。

子供は二人で息子と娘?画像は?

Bessi / Pixabay

篠田三郎さんは1975年に結婚された奥さんとの間に長男と長女の2人の子供がいるということですが、奥さんと同様に一般人らしく詳しい情報は一切公表されていません。画像もありません。

息子はバークレー大学に?

DariuszSankowski / Pixabay

また一部ネット上では篠田三郎さんの息子さんがアメリカ・カリフォルニア州のバークレー大学に入学したとの情報が出回っていますが、根拠は見つかっていません。

篠田さんの息子さんとバークレー大学がどのように結びついたのか噂の出どころが曖昧なためガセネタの可能性が高いです。

息子は篠田光亮?芸能人との噂があるが真相は?

さらにネット上では篠田三郎さんの息子さんは同じく俳優の篠田光亮さんではないかとの噂が出回っていますが、どうやらこれもガセネタのようです。

というのも、篠田さんは長男と長女の2人の子供たちがいることを公表しているのですが、篠田光亮さんには弟さんがいらっしゃるので、篠田三郎さんと篠田光亮さんは無関係ということになります。

2014年に娘が結婚!バージンロードを歩いて感動した篠田三郎

Alexas_Fotos / Pixabay

2015年5月11日にテレビ朝日で放送された「徹子の部屋」にゲスト出演された篠田三郎さん。そこで篠田さんは結婚する娘とバージンロードを歩いて感動したことを明かしています。

またバージンロードを歩きながら、孫の誕生を嫁みていたことも合わせて明かしていました。その後娘さんが孫を産んだことは公表されていませんが、篠田さんの夢は叶ったのでしょうか?

篠田三郎の現在は病気?ブログはしている?

Free-Photos / Pixabay

俳優として数々のドラマで活躍中の篠田三郎さんですが、篠田さんは病気ではないかとの噂が出回っているようです。果たして真相はどうなのでしょうか?

また篠田三郎さんにまつわるネット上の話題では、篠田さんのブログタイトルがユニークで面白いといった情報も流れています。篠田さんの面白いブログタイトルとは?最新の更新記事と合わせて紹介します。

若い頃からイケメンだった篠田三郎の現在の画像は?

こちらが若かりし日の篠田三郎さん。確かにカッコよくて素敵な俳優さんです。

現在でも紳士的で優しそうな印象の篠田三郎さんですが、若い頃から大映のニューフェースで受かるくらいイケメンだったことが分かります。

その爽やかで甘いマスクによって数々の話題作に出演していきます。当時の若い女性たちのハートもキャッチしていたのかもしれませんね。

病気の噂もあるが真相は?

stevepb / Pixabay

ネットで「篠田三郎」と検索すると「病気」や「ガン」といった二語キーワードが出てきます。このことからネット上には篠田三郎さんが現在病気なのではないかといった噂が出回っているようです。

しかしこれは事実ではありません。ガセネタというより篠田さんに関係のある別人の情報と混同されて、あたかも篠田さんがガンであるかのような誤った情報が拡散してしまったようです。

篠田三郎さんが病気というより、同じ俳優でウルトラマン仲間の真夏竜さんがガンの診断を受けた時、篠田さんが治療できる病院を探したというのが真相のようです。

最近の活動は?2018年深夜ドラマ「最後の晩ごはん」に出演

2018年1月に放送されたBSジャパンの深夜ドラマ「最後の晩ごはん」。篠田三郎さんはロイド役で出演しています。毎回常連客が幽霊という一風変わった人間模様が見どころの連続ドラマ。

原作は椹野道流さんの同名漫画でシリーズ累計60万部の人気作品。このドラマで篠田さん演じるロイドは喪服神という特殊な役どころを好演されていました。

2019年明治座「由紀さおり50周年記念公演」下町のヘップバーンに出演

2019年明治座で上演された「由紀さおり50周年記念公演」下町のヘップバーンにも篠田三郎さんは出演されています。

共演した渡辺正行さんの役者としての魅力や出番終了後の由紀さおりさんのショーに魅了されたことを自身の公式ブログで明かしています。

ブログ名が面白い?近況はブログで確認できる

その篠田三郎さんの公式ブログですが、タイトルがあまりにもユニーク過ぎるとファンの間で話題になっています。その名も「もぅ~いいかい?まぁ~だだよ!」。

かくれんぼですかね?篠田さんがなぜこのようなブログタイトルにしたのか理由は不明ですが、日々の活動内容や最新情報について触れています。

また更新頻度は多くありませんが、寒い季節などファンの体調を気遣う優しいコメントを書き込まれることもあるなど、篠田さんの優しい人柄が伝わってくる内容となっています。

