月星座は心の深い部分を表す!各星座ごとの性格と相性まとめ 占い・スピリチュアル

月星座は心の深い部分を表す!各星座ごとの性格と相性まとめ

一般的な星座占いは、太陽星座の占いです。しかし、太陽星座の占いに対して、何か違うなと感じている人は、月星座の占いで読み解いていき、納得する人もいます。月星座で見る性格や、どの月星座との相性が良いのか、悪いのか、まとめてみたので見ていきましょう。

目次

[表示]

知らない人も多い?月星座とは

photo-graphe / Pixabay

月の星座とは、その人の持っている「陽と陰」、これの「陰」の部分を示しています。

つまり、その人の「本来秘めている欲求」など、内側に備わっているものです。光があるから影ができる。世の中は二つのエネルギーバランスで成り立っています。

人間の中にも、社会など外側に向かっていくエネルギーと、内に秘めたその人本来のエネルギーなど、様々なバランスで存在しています。

そもそも月星座とは?

PeterDargatz / Pixabay

「月星座」とは、生まれた時に月が動いていた星座の場所です。

これに対して、一般的な星座占いで使われている星座は、 生まれた時に太陽が動いていた星座の場所。厳密には太陽星座と呼ばれています。

太陽星座が表しているのは、社会面、人に接する際の傾向などの表面的な事。対して、月星座は内面的、心の奥深い部分の傾向を表しています。

相性占いにおいては太陽星座より正確?

adege / Pixabay

星占いで有名な星座は、「太陽星座」と呼ばれるものです。生まれた時、太陽が位置していた星座です。そして太陽は、あなたが望む生き方を示します。

生まれた時に、月が位置していた星座が、「月星座」と呼ばれます。月星座は、あなたの素の性格を示します。

「表」のあなたを示すのが太陽星座だとしたら、「裏」の素のあなたを示すのは月星座です。

月星座「牡羊座」の基本的な性格と相性

Alexas_Fotos / Pixabay

牡羊座は特別な使命を受けた、12星座の中では一番最初に位置する星座です。

自分の存在を確かめて、周囲にその存在をアピールする事。それが牡羊座の重要なテーマです。

それでは、牡羊座の基本的な性格、どの星座と相性がいいのか、悪いのかを見ていきましょう。

月星座「牡羊座」の基本性格

牡羊座は、最初の星座であり、本能的に行動します。思い立ったら後先のことは考えず、すぐに行動するタイプです。

ですから、失敗をしてしまう事も多く、人生の中で後悔をすることも多くあるでしょう。

月星座が牡羊座の人は、本能的で衝動的になってしまうというので気をつけましょう。

燃えるような情熱的タイプ

MabelAmber / Pixabay

牡羊座は、色で言うと赤色です。情熱的な素顔を持っていて、自分の中で火が付いてしまうと、すぐに燃え上がる性質を持っているでしょう。

陰と陽でいうと、牡羊座は陽です。能動的で、自分で何でもやりたいタイプでしょう。

牡羊座の情熱は、時に周りを巻き込む事もあります。腰が重い人に対して、おしりに火をつけることができる才能を持っています。

「牡羊座」と相性の良い星座は?

Alexas_Fotos / Pixabay

双子座と牡羊座の相性は抜群です。双子座には、気の弱い所があるので、引っ張ってくれる人がぴったりです。

牡羊座は、一歩後ろを歩いていく双子座をリードできるので、相性が良いとされています。

双子座の人が、何かを決められなくて迷っている事があれば、牡羊座はそっと手を差し伸べることができるでしょう。

「牡羊座」と相性の悪い星座は?

