機転が利くとはどんな意味?どんな人?エピソードや訓練方法は? ライフ

機転が利くとはどんな意味?どんな人?エピソードや訓練方法は?

今回は機転が効く人の性格、特徴について紹介していきます。機転が利くって一体なに?どんな人が機転が利くとよばれているのか?機転が利く人はどんなエピソードを持っているのか?どんな訓練方法をするとなれるのかなど詳しいことも触れながらみていきます。

目次

[表示]

「機転が利く」とはどういう意味?機転が利く人とは?

Seaq68 / Pixabay

機転が利くというのはどんな意味があるのでしょうか。そしてどんな人を機転が利くというのでしょうか。みていきます。

「機転が利く」とはどういう意味?語源は?

Free-Photos / Pixabay

「機転が利く」という言葉はどんな意味があり、語源はどこから来ているのでしょうか。

まず機転とは、その場の物事の状況に対して、心が動くことや判断ができるという意味です。そして「利く」というのは、それができるや行動を起こせるという意味です。

つまり、「機転が利く」というのは、その場、その場の状況に応じて対応できる行動力や判断力があるという事になります。

機転が利く人とはどういう人のこと?エピソードは?

Comfreak / Pixabay

機転が利く人とは、例えば仕事においても、上司に急に言われたことや急に変更になった事業などに対しても焦ることなく冷静にきちんと対応できる人のことを言います。

実際にあったエピソードとしては、ある会社の会議中に、事務員が会議に出席をする社員にお茶を出します。これは仕事場では通常の光景です。しかしその会議が予定より長引いてしまいました。

その為、事務員は急遽、会議の途中でお茶を引いて、コーヒーを出し直すという対応をしたそうです。こういった上司の指示でもなく時と場合の状態に応じて対応できる人が機転が利く人と呼ばれるのです。

機転が利く人かわかる診断方法はある?

rawpixel / Pixabay

自分が機転が利く人なのかどうか。これを知る方法は、診断をしてみる事です。簡単な診断をして見ましょう。

  • 常に周囲を観察している
  • 自分から行動することが多い
  • 予期せぬことでも動揺しない
  • 聞き上手である

(引用:URANARU)

上記の質問して、何個あてはまったでしょうか。全てや2個以上あてはまったという人は、機転が利く人の可能性が高いです。

機転が利く人の特徴まとめ

ElisaRiva / Pixabay

機転が利く人はどんな特徴を持っているのでしょうか。みていきます。

①視野が広く周りが気づかないことにも気づくことができる

jplenio / Pixabay

機転が利く人の特徴は、視野が広く、普段あまり人が気づかないこともさりげなく気づく事ができる人が多い事です。機転が利くひとは、周囲を見渡して、自分がどう動くかを考えるのが得意なタイプです。

さらに視野が広い上に、考えていることも広い事があります。その為、自分が考えている事が1人ではできない時は、躊躇う事なく積極的に相手に助けを求める事ができる特徴も持っています。

②物事への観察力がある

nightowl / Pixabay

機転が利く人の特徴は、物事への観察力が優れている人が多いです。その為、たとえトラブルが発生してそれを対処しようとしつつ、相手を求めている事は何かを考え行動する事ができます。

また好奇心も旺盛で常に色々なところにアンテナを張っています。その為、自分が興味を持ったものに対しても観察をしたり、周囲に気を配って観察をしている人も少なくないのが機転が利く人の特徴です。

③様々なことを想定でき、行動の選択肢が多い

qimono / Pixabay

機転が利く人の特徴は、心に余裕を持っています。その為、周囲へ対する視野が広く、急なトラブルも動揺することなく「こういった時はどうしよう」と冷静に対応する事ができます。

こういった事は、仕事場などでも生かされ、会議や議論で口論になってしまい、中々意見がまとまらない場合にも、別の視点で違った意見を言う事ができ、その意見がきっかけで解決の方向に進む事があります。

