出不精とは?出不精な人の特徴や心理まとめ!原因や改善方法は? 恋愛・心理

出不精とは?出不精な人の特徴や心理まとめ!原因や改善方法は?

「出不精」という言葉を聞いたことがある人はいると思います。この言葉の意味は外に出かけることが面倒で家に引きこもっている様子を表しています。今回はその出不精のことについてその特徴や心理、引きこもりとの違い、またその原因や改善方法など様々見ていきたいと思います。

目次

[表示]

出不精とは?どういう意味?

congerdesign / Pixabay

「出不精」とはあまり日常生活では馴染みのない言葉ですが、その言葉は大まかに、外に出ることを面倒に思い、家に引きこもっているような状態の事を表します。

「出不精な人」と言い換えると家の中にずっといて引きこもっている人の様子を表します。今回はその言葉についての意味などの事を掘り下げていきたいと思います。

出不精の読み方は?どういう意味?

Kirgiz03 / Pixabay

「出不精」と言われても、普段あまり使われない言葉のため、すぐにその意味が出てこない人も多いと思いますが、その読み方は「でぶしょう」といいます。

そしてその言葉の意味は、外出を面倒くさがり、家の中にずっといる人の様子、外出に不精なさまの事を表しています。

日常会話では「出不精な人」というような使い方をされていて、外出することが面倒で休日などほとんど家で過ごしているような人のことを表現します。

出不精と引きこもりの違いは?

Free-Photos / Pixabay

出不精な人というのは引きこもっている人と同じような意味で使われることが多いですが、厳密には意味に違いがあります。

出不精というのは休日などに外に出かけるのが面倒ですが、必要最低限の買い物などの為には外出は仕方なくするような様子を表しています。

対して、引きこもりというのは平日も休日も四六時中家の中に閉じこもり外出などは一切しないような様子を表します。

出不精の反対語・対義語は?

RyanMcGuire / Pixabay

出不精の対義語・反対語となるような言葉は、実はなく、これといったものはありません。強いて言うならばこれが当てはまるだろうという程度の言葉しかありません。

その候補としては「出突っ張り」「出たがり」、「目立ちたがり」などの言葉が出不精の対義語・反対語になりますが、必ずしもこれが正解などとは言えない所があります。

また、最近の言葉のでは、「アウトドア派」「陽キャ」「リア充」なども出不精の対義語・反対語として、場面によっては意味が通じるということもあります。

出不精な人はどんな人?特徴は?

kiragrafie / Pixabay

出不精についての意味などを紹介してみましたが、実際この「出不精な人」というのはどのような人でどんな特徴を持っているのでしょうか。早速見ていきたいと思います。

性格が繊細で傷つきやすい

MabelAmber / Pixabay

出不精な人というのは、繊細で傷つきやすい性格をしていることが多いです。外に出れば、当然人目に晒されたり、心ない一言が周りから聞こえてくるということは珍しいことではありません。

繊細な人というのはそのような些細なことでも自分が傷つくことを恐れてしまうため、必要のない外出はしないようにし、用事がない限り外出を避けるようになる為に、自然と出不精な人となっていきます。

周りに気を遣う

rawpixel / Pixabay

出不精の人の心理としては、周りに気を配る性格をしているというものもあり、人に気を使いそれで疲れてしまうことが嫌であるということがあります。

人と話すのが苦手というより、気を使ってしまうので、少しずつ人との関わることが面倒になっていくため、そこで出不精な人となってしまいます。

思考がネガティブ

DanaTentis / Pixabay

出不精の人は、ネガティブな思考をしている人が多いです。外出先で嫌なことがあると、そこですぐにネガティブな方向に思考がいってしまいがちです。

その嫌なことということが小さく些細なことでも、それが「自分が外出したせいで」ということとして捉えてしまいます。そのため無意識の内に外に出掛けることを避けるようになってしまいます。

人見知りをする、人付き合いが苦手

Free-Photos / Pixabay

出不精な人というのは人付き合いが苦手で人見知りをしてしまう傾向にあります。それは外出先で 知らない店員さんなどと対話することが苦手のため、外出することが億劫に感じてしまいます。

