付き合い始めたら何をすれば良い?順序や時期は?長続きのコツも! 恋愛・心理

付き合い始めたら何をすれば良い?順序や時期は?長続きのコツも!

念願の人と両想いになれて付き合えて毎日がハッピーなのではないでしょうか。ここでは付き合い始めに何をしたらいいか、順序や時期、長続きのコツやデートでの行動などを詳しくまとめていきたいと思います。この記事で付き合い始めにやることをマスターしましょう。

目次

[表示]

好きな人と両想いになれた!でも何をすればよいの?

Lazare / Pixabay

両想いになって付き合えたのはいいけど何をすればいいか分からない人が大半なのではないでしょうか。基本的には相手の立場になって考えることを意識することで関係は上手くいきます。

相手が嫌な事はしない・過ごしている時間が違うため相手には相手の予定があることを考慮する・自分の考えを押し付けないなど、恋人に関わらず人間関係を築く上で大切なことですね。

では具体的に付き合い始めに何をしていけばいいか見ていきましょう。

引き寄せの法則に関連する記事はこちら

付き合い始めにまずやっておきたいことは?

reaklop2 / Pixabay

お付き合いがスタートしたら、不安になるかもしれません。そんな不安を払拭するために、まずは付き合い始めに必ずしておくべきことを紹介していきます。

やること①相手のことを知ろう!

rawpixel / Pixabay

まず第一に相手のことを知ることが大切です。出身地や家族構成、好きな食べ物・嫌いな食べ物など相手のことをどんどん知っていきましょう。相手もあなたのことを聞いてくると思うので教えてあげてくださいね。

特に相手の誕生日を把握することは1番大事なので忘れずに聞いておきましょう。付き合っているのに誕生日のお祝いが何にもなかったらものすごく悲しくなっちゃいます。

②写真を撮って2人の思い出を残そう!

trinhkien91 / Pixabay

デートの時は写真を撮って思い出に残しましょう。付き合い始めは2ショットは緊張して難しいと思うので、風景や食べ物でもOKです。慣れて来たら2ショットをたくさん撮りましょう。

相手の顔をフォルダに残して起きたい人は、バレないようにこっそりと写真を撮るのもアリです。家に帰って見返してニヤニヤしちゃうこと間違いなしですね。

③お互いのペースで連絡し合おう!

Free-Photos / Pixabay

付き合い始めはお互いの良いペースを考慮しながら連絡を取り合うことが大切です。付き合っていても会っていない時はお互い過ごす時間が違うので自分の思いを押し付けるのはNGですよ。

もしかしたら相手は連絡を取り合うのが苦手なタイプかもしれません。前もってお互いにルールを決めておくのもいいでしょう。

④初デートは早めにセッティングしよう!

Garysun / Pixabay

お付き合いがスタートしたら早めに初デートの日取りを決めましょう。ずるずると初デートが長引くと、自然消滅や喧嘩の原因となってしまう可能性があります。

デートプランは相手に任せきりだとプレッシャーが大きいので、お互いに行先など決めると良いでしょう。天気が良いなら動物園や海・川などでもいいですし、天気が悪いなら映画館や水族館でもいいですね。

⑤「好き」という気持ちを色々な表現で伝えてみよう!

congerdesign / Pixabay

両想いになったとはいえ「好き」と直接言葉にするのは、初めの頃はまだ恥ずかしい気持ちがあるかと思います。好きな気持ちが高まることと比例して、まだもろい関係でもあるので不安になることも多いでしょう。

言葉で上手く言えない場合は行動で示してみるといいでしょう。デート中に手をつないだり、別れ際に「まだ帰りたくない」と伝えてみたりなど色々ありますね。

「両想いだから」と慢心するのではなく、ちゃんといつでもお互いに好きという気持ちを伝えることが大切です。

⑥価値観のすり合わせをしておこう!

geralt / Pixabay

カップルが別れる原因のトップに「価値観の違い」がランクインするほど、お互いの価値観は重要となってきます。そのため、付き合い始めのうちに価値観の違いが無いかすり合わせをしておくことが大切です。

特に、「付き合ったことを周囲に公表するか」「今後の異性の友人との付き合い方」「浮気のライン」については話し合う必要があります。自分が疑問に思ったことは溜めこまず相手に聞きましょう。

付き合ってすぐに別れることにならないためにも、お互いにしっかり話し合ってくださいね。

自分がされて嬉しいこと・嫌なことはハッキリ伝えよう!

Anemone123 / Pixabay

自分がされて嬉しいことと嫌なことはあらかじめ相手に伝えておきましょう。嫌われるかもしれないという思いで、嫌なことは言わず溜めこんでしまうと後から必ず爆発してしまいトラブルの原因にもなります。

当たり前のことですが、相手がされて嫌がることはしてはいけませんよ。多少のイタズラ心からなら許してくれるかもしれませんが、あまりいい気持ちではありません。

相手が悲しむ顔より嬉しくて喜んでいる顔の方が、相手も自分もハッピーになるのでいいですよね。日頃から相手を喜ばせるように心掛けましょう。

⑧名前の呼び方を変えてみよう!

