ソウルメイトに出会ったしるしとは?出会い方や見分け方を紹介!

人間は「生まれ変わり」を繰り返す中で「既婚者の相手」のように「縁の深い魂」が誰にでもいて、それを「ソウルメイト」といいます。その人に「出会ったしるし」や、その「見分け方」があります。「ツインソウル」というよく似た言葉との関連などと共に見ていきましょう。

ソウルメイトに出会ったしるしって?サインがあるの?

cremedelacher / Pixabay

「ソウルメイト」に出会った時に「何らかのしるし」があるのか気になるところです。それが解れば自分は「ソウルメイト」に出会っていることに気がつきます。また気が付かない間に出会っている可能性もあります。

出会ったしるしはあります。それはなんでもない感覚だったり、ごく自然な付き合いの中にある時もあります。それらを例を挙げて確認していきましょう。

そもそもソウルメイトとはどういう意味?

「ソウルメイト」の意味を直訳すると「魂の友人」です。しかしもう少し深い意味があります。「輪廻転生」を繰り返す中で魂を成長させるため「同じ使命」や「目標」を持ち、何度も共に生まれてきた「魂の友人」です。

一般的にいうと、「運命の人」というような言い方をします。「既婚者」の相手などはそういう風に感じて結婚した人もおられるでしょう。しかい「ソウルメイト」は異性とは限らない場合があります。

ソウルメイトは1人だけ?複数いることもある?

rawpixel / Pixabay

「ソウルメイト」は各人に、たった一人しかいないのではありません。「ソウルグループ」という言葉が在るぐらいでから、複数いるのです。それは「同じ目的」を持った魂のグループで、彼らには役割分担があります。

例えば「親子」であるものや「兄弟」「親せき」などになるものがいれば、血縁が無くとも「親友」になるものもいます。そうして同時代に生まれ、同じ目的を共有するのです。

ソウルメイトとツインソウルの違いとは

「ソウルメイト」とよく似ているもので「ツインソウル」という言葉を聞きます。その違いは「単数」というのがキーワードになります。つまり「ツインソウル」というのは一つの魂が分離した関係という意味です。

従って「ツインソウル」の相手は一人しかいません。いわば「双子」のような存在で、「男女の愛」を学ぶ目的でよく異性になって生まれてきます。

気付かないと損!ソウルメイトに出会った時のしるし

Free-Photos / Pixabay

「ソウルメイト」に出会った時のしるしとは、具体的にはどんなものか見てみましょう。人生の目的を互いに協力して歩む人ですから、それが解れば人生のプラスになり、前向きになれるからです。

この世に出ると「過去生」の記憶は無くなり、生まれる前の約束を忘れてしまいます。せっかく「ソウルメイト」に出会っても、気がつかずに通り過ぎるのは人生の「損失」です。この出会いを大切にしましょう。

そのために本物の「ソウルメイト」の「見分け方」を身につけ、有意義な人生を送るきっかけにしましょう

共通点がたくさん出てくる

「ソウルメイト」とはお互いの共通点が多いという特徴があります。例えば「音楽の好みが同じ」であるとか「出身地が同じ」などです。あるいは「趣味が同じ」とか「好きなタレントが同じ」などもあります。

過去生で何回も出会い「親子」や「親友」などだったこともあることから似通った部分があります。それが一種の「親近感」を感じ、親密になる原因なります。

会うとなぜか心も体も元気をもらえストレスが軽減する

「ソウルメイト」に接するたびに、自分が元気になると感じます。一緒にいると嫌なことも忘れ、溜まっていたストレスがあっても軽減します。相手が特別「ポジティブ」でなくても、心身共にパワーをもらえます。

よく似た魂は「共感」を覚え、それが自分らしさを取り戻します。「共感」は「ソウルメイト」と出会った「しるし」なのです。

初対面なのに最初から安心する

ItsMirkwoodGirl / Pixabay

「ソウルメイト」の見分け方の一つに、「初めて会ったのに安心感がある」というのがあります。普通は初対面の人と話していると気が休まりません。どこかぎこちなく構えています。それが通常です。

時間がたてば誰とでも打ち解けることは可能です。しかし「ソウルメイト」の場合は、「初対面」なのに始めから「安心する」という「特徴」があります。滅多にないことなので、すぐに気づくと思います。