また、出掛けた先で会いたくない知り合いなどとばったり遭遇してしまうことも恐れているために、出掛ける必要がない時は外に出たくないという気持ちがあります。

友達が少ない

StockSnap / Pixabay

人が出不精になってしまう原因として、「友達が少ない」ということがあります。

元々性格的にはそこまで出不精な人ではなくとも、外に出て遊ぶ相手や買い物に付き添ってくれる人がいなければ外出の機会は減り、自然と出不精な人になっていきます。

逆に出不精な性格の人は、外出が面倒であるため、友達の誘いを断り続けて、その結果、友達が減っていくという場合があります。友達が少ないことは、出不精な人になる原因にもなりますが、その人の特徴にもなります。

外でお金を使いたくない、節約家

stevepb / Pixabay

出不精な人の場合、外でお金を使いたくないと思うような節約家であることがあります。その理由は様々ありますが、外出しなければ外で余計なお金を使うこともなく簡単に節約することが出来ます。

運動不足・運動嫌いで外に出る体力がなく疲れやすい

skeeze / Pixabay

運動嫌いで体力がなく、外に出るとすぐ疲れる事が原因で、出不精となる人は多いと言われています。

普段から運動不足な為に外出していても、すぐ疲れてしまい、結果としてあまり外出を楽しめなくなってしまいます。そのために休日も外に出て何かを楽しもうとする行為を避けてしまうようになってしまいます。

疲れが溜まっている、ストレスがある

Pitsch / Pixabay

出不精な人というのは疲れがたまっていたり、ストレスを抱えていたりすることがあります。それが原因で何もやる気が起きず、その結果、外出するのが面倒に感じてしまいます。

うつ病などの病気

stevepb / Pixabay

出不精と言われると、それは本人の性格によるものと思われてしまいがちですが、中にはうつ病などの事が原因であることもあります。

仕事上で心身の疲れや人間関係のトラブルに巻き込まれたりすると、うつ病などの精神疾患にかかってしまうこともあります。その場合では何をするにも気力が無く、当然外に出ることも避けるようになります。

このパターンで出不精になると、食欲が無くなったり、疲れていても眠れなくなるなどの症状が出てくるので身近な人でも気がつきやすく、その変化に周りは心配になってしまいます。

めんどくさがり屋な性格

mathey / Pixabay

出不精な人はめんどくさがり屋な性格をしていることが多いです。外に出て何かをすることは基本面倒なものとして考えることが多く、仕事などのやむ負えない事情が無ければ外出は極力避ける傾向にあります。

また、プライベートなどでは特に外出先で発生する他人との絡みを想像してしまい、すでにそこで面倒と感じてしまい家の中に引きこもってしまいます。

交通の便が悪いところに住んでいる

Free-Photos / Pixabay

出不精になる原因の一つとして「交通の便が悪い」というものがあります。これは、もともと外出することが嫌いではなくとも、交通の便が悪い所に住んでいることが原因で出不精になっていくということです。

田舎などでは身の回りに駅やバス停などが無く、あったとしても1、2時間に1本ということが珍しくないため、そこで出掛ける手間を考えた時に嫌になって、気が付けば自分が外出することを避けるようになっています。

タワーマンションに住んでいる

StockSnap / Pixabay

タワーマンションなどの高い階に住んでいる人というのは、物理的に外に出るに時間が掛かってしまうため、外出が面倒になります。

マンションでは外に降りるため、階段やエレベーターを利用する必要があります。 しかし、高層階に住んでいる場合、どちらにしても時間が掛かってしまいます。

毎日、そのような手間をかけて外に出ないといけないため、面倒な思いが日に日に積み重なっていき、気が付けば自然と外出を避けるようになってしまいます。

家の中が好き

hschmider / Pixabay

出不精な人の中には、外出が嫌というよりは家の中で何かすることが好きだという人もいます。 漫画やゲーム、映画鑑賞などの家で出来ることが、外で遊ぶより楽しいと感じてしまいます。

そのためわざわざ外出する必要がなく、 他人に外に出ることに誘われても、家の中にいることを優先してしまいがちです。

家の中でできる趣味がある

家の中でできる趣味を持っている人は出不精になりやすい人が多いです。インドアな趣味例えば、「読書」「ゲーム」「映画鑑賞」など様々な物があり、これらの事は外に出なくともできることです。