④いろんなリスクも予想できる

SarahRichterArt / Pixabay

機転が利く人の特徴は、たとえリスクを予想にしながらもそれを覚悟して行動している人が多いということです。その為、突然なトラブルが起きたとしても、あらかじめ対応方法を考えています。

また、1パターンだけなくたくさんの考え方を持ちながら、もし自分にリスク起きたとしても動揺することなく対応できる姿があるので、周囲の人から機転が利く人だと思う人は多いようです。

⑤柔軟な考え方ができる

pasja1000 / Pixabay

機転が利く人の特徴は、柔軟な考え方を持っている人が多いということです。決まったことだけを行動するのではなく、突然のトラブルが発生したとしても柔軟な対応ができる人が多いです。

また心が広い人が多いので、固定概念に執われる人が少なく、色々な物に目がいき、好奇心旺盛な人も少なくありません。その為、誰とでも平等に対応できるので、信頼できる人も多いようです。

⑥アイデアマン

bebeairi / Pixabay

機転が利く人は、アイディアマンの人が多いことも特徴の一つです。機転が利く人は、急なトラブルが発生したとしても、すぐに原因を掴み、「こうしたらどうか」など新しい考え方を提案する事ができます。

⑦経験に基づいた勘が鋭い

EliasSch / Pixabay

機転が利く人は、勘が鋭い人が多いのが特徴です。機転が利く人は、常に行動をしていて様々な経験をしていく上で、知識などが豊富になり、勘が鋭くなる人が多いようです。

機転が利く人は何も考えずに行動するのではなく、今までも経験を生かして一つ一つ丁寧に物事を判断していきます。その為、後から振り返ってみると、相手が驚くような行動を取ることができる人もいます。

⑧時間に余裕がある

Monoar / Pixabay

機転が利く人は、時間に余裕を持って行動している人が多いのが特徴です。例えば、友人や恋人と約束の時間があったとしてもその時間よりも早い時間から待ち合わせ場所にいく人も少なくありません。

⑨人に気を遣う事ができる

422737 / Pixabay

機転が利く人は、相手に対して気遣いができる人が多いのが特徴です。心が広く、どんな人に対しても対応できる機転が利く人は、細かいことに対して気づくのが早く、気づいた事はすぐ行動する人が多いです。

その為、周囲からは気遣いができる人、気が利く人だと思われる事が多いです。そして本人たちも気を使うことや気遣いができることに対して苦痛でもなく、スムーズに行う事ができるようです。

⑩コミュニケーション能力が高くうまく人間関係を築ける

MabelAmber / Pixabay

機転が利く人は、コミュケーション能力が高い人が多いのが特徴です。その為、誰に出しても仲良く接する事が多く、お互い良い関係を築く事ができ、周囲からは友達が多い人と見られることがあります。

しかし、機転が利く人はコミュケーション能力が高いですが、話を次から次へと変えていく癖がありますが、誰に対しても会話をする事ができるので、一緒にいて楽しいや印象が良いと思う人は少なくないようです。

⑪頭の回転が早い

TeroVesalainen / Pixabay

機転が利く人は、頭の回転が早い人が多いのが特徴です。機転が利く人は、常にリスクなどを背負って行動する事が多いです。その為、トラブルが起きたとしてもすぐに対応できる柔らかい頭が必要です。

仕事においても、急なトラブルが発生して経営などに支障がでた場合、即座に対応しなければ収益にも問題になってきます。そういった時もすぐに物事を解決できる発想をする人が多いので、信頼している人も多いです。

⑫自分から率先して行動できる

Free-Photos / Pixabay

機転が利く人は、自分から率先して行動できる人が多いのが特徴です。その為、周囲があまりやろうとしないことや手を出しにくい難題に対しても積極的に取り組んでいく人は少なくありません。

機転が利く人は、人の為になること、人が喜んでもらえる事を率先としてやります。その為、何でもかんでも率先して行動するのではなく、これは人の為になるか考えて行動している人もいるようです。