良い感情も嫌な感情も色々湧いてくる

「ソウルメイト」と接していると、良いことばかりが起こるのではありません。逆に「虫の好かない人」と感じて「ライバル」になったりもします。でもそれはお互いを切磋琢磨するための場合です。

そのように反発の感情にも「人生の目的」が隠れている時があります。初めて会ったのに、そんな感情が湧くのは「ソウルメイト」である可能性があります。

喧嘩をしてもなぜか嫌いになることが出来ない

 

RobsonWojcik / Pixabay

口論になり「大喧嘩」をしてしまって、しばらくは口も利かないぐらい関係が冷え切るということはよくあります。「ソウルメイト」の場合はそれがなぜか「素直」になってしまい、相手の意見を受け入れてしまいます。

そしてすぐ「仲直り」をします。喧嘩にならないのです。何を言われても、その人が言うと気にならない場合もあります。「ソウルメイト」の場合は素直に相手を受け入れてしまうのです。

自分とは真逆の性格がところどころある

仲がいいのですが、なぜか「性格が真逆」な部分があったりします。「ソウルメイト」の場合は似ているところが多いと思いがちですが、反対の部分があります。それがかえって魅力になります。

「ツインソウル」ならば「そっくりな部分」が多いのですが、「ソウルメイト」の場合はもともと独立した魂なので似ていない部分もあります。

連絡のタイミングがよく合う

「そろそろあの人に連絡をとろうかな」とふと思った時、向こうから連絡が来ます。そんな良いタイミングが時々見られます。「ソウルメイト」はお互い離れていても、いつもどこかで意識しています。

感情が一緒など共感できることが多い

rawpixel / Pixabay

「共感」は「ソウルメイト」を探すときのバロメーターです。特に「好きなもの」は共感を良く感じます。また「嫌いなもの」なども一緒で、ともに批判したりします。そしてその場が盛り上がってしまいます。

趣味や食・食べ物などの好みがよく似ている

今まで共に暮らしていなくても、趣味や食べ物の好みが似ているのは「ソウルメイト」である可能性が高いです。出会うまでの人生が別でも、不思議と趣味や食べ物の傾向が同じと感じます。

過去生での一緒にいた経験が「魂の中」に生きていて、自然と現れてきます。「なんか似ているなあ」と感じる相手が「ソウルメイト」かもしれません。

シンクロニシティが起こる

geralt / Pixabay

「シンクロニシティ」とは「ユング」の説で「意味のある偶然の一致」といわれているものです。関係のないように見えることが不意に起こります。例えば偶然、街で出会ったとかもそうです。

またその人と話をしていたら「時計」が4時20分をさして、それが誕生日だったという風です。そんななんでもないことから、驚くような「偶然の一致」が「ソウルメイト」といる時によくおこります。

ゾロ目など同じ数字をよく見るようになる

これは「スピリチュアル」で言われることですが、例えば333などの数字や777のどのいわゆる「ゾロ目」を見るようになります。これがよく起こる時は、正しい道を選んでいる時に起こるといわれています。

「ソウルメイト」といると選択が正しいことを暗示しているように表れます。

初めて会った時にまた会う気がすると感じる

geralt / Pixabay

初対面の人とは、「また会うだろうな」なんて思いません。それっきりになるのもよくあることです。しかし「ソウルメイト」の場合はなぜか「この人とはこれからも会う気がする」と思ってしまいます。

そして離れてしまっても不思議と偶然のようにまた顔を合わせます。

出会う事によって自分の生活環境や人間関係が大きく変わる

geralt / Pixabay

「ソウルメイト」に出会うと、生活環境や人間関係が変化することがあります。人間は小さい時からの環境に支配されて、本来の自分を忘れます。それを「ソウルメイト」は気がつかせてくれます。

「ソウルメイト」との出会いはあなたの人生を好転させ、自分らしさを取り戻す「きっかけ」となります

初めて会ったはずなのに懐かしい感じがする

初対面でも前に会ったことがあるような気がする。「どこかでお会いしました?」などと聞いたりしますが、後で初対面であることに気づきます。だが何か「懐かしさ」を感じます。「ぬくもり」を感じるのです。