Paul_Henri / Pixabay

天秤座の人は、社交的で人付き合いが上手です。しかし、牡羊座とはホロスコープ上では対立の位置にあるので、相性があまり良くないようです。

牡羊座の人は、基本的に自分が一番。自分の意見を大切にして、人にも率直に持論を表現します。しかし、天秤座は周りはどうか。を広く観察して、多数決を優先します。

また、好き嫌いをはっきりと表現する牡羊座に対して、天秤座は好き嫌いを表に出しません。ですから、同じ活動宮だけれども、鏡合わせのように価値観が合わない星座同士です。

月星座「牡牛座」の基本的な性格と相性

ulleo / Pixabay

牡牛座は、12星座の中では粘り強さと優れた身体感覚、そしてセンスを兼ね備えた星座です。

五感を使って世界を確認して味わう。そして、外の世界で安心して生活するため、現実的な暮らしの基盤を手に入れ、守ることが、牡牛座に与えられた最も重要なテーマであり使命です。

それでは、牡牛座の基本的な性格、どの星座と相性がいいのか、悪いのかを見ていきましょう

月星座「牡牛座」の基本性格

Pixel-Sepp / Pixabay

牡牛座は、冒険やロマンなどに興味がありません。何か新しい事を始める、ということに抵抗を感じるタイプで、日常生活で変化を求めていません。

仕事やプライベートでもいつも安定を求めるので、心が乱されるようなことは避けたいと考えています。いざという勝負の時でも弱気になり動けなくなる時があります。

チャレンジすることに関しては苦手なようですが、辛抱強く継続する力があります。

美しいものが好きで感性が鋭い

3dman_eu / Pixabay

ファッションやメイク、美術に芸術などが好きで、鑑賞したり優雅に時間を過ごすことが好きな牡牛座。感性には鋭くて敏感な一面を持ち合わせています。

先を見る目もあり、新しく美しいものを好む牡牛座。性格的には内気ですが、派手なものが好きな人もなかにはいるようです。

「牡牛座」と相性の良い星座は?

TheDigitalArtist / Pixabay

山羊座は、恋愛関係や結婚相手となり、相性は良いでしょう。しかし、お互いに慎重な性格で真面目な面を持っており、付き合うまでに時間がかかってしまうのも山羊座と牡牛座の特徴だといえます。

大恋愛とは無縁ですが、共に分かち合い、深い信頼関係を築くことができます。互いをよく理解してからお付き合いをすることもあり、一度結んだ絆はそうそう簡単に切れる事はないでしょう。

「牡牛座」と相性の悪い星座は?

JerzyGorecki / Pixabay

水瓶座との相性が悪いと言えます。水瓶座は自由奔放なので、型にはまった生き方をするのが苦手です。安定を求める牡牛座とは、意見がぶつかり恋愛に発展することはないでしょう。

たとえお付き合いをするとなっても、継続してお付き合いを続けるためには、お互いにかなりの努力が必要になります。

月星座「双子座」の基本的な性格と相性

darksouls1 / Pixabay

12星座の中でも、とてもピュアな好奇心と優れたコミュニケーション能力がある星座です。

そのフットワークの軽さで新しいものを見つけること。そしてそれを周囲に伝える。それが双子座に与えたれた、重要なテーマです。

それでは、双子座の基本的な性格、どの星座と相性がいいのか、悪いのかを見ていきましょう。

月星座「双子座」基本性格

3194556 / Pixabay

新しいものが好きで、いつでも新鮮でいたいと思うのが双子座。マンネリが嫌いで、常に最新の情報や出来事に囲まれていたいと思っています。

常に新しい情報や出来事を取り入れるので、その点は、周囲の人からも尊敬される部分です。ですが、双子座は、とにかく飽きっぽく長続きしないという一面もあるようです。

社交的でコミュニケーション能力が高い

1035352 / Pixabay

家の中でじっとしているよりは、常に外に出て飛び回りたいというタイプ。社交性が高く、誰とでもコミュニケーションをとることができます。

初対面でも自分から話しかけることができ、周囲に配慮する事ができるのも、双子座の特徴です。

「双子座」と相性の良い星座は?

cuncon / Pixabay

天秤座との相性は、とても良いです。バランス感覚に優れている天秤座は、自由で好奇心旺盛な双子座を理解してくれるので、寛大な心で優しく包み込めるます。

 近くにいても、離れていても互いに波長が合うので、ベストなパートナーだと実感できるでしょう。気を使わないで自然体でいられるので居心地の良さを感じます。一度恋愛関係になると、強い絆で結ばれるでしょう。

「双子座」と相性の悪い星座は?

