海洋恐怖症の人が怖い画像まとめ!症状や原因、克服方法は? ライフ

海洋恐怖症の人が怖い画像まとめ!症状や原因、克服方法は?

「海」のことを考えると意味もなく急に不安感に襲われる「海洋恐怖症」は、海に関するワードに恐怖を感じ、サメやクジラの画像を見ただけで、動悸や体の震えといった症状に見舞われるそうです。心の奥深くに潜む恐怖の原因、また海洋恐怖症の特徴や改善方法をまとめてみました。

目次

[表示]

海洋恐怖症とは?意味は?

MartinStr / Pixabay

海や海にいる生物の事を考えると「動悸がして不安感にさいなまれ冷や汗がでてしまう」という症状をもっていたら、それは「海洋恐怖症」かもしれません。

海で溺れた経験がある訳ではなく、本物の海に対してだけでなく「海」に関する記載があっただけで映画やネット、本やパンフレットなども見られなくなるといった心理も当てはまります。

海洋恐怖症は、深海恐怖症とも言う?意味は?

Pexels / Pixabay

プールで泳ぐのには何の抵抗もないけど海は無理、という人。泳ぐことに何の違いがあるのでしょう?プールの大きさには限りがありますが、海はとてつもなく広くそして深いことが原因かもしれません。

海洋恐怖症の人は、自分がちっぽけで海に飲み込まれてしまいそうな頼りない感覚に陥ってしまい、苦しさと恐怖で心が一杯になるのです。

海洋恐怖症は恐怖症の一種?英語では?

誰もが持っている恐怖心と恐怖症は意味が違います。日常生活に影響があったり、強い精神的苦痛を感じる程の恐怖であれば何らかの恐怖症と言えるそうです。

海や海に住む生き物に恐怖を感じる海洋恐怖症は、自然環境型の恐怖症の一種であり、英語名でThalassophobiaと呼ぶそうです。

ツイッターにも海洋恐怖症の人はたくさんいる?

米津玄師さんが主題歌を歌っている「海獣の子供」という映画が今話題になっていますが、ツイッター上で「見れない」という残念そうな海洋恐怖症の人の達の書き込みが多く上がっていました。

とにかく海に関する言葉が出てきただけでも「ツライ」という海洋恐怖症の人には、いくら話題のある映画であっても恐怖で見ることが出来ないようです。

海洋恐怖症の人が怖いと思う画像まとめ!

海洋恐怖症になった原因が泳げないという理由ではなさそうです。むしろ海洋恐怖症の人でも泳ぎが得意という人はたくさんいます。心理的に海がダメなのです。

中には入浴中に「海」の事を思い出してしまい、あわててお風呂からあがったり、シャワーしか使えなかったりする人も。また寝る前に、ふと思い出してしまい心理的不安感から眠れなくなることもあるそうです。

また、自分が海洋恐怖症であることを自覚していない人も多いようです。次から紹介していく写真を見て恐怖を感じるようであれば、あなたは海洋恐怖症かもしれません。

水面下に潜むサメの恐怖

EliasSch / Pixabay

海中から水面で遊んでいる人間の様子をじっと伺い、隙あらば襲ってくるサメ。その恐怖はなんとも耐え難いものです。水面を切るように走るサメのヒレを見ただけでも恐怖心に襲われます。

海洋恐怖症の人にとって海で出くわす可能性が高い恐怖の対象は「サメ」であるかもしれません。映画でも様々なサメを使った恐怖映画があることから、一番身近な恐怖対象とも言えます。

人間よりも大きいサメに襲われるとしたら

toromeart / Pixabay

サメの中でも「海のハンター」と呼ばれるホホジロザメやイタチサメは、とても狂暴なサメとして知られています。特にホホジロザメはその大きさや顎の強さから最も恐れられているサメです。

その目付きも底の無い深い闇を感じさせる生き物であることは間違いなく、暖かい場所でしか生息できないサメと違い、北海道から沖縄までの日本近海においてホホジロザメと出くわす可能性は0ではありません。

釣りに行った方が目の前で友人が襲われたという実話もあるほど。海洋恐怖症の人に取って、そんな考えが頭をよぎっただけでも、体中が震えたりする症状が出るそうです。

200本も並ぶ鋭い歯を持つメガマウスが怖い

lizzybeth74 / Pixabay

サメは生まれてから死ぬ迄に2万本もの歯が生え変わるそうです。常に200本もの歯で獲物を噛み引きちぎるとか。あの鋭い歯で食いちぎられたらと思うと、海洋恐怖症でなくても恐怖で身がすくみそうです。

