ソウルメイトに出会ったしるしとは?出会い方や見分け方を紹介!

人間は「生まれ変わり」を繰り返す中で「既婚者の相手」のように「縁の深い魂」が誰にでもいて、それを「ソウルメイト」といいます。その人に「出会ったしるし」や、その「見分け方」があります。「ツインソウル」というよく似た言葉との関連などと共に見ていきましょう。

ソウルメイトに出会ったしるしって?サインがあるの?

cremedelacher / Pixabay

「ソウルメイト」に出会った時に「何らかのしるし」があるのか気になるところです。それが解れば自分は「ソウルメイト」に出会っていることに気がつきます。また気が付かない間に出会っている可能性もあります。

出会ったしるしはあります。それはなんでもない感覚だったり、ごく自然な付き合いの中にある時もあります。それらを例を挙げて確認していきましょう。

そもそもソウルメイトとはどういう意味?

「ソウルメイト」の意味を直訳すると「魂の友人」です。しかしもう少し深い意味があります。「輪廻転生」を繰り返す中で魂を成長させるため「同じ使命」や「目標」を持ち、何度も共に生まれてきた「魂の友人」です。

一般的にいうと、「運命の人」というような言い方をします。「既婚者」の相手などはそういう風に感じて結婚した人もおられるでしょう。しかい「ソウルメイト」は異性とは限らない場合があります。

ソウルメイトは1人だけ?複数いることもある?

rawpixel / Pixabay

「ソウルメイト」は各人に、たった一人しかいないのではありません。「ソウルグループ」という言葉が在るぐらいでから、複数いるのです。それは「同じ目的」を持った魂のグループで、彼らには役割分担があります。

例えば「親子」であるものや「兄弟」「親せき」などになるものがいれば、血縁が無くとも「親友」になるものもいます。そうして同時代に生まれ、同じ目的を共有するのです。

ソウルメイトとツインソウルの違いとは

「ソウルメイト」とよく似ているもので「ツインソウル」という言葉を聞きます。その違いは「単数」というのがキーワードになります。つまり「ツインソウル」というのは一つの魂が分離した関係という意味です。

従って「ツインソウル」の相手は一人しかいません。いわば「双子」のような存在で、「男女の愛」を学ぶ目的でよく異性になって生まれてきます。

気付かないと損!ソウルメイトに出会った時のしるし

Free-Photos / Pixabay

「ソウルメイト」に出会った時のしるしとは、具体的にはどんなものか見てみましょう。人生の目的を互いに協力して歩む人ですから、それが解れば人生のプラスになり、前向きになれるからです。

この世に出ると「過去生」の記憶は無くなり、生まれる前の約束を忘れてしまいます。せっかく「ソウルメイト」に出会っても、気がつかずに通り過ぎるのは人生の「損失」です。この出会いを大切にしましょう。

そのために本物の「ソウルメイト」の「見分け方」を身につけ、有意義な人生を送るきっかけにしましょう

NEXT 共通点がたくさん出てくる