同棲カップルが別れる原因や理由は?円満に別れるための手順は? 恋愛・心理

同棲カップルが別れる原因や理由は?円満に別れるための手順は?

好きな人と一緒に暮らしたい。そんな幸せな気持ちから始めた同棲なのに、同棲したことで理想と現実のギャップを感じてしまい別れてしまうカップルは少なくないようです。今回はそんな同棲カップルの別れの原因や理由についてみていきましょう。

目次

[表示]

同棲したカップルは別れることが多い?

Free-Photos / Pixabay

お互い好きで同棲を始めたのに、なぜ同棲したカップルは別れることが多いのでしょうか?

同棲したカップルが別れる確率はどれくらい?

TeroVesalainen / Pixabay

20代~50代の同棲経験のある男女を対象にしたとあるアンケートで、およそ5割以上の人が同棲をして別れたという結果が出ていることがわかりました。

別れた理由は様々でしたが、金銭感覚の違いや相手の嫌な態度が目につくようになり限界がきてしまったなどという回答が多いようです。

幸せな同棲生活ばかりではない?喧嘩が増えた人の割合は?

Free-Photos / Pixabay

こちらも20代~50代の同棲経験者の男女を対象にしたアンケート結果で5割以上の人が同棲前と比べ喧嘩が増えたと回答しています。

喧嘩の主な原因は同棲生活でのストレスで、食事の好みや片付けの仕方、掃除をしてもすぐに散らかすなど些細なことで鬱憤がたまり喧嘩になってしまうことがあるようです。

同棲していたら別れにくい?

Pexels / Pixabay

長く一緒に生活していると、愛は薄れても情は残ってしまい、なかなか別れを切り出せないカップルが多いようです。

しかし、情だけで側にい続けるということは、お互いにとって良いことではありません。別れを切り出す際は、強い気持ちと決断力を持って一歩を踏み出すことが重要です。

同棲したカップルが別れる原因や理由は?

parthrpatel800 / Pixabay

単純に別れといってもその裏側には様々な原因や理由が隠されています。ここでは、その原因や理由について具体的にみていきましょう。

生活スタイルの違い

RyanMcGuire / Pixabay

人はそれぞれ自分の生活習慣や価値観があります。他人同士だった2人が同棲をするとなると、どうしても合わないことや気になってしまうこともあるでしょう。

ですが、自分のやり方が正しいと肯定するだけでは何の解決にもなりません。お互いに指摘し合うのではなく、広い心を持ってどう相手に歩み寄れるかが大切なのです。

金銭感覚の違い

kschneider2991 / Pixabay

同棲生活において切っても切り離せないのがお金の問題です。同棲生活のお金のやりくりは基本的に折半で行います。片方の出費が極端に多いとそれがきっかけで別れに繋がることがあります。

お互いに会社や友人との付き合いもありますが、相手が趣味や嗜好品などにお金を使い過ぎている場合は注意が必要です。

家事分担の偏り

Skitterphoto / Pixabay

お互いに仕事をしている中で毎日やらないといけないのが家事です。一緒に住んでいる以上は片方に任せるのではなく、「2人」でやるものと考えるのが良いでしょう。

気付いた方がやるということも多いですが、その結果片方に負担がかかり同棲が続かないのでは意味がありません。家事の分担を曖昧にするのではなくルールを決めてお互いに不満が溜まらないようにしましょう。

しかし、ルール自体が負担にならないよう、相手が体調の悪い時や帰りが遅くなるときはルールに縛られず分担を代わりましょう。また、相手が分担を代わってくれた場合は感謝の気持ちを忘れずに伝えてあげましょう。

