50代が避けたい髪型のポイントまとめ!似合う髪型の選び方は? 美容

50代が避けたい髪型のポイントまとめ!似合う髪型の選び方は?

若いうちは、色々と冒険できていた髪型もさすがに50代ともなると、芸能人のようなストレートロングや暗くて重い感じのカラーは似合わないかもしれません。むしろ傍から見ると少し痛い人かも。50代の避けたい髪型や似合うヘアスタイルを検証してみました。

目次

[表示]

50代が避けたい髪型は?何に気をつけたら良い?

burnnet / Pixabay

鏡をのぞいてください。そのヘアスタイルは今の自分に似合う髪型ですか?髪型が決まらないせいか「何を着てももしっくり来ない」なんて事ありませんか?50代になってそう感じることが多くなった人は要注意です。

年齢とともに、ボリュームがなくなった髪で作るヘアスタイルが、顔やファッションとのバランスが取れていないのかもしれません。あるいは若く見せるために、髪に負担をかけてはいませんか?

50代には50代の年齢を重ねた魅力があります。むしろ50代だから似合う髪型もたくさんあります。人生経験が豊かで教養を深めた年齢だからこそ、今の自分を思う存分輝かせてくれる髪型を選びましょう。

50代が避けたい髪型のポイントまとめ!

Engin_Akyurt / Pixabay

自分では似合うヘアスタイルだと思っていても、第三者から見て「若く見せようと無理している」と思われるのは心外です。とは言っても、人の目は案外正直なもの。

そこで、50代が避けたい髪型をまとめてみました。今の自分のヘアスタイルと見比べなから参考にしてみてください。

ポイント①ストレートヘアーは危険!ボリュームが大切

RyanMcGuire / Pixabay

50代ともなると抜け毛が多くなったり、髪が細くなってボリュームがなくなります。ロングでもミディアムであっても全体的にペタンコに見えるストレートは50代女性が避けたい髪型のひとつです。

顔の額縁とも言える髪型を変えることで人の印象は大きく変わります。髪が薄くなり貧相に見えがちな50代には、髪にボリュームを持たせることで華やかさを演出することも必要です。

ポイント②顔とのバランスが悪いと綺麗に見えない

burnnet / Pixabay

丸顔なのに全体的にボリュームがあるパーマにすると顔の大きさが際立って見えてしまいます。面長なのにロングのストレートにすると顔の長さが強調されてしまうこともあります。

顔の形や目鼻立ちのバランスに似合うヘアスタイルはとても大切です。特に50代になるとヘアスタイル一つで見た目年齢に大きな差が出てしまうことから、バランス感は最も気を使いたいポイントです。

ポイント③ロングヘアーは貧相に見える

nastya_gepp / Pixabay

コシがあって艶があるロングヘアーはとても綺麗です。50代の場合は、髪質も変わりキューティクルも不足していつのまにかバサバサした感じに。おまけにボリュームも無くペタッとしているとますます貧相に見えます。

50代の女性にショートカットが多い理由であるのかもしれません。どうしてもロングにしたい場合はゆるやかなカールなどでボリュームを持たせるか、帽子などのアイテムを使うのも良いかもしれませんね。

ポイント④手抜きスタイルはNG!おばさんっぽさが出る

50代Pexels / Pixabay

50代は家事や仕事に追われ「髪型なんていちいち構っていられない」という人も多い年齢かもしれません。でも、生活に追われていつもボサボサした髪型というのも残念な事です。

時には頑張っている自分へのご褒美に、ヘアカラーを明るくしたり毛先を少しカットするだけでも気分が上がります。50代は昔と違い今の世の中では、まだまだ若い部類に入るのですから身なりには気を使いましょう。

ポイント⑤暗すぎる髪色は白髪を目立たせることに

KELLEPICS / Pixabay

カラーをすると言っても、ダークな色は白髪を目立たせます。だからと言って白髪染めも使用頻度が高くなるとと髪を痛めてしまいます。またあまりにも暗い色は顔の疲れや年齢の高さが増長して見える事もあります。

自分の雰囲気とファッションに合わせた明るめのカラーを選ぶことで、顔色を明るくセンスよく見せてくれます。

ポイント⑥パッツン前髪は目元の疲れを強調

1643606 / Pixabay

前髪を一直線に切ったパッツン前髪は、目元をとても強調して見せる髪型です。年齢によって瞼が下がり始め、どうしても目元に疲れが出てしまう50代にとっては避けたい髪型かもしれません。

