綿引勝彦の結婚した妻は樫山文枝?子供は?病気で命を救った恩人? エンタメ

綿引勝彦の結婚した妻は樫山文枝?子供は?病気で命を救った恩人?

TBSドラマ「天までとどけ」で、大家族の父親役として人気を博した綿引勝彦さんですが、結婚した妻は樫山文枝さんなのでしょうか?綿引勝彦さんには、子供がいるのでしょうか?また、病気で命を救ってくれた恩人がいるとは本当なのでしょうか?ご紹介していきます。

目次

[表示]

綿引勝彦が結婚した妻は樫山文枝?子供は?

mario0107 / Pixabay

綿引勝彦さんは、数々のドラマや、映画、CMなどに出演されています。しかし、プライベートの部分は、あまり知られていません。家族構成など綿引勝彦さんのプライベートについてご紹介していきます。

綿引勝彦のプロフィール!現在の画像や年齢は?

  • 生年月日:1945年11月23日
  • 出身地:日本・東京都
  • 身長:173㎝
  • 血液型:AB型
  • 民族:日本人

綿引勝彦(わたびきかつひこ)という名は、本名です。旧芸名として、綿引洪(わたびきこう)という名をもっています。日本大学鶴ヶ丘高等学校を卒業し日本大学藝術学部に入学、その後中退しています。

そして、劇団民藝に入団しています。劇団綿帽子主宰を務めています。

俳優として活躍!「ピカチュウげんきでちゅう」のCMでも話題に?

綿引勝彦さんは、1970年代から1980年代にNHKの大河ドラマに複数出演してます。1991年からTBSドラマ「天までとどけ」に丸山雄平役として出演し、人気ドラマとなり綿引さんの知名度は上がりました。

1998年に任天堂のNINTENDO64用対話ゲーム、「ピカチュウげんきでちゅう」が発売されました。綿引勝彦さんは、「ピカチュウげんきてちゅう」、「ポケモンスナップ」などのCMに出演しました。

綿引勝彦さんがスーツ姿で「ピカチュウー!」「ゲットだぜー!」叫ぶCMで、ポケモンと強面の中年男性というミスマッチが笑いを誘い、話題となりました。

綿引勝彦が結婚した妻は樫山文枝?「劇団民藝」に所属してた?

綿引勝彦さんが結婚した相手は、樫山文枝(かしやまふみえ)さんです。1941年8月13日生まれです。綿引勝彦さんより、4歳年上です。出生地は、現代でいうと地東京都武蔵野市です。

1960年に東京文化学園高等学校卒業し、俳優座養成所や劇団民藝俳優教室を経て、劇団民藝に所属となりました。綿引勝彦さんと同じ劇団民藝に所属し、結婚に至ったようです。

樫山文枝さんは、1966年にNHKの連続テレビ小説、『おはなはん』の主役を演じ、一躍有名になりました。朝日新聞の「心に残る朝ドラヒロイン」アンケート結果で一位をとりました。

綿引勝彦は昔は無名で格差婚だった?現在もオシドリ夫婦?

debowscyfoto / Pixabay

樫山文枝さんが主役をした「おはなはん」は、1966年4月から1年間放送され、平均視聴率45.8%(関東地区)を記録しています。まさに国民的女優でした。

綿引さんと樫山さんが、結婚されたのは1974年12月29日です。綿引さんが29歳で樫山さんが33歳です。25歳で朝ドラのヒロインを務めた樫山さんと、当時はまだ無名の綿引さんには格差がありました。

樫山文枝さんは、2018年9月に「徹子の部屋」に出演され、夫である綿引勝彦さんについて、結婚50年近くになるが、お互い別々にうまくやってきていると語っています。お互いを尊重したオシドリ夫婦と言えます。

綿引勝彦と樫山文枝の子供は?息子が一人?

