頭の回転を速くするトレーニング法は?食べ物も大切?本やゲームも! 恋愛・心理

頭の回転を速くするトレーニング法は?食べ物も大切?本やゲームも!

頭の回転の速さというのは、生まれつきのものだと諦めている人も多いのではないでしょうか?しかし、大人になってからでも食べ物や本、そしてゲームやアプリで遊びながら脳を鍛えて、頭の回転を速くすることができます。頭の回転を速くする効果的な方法を紹介していきます。

目次

[表示]

頭の回転が速い人間になりたい!どうすればよい?

geralt / Pixabay

仕事での評価も高く、何でも効率よくこなすことができる。そのようなイメージがあるため、頭の回転が速い人に憧れる人や、頭の回転を速くしたいと願う人は多いことかと思います。

頭の回転が速いというのは具体的にどのようなことを指すのでしょうか?ここでは頭の回転が遅い人との差など、頭の回転が速い人に見られる主な特徴を紹介していきます。

「頭の回転が速い」とは?どういう人のことを指す?

DanaTentis / Pixabay

頭の回転が速い人というのは、単に知識が豊富なだけではなく、インプットとアウトプットの両方を短時間でこなすことができるなど、効率よく頭を使える人を指します。

的確な判断を下すことができて応用力も高いことから人付き合いもうまく、全体的に高いレベルでバランスの取れた人物であることが多いです。

仕事での評価も高く出世する人も多いため、特に男性にとっては頭の回転が速いというのは、言われたら一番嬉しい誉め言葉の1つでもあるでしょう。

頭の回転が速い人①取り入れた知識を腐らせない

Pexels / Pixabay

頭の回転が速い人は記憶力に優れ、些細なことでもしっかりと覚えておくことができます。そして蓄えた知識を適切な時に取り出して、適宜活用することもできるのです。

好奇心が旺盛なことから、頭の回転が速い人は博識で知識が豊富なのですが、1度得た知識を様々なシーンで活用させるため、知識を腐らせるということがありません。

頭の回転が速い人②説明が分かりやすい

頭の回転が速い人は、ものごとを頭の中で理論的に組み立てることが得意です。専門的な内容も簡単な例え話を用いながら話すなど、相手に合わせて分かりやすい説明ができます。

日頃から無意識にあれこれと考えを巡らせていることから、相手に合わせた会話の運びができるというのも、頭の回転が速い人に見られる特徴と言えるでしょう。

頭の回転が速い人と遅い人は何が違う?

melkhagelslag / Pixabay

頭の回転が速い人と遅い人では理解力に差が見られることから、ものごとの本質を見抜く能力に違いが見られます。頭の回転が速い人が1を聞いて10を知るのに対し、遅い人は聞いたこと以上のことを想像しません。

また、頭の回転が速い人が理論的にものを考えるのに対して、頭の回転が遅い人は感情で動きがちです。効率を考えて優先順位を決めるのではなく、自分の好きなことややりたいことを優先するため、仕事も遅いのです。

また、頭の回転が遅い人は学びに対する意識が低く、何を始めるのも面倒くさがるという特徴も見られます。

記憶力をつけ脳に刺激を与え続けることが大切!

geralt / Pixabay

頭の回転を速くするためには、脳に刺激を与えることが大切です。まずはアウトプットするだけの知識が必要となるため、記憶力を鍛えることから始めると良いでしょう。

記憶力を養うと言っても、そこまで大変なトレーニングが必要なわけではありません。寝る前に1日の出来事を思い出して、ごく短いもので良いので日記をつけるようにしてみましょう。

これだけのことでも過去の出来事を思い出して整理をして、アウトプットをするという行為になるため、毎日続けることで記憶力を鍛えられますよ。

頭の回転を速くする訓練やトレーニング方法20選!

harishs / Pixabay

では具体的にどのようなトレーニングをすれば、頭の回転を速くすることができるのでしょうか?ここでは、簡単にできる頭の回転を速くすることができる方法20選を紹介していきます。

トレーニング方法①誰かと会話をする機会を増やす

StockSnap / Pixabay

何気なく行っている普段の会話も、相手の話を正確に理解して適切な答えを返すというように、脳に刺激を与え続ける高度な情報処理が行われています。

気心の知れた人だけではなく、良く知らない人とも相手の性格を想像しながら話すことで、想像力や観察力も養うことができるでしょう。様々なタイプの人と話すだけでも、脳を活性化させることができますよ。

トレーニング方法②仕事や趣味など新たな分野を開拓する

Free-Photos / Pixabay

脳に刺激を与えるには、定期的に新しいことに挑戦するように習慣づけることも効果的です。新しいことに挑戦することで知識や経験も蓄積されて、頭の中の引き出しを増やすこともできます。

また新しいことに挑戦する際、脳が良いことが起こる、嬉しい刺激があると期待すると、中脳の腹側被骸野という箇所から「ドーパミン」が分泌されます。

ドーパミンは意欲を引き出すことができる神経伝達物質のため、定期的に分泌させることで、ものごとに前向きに取り組めるようになり、積極的に頭を動かす手助けをしてくれるでしょう。