厚く重たい前髪ではなく、軽く透け感がある前髪の方が印象が柔らかくなります。あるいは長めの前髪でシャープさを演出するのもカッコ良く見えます。

ポイント⑦傷んだ髪は、老けて見える原因

StockSnap / Pixabay

キューティクルも減少してパサパサ感が目立ってきた髪。十分なお手入れをしなければ、すぐに傷んでしまう髪質になるのも年齢を重ねた50代ゆえなのですが、あまりに傷んでしまうのも問題です。

最近は年齢層が高い人向けにシャンプーやコンディショナーも充実していますのでそれを活用したり、髪が綺麗な芸能人が使っているアイテムをマネしたりするのもアリかもしれません。

ポイント⑧若作りは痛々しいだけ

RondellMelling / Pixabay

自分のヘアスタイルがいまだに若い時のままだったり、盛髪や派手なヘアアクセサリーなどで見た目痛いおばさんになってないか、客観的に見る必要があります。

「若作り」は痛いおばさんというイメージがありますが、「若々しい」は全く別です。若い人のマネをすることで若く見せるのではなく若々しく見えることを意識しましょう。

50代が避けたい髪型【具体例】

thisismyurl / Pixabay

どんな髪型が自分に似合っているのかよくわからない、という迷路に迷い込んでしまっている50代の女性もたくさんいます。若い頃であれば色々と冒険できていた事がなかなか難しい年代になってきたのも確かです。

また、普段着る服によっても変わってきます。そこで50代が避けたい髪型を詳しく検証しました。

具体例①:ストレートロングで前髪も眉上

nastya_gepp / Pixabay

若い人にはコケティッシュで可愛く見える髪型であっても、50代の女性には難易度が高い髪型かもしれません。悪い言い方をすると額や目元のシワが目立ってしまう50代女性が避けたい髪型と言えそうです。

若い時からずっとストレートロングだったという人も一度、ヘアスタイルを変えてみてはいかがでしょう。第三者の目から見てどうなのか、を確かめてみましょう。

具体例②ツインテール等の若作り

oliana_gruzdeva / Pixabay

50代の女性がツインテールにしていると、例えその人が若く見える人であったとしても、周りの人は痛々しい気分にさせられるものです。まるで見てはイケない物を見てしまった、という気持ちにさせてしまいます。。

コスプレを楽しんでいる場合でない限り、50代女性はやめておいた方が無難な髪型です。また、あまりきつく結ぶことも髪の負荷がかかり抜け毛の原因になったりします。

具体例③重たいボブ

oliana_gruzdeva / Pixabay

人は年齢が進むと、どうしても眼瞼下垂といって目に瞼がかぶさったように下がってきます。前髪を重くしたボブスタイルでは返ってそれが強調されてしまい見た目年齢が上がることも。

すっきり爽やかに見せる事も若々しく見られる秘訣かもしれません。少しレイヤーを入れて毛先を軽く遊ばせる感じのボブも素敵です。

具体例④レイヤーをたくさん入れたロングヘアー

DzeeShah / Pixabay

少なく細くなった髪にレイヤーをたくさん入れてしまうと、美容室で仕上げた時は、そうでも無かったのに自分でヘアスタイルを整えようとしたらパサパサ感が半端ないという事もあります。

髪を切って仕上げてもらっても、日頃のヘアスタイルは結局自分で調えなければなりません。自分でお手入れできるスタイルかよく考える事も大切です。

50代にピッタリな髪型のポイントまとめ!

ivanovgood / Pixabay

50代の女性に求められるものは「知性と品の良さ」という大人の女性の魅力です。人生経験が豊富で色々な教養を身に付けた50代女性には知性が感じられる上品な髪型が似合います。

もちろん顔や顔とのバランス、日頃身に付けているファッションとの適合性も考えて自分の個性に似合う髪型を選びましょう。

①やわらかい髪型

terribileclaudio / Pixabay

少しボリュームがあり、顔をフワッと包むような柔らかなシルエットは、優しく柔和な印象を与えます。あまりきつくウェーブを作ると顔つきもきつい印象になりますので軽いウェーブを意識しましょう。

アップにする場合もキッチリしたキャリアウーマンっぽくせずに、少し後れ毛で遊ばせる感じの緩やかなものが良いかもしれません。ただ、あまり遊び毛を多くし過ぎてだらしく見えないようバランスには注意しましょう。

