男嫌いな女性の心理や特徴は?原因と克服する方法について! 恋愛・心理

男嫌いな女性の心理や特徴は?原因と克服する方法について!

「男嫌いな女性が身近にいる」「男嫌いを克服したい!」そんな方もいるでしょう。男嫌いの女性の特徴や心理、原因が判明すれば、対処法も見つかるはずです。本記事では、男嫌いな人や男嫌いを克服したいと思っている方に向けて、アッと驚く情報をお届けします。

目次

[表示]

男嫌いの悩みは多い?

Counselling / Pixabay

男性と話したり、遊んだりすることが苦痛だと思っている男嫌いな人が増えていると言われています。原因は様々ですが、総じて言えることは男嫌いによって生きづらさを感じています。

周りの友達は彼氏とデートをしたり、結婚をして幸せな家庭を築いているのに、自分は男性に恐怖を覚えているあまり、どうしても1歩目が踏み出せないと思っている方も多いです。

男性目線に立って考えると、自分が好きになった女性が「男嫌い」だった場合、相当なショックを受けますよね。どうにか克服して欲しいと願っていることでしょう。

男嫌いの特徴は?男嫌い診断

voltamax / Pixabay

「自分が本当に男嫌いなのか分からない…」と思っている方もいるでしょう。実は男嫌いを診断する簡単なチェック項目があります。

以下で紹介する10項目に当てはまる場合、男嫌いの傾向が強いです。自分の境遇と照らし合わせながら確認してみてください。

モテを無視したファッション

Free-Photos / Pixabay

モテ要素を一切無視したファッションをしている女性は、男性に「どう見られるか?」を気にしていないので、男嫌いな女性の可能性が非常に高いです。

地味な色や女性としてのシルエットが出ない服、個性的すぎる服装は自己満足のために着ているので、そもそも男性に好かれようと思っていない場合があります。

女性の中で流行っていると言われている服装でも、男性ウケを度外視したファッションも多いです。

アイドルや漫画・アニメのキャラクターのファン

izhora22 / Pixabay

アイドルやアニメ好きの女性は男嫌いの人が多いです。登場するキャラクターは自分の願望や理想を全て叶えてくれるような存在なので、そのキャラクターこそが自分の理想の男性と捉えているのです。

現実世界で出会う男性を接したときに「私の理想はこんなのじゃない」と感じてしまって、常に二次元の世界へ没頭してしまうのです。

男性アイドルが好きな女性も同じ理由が挙げられます。イケメンで高身長のアイドルに夢中になりすぎるあまり、他の男性を「気持ち悪い」「苦手」と感じているのです。

男の嫌な噂・イメージを信じ込んでいる

Comfreak / Pixabay

女性嫌いの人の特徴としては、男性に纏わる噂を信じ込んでいる場合があります。友達の恋愛相談から、その男性の悪い話を聞いただけで、一貫して全ての男性が同じだと思ってしまっているのです。

恋愛相談をしてきた女友達も、その時の感情をぶつけている場合もあるので、話には信憑性がありません。また、話を聞いてもらうだけでスッキリしたいと思っている友達もいるので、完全に毒されてしまっているのです。

Twitterやブログでは、男嫌いな人が「男にされた酷いエピソード」を投稿しています。特に恋愛経験の薄い人は、その人の文章を読んだだけで「男はこういう生き物だ」と決めつけている傾向があります。

美人が多い?性被害で男嫌いに?

Anemone123 / Pixabay

周囲の男性からモテる女性も男嫌いな人が多いです。美人な故にセクハラや痴漢などの性被害に合ってしまった女性は、いくらルックスがいい男性にも嫌悪感を抱いています。

男性に対してトラウマを感じている女性は、どんな男性がアプローチをしても毛嫌いする傾向が高いです。また、自分の口から「性被害」に合ったと言いづらいので、嫌な記憶を溜め込んだまま生きているのです。

過去のトラウマから、男性が近づいてくるだけで体調が悪くなったり、冷や汗が出てしまう女性もいるのです。

男が苦手なことを隠している

Comfreak / Pixabay

男嫌いの女性の中には、男性から嫌われたくないという気持ちから、自ら遠ざけるように「男が嫌い」と言う女性もいます。本当に男性が嫌いなのではなく、苦手くらいの感覚で捉えているだけのようです。

自分の感情を悟られないために、嫌いなフリをする女性も少なからず存在します。男性からフラれてしまったり、浮気をされたことがあるなど、過去のトラウマが原因の場合もあります。