ThePixelman / Pixabay

例えば、年上の相手だと付き合う前は大体の人が「~さん」と呼んでいるのではないでしょうか。付き合ったら呼び方を「~くん」や呼び捨てで呼んでみると相手との距離がグッと縮まります。

相手からの名前の呼ばれ方が変わると、特別な存在になれたと実感することが出来ますね。しかし、周りが聞いてて恥ずかしくなるような名前の呼び方は避けた方がいいでしょう。

⑨適切な距離感を保とう!

Alexas_Fotos / Pixabay

知人や友達から恋人へランクアップしたことで、もっと距離を縮めたいと思う人がほとんどだと思います。しかし、2人の距離を縮めすぎるのは相手のプレッシャーになる可能性があるので注意が必要です。

今はSNSが主流となっているので、恋人ともSNSで繋がっているのではないでしょうか。「SNSする時間があるのに私には連絡してくれないの?」などと問い詰めるのはNGですよ。

あらかじめルールを決めるなどして、お互いが過ごしやすい適切な距離を保ちましょう。

⑩お互いの誕生日や記念日を大切にしよう!

JillWellington / Pixabay

恋人の大事なイベントは何かと聞かれた時に誕生日や記念日は上位にランクインするのではないでしょうか。どんなプレゼントにしようか悩むのは、恋人がいない人からしたら羨ましい悩みだと言えるでしょう。

2人で買い物している時は相手が今欲しい物を聞き出せるチャンスなのでしっかりアンテナを張っておきましょう。プレゼント交換の場合は前もって予算を決めておくのを忘れないでくださいね。

⑪スキンシップを多くして距離を縮めよう!

5688709 / Pixabay

恋人という特別な存在の特権は、相手といつでもスキンシップを取ることが許されるということでしょう。距離を縮めるのにも有効な手段でしょう。とても緊張しますが、それと同等にドキドキしちゃいますね。

初めは手をつなぐからスタートするといいでしょう。そこから徐々にハグをしたりキスをしたりスキンシップ段階を踏んでいくといいです。

女性から言うのは恥ずかしい部分があるので出来れば男性にリードしてもらいたいですね。女性も、男性が言いやすいような雰囲気を作ってあげることが大切です。

⑫2人で経験することを思いっきり楽しもう!

StockSnap / Pixabay

デートで2人で経験することは思いっきり楽しみましょう。ご飯を食べに行くのもいいですけど、休日は2人で一緒にアクティビティなことをするとグッと距離も縮まる上に良い思い出となるでしょう。

地域で休日に行われているイベントに行ってみたことありますか?お手軽に体験できることも多く、その地域の料理も食べることなどが出来るのでとてもおススメですよ。

お互いを知って長い関係を築いていこう!

JillWellington / Pixabay

出身地や誕生日や趣味など今後長く付き合っていく上でお互いを知ることが必要不可欠です。しかし、今まで好きだった人のことや元彼・元カノは知らなくてもいいですよ。

元彼や元カノは自分ではないのでどうしても自分に持ってない部分を知ることになります。今は自分が付き合っていると分かっていてもどうしても心にもやもやが残ってしまうものです。

どうしても知りたい人は、この先長く付き合って心配にならないと思えるようになってから聞くといいでしょう。

引き寄せの法則に関する記事はこちら

いつまで続くか不安!二人の関係を長続きさせるコツは?

bertomic / Pixabay

今はお互いに思いが高まっている状態だけど永遠ではないと気づいたら、いつまで続くのか不安になってしまいますよね。続いて、2人の関係を長続きさせるコツについて見ていきましょう。

コツ①束縛や干渉はしない!

377053 / Pixabay

2人の関係を長続きさせるために束縛や干渉をしてしまいがちですがそれはNGです。それは人間の本質である、縛られたら逃げたくなる心理が働いてしまうためで別れてしまう可能性が高くなってしまいます。

相手が束縛・干渉をしてほしいというなら話は別ですが、なるべく束縛・干渉はしないようにしましょう。特に最近はSNSが流通しているので注意が必要です。

付き合って少し時間が経つと「本当に自分でいいのか」と不安になる時期がありますよね。その時期に束縛・干渉をしてしまいやすいので、「今恋人なのは自分だ」と自信を持って生活しましょう。

コツ②「ありがとう」「ごめんなさい」を素直に伝える

geralt / Pixabay

恋人以前に当然のことですが、些細な事でも「ありがとう」「ごめんなさい」などはしっかり伝えるように心掛けましょう。

普段から見返りを求めているわけではないですが、自分が相手に何かした時にお礼を言われないとすごく嫌な気持ちになりますよね。喧嘩した時も水平線を保ったままで仲直りが遅くなって溝が深まってしまいます。

