鳥山明の現在!娘も同じ道へ?顔は?家・年収・資産や嫁・息子についても徹底深掘り!

鳥山明さんと言えば、人気漫画「Dr.スランプ アラレちゃん」「ドラゴンボール」の作者として有名ですよね。これらの作品は今なお世界中で大人気ですが、一体鳥山さんの資産はどのくらいのものなんでしょう?気になるその年収、家族のこともまとめて調査してみました!

鳥山明の現在の顔や気になる年収、家や娘・嫁・息子も徹底調査!

鳥山明さんは、1980年「週刊少年ジャンプで」人気漫画「Dr.スランプ アラレちゃん」を連載し大ヒットさせた後、1984年「ドラゴンボール」で更なる大ヒットを打ち出した、伝説の人気漫画家です。現在の少年ジャンプで活躍する売れっ子漫画家のほとんどが、鳥山さんに憧れて漫画家を志したと言ってもいいでしょう。

鳥山明は新人賞時点では漫画執筆経験がなかった!

鳥山さんは子供の頃、絵は得意だったものの23歳まで漫画を描いたことはなく、新人賞のため描いた漫画が初めての作品だったのです。それが2年後には連載漫画を大ヒットさせ、現在まで噂では億越えの年収を得ているというのですから、何とも夢のある話ですよね。そんな鳥山さんは今どうしているのでしょうか?早速調査していきます。

鳥山明のプロフィール【顔写真あり】

  • 名前: 鳥山 明 (とりやま あきら)
  • 本名: 同じ
  • 生年月日: 1955年4月5日
  • 血液型: A型
  • 出身: 愛知県名古屋市
  • 在住: 愛知県清須市
  • デビュー: 1978年「ワンダーアイランド」(集英社・週刊少年ジャンプ)
  • プロダクション: BIRD STUDIO

鳥山明の現在と年収!パラダイス文書事件・家の前で顔出し取材!

2016年にタックスヘイブン”パナマ文書”の流出問題が起こった翌年、同じくタックスヘイブンの”パラダイス文書”が世間に公表されました。この文書は入手ルートの関係上情報の正確性に問題があり、さほど大きな騒ぎにはなりませんでしたが、なんとこの文書の中に鳩山元首相等の著名人と並び、鳥山明さんの名前があったのです。

鳥山明、 久々の顔出し!世間ではその資産に興味津々!?

この流れで、あまり世間に顔出しするのを好まない鳥山さんが自宅前で取材を受ける姿が週刊誌に掲載され、事件とは異なる意味で話題になりました。久しぶりに顔出しした鳥山さんは、少しふっくらしてどこにでもいるおじさん顔になっていましたが、への字の口元が漫画のキャラクターのようだという声もありましたね。

結局このタックスヘイブンに関しては第三者に任せているため、鳥山さん自身は把握していなかったようですし、タックスヘイブン自体は違法ではありません。しかしこの報道を受けて、「一体どのくらい資産があるんだ!」とネットがザワついたのは言うまでもありません。

鳥山明の現在と年収!有名な家は大豪邸!資産はどのくらい?

気になる鳥山明さんの年収ですが、高額納税者公示(長者番付)のあった2005年までのデータからわかるのが、「ドラゴンボール」連載中の年収は平均6億円位、終了後の1995年には10億円越え、2004年には14億8000万円と右肩上がりだったということです。鳥山さんの年収が10億~20億と噂されているのはそのためでしょう。

鳥山明の資産は235億?自治体は「鳥山ロード」を作った?!

「ドラゴンボール」の放映権料やアニメ関連の売り上げが3000億円と言われていることから、鳥山さんの資産は235億円位と噂されています。高額納税者の鳥山さんに移転して欲しくない自治体が、鳥山さん宅から名古屋空港までの道路が作られた、という都市伝説まで生まれたのは有名な話です。

鳥山明の自宅は有名な黄色い「Dr.スランプ御殿」!

愛知県清須市にある、鳥山さんの自宅は「Dr.スランプ御殿」と呼ばれている黄色い豪邸です。内部や詳細がわかる写真等はありませんが、ほぼ観光地と化しており、玄関には「ファンの皆様へ」として、サインの対応は不可である断り書きが貼ってあります。玄関に色紙を置いていく方が実際にいたのかもしれませんね。

鳥山明の現在と年収!家族(娘・嫁)も同業者?息子は?顔は?①

鳥山明さんは1982年に、同じく漫画家だった”みかみなち”さんと結婚しています。そして1987年4月に息子の佐助さん、1990年10月に娘のきっかさんが誕生、その後もう1人娘さんをもうけたと言われていますが、こちらの情報はありませんでした。

鳥山明の嫁は元漫画家のみかみなち!「かめはめ波」は嫁の案?!

鳥山さんの嫁、みかみなちさんは、漫画家としては1985年に引退しています。かつては少女漫画雑誌「花とゆめ」や「LaLa」で、少女漫画のコメディ系の漫画を描いており、コミックスも出版されていました(現在は絶版)。鳥山さんは、嫁のセンスと知識には一目置いており、自身の漫画でもアイデアをもらっていたことを明かしています。

例えば「ドラゴンボール」で有名なあの技「かめはめ波」を世に出すきっかけは、嫁のみかみなちさんでした。鳥山さんが技の名前に悩んでいたところ、さらっと「かめはめ波なんてどう?」と提案してくれたといいます。鳥山さんが嫁のセンスの良さを評した理由がよく分かりますね!

