引きこもり主婦とは?なりやすい特徴や性格は?脱出方法もまとめ! 恋愛・心理

引きこもり主婦とは?なりやすい特徴や性格は?脱出方法もまとめ!

目次

[表示]

引きこもり主婦を脱出するには?解消方法まとめ!

KRiemer / Pixabay

ここからは、引きこもり主婦になってしまった時どのように引きこもりから脱出するのかをご紹介していきます。

①自分を否定せずありのままで受け入れる

JillWellington / Pixabay

100%自分を否定してしまうと「どうせ自分なんて…」とマイナス思考に陥りやすく悪循環です。

引きこもりから脱出するには、まずは否定する事を辞めてありのままの自分を受け入れて自己肯定感を高く持つようにしましょう。

自分の悪い部分も含めて、ありのままの自分を受け入れ自己肯定感を高めると色々な事に興味が湧きやすくなりモチベーションを高く持つ事ができるようになり引きこもりから脱出しやすくなります。

②家族以外の話し相手を作る

StockSnap / Pixabay

例えばカフェや美容院などに行き、家族以外の話し相手を見つけましょう。これまで引きこもり主婦をしていた場合、いきなり外出をして話し相手を見つけるというのはハードルが高いかもしれません。

外出する事に不安を感じる人は、まずはいつでも自宅へ戻る事が出来る近所の小さなカフェなどへ行き親戚や友達など家族以外の人と会話をする時間を作ってみましょう。

③近場へのちょっとした外出から始めてみる

Greyerbaby / Pixabay

これまで引きこもり主婦をしていた人が繁華街へ行く、旅行に行くなどするのは相当勇気が必要ですしハードルが高いです。

その為、まずはちょっとした外出をして少しずつ無理なく外へ出られるようにしましょう。ほんのちょっと外に出るだけでも大きな変化に繋がるはずです。

pixel2013 / Pixabay

例えば、玄関の外に行く、ゴミ捨て、郵便物を取りに行く事でもOKです。3分ほどでできる事から始めましょう。

そして外の広さや空気を感じ、慣れてきたら近くのコンビニなど10分ほどでできる外出をしてみます。そうして少しずつ外の空気に馴染んで行きましょう。

④外出するためのきっかけを作る

stux / Pixabay

美容院へ行くなど何か外出のきっかけを作りましょう。一人で行動するのが難しければ家族と一緒にカフェや外食をしてみるのもいいです。

それも難しいと感じる場合は、郵便受けまで行く、庭に出て植物を植えてみるなどちょっとしたきっかけの外出でもいいです。

そして、外出ができたら「頑張った」と自分を褒めてあげましょう。

⑤パート等の仕事を始めてみる

Free-Photos / Pixabay

ちょっとした外出ができるようになったら、次はパートを初めて見るのもおすすめです。

引きこもり主婦は、真面目な人や完璧主義な人が引きこもりになりやすいという特徴がある為、フルタイムで仕事をしてしまうと家事と仕事の両立が難しくなります。

すると家事と仕事を完璧にできなかった自分を責めてまた引きこもるという悪循環になる可能性があるため、週に2~3回で無理のないペースでパートをしましょう。

⑥講座やサークルに参加する

Free-Photos / Pixabay

同じ趣味を持った人達が集まるサークルや講座に参加をするのもおすすめです。自分と同じ趣味を持った人達の集まりですので、会話がしやすくなります。

また、引きこもりの人は人見知りや会話をするのが苦手な人が多いという特徴があります。

Tumisu / Pixabay

その為、人見知りや人と話すのが苦手な人は「話し方講座」「人見知り克服サークル」などに参加してみてはいかがでしょうか。

自分と同じように話すのが苦手な人や人見知りの人が集まる場ですので、コミュニケーションがとりやすく、人見知りを克服できるようになればこれまでと違った見方ができるようになるはずです。

⑦スポーツを始めてみる

composita / Pixabay

気軽にできるウォーキング、ランニングなどスポーツを初めて見るのもおすすめです。体を動かす事でストレスの解消や気分をリフレッシュする事ができますし、運動不足解消にもなります。