Greyerbaby / Pixabay

蠍座との相性が悪いです。蠍座は頭がよく、洞察力もあるので周囲をよく観察していて慎重なタイプです。

蠍座の人が理屈っぽいことを言い始め、束縛したいという気持ちが前面に出てくると、双子座の人は気持ちが萎えてしまいます。

蠍座は独占欲が強いです。ですから、そこをクリアしない限り相性は最悪でしょう。お互いに安定のない付き合いが続くでしょう。

月星座「蟹座」の基本的な性格と相性

12019 / Pixabay

蟹座は、12星座の中でも特に愛情の深さ、豊かな感情と繊細な感受性に恵まれた星座です。

自分が安心してくつろげる場所や環境、そして人間関係を作ること。これが蟹座に与えられた大事なテーマです。

それでは、蟹座の基本的な性格、どの星座と相性がいいのか、悪いのかを見ていきましょう。

月星座「蟹座」の基本性格

skylark / Pixabay

蟹座の特徴は母性の強さです。暖かいという印象を相手に見せます。実際に、愛情深くて世話好きなので、優しくて面倒見が良い人だと思われています。

懸命にサービス精神をみせるところもあり、周りに気遣いができるのも蟹座の特徴です。

繊細で人の気持ちを考える

WikiImages / Pixabay

蟹座は、自分のわがままを言えないで、周りに合わせるのが特徴です。繊細な一面があるため、ストレスを溜め込んでしまい、親しい人の前では感情的になることもあります。

ただ、周りへの気遣いから人の気持ちを汲み取ることができるのも、蟹座の特徴です。

「蟹座」と相性の良い星座は?

Free-Photos / Pixabay

牡牛座との相性がとてもいいでしょう。互いに共通の趣味などをを持っているので、一緒にいる時は楽しいと感じるでしょう。

長続きのコツは、二人だけの世界に浸るより周りも一緒に巻き込むことです。

例えば、グループでパーティーや飲み会を開くなど適度な刺激をプラスすることです。そうすれば、お互いに満足のいく関係を続けることができるでしょう。

「蟹座」と相性の悪い星座は?

12019 / Pixabay

蟹座との相性が良くないです。似た者同士ですから共感できる部分はありますが、お互いに世話好きなので、相手の思いを素直に受け入れることができない、というところがあります。

また、ヒステリックな一面があるので、一度ケンカに発展してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまうほどの関係になってしまかもしれません。

月星座「獅子座」の基本的な性格と相性

IanZA / Pixabay

獅子座は、12星座の中でもエネルギーと情熱に溢れ、人生を楽しむ力に恵まれた星座です。

自分自身の存在価値を肯定すること。そして、自分の存在と価値を周りに表現すること。それが獅子座に与えられた大事なテーマです。

それでは、獅子座の基本的な性格、どの星座と相性がいいのか、悪いのかを見ていきましょう。 

月星座「獅子座」の基本性格

Alexas_Fotos / Pixabay

自分は絶対的な存在であると周囲に認めて欲しい、と思ってしまうところがあります。

自分を必要としてもらいたいという思いが強く、また、従ってほしいという気持ちも強いです。

器用な面があり、何をやってもそつなこなしてしまうので目立つこともありますが、自分の存在を注目させたいという欲求が強い為です。

親身になって考えてくれる

WenPhotos / Pixabay

獅子座は、何事にも情熱を持って行動するところがあります。

献身的な一面もあり、悩みごとを相談すると自分の事のように考えてくれて、一緒に悩んで解決方法を考えてくれる優しいところがあります。

「獅子座」と相性の良い星座は?

Sponchia / Pixabay

牡羊座との相性がとても良いと言えます。パートナーとなればお互いを高め合うことができるでしょう。

最大の長所である「行動力」を発揮する牡羊座の事を、獅子座は一緒にいて頼りがいがあると感じるでしょう。

リスクを恐れずにチャレンジしていく性格はどちらの星座も同じなので、互いの能力を引き出し合える関係になれるでしょう。

NEXT:「獅子座」と相性の悪い星座は?
1/3