中学生の初キスのタイミングやおすすめの場所は?気を付けることは? 恋愛・心理

中学生の初キスのタイミングやおすすめの場所は?気を付けることは?

カップルの愛の証と言ったらキスですよね。中学生になって恋人ができた人は、そろそろファーストキスをしたいと思っているのではないでしょうか?キスの仕方が分からない方に向けて、本記事ではキスのタイミングや場所、注意点について紹介します。

目次

[表示]

中学生のファーストキスはどうしたら良いの?

StockSnap / Pixabay

思春期を迎える中学生は、身体だけではなく心も大人になっていきます。小学生の頃から友達だった相手を異性として感じるようになってくることもあるでしょう。

部活の先輩に恋い焦がれる女性も多く、恋愛ドラマのような展開でお付き合いをすることもあるのです。胸がドキドキしたりギュッと締め付けられるような気持ちを感じるのは、あなたの心が大人に近づいているからです。

今では、中学生カップルは当たり前の世の中になっています。念願の恋人ができた先にはファーストキスが待っているでしょう。

ファーストキスは中学生で味わう人が多い?

Bessi / Pixabay

個人差もありますが、中学生でファーストキスを経験している人は多いです。男性だけではなく女性も「キスをしてみたい」という好奇心が生まれているようです。

また、恋愛漫画のように先輩から告白をされて、そのままファーストキスを奪われてしまう女性もいます。多感になる時期だからこそ恋にも積極的になるのでしょう。

中学生の頃は、異性と付き合っていることを友達にからかわれたりすることもあると思いますが、恋愛をすることは何も悪いことではありません。また、パートナーとキスをしたいと思うのは健全な心の表れです。

中学生でファーストキスを迎える人へ!キスの仕方

Pexels / Pixabay

念願の恋人ができた!次はキスをしたい!そう思っていても、今までキスをしたことがない自分はどうやってキスをしたらよいか分からないと思います。

「目は閉じるの?」「どのくらいの時間がいいの?」「手はどこに置いたらいいのかな?」というファーストキスを迎える中学生ならではの疑問がたくさんあります。

ここからは、ファーストキスを迎える方に向けて、キスの仕方をご紹介します。非常に細かいポイントを解説するので、何度も読み返してください。

まずはイメトレから始める

Activedia / Pixabay

やり方が分からないまま勢いで彼女にキスをするのは嫌われてしまう原因になります。まずは自分の頭の中で「どんなキスをするのか」イメトレをしましょう。

恋愛ドラマや映画では、AVと違って恋人同士のリアルなキスシーンが見れるので、とても参考になります。本番で失敗したくないと思う方は、誰にも見られない自宅で練習しましょう。

キスしても良いか聞く

StarFlames / Pixabay

中学生の頃は、相手もファーストキスの場合があります。特に女性はファーストキスを神秘的なものと考えているので、大事にしたいと思っています。

キスをしたいと思ったらまずは相手に「ねぇ、キスしてもいいかな?」と聞くといいでしょう。断られる場合もありますが、恥ずかしさや照れ隠しの場合もあるので、決して嫌いになっているわけではありません。

手で固定してキスをする

Free-Photos / Pixabay

キスをするときに「どこに手を置いたらわからない…」という方が多いでしょう。男性なら男らしい部分を見せたいので、スムーズにファーストキスをしたいと思っています。

そんな時には、手で相手を固定しながらキスをするのがおすすめです。手で相手を触れておくことによって、相手の緊張を解す効果と一定の距離を保つことができます。

鼻にぶつからないよう顔はどちらかに傾ける

Pexels / Pixabay

お互いの顔が真っ直ぐになっていると、鼻がぶつかってしまうので、キスがしづらいです。フレンチでカッコいいキスを演出するなら、顔をどちらかに傾けながらキスをするといいでしょう。