ウォーキングやランニングを初めて、他のスポーツに興味が出始めたら個人スポーツやチームスポーツなどにも挑戦してみましょう。

⑧支援を受ける

truthseeker08 / Pixabay

引きこもりから抜け出す為の支援センターもあります。ここではコミュニケーション能力、規則正しい生活や社会性を身につける事ができます。

個別で相談をして引きこもりから抜け出す為のアドバイスを受ける方法、自宅から出る事ができない場合は自宅に来てもらいアドバイス、支援を受ける方法があります。

また、子供がいる場合は難しいかもしれませんが誰も知らない町へ行き、同じく引きこもりの人達と一緒に専門家にアドバイスをもらいながら共同生活をする方法もあります。

⑨社会復帰する

すぐにでも活かせる資格を持っている場合は、資格を活かして社会復帰しましょう。

「特に活かせる資格がない」という場合は、今から活かせる資格を修得するか、派遣会社に登録をしてみるのもおすすめです。

人材派遣会社に登録をすると、自分にあった仕事を紹介してもらえますし面接など就職するまでもサポートしてくれますので一人で全てをこなすよりも安心できます。

⑩株を始めてみる

PhotoMIX-Company / Pixabay

引きこもり主婦で「株をはじめたら毎日が楽しくなった」という人も少なくありません。

株をやることのメリットとして、まずはお金が増えるかもしれない。という事もありますが、株価が変動するのが楽しくワクワク感を味わえる。株をする事で「経済を勉強しよう」という意欲が生まれます。

⑪引きこもり主婦のまま無気力ではなく楽しい生活を送る

milivanily / Pixabay

自宅から外へ出る事なく、人とも関わらない生活をしていると心も頭の中もぼーっとしてしままい無気力になりがちです。

育児など引きこもりにならなければならない場合もありますし、引きこもり=悪い事ではありません。

Pexels / Pixabay

しかし、毎日家でぼーっと無気力な生活をして引きこもるのと、楽しく引きこもるのでは同じ一日でも全く違ったものになります。

引きこもりで楽しむには、まずは趣味をみつけたり資格をとってみるのもおすすめです。

引きこもり主婦は運動不足?家でもできる解消方法は?

Ichigo121212 / Pixabay

引きこもり主婦は運動不足になりがちです。健康維持、体型維持の為にも自宅でできるトレーニング法をご紹介しますので挑戦してみましょう。

体を動かす事で気分もリフレッシュできます。こちらの動画は自宅で楽しく運動ができますので無理なく楽しく挑戦してみてください。

引きこもり主婦が引きこもりになるきっかけは?

ここからはなぜ、引きこもり主婦になってしまうのか、引きこもり主婦になるきっかけをご紹介します。

夫の転勤で引越し先に馴染めない

Free-Photos / Pixabay

夫の転勤で引越しをして、新しい環境に馴染めない事が原因で引きこもり主婦になるケースが多いです。

また、例えば大阪と東京、沖縄と秋田など同じ日本でも生活環境、言葉、食文化の違いなどに馴染めずストレスを溜め込むことで引きこもる人もいます。

会社の退職がきっかけに

kaboompics / Pixabay

結婚、妊娠などをきっかけに退職し社会から隔離されたような気分になり引きこもるケースや、上司のパワハラや職場でのいじめが原因で退職をし、その後引きこもりになるケースがあります。

パワハラやいじめで退職をした場合は、退職後は主婦として生活をしまので家族の前では普通の妻、普通の母親に見えます。

しかし、実際はパワハラやいじめを受けた経験を引きずったままですので外へ出ることができななくなり引きこもるケースがあり、この場合は家族もなかなか変化に気が付かない場合が多いです。

病気がきっかけに

stevepb / Pixabay

風邪などの軽い症状のものを含め、病気がきっかけで引きこもり主婦になることもあります。

例えば、風邪で高熱を出し日中眠っているとき「このまま体調がもっと悪くなるのでは?」などマイナスなことを考え始め、体調が回復して体が鉛のように重く無気力状態が続くなどの症状があります。

これは、病気で寝込んだことや病気によって弱気になりネガティブ思考になったことが原因ではありません。

rawpixel / Pixabay

元々ストレスを溜め込んでいて、病気で弱気になったことがきっかけで精神のバランスを崩し、結果的に病気が引き金となって引きこもり主婦になってしまったケースなので誰にでも起こりうることです。