また最近では、「ネットサーフィン」「SNS」「動画視聴や配信」等の家の中でも出来ることが増えているため、出不精の人というのは多くなっていき、それほど珍しいものでもなくなるということが言われています。

ペットを飼っていてペット好き

amayaeguizabal / Pixabay

ペットを飼っている場合、外に散歩する以外ではペットの事を自分の家の中で世話をするため、あまり外出をしなくなることが多いです。

また手間暇掛かってしまうペットを飼う人はそのペットの事が好きで飼うことになる為、外で遊ぶより家の中でペットと一緒遊んだり世話をすることの方が好きであることが多いです。

オタク

TheDigitalArtist / Pixabay

ネットやゲームなど家で出来るような趣味に没頭しやすい人、いわゆる「オタク」な人は出不精であることが多いです。それは家の中では、人目を気にする事もなく自分の趣味に没頭する事が出来るためです。

学業や仕事で外出していても、早く家に帰ってゲームや趣味の続きをすることを考えてしまいます。そのために必然と出不精な人になりやすいです。

草食系男子

LichDinh / Pixabay

恋愛について淡白で受け身な姿勢の男性の事は草食系男子と言われていますが、このタイプの男性は出不精であることが多いです。

草食系男子である人は恋愛に対して奥手で自分から女性にアプローチをかけていくことが苦手であり、同様に積極的に外に出て出会いを求めるというような行動を取りません。

従って、外出する機会があまりなく友達と遊ぶというようなことがない限り、家の中で過ごすことが多いため、出不精な人になりやすい傾向にあります。

腐女子

nguyentuanhung / Pixabay

腐女子である女性というのは出不精になりがちです。このタイプの人間もいわゆるオタク気質なところがあり、家でできるような趣味に没頭しがちなため、出不精な人が多いです。

しかし、オタクである人というのは、舞台やイベントなどの外出する必要のあることに限れば、自分から積極的にそのイベントを楽しむために外に出るという一面があります。

育児をする主婦

mohamed_hassan / Pixabay

育児に専念している主婦というのは、育児の状況的に外出が難しく、それが長期間続いてしまうと、外界の人との接触が面倒になってしまうために、出不精な人になってしまうことがあります。

育児中は特に子供が幼い時は、子供から目を離すことが難しく様々な点で外出することに手間がかかってしまいます。その状態が続いてしまうと、もともと活発だった人でも出不精になってしまうことは珍しくありません。

妊婦

Free-Photos / Pixabay

妊婦の人の場合、体調などの事情から出不精になってしまいがちです。

妊娠中だと健康の為にある程度運動をする必要があるのですが、当然妊娠する前と比べれば体を動かしにくくなるため、外に出ることに抵抗を覚えてしまう人は少なくありません。

また、妊娠中だと脳貧血などの症状が出やすくなり、体調が変動しやすいので、なるべく家の中で安静にしたいと思う人が多く、結果として、出不精になりやすくなります。

どうして外に出たくないの?出不精な人の心理とは?

MichaelGaida / Pixabay

ここまで、出不精な人の特徴について様々見てきましたが、そのような人にはそれぞれ外に出ることを面倒くさがる心理が働いています。そこでその出不精になる原因やその心理について触れていきたいと思います。

外に興味がない

langll / Pixabay

出不精な人というのは外で起きている出来事などに無関心であることが多いです。外で行われる祭りやライブなどのことに興味がないために、外に出るきっかけとなることがなく、出不精になりやすいです。

流行やおしゃれに興味がない

rawpixel / Pixabay

流行やおしゃれに興味がない人というのも出不精になることの原因となります。流行やおしゃれなことを外に出て確認しに行くといったこともなくなり外出の機会なども自然と減っていくこととなります。

グルメに興味がない

Daria-Yakovleva / Pixabay

グルメに興味がない人というのも出不精になりがちです。グルメな物を実際に食べに外に出るというようなことも無くなってしまうので、同じように外出の機会も少なくなってしまいます。

NEXT:外見にコンプレックスがある
1/3