②上品な髪型

AlexKlen / Pixabay

「品の良さ」は50代女性にとって、とても重要なポイントです。ショートでもロングでも上品であることは、大人の女性でしか表現できない色香につながるからです。

50代の女性が持つ最大の魅力は「上品な大人の色気」であり、髪型やファッションに品の良さを求めることは自分の魅力を最大限に魅せる事に繋がります。

③ボリュームのある髪型

jonas-svidras / Pixabay

髪が全体的にペタッとしている人は、トップに少し柔らかいボリュームを出すことで随分と若々しく見えます。髪が痛まないパーマをかけてボリュームを出すのも良いでしょう。

最近はトップだけのウィッグ等の便利なアイテムがたくさん出ていますので、活用するのも一つの方法です。いずれにしてもやり過ぎないように全体のバランスを考えて挑戦してみましょう。

④カラーはブラウン系で明るめに

terribileclaudio / Pixabay

暗くて濃い色のヘアカラーは、重々しい雰囲気になってしまいます。顔色をワントーンあげてくれる明るめのブラウン系のヘアカラーがお勧めです。

それにあまりにもダークな色だと白髪が目立つこともあるようです。髪の色を明るくする事で目立たなくなる効果もあります。髪色も明るくして気分も一緒に明るくしましょう。

⑤白髪染めのダメージにも注意

jackmac34 / Pixabay

頻繁に白髪染めをすると、年齢によって抵抗力のなくなった髪にますます負担がかかり傷んでしまいます。3か月に1,2回程度に抑えておきましょう。

それに今はシャンプーするたびに白髪が改善するコスメもあるようです。行きつけの美容師さんに相談したりしてあまり髪にダメージを与えないようにしましょう。

⑥ひし形のようなリフトアップを意識したシルエットの髪型

oliana_gruzdeva / Pixabay

どんな髪型でも似合う理想の顔の形は卵型ですが、ひし形シルエットのヘアスタイルは顔を卵型に見せる効果があるそうです。また顔を小さくみせる小顔効果もあります。

トップに少しボリュームを持たせ、立体感のあるひし形シルエットでリフトアップを意識しましょう。前髪を下ろす場合は少し透け感がある軽い感じが良いかもしれません。

⑦動きのある髪型

StockSnap / Pixabay

振り向いた瞬間、ふわっと揺れる髪はとてもキュートで、可愛らしさと女らしさが同時に感じられるかもアイテムかもしれません。作り過ぎていないラフな感じがより一層大人の魅力を引き立ててくれます。

それと相まって目元のシワに魅力を感じさせるのも、大人の女ならではの特権かもしれません。

お手入れもしっかりと

nomura8080 / Pixabay

せっかくスタイルの良い髪型にしても清潔感がなければ、台無しです。特に皮脂が詰まりやすく毛根に栄養が行かなくなった50代にとって毎日のブラッシングやシャンプーは大切です。

また、髪に栄養をプラスする美容液や、コンディショナーなども自分に合ったものを選んでお手入れする事で健康な髪を手に入れましょう。

50代に似合う?長さ別ヘアスタイルまとめ!

nastya_gepp / Pixabay

ヘアスタイルは、その人の個性を引き出してくれます。自分の個性を十分に知った上で髪の長さやパーマをかけるか決める事も大切です。

女らしさを強調するならロングスタイルでなければいけない、なんて事はありません。ショートでも十分に女らしさをアピールでできます。大事なのは自分に似合うヘアスタイルであることです。

①パーマありのショートヘア

oliana_gruzdeva / Pixabay

ただのペタンとしたショートスタイルは、50代女性には貧相な印象が一層強くなります。ゆるいパーマで少しボリュームを出して動きのある立体感を演出しましょう。動きのある毛先で大人可愛い印象にしましょう。

②ウルフカットのショートヘア

Pexels / Pixabay

毛先のダメージがひどい場合は、毛先を切ってレイヤーを入れることで軽さを演出したスタイルにしましょう。耳を出したりするとフェイスラインもすっきりと見せてくれる効果があるようです。

③前下がりボブ

Engin_Akyurt / Pixabay

普通の優しいボブと違い、センス良く見せるのが前下がりのボブスタイル。シャープなラインが知的な印象を与えてくれます。しかも意外にどんなファッションでも似合ってしまうヘアスタイルです。

日本人はボブスタイルと言うと黒い髪を想像しがちですが、明るめのヘアカラーでも上品さは失いません。かしこまった席でもカジュアルな場所でも素敵に見えるヘアスタイルです。

④レイヤーありの動きがあるボブ

oliana_gruzdeva / Pixabay

少しレイヤーを入れたボブスタイルはふんわりと優しい軽さが特徴です。髪をかき上げた時の無造作な仕草もしっくりくる髪型です。外にはねた感じの毛先でメリハリのあるシルエットを作れます。

NEXT:⑤ミディアムはトップのボリュームを出すセット方法で
1/2