小型の船を一飲みできそうなクジラ

fabiansirni / Pixabay

海で一番大きな生物といえばクジラです。そのクジラが小舟一隻を飲み込む程のとてつもなく大きな口を開けて迫ってきたら、その恐怖たるや想像を絶する程です。

クジラは海の哺乳類として人間に危害を加えることはなさそうなのですが、海洋恐怖症の人はクジラに対して心理的に飲み込まれてしまうというイメージしか持てないようです。

巻き付いて離れないミズダコやダイオウイカ

mohamed_hassan / Pixabay

たくさんの吸盤で吸い付き、獲物を捕食する特徴を持つ9m以上もあるミズダコや、「クラーケン」のモデルにもなったダイオウイカは18mの巨大な物が見つかったと言われています。

そのクネクネした足で体に巻き付き、吸盤で吸い付いて決して離れない巨大な頭足類生物は、海洋恐怖症の人にとって心理的ダメージが途方もない生物のようです。

巨大マンタ、毒を持っているエイ

sailormn34 / Pixabay

海の巨大な生物でマントの形をしている事から「マンタ」と呼ばれるエイの一種ですが、大きいものは横幅が8メートル、重さは3tもあるそうです。普通のエイとの違いは無毒であることです。

とは言っても海洋恐怖症の人にとって迫力あるマンタの姿に圧倒され不安を感じる事も。また、エイの尖った尾に刺されたら悶絶する程の痛みがあり、場合によっては死に至ることもあるそうです。

海底に潜む醜悪な魚たち

特に深海は、いまだ見たことの無い未知の生き物が生息しています。頭が透明の魚や砂地から目玉だけを出す毒をもった魚、獲物を丸呑みにしてしまうラブカなど色々な特徴を持つ生き物がひしめいています。

海洋恐怖症の人にとって、見た目も狂暴でグロいイメージでしかない深海魚達には、気持ち悪さと怖さしか感じられないようです。実際、海面に上がってきた深海魚たちは、決して見栄えが良いとは言えないようです。

暗く深く底の無い海

darksouls1 / Pixabay

一瞬でも海に飲み込まれると考えてしまったら、心臓がせりあがり手足に力が入らず、ただ全身が深く暗い闇の中に沈んでいく感覚で満たされてしまうという恐怖。

海洋恐怖症の人は、息もできず暗い海の底に引きずり込まれ、そして何がいるかわからない・・筆舌しがたい恐怖で頭が一杯になってしまうようです。

全てを飲み込む津波

たびたび地震が原因によって起こる津波は、海の災害としては非常に恐ろしく東日本大震災では多くの犠牲者が出てしまいました。未だにその傷跡は消えることはありません。

世界では、マグニチュード9.1の観測史上最大の地震によって34mの津波により23万人もの犠牲者が出ています。津波はサーフィンをする時のかぶさるような波でなく、大きなうねりが特徴の波が被害も大きいとか。

南海トラフの危険性を政府も警鐘している昨今、大津波はいつ起こってもおかしくない状況です。ある意味、海洋恐怖症でなくても、その恐ろしさを認識しなければならないかもしれません。

海に流れる滝が怖い

青く美しい海、モーリシャス島では海の中に大きな滝が出現します。どこまでも広がる透き通った海を泳いでいたら、突然足元に滝が現れたら洒落にならない程、驚いてしまいます。

一枚の絵のように美しい光景で、本当は、光の屈折によって滝があるように見えるだけなのですが、海洋恐怖症の人には滝に飲み込まれる感覚だけがクローズアップされて、恐怖に打ち震えてしまうのです。

巨大な船さえ飲み込む大きな渦

yusukeliu / Pixabay

巻き込まれると例え大型船であっても、洗濯機に入っているかのようにぐるぐると回りだし、やがて飲み込まれて沈んでしまう渦。鳴門海峡の渦潮は最大30mにも及ぶとか。

そんなものに人間が飲み込まれたなら抗うことは一切できず、木の葉のように渦に翻弄され消えていくのみです。海というワードにさえ恐怖を感じる海洋恐怖症にとっては有り得ない怖さかもしれません。

「死」へのイメージがつきまとう沈没船

mlv1063 / Pixabay

海に沈む沈没船には、必ず「死」のイメージがまとわりついています。おそらく沈んだ事が原因で船に乗っていた人達も亡くなってしまったのではないか、と推察されるからです。

海洋恐怖症の人には、いまだ引き上げられていない沈没船の中に溺死体が漂っているイメージが付いてまわります。また、沈没船に入り込んだ小魚を目当てに大きなサメが寄ってくる怖さも。

廃墟に潜む未知の生物

werner22brigitte / Pixabay

遠い昔、地殻変動が原因で海の底に沈んでしまった都市が世界にはあちこちにあるようです、ジャマイカのポート・ロイヤルやエジプトのクレオパトラの神殿、パブロペトリなど実に様々です。

事実、日本にも与那国海底遺跡が存在します。もちろん人間が住むことはありませんが、他の生物の温床になっていることは確かです。

海洋恐怖症の人が怖い画像を集めた動画も?

https://www.youtube.com/watch?v=ruF5wZ5X4rE

海のハンターであるサメを一口で飲み込む巨大魚。もし、人間が波間を漂っていたとしたら同じことが起きるかも、と考えただけでも恐怖で身がすくんでしまいます。

サメに関する夢占いはこちら

海洋恐怖症の人が怖いと感じる画像以外のものは?

