ソウルメイトに出会ったしるしとは?出会い方や見分け方を紹介! 雑学・ライフスタイル

ソウルメイトに出会ったしるしとは?出会い方や見分け方を紹介!

目次

[表示]

ツインスターに関連する記事はこちら

ソウルメイトに出会ったしるしを見抜くために!出会う前兆とは

RachelScottYoga / Pixabay

大切な人生の友人「ソウルメイト」のに出会うときは、様々な「前兆」があるといわれています。それを知っておけば自分は「ソウルメイト」に合ったことが解ります。その「しるし」とはどんなものなのでしょうか。

試されている!ソウルメイトと似ている人物とよく会う

ひょんな所で、「ソウルメイト」を連想させるような人に度々会います。よく似た人というのがポイントで、「本物」と「偽物」を区別ができるかが試されているといいます。そのために縁があると勘違いします。

実際は本物に出会うための「試金石」になっている場合がほとんどです。冷静な判断がももとめられます。

その人から学べることが他の人よりたくさんある

たとえ「ソウルメイト」では無かったとしても、その似た人からは学ぶ点が見られます。ですから「ソウルメイト」なら
さらに多くのことを学ぶでしょう。その似た人は「ソウルメイト」との予行練習の相手ということです。

本物の「ソウルメイト」との出会いはそれほど大切なものなのです。

ソウルメイトに関係する数字を無意識によく見かけるようになる

これも「シンクロ」の一つです。関連する数字をよく見かけるというのは、多いパターンは「相手の誕生日などです。それと「電話番号」などです。しかもそれは「たまたま見たら」という感じです。

意識しないで向こうからやってきます。あるいは特定の数字を繰り返し見るとき、「ソウルメイト」がやってくる前兆である場合があります。

夢を通して知ることが出来る可能性もある

Free-Photos / Pixabay

自分の見る夢になぜか同じ人がでてきます。しかもその人は「実在の人物」です。夢の中でその人は、重要な忠告を時々します。普段は気にもかけない人が、夢を通して「ソウルメイト」であることを気づかせてくれます。

出会ったしるしを見逃さないように!ソウルメイトを見分ける方法

「ソウルメイト」であることに気が付かないのは「人生の損失」です。出会った時、出会いを大切にして関係を育てていきましょう。「ソウルメイト」であることを見分ける方法を知っていれば、見逃すことはありません。

それでは「ソウルメイト」であることを見分ける方法を確認しましょう。

誕生日が近い・同じ日

cbaquiran / Pixabay

誕生日などが近い位置にあるとか同じというのは、解り易い「しるし」です。お互い同じ目的を持ち、助け合おうと誓った魂なら「よく似た時空間」に生まれる可能性が高いのです。お互いを早く確実に見分けるためです。

血液型が同じ

血液型は諸説ありますが、性格や気質まで似るといわれています。「ソウルメイト」は「血液型」が同じの場合が多く、性格もよく似ています。「似た家庭」に生まれますので、両親の血液型も同じ場合がよくあります。

何となくの感覚でも相性が良い

herwigclaeys0 / Pixabay

「相性」がいいというのは、相手が同性でも異性でも大切な要素です。特に相手が異性の場合は「夫婦」になったり「恋人」になったりと、いわゆる「運命の人」である場合があります。

特に誕生日が近い場合は、同じ「星座」の可能性が高いので「相性」も良いのです。

喧嘩をしたり叱咤されても距離を置きたいと思わない

「喧嘩」をすると相手の顔を見るの嫌になります。ひどい場合は「そのままお別れ」の場合もあります。しかし「ソウルメイト」の場合は相手の意見に対して「素直」になることができます。喧嘩は長くは続かないのです。

心の奥で「この人の言うことは正しい」と冷静に判断をします。本当にお互いを「成長させる存在」なのです。

既婚者が一目惚れをするのは相手がソウルメイトだから?

ElisaRiva / Pixabay

既婚者が一目ぼれするのは外見もありますが、何よりも中身が近しいと感じているからです。寄り添って生きていこうとする心には「魂」が働いているのです。相手が「ソウルメイト」の場合はなおさらです。

相性に対する条件は申し分ありませんし「一目ぼれ」をするのは、やっと見つけたソウルメイトを逃すまいという心意識が働いるのでしょう。

出会ったしるしを知ったあなたへ!ソウルメイトと出会う方法は?