浮気

Pexels / Pixabay

同棲をしているのに浮気をされてしまう原因としては、相手を異性として見られなくなった場合が多いようです。

「自分のありのままを見せる」=「相手との距離が縮まる」と思ってしまうかもしれませんが、異性として見られるためには意識して過ごすことが大事です。

また、同棲は結婚とは違うので、家族としてではなく男女の関係を築くことを望む人が多いようです。

マンネリ化してしまった

fancycrave1 / Pixabay

同棲していないカップルでもマンネリで別れることがありますが、同棲しているカップルならば、よりマンネリ化に陥りやすい状況にあるといえます。

同じような毎日を繰り返していく中で、新鮮味が薄れ同棲のつまらなさを感じ、同棲を解消したとしても結婚したらまた同じ生活に戻ってしまうという考えに至り別れを決断してしまうことがあるようです。

欠点や嫌な部分が目立つようになった

Free-Photos / Pixabay

同棲をすることで相手の嫌な部分や欠点に気付き、少なからずストレスを感じてしまうことはあるでしょう。

お互いが相手にストレスを感じさせないように気遣うことが大切ですが、その気遣いのズレから別れに至るカップルが多いようです。

役割を押し付け合っていた

Tumisu / Pixabay

生活していく上でやらなければならないことを、面倒だからといって押し付けあっていては何も進まずイライラしてしまうだけです。

したくない面倒事でも、自分がやろうという思いやりを持つことができなければそれが別れに繋がることになります。

結婚に対する考え方に変化がでた

Takmeomeo / Pixabay

「同棲=結婚を前提に」と思う人は少なくありません。将来のことをあまり深く考えずに同棲しているカップルもいますが、この考え方のズレから別れに発展してしまうこともあります。

これから同棲を考えているカップルなら、結婚するまでの同棲の期間を決めておくのが良いでしょう。既に同棲しているなら、お互いの結婚への意思を話しあってみてはいかがでしょうか?

もし今は結婚をしたくないと相手が考えている場合は、まだ仕事を頑張りたい、貯金をしたい、やりたいことがある、親に認めてもらいたいなどの理由があるかもしれません。

相手に暴力を振るわれるようになった

Tumisu / Pixabay

同棲相手に振るわれた暴力がきっかけで別れを決意する人もいるようです。しかし、別れを切り出すことでさらに暴力を振るわれるのではないかと、怖くて言いだせない人もいます。

暴力を振るう人は繰り返す傾向があります。自分の身を守る為に別れを決意し行動に移すことが大切です。

恋愛感情がなくなった

Free-Photos / Pixabay

同棲生活を長く続けていると、お互いに異性というより家族という意識が芽生え、恋愛感情が薄れてしまい別れに繋がることもあるようです。

一緒に生活しているとはいえ、同棲する前のようにデートやスキンシップの時間を持つなど、生活に刺激を持たせることが必要です。

普段の生活がだらしない

Wokandapix / Pixabay

部屋着がよれよれのTシャツだったり、寝る時間や起きる時間が合わない、さらには下着に手を入れてお尻を掻いたり、お風呂上がりに裸で部屋を歩き回るというだらしない姿が同棲を始めると見えてくることもあります。

同棲をするまではエチケットも完璧、だらしなさなんて感じさせることのなかった相手でも、自宅だと気が緩んでしまうこともあるでしょう。しかし、それが相手の「普段の姿」なので改善を望むのは難しいところです。

また、自分がそう感じているように相手も同じようなことを感じている場合もあります。今一度自分の行動を見つめ直してみることが必要ではないでしょうか?

他に好きな人ができた

Catkin / Pixabay

他に好きな人ができた、という理由は同棲しているからこそなのかもしれません。同棲をしていれば相手の嫌な部分が目につくようになり、同棲している相手よりも他の人の方が魅力的に見えることがあるようです。

他に好きな人がいるのに同棲を続けるのはやはり難しいようで、長く同棲をしていたとしても別れを決断するカップルが多いようです。

家賃を払ってくれなくなった

Bru-nO / Pixabay

家賃などの金銭問題が原因で別れるカップルもいるようです。同棲する前に折半にしようと約束していたのに、いつの間にか自分が全ての支払いをしているという状態があるそうです。

生活にかかる費用は2人で出しあうのが基本です。相手の方が収入が少ないからといって自分が全て払ってしまうと、支払いを請求したときに渋られたり、嫌な顔をされることもあります。