Bessi / Pixabay

綿引勝彦さんと樫山文枝さんの2人の間には、子供がいます。息子さんが1人いらっしゃいます。一般人として生活しているようです。芸能人の子供だからといって、甘やかすこともなく子育てしたそうです。

綿引勝彦さんと樫山文枝さんは、結婚当初は格差婚と言われましたが、綿引さんは、妻より稼ぐ俳優になろうと努力されたそうです。息子さんも含め家族のために頑張ったことがわかります。

綿引勝彦の現在の活動は?病気で死去の噂も?

geralt / Pixabay

数々のドラマやCMなどに出演してきた綿引勝彦さんですが、現在の活動は、どうなっているのでしょうか?綿引勝彦さんを襲った病気についてもご紹介していきます。

綿引勝彦が病気?胸部大動脈瘤での手術を徹子の部屋で語った

Pexels / Pixabay

2015年に、綿引勝彦さんは胸部大動脈瘤という病気になりました。胸部大動脈瘤とは胸の中の大動脈瘤が膨らみ、4.5cmを超えた状態をさしています。2016年の「徹子の部屋」で細かく語っています。

それは、舞台の稽古中だったそうです。胸のあたりで、何かがブチッと切れる音がしたそうです。何度もひざまずき息を整え、家に戻りその後、自分で車を運転し病院へ向かいました。

大動脈は破裂寸前で、3リットルもの血液が、溜まっていたそうです。すぐに手術を受け、6時間かかりましたが一命をとりとめることができました。舞台は、降板することになりました。

綿引勝彦が病院に行ったのは樫山文枝のおかげだった?

succo / Pixabay

綿引勝彦さんは、胸の異常を感じながらも、家にもどった時、病院に行くことは拒否したそうです。しかし、妻である樫山文枝さんの強いすすめで、強引に行かされたそうです。

綿引勝彦さんは、「女房の一言がなければ…」と、奥様に感謝しているそうです。助けられた命を大切にして生きたいとの、思いを語っています。奥様は命の恩人ということでしょう。

ネットでは、綿引勝彦さんの病気のニュースがでて、大病であることから死去の噂もでました。これはデマです。綿引勝彦さんはご健在です。

関連する記事はこちら

現在の活動は?映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」に出演?

2019年3月22日に、映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」の記者発表がありました。日本で初めての女性医師である、荻野吟子の生涯を描く映画です。荻野吟子役は、若村麻由美さんです。

綿引勝彦さんは、荻野吟子の父親である荻野綾三郎役として出演します。他には、山本耕史さん、賀来千香子さん、佐野史郎さんなどが出演します。2019年の初夏に完成予定です。

映画「二宮金次郎」にも?

合田雅吏さんが、主人公である金次郎を演じる、映画「二宮金次郎」にも、綿引勝彦さんは出演されます。綿引勝彦さんは、斉藤平左衛門役で出演します。

映画「二宮金次郎」は、二宮金次郎が荒廃した村々を復興していく物語です。田中美里さん、渡辺いっけいさん、石丸謙二郎さん、竹内まなぶさん、石田たくみさんらが出演しています。

2019年6月1日から、東京都写真美術館ホールで公開です。他は全国順次公開です。

映画「瞽女」にも出演予定

2020年に公開の映画「瞽女」にも、綿引勝彦は出演します。映画「瞽女」は、最後の瞽女(ごぜ)である、小林ハルさんの半生をえがいた物語です。

綿引勝彦さんは、爺様役を演じています。他には川北のんさん、吉本実憂さん、中島ひろ子さん、渡辺裕之さん、小林幸子さん(特別出演)などが出演しています。

新潟市で行われた制作発表会で綿引勝彦さんは、舞台挨拶をハル役の吉本実憂さん、母親役の中島ひろ子さん、幼少期を演じた川北のんさんらと共に行いました。

綿引勝彦と似てる人まとめ

LorileeAlanna / Pixabay

綿引勝彦さんは芸能人の誰かに似てるのでしょうか?ご紹介していきます。

綿引勝彦と兄弟のように似てるのは國村隼?

國村隼さんは1955年生まれで、綿引勝彦さんより10歳若いですが、顔の形や雰囲気など、とても似ています。ツイッターでも、2人は似てる、間違えたなどのツイートがあります。

綿引勝彦と西田敏行も似てる?

西田敏行さんは、1947年生まれで、綿引勝彦より2歳若いです。年格好が似ていて、目や口が大きめなところが似ています。若い頃の西田敏行さんが、綿引勝彦さんに、似ていると感じる人がいるようです。

綿引勝彦と伊武雅刀も似てる?