⑬ピンチもチャンスに変えることができる

geralt / Pixabay

機転が利く人は、ピンチな事もチャンスに変える事ができる能力を持っている人が多いのが特徴です。

時には周囲は諦めてしまいそうなことや不可能だといわれている事も正面から向き合い、弱音を吐かずに行動している人もいるので、大成功をおさめる人もいます。

機転が利く人になるには?訓練方法は?

stevepb / Pixabay

機転が利く人になりたいと思ったら、どんなところに気をつけばいいのでしょう。さらにどんな訓練をすればいいのでしょうか。みていきます。

①観察力を養う

stevepb / Pixabay

機転が利く人になるには、観察力を養う事です。機転が利く人の共通する事は、人より観察力が優れていることです。

その為、物事に対して自分視点ではなく、色々な立場を想定しながら、常に自分の中であらゆる時にも対応できるようなシミュレーションを脳内でする事がおすすめです。

②いろんな人に興味を持つ

Free-Photos / Pixabay

機転が利く人になるには、色々な人に興味を持つ事です。機転が利く人は、どんな人にも対応できる心が広いタイプです。それは人の話を聞くのが好きと思っている人が多いようです。

その為、まずは人の話に興味を持って聞いてみることが大切です。どうしても自分のことに集中してしまいガチですが、相手がどんな話をしているのか聞いてみることが、機転を利く人になれる一歩です。

③想像力を養う

1681551 / Pixabay

機転を利く人になるには、想像力を養う事です。機転が利く人は、突然のトラブルが発生したとしても冷静に対応し、すぐに新しい方法を考えます。これは想像豊かな人が多いからです。

その為、まずは色々な事を想像してみる事が大切です。いつどこで何が起きてもすぐに対処できる提案を即座にするには想像力は不可欠です。

④物事の先読みをする

O12 / Pixabay

機転が利く人になるには、様々な物事に対して先読みをする力をつけることです。

何かトラブルが起きたとしても、先読みをしてあらかじめリスクがある事を予想しておけば、そこまで大きなトラブルになったりする事は少ない事があります。

そのように、今自分がやっている事は、これからどんな事が起きるだろうと先読みをしてみる事が機転を利く人になれる一歩です。

⑤物事を深く考える癖をつける

ijmaki / Pixabay

機転が利くひとになるには、物事を深く考える癖をつけることです。物事を深く考えることで、物事の道理がわかり、多少のリスクがあったとしても乗り越えられるリスクに感じられる事が多いです。

まずが物事を深く考えてみる事をしてみてください。

⑥広い心で余裕を持つ

The_dinga / Pixabay

機転が利く人になるには、心に広く余裕のある力を身につけることです。時には相手の話を聞いていて苛立ちを覚えてしまう事があるかもしれません。

しかしそんな時も違う視点から相手を眺めて、対応してあげるなど余裕を持った考え方をしていく事が機転が利く人になれる鍵です。

⑦行動力を養う

shanegaughan / Pixabay

機転が利く人になるには、行動力を養うことです。機転が利く人は常に色々なことに挑戦しています。

その為、ちょっとしてことでも自分が良いなと思ったことには行動してみる。そうやって行動力を高めていく事が大切です。

⑧見返りを求めない

geralt / Pixabay

機転が利く人になるには、見返りを求めないことです。機転が利く人は、相手に見返りなんか求めようとはしません。

その為、相手が求めようとする前に行動してみることやお願いされたらすぐに行動していくようなことを心がける事が大切です。

機転が利くというのは性格なの?

422737 / Pixabay

機転が利くというのは、性格の一種なのかと思う人も多いかもしれません。しかしそれはどうやらその人が持っている本来の性格だけではないようです。

もちろん生まれつき、機転が利くような性格な人もいますが、それ以外の人は環境によってそういう人になったとということです。

家庭的に躾けやマナーなどを厳しく接している環境に育った人は、機転が利く人になったという事もあります。

NEXT:機転が利く人のメリットを生かすには?向いている仕事は何?
1/2