トレーニング方法③定期的な運動を取り入れる

lograstudio / Pixabay

脳の回転を速くするためには、ストレッチやランニングなど軽めの運動を習慣づけることも効果的です。体を動かすことで全身の血流が良くなり、脳の活性化に繋がるのです。

また簡単な運動をしている間には、脳の運動野から一時運動野に様々な情報が集められ、筋肉に指示を出し続けます。

運動をするとデスクワークでは使わない脳の部分も活性化するため、バランスよく頭の働きを底上げするのにも効果的と言えるでしょう。

トレーニング方法④本や会話の中で相手の意図を汲み取る

StockSnap / Pixabay

頭の回転を速くするためには、ものごとの本質を見抜いたり、素早く要点を察することができる理解力を養うことも大切です。

理解力は雑談や会話の中でも培うことができますが、会話をしていても相手の真意や話の要点が理解できない場合には、本を読むのも良いでしょう。

本を読むというのは受動的な行為に見えますが、先の展開や登場人物の心情、人間関係などを無意識のうちに想像するため、理解力を身に着けるために効果的と言えます。

トレーニング方法⑤新しい情報を積極的に取り入れる

fancycrave1 / Pixabay

新しい情報や知識を積極的に取り入れることも、頭の回転を速くするためには欠かせません。頭の回転が速い人は蓄積されている知識の量が普通の人より多く、それを活用する術に長けています。

1つの知識を類似性のある出来事にとっさに応用することができるため、トラブルが起きた際にも臨機応変に対応することができるのです。

トレーニング方法⑥一日の終わりに今日の出来事を口に出す

Pexels / Pixabay

1日の出来事を思い出して、特に印象的だったことなどを声に出して言うという行為を、寝る前の習慣にしてみましょう。

日中にインプットした経験の中から、特定の物事をアウトプットするという行動になるため、頭の中の情報を取り出す練習にもなります。

ルーティンワークでケアレスミスをしてしまいがちな人は、この習慣をつけることでミスの発生を抑えることができるはずです。

トレーニング方法⑦睡眠環境を整える・質の良い睡眠をとる

cuncon / Pixabay

質の良い睡眠をとることは、脳の働きをよくするためには欠かせません。どんなに優れた人であっても、寝不足であっては満足に能力を発揮することができないからです。

質の良い睡眠を適当な量とることで、体の疲れを取るとともに、脳のパフォーマンスを維持することができるのです。

トレーニング方法⑧迷わず決断をする癖をつける

geralt / Pixabay

頭の回転が速い人は、決断力に優れています。素早く状況を判断して、提示された選択肢のメリットとデメリットを分析することができるため、いつまでも迷って動けないということが少ないのです。

そのため優柔不断な人は頭の回転を速くするために、迅速に判断ができるトレーニングをすると良いでしょう。

例えば買い物に行った際や着る服を選ぶ際など、日常の些細な決断を〇秒以内に決めるというように心がければ、それだけでも十分な訓練になるはずです。

トレーニング方法⑨アプリで手軽に脳トレする機会を増やす

geralt / Pixabay

頭を使う習慣づけをするには、手軽にできる脳トレアプリも有効です。アプリであれば通勤や通学、出先でのちょっとした空き時間にもできるため、気負わずに考える力を養えるでしょう。

脳トレアプリは無料のものも多くあるので、モチベーションが保てそうなものを選ぶと良いですよ。

トレーニング方法⑩考えることを放棄しない

Pexels / Pixabay

頭の回転が速い人は、途中まで手を付けたことや気になって調べ始めたことを、中途半端に投げ出すことがありません。最後まできちんとやり遂げることで、自分の糧にしていきます。

そのため頭の回転を速くしたいのであれば、考えることを面倒くさがらない、途中で放棄しないように心がける必要があります。

トレーニング方法⑪読書をして様々な視点を取り入れる

Comfreak / Pixabay

読書をするということは、自分以外の人物の考えを取り入れることであり、自分のしていない経験を疑似的に体験することです。

そのため、1冊の本を読むことで得られるものというのは同じ時間TVを観ることよりもずっと多いと言えるでしょう。

読む本のジャンルは何でも構いません。エンターテイメント性のあるものでも構わないので、毎日寝る前に本を読むことを習慣づけると、知らずのうちに知識量や理解力が高まっていますよ。

トレーニング方法⑫疑問に思ったことを徹底的に調べ尽くす

分からないことや疑問に感じたことを徹底的に調べるというのは、調べる過程や疑問と照らし合わせて答えを導く工程など、脳に刺激を与え続ける行為になります。

また、ものごとに対して疑問を持つということ自体が、言われたことを鵜呑みにせずに、自分で判断する力を養うのに有効です。

些細なことでも気になることがあったら、幾つかのツールを使って徹底的に調べる癖をつけることは、頭の回転が速くするために非常に役立ちます。

トレーニング方法⑬ディベートを行う

geralt / Pixabay

家族や友人とディベートを行うことで、自分の考えを理論的にまとめて相手に伝える力が養えます。また、相手の話を聞く力や、言わんとしていることを理解する力もつくでしょう。