伊武雅刀さんは、1949年生まれで、綿引勝彦さんより4歳若いです。渋さや貫禄があるところが似ています。

綿引勝彦のその他の話題は?

綿引勝彦さんに関する、その他の話題をご紹介します。

綿引勝彦の父親は福島県いわき市出身?

綿引勝彦さん自身は東京都出身ですが、綿引勝彦さんの父親は、福島県のいわき市出身です。いわき市のいわき駅前にある「綿引印舗」は、綿引勝彦さんの父親の実家だそうです。

綿引勝彦は将棋ファン?

綿引勝彦さんは昔から将棋の大ファンだそうです。いつもテレビ将棋をビデオに録って観ているそうです。女優の畠田理恵さんが綿引勝彦さんが将棋好きなのを知り、羽生先生の将棋の本を数冊持ってきてくれたそうです。

将棋棋士である神吉宏充さんは、居酒屋で綿引勝彦さんから「いつも見ています」と声をかけられたとエピソードを語っています。本当に将棋が好きなことが分かります。

綿引勝彦の出演ドラマまとめ

脇役としても数々のドラマに出演している綿引勝彦さんは、どんなドラマに出演してきたのでしょうか?出演してきたドラマをご紹介します。

①ドラマ「鬼平犯科帳」(1989-2001年、2005-2015年)

「鬼平犯科帳」は、フジテレビ系列で、1989年7月から放送されたて時代劇のドラマです。主人公の長谷川平蔵は、二代目中村吉右衛門さんが演じています。綿引勝彦さんは、大滝の五郎蔵役で出演しています。

②ドラマ「しゃぼん玉」(1991年)

「しゃぼん玉」はフジテレビ系列で、1991年木曜劇場枠で放送されたドラマです。西新宿に診療所を開業している医師、矢島 鉄平を演じたのは、長渕剛さんでした。

綿引勝彦さんは、滝口という役で出演しています。平均視聴率は21.1%と人気ドラマでした。

③ドラマ「天までとどけ」シリーズ(1991-1999年)

「天までとどけ」は、TBS系「愛の劇場」枠の昼ドラとして、1991年から1999年まで放送されました。、大家族の丸山家が登場するホームドラマシリーズです。

綿引勝彦さんは、父親の丸山雄平を演じました。母親である丸山定子は、岡江久美子さんが演じました。他の出演者は、 河相我聞さん、須藤公一さんなどがいます。最高視聴率は19.0%でした。

綿引勝彦さんは、「十年もやっていると、子供たちの成長が分かり、毎年会うのが楽しみでした」と、裏話を語っています。

④ドラマ「ウルトラマンメビウス」(2006-2007年)

「ウルトラマンメビウス」は、2006年4月8日から2007年3月31日まで、中部日本放送・TBS系列で毎週土曜に全50話が放送されました。綿引勝彦さんは、アライソ整備長役で出演しています。

⑤ドラマ「相棒 Season 10」 第2話(2011年)

綿引勝彦さんは、テレビ朝日の相棒 Season10の第2話「逃げ水」(2011年10月26日)に、新開孝太郎として出演しています。及川光博さんが、2代目の相棒の神戸尊を演じていました。

⑥昼ドラマ「白衣のなみだ」 第二部「慈命」(2013年)

「白衣のなみだ」は、東海テレビ制作によるフジテレビ系列の昼ドラです。2013年4月1日から放送され、第二部『慈命』(じめい)の主演は平山あやさんです。綿引勝彦さんは、患者である十一を演じています。

綿引勝彦の声優・CMでの活動まとめ

mojzagrebinfo / Pixabay

綿引勝彦さんは、声優としても活躍しています。CMにも出演しています。ご紹介します。

声優:WXIII 機動警察パトレイバー

『WXIII 機動警察パトレイバー』は、『機動警察パトレイバー』の劇場公開アニメ作品として第3弾になる作品です。久住武史を、綿引勝彦さんが声優として演じています。

久住武史は、本作のオリジナルのキャラクターで、警視庁城南警察署に働く中年の刑事です。同じ城南署捜査課の刑事、秦真一郎(CV 平田広明)と共に捜査に当たります。

NEXT:CM①:ダイハツ工業 ミライース (ブルース・ウィリスの吹き替え)
1/2