これも過去生の魂の記憶というべきでしょうか、かっては親子や兄弟、親友だったのですから不思議ではありません。

あなたのそばにソウルメイトが?既に出会っていた場合のしるし

Anemone123 / Pixabay

例えば「高校時代の友人のように、何気なく付き合っている人の中にも「ソウルメイト」はいます。とくに好きでも嫌いでもないけど「腐れ縁」というような付き合いが、卒業してからも続いている。

そんな場合は、「ソウルメイト」が気づかないまま側にいたなどのケースがあります。そんな時の「しるし」が見られるとしたら、どんなものがあるのか挙げてみましょう。

ソウルメイトといると気を許して体の力が抜けがちになる

なんの違和感もなく、付き合いが続いていると「ソウルメイト」に気づくのも遅くなります。ではそれを見分ける方法があります。それはその人といると「安心感」があるということです。

そのため「体の力」が抜けてしまうという現象が起きます。いわば、ついつい眠りを誘ってしまうという場合です。

お互いの会話のテンポや波長がよく合うと感じる

pasja1000 / Pixabay

会話をしていて「話のテンポ」のリズムは自分には「心地よいもの」が望ましいです。それが合う人は「ソウルメイト」の可能性があります。よく「波長」が合うという言い方をします。

スピリチュアルでは、人はすべて「自分固有」の波長があると教えています。世間では、それを「馬が合う」というような言葉で表現してきました。この感覚が大切なのです。

黙って会話がなくても居心地の良い相手

気を使って相手に話をする必要が無く、無言の時間が気にならないなら「ソウルメイト」の可能性が高いです。相手の気持ちが解るから、「沈黙」が怖くないのです。

よく「空気みたいな存在」といいますが、正に自然な存在になっています。それが「居心地」がいいと感じます。

相手が存在しているだけで自分が大きく成長できる

rawpixel / Pixabay

「成長」という言葉は「ソウルメイト」にとっては大事な言葉です。「ソウルメイト」の存在そのものが「お互いの魂の成長」を目的としています。したがって色々な立場から「影響」を与えあいます。

相手の存在が「自分のプラス」になっているのかを、よく考えましょう。もしそうならば、その人は「ソウルメイト」です。

夢と現実がシンクロする

「シンクロ」とは「意味のある偶然の一致」というフロイトの学説で、ふとした一致が重要な意味につながるということす。「ソウルメイト」ともこれが頻繁に起こります。しかも夢の中と、現実の間にです。

それが一致すると、それを教訓にして自分の生き方を改める、というようなことがおこる場合もあります。

服や行動などあらゆる面でシンクロしていることが多い

これは特に「同性同士」の「ソウルメイト」によくあることなのですが、一緒に住んでもいないのに、頻繁に「同系統」の服装をしたり、よく似たアクセサリーをつけたりします。真似をしようと努力をしなくてもです。

これも「シンクロ」の一種で、その一致に大笑いをするなどのことはよく見られます。

一人では出会わないのにデートしている時に限ってよく会う

Garysun / Pixabay

これは「同性」の場合もあるし「異性」の場合もあります。デートの時は自分にとっては大事な時間です。そんな場合いに限って不思議と「ソウルメイト」に出会います。まるでお互いを確認しているようです。

「ソウルメイト」が異性の場合はそれがきっかけとなり、「恋愛の道」も変わることまあります。同性の場合はそれが「応援」につながる場合もあります。

会うたびに気になり頭から離れなくなってくる

sasint / Pixabay

まるで男女の恋愛の感情のようなことがあります。異性なら尚のこと、相手のことが常に頭から離れません。同性でも恋愛感情はなくとも、なんとなく気になります。それが回数を重ねるたびに、強くなります。

過去生で親子や夫婦だった可能性があり、肉体的な条件を超えてお互いが魅かれあいます。

偶然にも行く先々で何度も会う

偶然に「ソウルメイト」に会うのは、シンククロニシティの一種です。買い物に行って時や駅で偶然出会います。これを一つの「ソウルメイト」のサインとしてみることもできます。

ときにはその人の顔を思い浮かべていると、出会うなんてことがあります。

NEXT ツインスターに関連する記事はこちら