ディベートのテーマは重いものを選ぶと、話が長引いて下手をすると意見の対立から、人間関係に悪い影響を及ぼす恐れもあります。

取り上げるテーマは些細なことやくだらないことで良いので、時間を決めてディベートを楽しんでみましょう。

トレーニング方法⑭自分の発言や行動に責任を持つ

Aymanejed / Pixabay

自分の考えや言動に責任を持つことも、頭の回転を速くするには必要なことです。責任を負わなければいけないと思えばこそ、軽はずみな発言や決断はしにくくなります。

何事にも真摯に向き合って考える習慣を付ければ、それだけで脳が活性化して頭の回転を速めるトレーニングになるでしょう。

トレーニング方法⑮元のレシピにアレンジを加えて料理してみる

Daria-Yakovleva / Pixabay

料理のレシピを考えるというのは、材料や調味料の相性や組み合わせを計算することから、非常に効率よく頭を使う作業と言えます。

しかしながらゼロからレシピを考えるというのは、ハードルが高い行為ですよね。そんな場合は既存のレシピにアレンジを加えるだけでも、十分な脳トレになりますよ。

既存のレシピに使われているものを見て味を想像し、より自分好みにするために必要なものを考えるため、自然と思考力が身につくでしょう。

トレーニング方法⑯日記やブログをつける

rawpixel / Pixabay

1日を振り返って日記をつけたり、さらに一歩進んで人に見せることを前提にブログを書く習慣をつけると、頭の中にあることを整理する力が身につきます。

頭の回転が速い人は、自分の記憶の中から適切な情報を臨機応変に引き出すことができます。この能力を鍛えるのに、1日の記憶を思い出して印象的だったことをピックアップする作業は役立つのです。

また、それを文章にしてアウトプットするという作業は、ものごとを論理的に説明する力を養います。

トレーニング方法⑰マンネリ化を防ぐ

Ben_Kerckx / Pixabay

日々の生活そのものがルーティンワークになってしまうと、脳はどんどん錆びついて行ってしまいます。頭を使わなくてもこなせることを、日々繰り返すだけになるからです。

これを防ぐためには、適宜新しい刺激を脳に与える必要があります。いつもと違った道を通る、普段は読まないような本を手に取ってみるなど、小さいことで構いません。

生活に少しずつ変化をつけるように心がけましょう。

トレーニング方法⑱写真やSNSなどを振り返り過去を思い出す

geralt / Pixabay

頭の回転を速くするためには、記憶力を養うことが必須となります。何をしたらよいかわからないという場合は、写真やSNSを定期的に見直して見ると良いでしょう。

過去の写真を見ると、それがきっかけとなって当時の記憶がよみがえってきますよね。これを習慣づけることで、眠っていた記憶を呼び出す力が鍛えられます。

何気なく記憶をたどるという作業ですが、必要な記憶にアクセスして、情報を引き出すトレーニングになりますよ。

トレーニング方法⑲制限時間を設けて取り組む

nile / Pixabay

作業を行う時に制限時間を設けることも、脳を活性化する効果があります。ダラダラ取り組めば刺激にならないようなことでも、時間を意識することで緊張感が生じ、脳がフル稼働するようになります。

急に仕事で無理な制限時間をた設けようとしても、クオリティが下がる、ケアレスミスが増えるといった問題が生じるため、まずは家事などの日常の作業に制限時間を設けるようにしましょう。

トレーニング方法⑳整理整頓して不必要な情報を無くす

AbsolutVision / Pixabay

頭の回転を速くするには、脳内の情報を整理する習慣をつけるだけではなく、仕事をするデスクの周りも整理整頓しておくとが大切です。

机の整理整頓は、自分にとって必要な情報を取捨選択して、必要なことにアクセスしやすくなる効果があります。定期的に仕事の資料なども見直して、古いものや使わないものは処分するようにしましょう。

Youtube動画①【脳トレ】誰でも頭の回転が超絶速くなる方法

こちらの動画では、記憶力を養う方法を紹介しています。記憶をする時に脳のどの部分が使われているのかを分かりやすく説明しており、目を通してみると頭を使うことをイメージしやすくなりますよ。

Youtube動画②頭の回転を速くする方法!脳がさえる7つの習慣!

こちらの動画では、やる気が出ない、頭が上手く働かないといった悩みを解消して、脳のパフォーマンスをあげるために心がけたい習慣を紹介しています。

目標はできる範囲で設定する、腹八分目でやめるといった頑張り過ぎずに続けられる習慣を紹介しているため、脳を鍛えるなんて敷居が高そうと感じる方にも、おすすめの内容となっています。

NEXT:その場限りでは意味が無い!何事も習慣づけることが大切!
1/3