歯が当たらないことを意識する

Bessi / Pixabay

緊張をしている状態だと息が荒くなり、口が開いてしまうことがあります。そのままキスをすると相手に歯が当たってしまいます。

ファーストキスなら可愛らしいミスですが、相手によっては不快感を抱く場合もあるので、口は開けすぎず、唇に少しだけ力を入れてキスをしましょう。

口は閉じずに少しだけ開ける

ivanovgood / Pixabay

唇に力を入れすぎると、あからさまに変なキスになってしまいます。唇には少しだけ力を入れるようにして、口は少しだけ開けましょう。

口を少しだけ開けておくと、お互いの柔らかい唇の感触が伝わり、思い出に残るファーストキスをすることができます。

キスをする時間は?短すぎず長すぎず

nile / Pixabay

恋愛ドラマや映画のキスシーンは、視聴者に注目をしてほしいと思っているので、比較的長めのキスをしますが、ファーストキスの場合は数秒程度にしましょう。

唇が触れ合った瞬間に離すのではなく、数秒かけて相手の息遣いや唇の柔らかさを感じ、ゆっくりと唇を話ましょう。

チュッと一瞬で唇を離してしまうと、キスをしている感覚が得られません。数秒かけて行うことで「自分のファーストキスはこの子なんだ」という気持ちを楽しめます。

最初はフレンチキス、ディープキスは関係が深まってから!

Free-Photos / Pixabay

ファーストキスは唇と唇が触れ合うだけのフレンチキスがおすすめです。大人の恋愛ドラマでは相手の口の中に舌を入れるシーンもありますが、相手に卑猥な印象を与えるので最初は避けましょう。

唇と唇を合わせるだけでは物足りなさを感んじる人もいますが、そういう時は「チュッ」と音を立てると、キスをしている実感を得られます。

また、舌を絡ませたり、唇を吸ったりするディープキスはお互いの関係が深まってからすることをおすすめします。いつもと違うキスをすることで相手に新たな刺激を与えることができます。

ライトキスやバードキスもあり

silviarita / Pixabay

ライトキスは相手の頬にチュッとするキスです。唇を合わせないのでハードルが低く、女性から男性にすると喜ばれるでしょう。

バードキスは、唇と唇をチュッと合わせるフレンチキスを複数回繰り返すキスです。ラブラブな欧米人がやっているイメージが強いと思います。2人の関係が深まったら新たな刺激としてやってみましょう。

ライトキスからフレンチキス、バードキスの順番にするのが、相手を不快にさせずに思い出に残るラブラブな体験ができるでしょう。

キスの後は手を繋ぐなど余韻に浸るようにする

Takmeomeo / Pixabay

キスをすることだけを考えて、キスの後のことを全く考えてない人も多いです。特にファーストキスの後は緊張が解れて心が浮かれている心理状況です。

女性はファーストキスを済ませた後もドキドキしているので、「これからもずっと一緒にいようね」という意味でもキスの後に手を繋いで安心感を与えてあげましょう。

キスの後はどんな会話をしたらよいか戸惑ってしまいますが、手を繋いで入れば、その雰囲気に酔いしれる時間を作ることができるので、沈黙をしていても心は常に繋がっている状態を作れます。

中学生がキスをする際に気を付けること・注意点

Free-Photos / Pixabay

ファーストキスをする時には誰もが緊張するもので、その壁を越えてファーストキスを済ませた先には満足感と快感が得られます。故に何度もキスをしたくなってくるのです。

キスは愛情表現の1つなので、とても良い行為なのですが、自分の欲求を発散するためにキスを要求すると、相手に嫌われてしまう場合があります。

ここからは、キスをする際に気をつけることや注意点についてご紹介します。大人になっても気をつけるべきポイントがあるので、必ずチェックしておきましょう。

しつこく要求しない

Palema / Pixabay

ファーストキスを済ませた瞬間は、これまで背負っていたプレッシャーから解放されて、満足感と快感で心が満たされている状態になっています。

緊張感が無くなってしまったことで、「もう1回したい…もう1回」と何度もキスを求めてしまいがちです。そうなるとロマンティックなムードが台無しになり、相手も気持ち良くキスができません。