この「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えることは人間性を見極める上でかなり重要です。これらが言えない相手とは別れた方がいいかもしれません。

コツ③雑な対応に気を付ける

ivanovgood / Pixabay

相手と付き合うのが慣れ始めたら対応が雑になってしまうことがあるので注意が必要です。連絡を1日中返さない・デートをドタキャンする・友人とばかり遊ぶなどは別れる原因となるのでしないようにしましょう。

また、その他にも一緒にいるのに携帯に夢中・話をしても返事が上の空なのも雑な対応の1つとして挙げられます。不満に思った時は相手に伝え話し合うことが関係を続けていくために大切ですよ。

コツ④相手の視点に立って考える癖をつける

Madeinitaly / Pixabay

いつでも相手の視点になって考える癖をつけましょう。自分さえよければといって自己中心的な考え方だといずれ相手に愛想を尽かされてしまう可能性があります。

特に喧嘩の時は相手の視点になって発言するように心掛けることが大切です。たくさん言いたいこともあるでしょうが、一度クッションを置いて発言をすると喧嘩がデッドヒートすることも少ないです。

コツ⑤連絡しすぎないのもNG

Alexas_Fotos / Pixabay

付き合い始めはとてもラブラブなのでずっと連絡を取っていたいと思っているのではないでしょうか。しかし、連絡を取りすぎるのはNGとされているので注意が必要です。

仕事中なのに何件もメールを送るようなことをすると引かれてしまいます。急ぎじゃない限り相手からの返信を待って、少し時間を置いて返信をするとほどよい連絡のペースを取れますよ。

コツ⑥自分のすべてをパートナーに注ぎ込まない

cocoparisienne / Pixabay

相手のことが好きすぎると、彼の身の回りも全て何でも尽くしたいと思っちゃいますよね。しかし、それは恋愛を長続きさせる上で良くないこととされています。

理由は、相手に尽くしすぎると「この人は自分の言うことやしてほしいことを何でもしてくれる」という思考になり利用してしまうようになるからです。相手から尽くしてもらうこともなくなってしまいます。

自分が彼女の場合は、彼氏にとって「彼女」というポジションではなく「母親」というポジションになってしまいます。そうならないためにも尽くしすぎるのには注意しましょう。

コツ⑦平等な関係を保ち続ける

Comfreak / Pixabay

平等な関係を保つってどういうことだろう?と思う人もいるのではないでしょうか。簡単に言うとお互いに変なプライドは捨てて付き合いましょうということです。

学歴や今の会社のことだったりどうしても相手と優劣をつけたい人もいるでしょうが、それは相手の自尊心を傷つけることにもなるのでNGです。どちらが上なのかなどは決める必要ありません。

もし相手が自分より劣っていると思っているのならば、そんなことはないと相手に伝えてあげて下さいね。

コツ⑧昔の恋愛話は避ける

pixel2013 / Pixabay

過去にどんな人とと関係があったのかとても気になりますよね。しかし、昔の恋愛話を聞いて良い結果に終わるのはかなり少ないです。心にモヤモヤが残ることは間違いなく最悪喧嘩に発展する可能性もあります。

悪い結果になってもいいという人だけ聞くことをおススメします。逆に訊ねられた場合は、「今はあなただけ」だというのを必ず伝えるようにしてくださいね。

付き合い始めの連絡ペースは?順序はどうすればよい?

pikabum / Pixabay

では続いて連絡ペースや仲を深める順序について見ていきましょう。

付き合い始めから3ヶ月間は毎日連絡を取る人が多い?

LwcyDesign / Pixabay

Q.あなたは付き合い始め(交際3カ月まで)、どれくらいの頻度で彼氏と連絡を取っていますか?

第1位「毎日」……60.4%
第2位「2~3日に1回」……25.1%
第3位「4~6日に1回」……5.5%
第4位「1週間に1回」……5.1%
第5位「用事があるときだけ」……2.4%
※6位以下省略・単一回答式

(引用:付き合い始めの不安を解消! 連絡頻度・デート頻度・キスなどの注意点)

交際3ヶ月までは毎日連絡をとっている人が6割を超えていることが分かりました。付き合って初めの頃はお互い好きな気持ちが高まっているため、毎日連絡をしたいと思いますよね。

ラインのしすぎは関係が悪化?お互い疲れない頻度が大切!

rawpixel / Pixabay

メールと比べてラインはとても簡略化していて使いやすいのでみなさん利用していると思います。しかし、度を超えたラインのやり取りは相手を疲れさせてしまうこととなるので注意が必要です。

初めは良くても次第に返さないといけないというプレッシャーが相手を苦しめる結果となってしまいます。前もってラインのペースを話し合っておくといいでしょう。

NEXT:付き合い始めはたくさんデートして仲を深めよう!
1/3