男性が接近すると態度が豹変する

RobinHiggins / Pixabay

前述したように男性に対して酷いトラウマがある場合は、男性が近くだけで声を荒げたり、あからさまに避けるような態度を取る場合があります。このような女性は男嫌いの典型的なパターンです。

男性が明るく無邪気に話かけているのに、冷めきった目つきや「はい」「そうですね」など、敬語になるような場合も男性を完全に遠ざけている証拠です。

自意識過剰な面がある

darksouls1 / Pixabay

自意識過剰な女性は、「男が私のことをずっといやらしい目で見てくる」と勘違いをしており、見られるのが嫌と思っていることから、男が嫌いと発言をしている人もいます。

つまり、男のことは好きなんだけど自分の理想以外の男は寄ってこないで!と考えているのです。誰よりも男からの視線を気にしており、心の底では男性からモテたいと思っています。

モテない人が多い?

geralt / Pixabay

本当は男性と付き合って結婚をしたいという願望を持っているのに、あまりにもモテないがために、「男は最低」「男なんてロクなやつがいない」とこじらせてしまっている女性もいます。

ずっと片想いをしていた男性に恋人が出来てしまったり、思わせぶりな態度を取られていた過去から、男性に対する考え方が変わってしまうようです。

女が多い家庭で育っている

langll / Pixabay

3姉妹で育った女性や、シングルマザーの家庭で育った女性の中には男嫌いと語る人もいます。単純に男性に対しての免疫が無いので、どうやって接したら良いのか分からず、つい素っ気ない態度を取ってしまうのです。

母親がDVを受けている光景を見ていたりすると、そのシーンがトラウマとなって、「男は乱暴な生き物なんだ」と決めつけてしまうのです。

よく気を遣う・遠慮がちで甘え下手

RondellMelling / Pixabay

「気分を害してはいけない!」「男性に嫌われたくない」と、気遣いばかりしている女性は、何が正解なのか分からず、男性との付き合いに疲れてしまっているのでしょう。

そんなことがあるので、男性に対して本音で向き合うことができず、甘えることも億劫になってしまっています。

男嫌いの原因とは?

VISHNU_KV / Pixabay

男嫌いな女性の特徴を挙げましたが、ここからは「なぜ、男性嫌いになってしまったのか?」という原因について解説していきます。

男と接する機会が少ない環境で育った

Free-Photos / Pixabay

女子校など、男性と接する機会が少ない環境で育った女性は、男性の前でどんな態度を取ったら良いのか分からないと感じており、トラウマに感じているようです。

極度の緊張から「男性が怖い」「気持ち悪い」と思っている女性も少なくないようで、この負の感情が男性嫌いの原因になっています。

男の肉体が筋肉質で不快

lukaszdylka / Pixabay

筋肉質な身体が乱暴なイメージを想像させるので嫌いという理由の女性もいます。生理的な問題もありますが、ボクシングや総合格闘技など、血だらけで闘う姿を見て怖さを感じているのでしょう。

暴力は悪いイメージしかありません。特にDVを受けた経験がある女性は、筋肉質な身体を見るだけで過去の記憶がフラッシュバックしてくるようです。

父親と不仲だと男嫌いになる?

RyanMcGuire / Pixabay

男性嫌いになる原因として、家庭環境の悪さも挙げられます。離婚をしたり、シングルマザーになってから結婚をして、良好な関係を築けなかった場合、男性に対して不信感を抱くのです。

幼少期からの精神的な負担が男性嫌いを増幅させており、「結局、男ってどっか行っちゃうんでしょ」と、半ば諦めている女性もいます。

精神年齢の低さや性的な目線に嫌悪感を抱く

Alexas_Fotos / Pixabay

学生の頃に男性から「お前の胸小さいな!」「全然、可愛くないじゃん!」など、傷付く言葉を言われたことがキッカケで男性嫌いになる女性もいます。

精神的に幼稚な男性から心ない言葉を吐き捨てられたことで「男性はカラダしか見ていない」とトラウマになってしまっているのです。

会社の上司からのセクハラを受けたりすることも、男性嫌いを助長させる原因になります。

理想が高く男を受け入れられない

前述したように、アニメやアイドルなどが好きな女性は男性に対しての理想が高く、どんなに男性が寄ってきたとしても粗探しばかりする傾向があります。

「この人じゃダメ」「こんなところが完璧じゃない」と、自分の想い通りにならない男性は全て嫌いと感じてしまうのです。

このような女性は、現実世界の男性と付き合いたいと思っていないことが多いです。アニメやアイドルで満足しているようなので、男性も深追いしすぎない方が賢明です。

男関係のトラブルやいじめなどで心に傷を負った

Anemone123 / Pixabay

学生の頃に男子からイジメを受けていたり、罵倒や暴力を受けた過去がある女性は、男子に対して怒りと恐怖を抱いています。何十年経っても心の傷は癒えないのです。

また、彼氏に浮気をされたり、ひどいフラれ方をした場合は「また、同じ結果になるかもしれない」「私は幸せに慣れない」と、悲観的に考えている女性も少なくないようです。

モテないから男を嫌うように?