「ソウルメイト」と出会う方法を知ったあなたが次にすることは「行動」です。そのために「出会う方法」というものを学ぶとよいでしょう。役に立ついくつかの手法があります。一つひとつ見ていきましょう。

わざわざ探さなくても出会うようになっている

人間が生まれてくる前に「自分の人生」を計画してくることは、よくスピリチュアルでは語られる話です。「ソウルメイト」とは、共に同じ目的で生まれた相手ですから「出会い」は人生の計画に組み込んでいます。

お互いをわざわざ探さなくても、自然と出会うようになっていると聞くと安心できるでしょう。「私にはソウルメイトがいない」と焦る必要はありません。自然にやってきます。

出会っていないのは自分が気付こうとしていないだけ

geralt / Pixabay

私達の周りには、出会った人が大勢います。しかしその中には自分が気づいていない「ソウルメイト」がいる場合があります。都合の良い「理想像」を勝手に作り上げておいて、それとは違うと思い込んでいるのです。

そんな人は、すでに出会っている人の中に「良い面」を見ない人ですから、いつまでたっても「ソウルメイト」が側にいることに気が付きません。

出会うためには外見ではなく人間の本質に目を向けるようにする

人間はどうしても「外見」に惹かれ、本体である「魂」つまり霊的構成体に目を向けることができません。この世では目に見えないからです。体は目に見えるので、そちらの判断がすべてになりがちです。

しかし「人間の本質」といえば「内的要素」が本体なのですから、やはり「その人の本質」を心の目で確かめたいものです。

自分の魂を試練を迎えられるほどに成長させる

DomAlberts / Pixabay

「ソウルメイト」の存在は、自分にとって都合の良いものばかりではありません。時には自分の魂を鍛え、成長させてくれる存在です。しかし試練に耐えるには「魂の成長」が必要です。

その魂を共に成長させてくれる存在が「ソウルメイト」なのです。強い魂に成長したらどんな困難も耐えれるだけの「強さ」を獲得するでしょう。

ソウルメイトと運命の人・結婚相手は別と考える

大事なことなのですが、「ソウルメイト」と結婚相手は一致しないことがあります。つまり好き嫌いだけでは説明できない一面があるのです。結婚相手よりも友人の方が解りあえる、というのはよくあることです。

お互いを切磋琢磨するために共に生まれてくるのですから、同性の場合もあります。結婚相手とは目的が別の場合もあるのです。

「ソウルメイト」を信じる若者は無宗教?

sasint / Pixabay

最近の若者は「宗教」には興味がなく、その割には「パワースポット」だとか「心霊現象」などには強い興味を示します。それらはこれまでの「宗教」ではなく、「心霊科学」という新しい分野での興味を表しています。

その為「ソウルメイト」の「ソウル」つまり「魂」という言葉は受け入れています。「スピリチュアル」の世界では「生まれ変わり」「霊的な世界」などは普通に語られますが。彼らはそれも抵抗なく受け入れています。

「科学信望主義」という言葉と同じように「ソウルメイト」を信ずる若者は単に「無宗教」とは決めつけれないようです。

仏教はどう教えている?

Vitamin / Pixabay

仏教では「魂」についてはどう教えているのでしょう。仏典に「釈迦」がそれについて言及している話が出てきます。ある日「釈迦」にこう聞いた人がいました。「魂はあるか?あの世はあるか?」といったのです。

すると「釈迦」は「例えばここに毒矢が刺さった者がいるとしよう。その時にこの毒矢は成分は何かとか考えるだろうか?いや彼にはそんな時間はない。まずその毒矢を抜き去ることに専念するだろう。」と言いました。

「釈迦」は「そんなことを考える暇はない。心の毒を抜く方が先である。」と言ったのです。「魂やあの世」についてはあるともないとも言わなかったのです。つまり完全否定をしていないのです。

世界の多くの科学者や医者が「魂」の存在を認め始めている

geralt / Pixabay

最近は「有名な脳外科の医師」が「臨死体験」を体験をし、「人間に魂がある」としか言わなければ説明がつかない」と書いた本が出版されました。彼は臨死体験中の自分の医学データーを生還後にくまなく検証しました。

すると驚くことに彼は自分が「医学的」には「完全に死んでいた」ことに気が付きます。しかし彼はその時間に自分の体を離れ「家族」や「死んだ姉」に会っていたのです。

「ソウルメイト」は「魂」の存在抜きには語れません。こんな事例が最近多発しており、若者が「ソウルメイト」の存在を信ずる根拠となっています。いわば最近の若者は「スピリチュアル教」といえるようです。

パワースポットは若者の文化

n-k / Pixabay

最近はやりの「パワースポット」は若者を中心にはやっています。普通に神社や仏閣を訪ねるのですがその力を「スピリチュアル的」に捉えます。そんなところを訪ねながらお互いを「ソウルメイト」の存在を確かめます。

その言葉を自然に受け入れているのです。そしてお互いが自分の「ソウルメイト」であると思っている人達がいるのです。

「ソウルメイト」をどう考えるか?

「ソウルメイト」をどう考えるかということは、まず信ずるか信じないかに始まるでしょう。「証明」のできないことなので、受け入れるかは自分の自由です。そのうえでこの話は始まります。

しかしこの世がすべてとする「唯物主義」で生きるよりは「霊的世界」があることを信じた方が人生は豊かになります。また目に見えなくても人には「心」があり「愛」があるということは唯物主義者でも信じるでしょう。

そう考えると「ソウルメイト」という言葉は人の心に存在する、ごく自然な言葉のように見えてきます。

ツインスターに関する記事はこちら

2/2