相手もドキドキしながらファーストキスをしたと思うので、その日は多くても2回程度に抑えておきましょう。これから恋愛を続けていくなら、キスをするチャンスはいくらでもあります。

いきなりキスはしないようにする

Takmeomeo / Pixabay

特に女性はファーストキスを大事にしています。「ファーストキスはこんな場所で、2人が手を繋ぎながら…」という理想を抱いている女性も多いので、いきなり唇を奪うような行為はやめましょう。

決してパートナーを嫌っているわけではありませんが、大事な恋人だからこそ理想的なキスをしたいと思っているのです。「今、キスしていいかな?」と聞いてあげるのもよいでしょう。

雰囲気作りを大切に

bngdesigns / Pixabay

ファーストキスは何よりもムード作りが重要です。2人で遊んでいる時や会話をしている時に突然キスをするのは避けましょう。相手もファーストキスだった場合は嫌な思い出になってしまいます。

恥ずかしさや緊張する気持ちも分かりますが、そのドキドキ感が重要なのです。放課後に教室に呼び出したり、部活をやっているなら、一緒に帰れるタイミングもあるので帰り道にするのもアリです。

前述したようにいきなりキスをするのではなく、手をギュッと握ったり、目を合わせるなど、「これからキスをするんだよ…」という心の準備をさせてあげることも大事です。

意識しすぎて会話を忘れないようにする

feriona_boom / Pixabay

「雰囲気づくり=無言」ではありません。ムード作りを意識するあまりお互いが無言になってしまう場合がありますが、これは相手に「大丈夫なのかな…」という不安感ばかり与えてしまいます。

ドキドキが不安になってしまうと、ムードはぶち壊されてしまうので、キスどころではなくなります。お互いが程よい緊張感を保つためにも、会話は続けておきましょう。

キスのタイミングは相手の表情を読み取る

ムードと同じく、キスのタイミングは非常に大事です。2人きりになって手を繋ぎ、目を見つめ合ったところで不安そうな顔をした時はキスのタイミングではありません。

一方で、顔が赤らんで照れ笑いをしているような仕草があったら、キスをすることを察知している場合が多いので、良いムードのままキスをしましょう。

鼻毛や口臭ケアをする

saibo / Pixabay

キスは顔を極限まで近づけるため、相手の毛穴までしっかり見える状態になります。キスをするタイミングがいつ来てもいいように、鼻毛の処理は頻繁に行っておきましょう。

また、口臭のケアは必須です。ご飯の後に歯磨きをしたり、ガムなどを利用して爽快感を漂わせておきましょう。せっかくいいムードでキスをしたのに口臭がキツかったら幻滅します。

その時、たまたま臭いがキツくても、相手は普段から臭いと勘違いをしてしまうので、今後の関係に大きく響いてきます。嫌われないためにもガムは常備しておきましょう。

唇の状態も万全にしとく

StockSnap / Pixabay

唇がカサカサしている状態でキスをしてしまうと、相手が「チクチクして痛い」と感じてしまうので、唇が乾燥しないように気をつけましょう。

特に秋から冬の時期は乾燥しやすいので、リップクリームを常備して適度な潤いを保つようにケアしてください。稀にキスをする前に唇を舐める人がいますが、不潔な印象を与えるのでダメです。

普段からカサカサしている人は保湿と同時に食生活の改善も心がけましょう。特に女性はぷるんとした潤いのある唇が魅力的に見えるので、彼のキスを誘いやすくなります。

キスをする前に目を閉じない

StockSnap / Pixabay

キスをする前から目を閉じていると、相手は「受け身になって愛を感じてくれていないのかな…」と不安になります。ずっと目を開けているのではなく、唇が触れ合う直前に目を閉じるのがベストです。