Mandyme27 / Pixabay

男嫌いな女性の中には、自分がモテないことを棚に上げるように「男なんて最低な生き物だよ」と、公言している人もいます。

このタイプの女性は男性のことが嫌いではありません。本当は好きなのですが、モテないので現実逃避をしているのです。特にプライドが高い女性はモテないことを男性のせいにしています。

男嫌いを演じているのは自由ですが、男性の前でも男嫌いをアピールしていると本当に男性が寄ってこなくなるので注意が必要です。

幼少期によくある?単純に怖いから男嫌い

4144132 / Pixabay

男性嫌いになっている女性の中には、幼少期の記憶が原因ということもあります。男性のガッチリした体格と野太い声が怖いと感じて、トラウマになっていることもあります。

本能的な原因なので、男性と触れ合う機会を増やすしか解決策はありません。

レズビアンだと男を嫌いがち

sasint / Pixabay

レズビアンの人は男性に対して興味が無く、同じ目線で女性を見ていることから男嫌いになる傾向が強いです。また、同性愛に偏見を持つ男性が多いので、自然と敵意が向けられるのでしょう。

過去の恋愛がトラウマになっている

darksouls1 / Pixabay

それまでは男性との恋愛を楽しんでいた女性も、過去の恋愛が原因で男嫌いになるケースもあります。男性にヒモにされていたり、二股をかけられていたという話も少なくありません。

恋愛にトラウマがある女性は、自分にバリアを作っていることが多く、なかなか心を開いてくれません。

汚い・臭い・頭が悪いなどの印象が強い

MichaelGaida / Pixabay

常に性的な視線で見つめてくる男性を「汚い」という表現で嫌う女性もいます。男性は30代頃から加齢臭などが出てくるのですが、そのニオイに耐えられないのでしょう。

女性よりも男性の犯罪率の方が高いことや、荒れ狂った成人式を見ていると「男は頭が悪い」というイメージが刷り込まれて、身近な人にも嫌悪感を抱く場合があります。

自分を無価値だと思っている

RyanMcGuire / Pixabay

気になっている男性と食事をしているときに「若い女性はいい」「女子大生とかいいよな」という些細な言葉がキッカケで「若くない私は価値が無いんだ…」と傷ついてしまうことがあります。

男性に対して嫌悪感を抱いているよりも、男性の期待に応えられなかった自分を責めているのです。「どうせ自分なんて…」という悲観的なマインドを持っているので、立ち直るまで時間が必要です。

産後は男嫌いになりやすい?

jarmoluk / Pixabay

子どもが産まれた後は、1人の男性ではなく父親として見るようになります。自分の辛さを分かってくれない夫に対してイライラを感じることもあります。

モテすぎて男嫌いに

StockSnap / Pixabay

男性から声をかけられるあまり、男性のことが嫌いになる女性もいます。「それって自慢じゃないの?」「モテるのに不満ってどういうこと?」と思う方もいるでしょう。

しかし、彼女や妻子がいる男性からデートを誘われたり、身体を求めてくる男性に不信感を抱くことがあるようです。「自分は都合良く遊ばれている」と感じているのです。

もし、男性と付き合うことがあったら、自分の彼氏も他の女性に声をかけるかも知れない。という事を想像すると男性を信頼できなくなってしまいます。

性的虐待が原因となることも

KlausHausmann / Pixabay

過去に性的虐待を受けたトラウマがある女性は、男性全てに恐怖心を抱いています。「俺は大丈夫だから」という言葉にも疑いを持ち、男性を遠ざけようとします。

男嫌いの対処法とは?克服法は?

Free-Photos / Pixabay

「男は嫌い」と言っていても、心のどこかで男性に期待している部分もあるでしょう。「もう一度、男性を信じてみたいけど怖い」という葛藤を抱いている女性も多いと思います。

ここからは、男嫌いの対処法や克服方法についてご紹介します。

NEXT:まずは身近な大人の男と親しくなる
1/3