不妊治療で引きこもりがちに

sebagee / Pixabay

不妊治療をしていることがきっかけで引きこもり主婦になるケースは多いです。

不妊治療をするには金銭的、精神的な負担が非常に大きく「一人が好き」という訳ではなくても不妊治療の為に節約をするなど、引きもらなければならない状態であることが多いようです。

30代が引きこもり主婦になる理由は?退職や子育てが影響?

neildodhia / Pixabay

30代の女性の場合、結婚や出産などを機に仕事を辞めて退職した事で引きこもり主婦になってしまう人も多いです。

また、子供がいる場合はママ友ができない、他のママ友の輪に馴染めず孤立気味になり引きこもり主婦になってしまう事もあります。

ママ友が出来ても、ママ友との付き合いでランチに行くんど出費が重なり経済的な理由から引きこもりになるケースもあります。

40代が引きこもり主婦になる理由は?子供の進学や介護?

27707 / Pixabay

40代になると、子供も成長し子育てが落ち着く頃です。しかし子育てがひと段落した頃にやってくるのが親の介護です。

親の介護で精神的にも肉体的にも疲労してしまい引きこもりになる主婦も多く、また子育てがひと段落した事で「自分の役割は終わった」と感じて引きこもりケースもあります。

さらに40代の女性の場合は更年期症状に悩まされる人も増えます。更年期で精神的に不安定になったり体調が良くないなどの理由から外出を控えるようになり、そのまま引きこもり主婦になる事も多いです。

50代が引きこもり主婦になる理由は?やる気の消失や今後の不安?

cozmicphotos / Pixabay

50代になると子供は自立し寂しさを感じ抜け殻のようになり無気力になってしまう人もいます。

さらに夫が定年退職すると今後の生活に不安を感じ引きこもりになるというケースも多いです。

引きこもり主婦のその後は?引きこもりによる影響は?

Mandyme27 / Pixabay

引きこもり主婦になってしまうとその後はどうなるのでしょうか?ここからは、引きこもり主婦のその後と、引きこもりによる影響についてご紹介します。

引きこもり主婦には家族でも気づかない?

TheVirtualDenise / Pixabay

ネットスーパーを利用すれば食事や日用品などの買い物ができますし、パソコンで欲しい情報はほとんど手に入ります。

また、専業主婦の場合は家を守るのが仕事ですので外出をしなくても不思議に思われません。

家族もなかなか気が付きにくい為、妻が引きこもりになっているということに気がつかれないケースは非常に多いです。

引きこもり主婦は悪化するとネグレクトになる場合も?

Soledadsnp / Pixabay

引きこもりが深刻な状態になると育児をしないネグレクトになる事もあります。

例えば、幼稚園バスの送迎時に母親が来ない為、毎回子供が一人で送迎バスを待っている…などの場合はネグレクトになっている可能性があります。

さらに引きこもりからネグレクトになった場合、夫の前では良い妻を演じ育児も行う為夫は妻のネグレクトに気が付きません。

うつ病になるケースもある?

jarmoluk / Pixabay

引きこもり主婦になってから日々無気力に過ごし、「自分はダメな人間だ」とネガティブ思考になりはじめると最終的にうつ病になるケースがあります。

引きこもり主婦は離婚に陥ってしまうことも?

Tumisu / Pixabay

引きこもり主婦になり、ネグレクト、家事の放棄などが原因で離婚になってしまうケースもあります。

引きこもっていることが原因ではなく、引きこもらなければならないほどの精神状態ということを家族にきちんと理解してもらえないのが原因かもしれません。

社会復帰しやすい職種は?

FotografieLink / Pixabay

引きこもりから社会復帰する際に「新しい職場に馴染めないかも」など不安を抱える人は多いです。そこで比較的、引きこもり主婦が社会復帰しやすい職種をご紹介していきますので参考にどうぞ。

工場のライン工

pashminu / Pixabay

人見知りや、人と会話をするのが苦手な人におすすめです。会社にもよりますが、繰り返しの単純作業になるため仕事内容も覚えやすく誰にでもできる仕事が多いです。

また、他の社員とコミュニケーションを取りながら行う仕事ではない為、干渉を避けてのんびりと仕事ができます。

派遣会社の場合は、出勤日数を調整してもらえることも多い為社会復帰をするための第一歩として向いている職種です。

NEXT:飲食業
2/3