相手がどんな顔でキスをしているのか、気になると思いますが、キスをしているときに目を開けていると、不快感を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

唇と唇が離れる瞬間に目を開けるのが好ましいです。そのときは相手の目を見つめるようにして「好き」という気持ちを伝えましょう。

唇や顔だけ突き出さない

Free-Photos / Pixabay

漫画やアニメのキスシーンでは、唇や顔を前に突き出す描写があります。一見可愛らしいポーズに見えますが、実際に人がやると、おかしな格好になります。

ロマンティックな雰囲気を作りだすことができても、このようなおかしな格好すると、プッっと笑いが起こる場合があります。せっかくのムードが台無しになってしまうので注意しましょう。

キスは自然体が一番です。彼女の身長が小さい場合は頭を下げることになりますが、膝を曲げるなどの配慮をして頭だけが突き出ないようにしてください。

人がいる場所ではしないようにする

bngdesigns / Pixabay

ファーストキスのムード作りにおいて重要なのは場所です。公園や浜辺などは2人きりになる場合もありますが、どこで誰が見ているか分かりません。

自分がキスをしたくなっても、周りを確認して2人だけと分かったらキスをしましょう。人前でキスをすることが平気な人もいますが、相手は同じことを思っていない場合もあります。

がっつかない

GDJ / Pixabay

ファーストキスはフレンチで多くても2回程度を心がけましょう。キスの気持ち良さから何度も相手に求めてしまうと、雰囲気がぶち壊されて、せっかくの熱が冷めてしまう場合もあります。

キスをしたことによって、感情が高ぶり、いきなりディープキスを始めたがるがっつき男子もいますが、ファーストキスの日は唇と唇が触れ合うフレンチキスだけにしておきましょう。

慣れないディープキスはしない

ivanovgood / Pixabay

「相手を満足させてあげよう」「男としてかっこいい姿を見せたい」と意気込んで、高度なテクニックが必要になるディープキスをチャレンジする人がいますが、慣れないうちは我慢しましょう。

付き合い初めていきなりディープキスをしてしまうと、「この人は遊び慣れてるのかな」「全然上手じゃない、歯が当たって痛い」と感じさせてしまう場合があります。

どちらも相手に良いイメージを与えないので、2人の関係がもっと深くなってからチャレンジするテクニックです。

部屋でのキスは家族の突入に注意

2人きりになる場所といえば自宅だと思います。部屋で他愛もない話をしている最中に良いムードになることもあるでしょう。自宅はキスをするために最適な空間ですが、親には注意しましょう。

親がいきなり部屋に入ってくることも考えられます。ノックをしてくる親なら問題ありませんが、自分の子供が変なことをしていないか確認するために、あえてノックをしない親もいます。

親の突入によって、恥ずかしい姿を見られてしまったことがある方は多いです。キスをするなら家族が出かけた瞬間を狙うことをおすすめします。

キスした後で冷たい態度を取らないようにする

RobsonWojcik / Pixabay

特に男性は緊張していたことを悟られないように、キスが終わった後に冷たい態度を取ってしまうことがあります。決して彼女のことが嫌いので安心してください。

しかし、せっかくのラブラブのムードの後に冷めた態度をされたら女性にとっては不満ですよね。男性はキスの後に熱が冷めないようにケアをしてあげましょう。

彼女にキスしたい!中学生のキスのタイミングはいつが良い?

AdinaVoicu / Pixabay

中学生になって念願の彼女ができた!しかし、「どんなタイミングでキスをしたら良いのか分からない」と悩んで、なかなか踏み込めない男子もいることでしょう。

ここからは、純粋な恋愛を楽しむ中学生のために、思わず彼女がキュンとしてしまうキスのタイミングをご紹介します。

NEXT:キスをするのは交際何か月目くらいが多いのか?
1/2