JillWellington / Pixabay

以下は2018年12月11日に更新された「下町のヘップバーン」出演情報に関するブログの一部です。

深夜頃から雪になるかもとか。寒さがましてきました。風邪などに気を付けて下さい。と言う私が鼻をグズグズさせてます。

(引用:篠田三郎オフィシャルブログ「もぅ~いいかい?まぁ~だだよ!」)

若い頃篠田三郎がブレイクしたウルトラマンタロウのエピソード

alan9187 / Pixabay

俳優・篠田三郎さんといえば現在では2時間ドラマや時代劇などで名脇役として活躍されている印象が強いですが、かつてはウルトラマンタロウの東光太郎として子供たちの人気者でした。

ここからは、そんな篠田三郎さんと「ウルトラマンタロウ」にまつわるエピソードを紹介していきます。篠田三郎さんらしい心温まるエピソードも。

特撮ヒーロー「ウルトラマンタロウ」の東光太郎に抜擢された篠田三郎

篠田三郎さんが主人公・東光太郎役で出演した「ウルトラマンタロウ」は1973年にTBSで放送され子供たちに絶大な人気を博しました。視聴率は21.7%を叩き出しています。

このドラマの出演以来、篠田三郎さんは一躍人気俳優の仲間入りを果たし、以来数々のドラマに出演していきます。

決定前に「ウルトラマンA」に出演?理由は雰囲気を知るため?

篠田三郎さんは「ウルトラマンタロウ」に出演する前に、一度だけ「ウルトラマンA」に出演したことがありました。第20話だけのゲスト出演で船乗りを目指す青年という役どころでした。

これには理由があり、プロデューサーの橋本洋二さんが篠田さんを見込んで次のウルトラマン役に決めていた時、篠田さんに現場の雰囲気を知ってもらうためのキャスティングだったといいます。

プロデューサーに見込まれるだけあって、篠田さんは外見内面ともにヒーローとしての素質を併せ持っていたということなのでしょうか?

最高視聴率は?子供たちの憧れの的になった若い頃の画像とは?

こちらが「ウルトラマンタロウ」時代に東光太郎役を熱演されていた篠田三郎さんです。プロデューサーの橋本洋二さんに見込まれていただけのことはあって、端正で爽やかな印象です。

この爽やかで甘いマスクとカッコいいスタイルが当時の子供たちには大ウケ!「ウルトラマンタロウ」に出演以降、街で子供たちから声をかけられることも増えたといいます。

篠田三郎はウルトラマンタロウを子供のように楽しんで演じていた

また篠田三郎さんは「ウルトラマンタロウ」当時、東光太郎役を子供のように楽しんで演じていたそうです。ただ篠田さんは「ウルトラマンタロウ」に限らず、すべての役を楽しんでいたとか。

そもそも篠田さんは「ウルトラマン」シリーズが子供たちに絶大な人気を誇っていることすら知らなかったといいます。とにかく役を演じることが楽しくて夢中だったとのことです。

ウルトラマンタロウでマフラーをしていた理由とは

篠田三郎さん演じる東光太郎のトレードマークといえばマフラーでした。これは篠田さんが「ウルトラマンA」にゲスト出演した際、主人公・北斗星司役の高峰圭二さんがやっていたもの。

高峰さんのマフラー姿を見て、篠田さんも「あれをやりたい」と思いついたのだとか。自分から提案するなんて、篠田さんが撮影現場を心の底から楽しんでいる様子がうかがえますね。

ウルトラマンタロウがウルトラマンシリーズに再出演しない理由は?

