射精の瞬間はどんな感覚?気持ち良くなる仕組みやオーガズムとの違い恋愛・心理

射精の瞬間はどんな感覚?気持ち良くなる仕組みやオーガズムとの違い

目次

[表示]

オナニーよりフェラの方が断然気持ち良い?

mintchipdesigns / Pixabay

オナニーでももちろん射精の気持ちよさを味わえますが、フェラで発射した時の快感はまた格別です。

女性のテクニックにもよりますが、フェラチオは本来男性の支配欲を満たすものであり、実際に射出される精子の量も増すと言われています。

オナニーをする方法でも射精する瞬間の感覚は変わる

HNDPTESBC / Pixabay

気持ちよさを増すためのおすすめのオナニーは、ぎりぎりまで寸止めすることです。

射精寸前にまで至ったら刺激をいったんやめ、数十秒間おいてまた刺激する、ということを何度か繰り返すことによって精液量が増し、快感も高まります。

彼氏が射精する瞬間にしてあげたいこととは?

Claudio_Scott / Pixabay

セックスの場合、射精は決して男性ひとりの行為ではありません。女性側のちょっとした協力によって、男性の気持ちよさを倍増させることができます。

キスで身も心も満たす

Pexels / Pixabay

男性は触覚によって快感を得る生き物です。正常位や騎乗位で密着している間も男性のいろいろなところにキスをして、気持ちを思いきり盛り上げてあげましょう。

イキそうな時には睾丸を刺激しない

AdinaVoicu / Pixabay

睾丸は男性にとって、本当の意味で急所といってもいいポイントです。

特に、絶頂をむかえる寸前の男性の睾丸はいちだんと敏感になっているものであり、睾丸をちょっと刺激しただけで射精の高まりが急激に萎えてしまうものです。

「いっぱい出して」と囁く

366308 / Pixabay

女性としてはAVみたいでちょっと恥ずかしいかもしれませんが、男性が絶頂をむかえそうになったらそのタイミングで「いっぱい出して」と囁いてあげましょう。

そんな単純なことでも男性は充分に興奮するものですし、実際に射出量も大幅に増えると言われています。正常位や騎乗位で男性にぴったり重なって、耳もとで「出して」と囁くだけで効果は絶大のはずです。

会陰部を刺激する

Pavel-Jurca / Pixabay

男性の性感帯の中心はもちろんペニスですが、その下の会陰部もまた男性にとって敏感な部位のひとつです。前戯では指でサワサワしてあげるのもいいですね。

抱きしめてあげる

Babienochka / Pixabay

男性は女性の包容力に弱いもの。セックスの前や前戯の間でさりげなく男性をギュッと抱きしめてあげることで男性としてやる気が高まり、性的興奮度も向上していきます。

全ての感覚を使って興奮を煽る

StockSnap / Pixabay

男性は視覚的刺激によって興奮を得ると言われていますが、もちろんそれ以外の感覚もセックスでは大切です。

男性が意外と好きなのが騎乗位。特に、女性が密着して腰をピストンさせながら、耳もとで「愛してる」、「イッちゃう」などと甘くささやかれるだけですぐに発射してしまう、という男性も多いようです。

出来れば一緒にイク

セックスにおいて男性が最も嫌うのが「自分よりも先にイカれる」ということです。オーガズムに達した女性はどうしても反応が鈍くなり、男性としてもやる気がなくなってしまいます。

また、女性がイク時には膣の筋肉がさらにギュッと収縮しますので、ペニスへの刺激がよりいっそう強まり、お互いに気持ち良くなります。

下手な寸止めはNG

13smok / Pixabay

女性の中には、手コキやフェラチオをしていて男性が突然射精をするとびっくりしてペニスへの刺激をやめてしまう人がいますが、それは極力やめてください。

せっかくイキかけているのに突然やめられてしまうと男性としてはやはり不満が残りますし、それ以上に精液が尿道に逆流して感染症のリスクが高まるとも言われています。

男性の七不思議!賢者タイムの意味とは?

RondellMelling / Pixabay

射精直後から必ずおとずれるやっかいな賢者タイム。賢者タイムさえなければもっとセックスを楽しめるのに……と思っている男性も多いのではないでしょうか。賢者タイムの秘密について見ていきましょう。

射精後に眠らせたいから?

zoosnow / Pixabay

勃起をして射精、という流れは思っている以上に負担の大きいプロセスです。もしも賢者タイムがなければ、男性はきっと快感をもとめて限界まで体を酷使していたことでしょう。

そこで、賢者タイムをもうけ、射精にインターバルを与えることで体を休める時間をつくる、という目的があるのかもしれません。

浮気の防止?

Pexels / Pixabay

男性は本来、不特定多数の女性に精子という子種をばらまくことでより多くの子孫を残すようにできています。

ただ、ヒトが人間になり、社会化するにしたがって一夫一妻制に近づき、特定の女性と子孫を残す、という方向にシフトしていきました。

賢者タイムがあれば必然的にセックスの回数にも制限がかかりますから、その分だけ一夫一妻制を維持しやすくなると考えられています。

敵から身を守るため

Hans / Pixabay

すべての動物にとって、セックス(交尾)の瞬間が最も無防備になります。射精後もいつまでも興奮状態がつづいていたのでは冷静な判断ができず、敵に襲われてしまいます。

賢者タイムをつくることによって射精後すぐに冷静に戻ることができ、外敵から襲われるリスクを極力減らす意味があると考えられています。

動物にも賢者タイムがある?

Sponchia / Pixabay

人間以外の動物にも賢者タイムがあるかどうかは、研究はさかんにされているようですが未だにこれといった証拠は示されていないようです。

人間に近いサルやチンパンジーであれば賢者タイムらしきものがあるのかもしれませんが、それについても明確なデータがないのではっきりとしたことは言えません。

ただ、サルやチンパンジーは人間と違って発情期にしかセックスしませんから、ある意味では発情期以外はいつでも賢者タイム、と言えるのかもしれません。

射精の気持ちよさは人それぞれ!セックスをもっと楽しく!

1820796 / Pixabay

ペニスをただ刺激すれば射精して気持ち良くなれる、というわけではありません。射精の気持ちよさを高めるためには女性側の協力も大切で、声や手で男性を刺激することで気持ちも盛り上がります。

カップルや夫婦であれば、セックスのシチュエーションを変えることでがらりと雰囲気が変わり、お互いにセックスを新鮮な気持ちで楽しめるようになるかもしれません。

関連する記事はコチラ!

2/2