鳥山明の現在と年収!家族(娘・嫁)も同業者?息子は?顔は?②

鳥山明さんの長女で、現在27歳のきっかさんはイラストレーターとして活躍しているという情報があります。どんな活動をしているのか、そしてどんな絵を描いているのか興味がありますね。こちらも少し調べてみました。

鳥山明の長女はKIKKA、イラストレーターとして活躍中!

鳥山きっかさんは1990年生まれ、海外のアニメや映画鑑賞が趣味という、父親似の娘さんのようですね。漫画では「NARUTO」が好きで、きっかさんも中学時代、美術部員として「読売国際漫画大賞」に挑戦し、新聞記事に掲載されたことがあります。

現在きっかさんはプロのイラストレーターになり、InstagramやTwitterもされているのですが、その中の情報によるとアパレルデザインにも携わっているようです。最近では、劇団偉人舞台旗揚げ20周年記念公演「デラックスマン」のフライヤーイラストとコスチュームデザインを手がけています。

鳥山明の長女、KIKKAは父親に似ているという声も!

お顔についてですが、中学時代の写真を見るととても父親似でしたね。といっても、嫁のみかみなちさんも似たような雰囲気ではありますが。なお、残念ながら現在きっかさんはお顔を公開されていません。

鳥山明の現在と年収!家族(娘・嫁)も同業者?息子は?顔は?③

鳥山明さんにはきっかさんの他に長男と次女がいます。現在はどちらも成人されていると思いますが、情報は一切ありませんでした。漫画家同士の結婚で父親が伝説的な存在ですから、同じ漫画家になるのはかなり難しい部分はあるでしょう。また、必ずしも同じ方向性を持っているとも限りませんので、全く異なる道を選択されているかもしれませんね。

鳥山明の現在!絵が下手になったって本当?イラスト比較調査!①

鳥山明さんの現在について調べていたところ、昔と比べて鳥山さんの画力が落ちているという噂を見つけました。鳥山さんは昔から画力の高さには定評があり、少年ジャンプの新人賞で声がかかったのもその画力の高さがあったからだと言えます。昔から高かった画力が落ちるなんてことがあるのでしょうか。

鳥山明のイラスト:ドラゴンクエストX・XI

現在鳥山さんは漫画の執筆はあまり行っていないため、長年キャラクターデザインをやっているゲーム「ドラゴンクエスト」のイラストで比較していきましょう。まず、最新の「ドラゴンクエストXI」のパッケージイラストですが、このイラストについて「絵が下手になってしまった」という声が出てきています。

鳥山明の現在!絵が下手になったって本当?イラスト比較調査!②

鳥山明のイラスト:ドラゴンクエスト初代〜3部作

正直、デッサンが狂っているわけではないので「下手になった」というのは正しい表現ではなく「絵が変わった」ということでしょうか。「ドラゴンクエスト」初代〜シリーズ3部作の絵と比べてみると、現在の方が少し大人びた感じのキャラクター担っているようにも感じます。

初代の絵と比較しても特別見劣りすることはありませんが、大きく異なる点があるとすれば、やはりデジタル制作に移行している点でしょうか。アナログ制作していた頃のタッチが好きなファンからすると、デジタルタッチがいまひとつ受け入れられないのかもしれません。

鳥山明のイラスト:デジタル制作に移行した影響か?

鳥山さんがデジタル制作に移行したのは、「ドラゴンボール」の連載が終了後にバンダイからMacをプレゼントされたのがきっかけだったそうです。鳥山さんは、デジタル移行していなければ絵を描くのが嫌になっていただろうと言っており、肉体的にも負担の多い仕事柄デジタルは大いに助けになったのでしょう。

ただ、鳥山さんのアナログカラーイラストの立体感の出し方があまりに美しかったため、デジタルではその表現が出ず残念な気持ちもわかる気がします。デジタルでの立体感の出し方はどうしても質感を伴わないため、限界があるのかもしれません。逆に言えば、それだけ鳥山さんのアナログのクオリティが高かったことを意味するのです。

鳥山明の現在!家は豪邸・年収は億越え!娘と今後も活躍を期待!

鳥山明さんは「ドラゴンボール」連載終了からも年収が上がり続けていますが、その要因として「ドラゴンボール」が海外でテレビ放送され大ヒットしたことが挙げられるでしょう。その結果、多くの外国人旅行客がフィギュアやグッズを買っていくわけで、鳥山さんの年収が上がっているのも頷けますね。

長女のきっかさんも成人しプロのイラストレーターになっても、鳥山さんは変わらず活躍し続ける、日本を代表する漫画家でありイラストレーターです。今もキャラクターデザイナーとして苦労は絶えないようですが、体に気をつけて末長く楽しく絵を描き続けて欲しいですね。きっかさんと共に、今後の活躍を期待しましょう!