そんな篠田三郎さんですが、「ウルトラマンタロウ」終了後のウルトラマンシリーズには再出演していません。通常、ウルトラマン役を演じた俳優さんはその後も特別出演という形で出演するもの。

ですが篠田さん曰く「東光太郎役は自分の青春そのもの」だそうで、若い頃のまま取っておきたかったと語っています。おじさんになった東光太郎を見せたくなかったのでしょうね。

また篠田さんは決して東光太郎役を嫌っているわけではなく、度々昔を懐かしんでは自身が出演した番組内で当時の変身ポーズをするなどしています。50歳になっても素敵な魅力は変わっていません。

ウルトラマンタロウの弟役を演じた真夏竜を救ったエピソードとは

篠田三郎さんといえば、同じく「ウルトラマンレオ」で人気となった真夏竜さんとのエピソードもファンの間で有名です。篠田さんと真夏さんはウルトラマン終了後も家族ぐるみの付き合いだとか。

そんな真夏さんに2004年胃がんが見つかります。余命半年。しかし適切に治療できる病院が見つからないと相談を受けます。真夏さんを救ったのは篠田さんでした。

篠田さんは病院を見つけてくれただけでなく、病院で篠田さんが待っていてくれたそう。その後真夏さんは回復。篠田さんがいなければ助からなかったそう。私生活でもヒーローだったんですね。

東日本大震災の際もウルトラマン基金にメッセージを寄せていた

篠田三郎さんは私生活においても度々ヒーローぶりを発揮しています。

2011年3月11日に東日本を襲った大震災の際には、ウルトラマン基金に対して「タロウからウルトラの父や母への願い」と題して復興を願うメッセージを送っています。

篠田三郎は私生活でもかっこいいヒーローのような人物だった

篠田三郎さんの人柄の良さは芸能界やファンの間でも有名で、特に親交の深い真夏竜さんをガンから救ったエピソードや東日本大震災の際のメッセージなど、篠田さんは私生活でもヒーローです。

また世間に注目されないところでも、例えばブログなどでファンに対して体調を気遣う書き込みをされていたり、ベテランになっても共演者や周りに対する気配りを忘れていません。

家庭においても娘の結婚式でバージンロードを歩きながら感動するなど人として父親として素敵な篠田三郎さんのイメージはまさに「ウルトラマンタロウ」の東光太郎そのものです。

息子はウルトラマンタロウを見てくれなかった?

ijmaki / Pixabay

そんな篠田さんですが、自身が出演した「ウルトラマンタロウ」を息子さんに見せようと思い、当時のビデオを見せたところ、息子さんの反応はあまり芳しいものではなかったといいます。

というのも、篠田さんが録画したのは前編後編に分割されたものの前編の方で、ウルトラマンタロウが敵に苦戦を強いられるというエピソード。そこで物語が終了して次回に続くという流れでした。

敵との戦いに苦戦して終わる……。子供心としてはそんなウルトラマンって見たくありませんよね?これは痛恨でした。それ以来、息子さんは「ウルトラマンタロウ」を見てくれなくなったそうです。

篠田三郎の経歴

jplenio / Pixabay

俳優として、一人の男性として公私ともに順風満帆な篠田三郎さんですが、「ウルトラマンタロウ」で東光太郎役を勝ち取るまでにどのような道程を歩んできたのでしょうか?

また現在はどのような活動をされているのでしょうか?篠田さんの過去を振り返ってみましょう。

1965年に大映第18期ニューフェースに合格し高校を中退

Free-Photos / Pixabay

篠田三郎さんは、日本大学第二高校に在学中の1965年、大映と東宝の両方に応募します。東宝は落選しますが、大映第18期ニューフェースには見事合格。俳優としての一歩を踏み出します。

ところが在学していた日本大学第二高校の方針では、俳優活動と学業の両立は認められないとの理由で篠田さんは高校を中退。芸能活動一本でやっていく方針を固めます。

俳優として成功する保証は何一つありませんが、もしうまくいかなくなっても実家の工場を継げば生活は何とかやっていけるだろうという短絡的な思考で芸能界という荒波に乗り出します。

1966年映画「雁」でスクリーンデビュー

大映ニューフェースとしてスタートを切った篠田三郎さんは1966年公開の映画「雁」でスクリーンデビューを果たします。しかし当時はまだ無名の頃。鳴かず飛ばずの状態がしばらく続きます。

NEXT:1970年「高校生番長」で主演を果たしシリーズのエースとして出演
1/2