Herm / Pixabay

海洋恐怖症の人が怖いと感じるものは画像だけではありません、当然海にまつわる映画やゲームなどにも同様の恐怖を抱いてしまうようです。画像以外でどのような物に恐怖を感じるか検証してみました。

海洋恐怖症の人は見れない?海が怖くなる映画とは?

サメ映画の代表作といえば「JAWS」です。あの鬼気迫る音楽とサメが人間を襲う緊迫感が同化して凄まじい程の臨場感がある映画でした。人間が持つサメに対する恐怖の根源を極限までに表した映画とも言えます。

そしていまだ海の恐怖であるサメをモチーフとした映画は次々と発表されています。海洋恐怖症の人は絶対に見られない映画の数々です。

海洋恐怖症の人も無理かも?ディズニーシーの海底2万マイルが怖い?

ただのアトラクションと頭では理解していても、いかんせん「恐怖心」だけは改善されず乗ることが出来ないのは仕方の無い事かもしれません。楽しいという気持ちより怖いという心理の方が上回っているのですから。

海洋恐怖症ならゲームの海も怖いかも?

ダイバーvsサメで戦うゲーム「Depth」は、サメを攻撃するだけでなく、どう猛で血に飢えたサメになって次々に人を襲うことも。ゲームとはいっても3Dゲームには現実の海よりも臨場感があるようです。

ゲームと分かっていても背中の酸素ボンベから立ち上っていくリアルな泡の音にさえ、海洋恐怖症の人は恐ろしさを感じてしまうのです。

プールに魚の絵があるだけでも怖い?

ZIPNON / Pixabay

魚は海を連想させるものです。海洋恐怖症の人でなくても魚の絵を見て海を思い出すのは誰しも同じですが、色使いが鮮やかな魚に南国のイメージを持つ普通の人と海洋恐怖症の人の感じ方は全く違います。

例え、それがカラフルで可愛い絵だったとしても海洋恐怖症の人は、怖さを感じずにはいられないのです。

海洋恐怖症の心理・症状は?

TheDigitalArtist / Pixabay

夏になり友達から海に行こうと誘われても、その恐怖感から絶対に海に近づくことが出来ない人。例えそれがバーチャルの海であったとしても同じことが言えます、

海洋恐怖症にとって恐怖の象徴でしかない「海」とは一体、普通の人とどう違って見えるのでしょうか?またどのような心理でどんな症状が出てしまうのでしょうか?

海洋恐怖症の症状は?海の写真をみるのもダメ?

photo-graphe / Pixabay

海洋恐怖症の人は海や海に生息する生物を見ただけで恐怖心が呼び起こされ吐き気や、冷や汗、動悸といった症状が現れることがあり精神的にも大きな負担となるようです。

場合によってはパニック発作を引き起こすほどの症状の重い人もいるのですから、単純に「何かが怖い」という言葉だけで済まされる事ではないようです。

海洋恐怖症の人は海の何が怖いの?心理は?

12019 / Pixabay

海は、多くの海水で成り立っています。そして様々な生物が住んでいる事も分かっています。でも私たち人間が海の全てを熟知しているかというとそうではありません。

実際、人間が持っている海に関する知識は、海全体のたった5%に過ぎないのです。その限られた知識の中でも、人間にとって脅威となる狂暴な生き物を普通の人以上に恐れているのが海洋恐怖症の人です。

海洋恐怖症の人はなぜ怖い?海が怖くなる原因は?

Free-Photos / Pixabay

広大な海に比べると人間は本当にちっぽけな存在です。大海原をたった一人で泳いだとしたら何処までも続く海に、終わりを見つけることが出来ません。

その「広大さ」が原因で底知れない不安を抱く海洋恐怖症の人もいます。どこまでも続く無間地獄にいるような心理的負担を感じるようです。

想像力が働きすぎる

Carlosgmenezo / Pixabay

海洋恐怖症の人の中には、物事を過敏にとらえ想像力豊かな人も多いようです。自分自身で想像したことに対してリアルに不安をあおってしまうことも。

例えば海に近づいたときにたまたま地震があって津波が発生したら?とか。乗った船が転覆してサメに襲われたりしたらなど海に対する恐怖心から様々な事故を想像してしまいます。

NEXT:海の生物に対する恐怖感
1/2