お金の切れ目は縁の切れ目という言葉もあるので、金銭問題はきちんと話し合って決めましょう。

やってあげてる感を常に出されている

Anemone123 / Pixabay

家事を進んでやってくれるのは有難いことですが、その相手が恩着せがましく、「やってあげてるんだから」、「感謝してよ」などといってきたら誰だってうんざりしてしまいます。

相手が家事や炊事をするときに、文句を言ったりだるそうにしているのを見ると将来のことを考えにくく、別れに繋がってしまうということがあるそうです。

いつまでも甘えたままでいた

pixel2013 / Pixabay

同棲をすると、家賃などを折半することができるので、1人のときよりも金銭の負担が軽くなります。ですが、いつまでもその状況に甘えていると、相手に愛想を尽かされてしまうことがあります。

相手に愛想を尽かされない為には、お互いの将来を見据えた生活をしていくという意識が大切です。

同棲中だけど別れたい!同棲解消・別れるための手順と注意事項

StockSnap / Pixabay

長年同棲していた相手と別れる、同棲を解消したいといっても簡単なことではありません。相手に別れを切り出し同棲を解消するまではどういった手順で進めていけば良いのでしょうか?

同棲解消にかかる時間は最短で1カ月

congerdesign / Pixabay

相手の金銭面もありますが、賃貸契約を解除するとなった場合は最低でも1ヶ月はかかります。また、相手が別れるのは嫌だ、同棲の解消は反対だ、というなど、意見が分かれれば時間はさらにかかります。

まずは引っ越しにかかるお金を貯める

Olichel / Pixabay

相手に別れ話をする前に考えておかないといけないのが金銭面のことです。引っ越しにかかる費用は最低でもおよそ家賃の3カ月分はかかります。話をするのは十分な資金がたまってからにしましょう。

両者が別れを意識していたら別れ話をする

Pexels / Pixabay

お互いが別れを考えている場合はスムーズにことが進むでしょう。ですが、相手が別れを考えていないときは、なぜ自分が別れたいのかを話し、お互いの経済状況や生活環境を考えながら時間をかけて話し合いましょう。

円満に別れるためには電話やメールではなく、きちんと相手の顔を見て話をしましょう。家では話しづらいときはカフェやファミレスなどで話し合うのもありです。

しかし相手がストーカー気質や暴力的な場合は話し合いはせずに、支援窓口やDVシェルターなどに相談しましょう。

しばらくの仮住まい場所と新しい住まいを確保しておく

StockSnap / Pixabay

同棲を解消すると決めてからすぐに引っ越しという訳にはいきません。ですが、別れると決めてから一緒に住むというのは苦痛ではないでしょうか?実家や友人に頼んで一時的でも逃げ場を用意しておく方が良いでしょう。

経済的に余裕がある場合は、新居と現在の家賃を並行して支払うという方法もあります。

家具や家電については話し合いが必要

Free-Photos / Pixabay

持ち寄った家具や家電は持ち主が引き取って、2人で購入を決めた家具はやはり話し合いが必要です。

財産分与について話す

AlexanderStein / Pixabay

引っ越すまでの光熱費の支払い、賃貸契約を終えて出た後に修理代などを請求されたとき、戻ってきたお金があった場合など、こういった諸費用のことも相手ときちんと話し合いましょう。

引っ越す時期を話し合う

Free-Photos / Pixabay

まず引っ越す時期を相手と話し合いましょう。自分が引っ越す先を決めていても相手は同棲解消を告げられたばかりなので、引っ越すことも賃貸契約を急に打ち切ることもできません。

引っ越しの時期が決まり次第、新居を探し始めましょう。引っ越し先は、2人の思い出の場所や相手が行きそうな場所は避けた方が良いでしょう。

2人が現在住んでいる家の名義が自分の場合は残るという選択肢もありますが、別れた相手が来てしまう恐れもあり、何より2人で住んでいた思い出のある部屋に1人きりで住むのは想像以上に寂しいものです。

本当に同棲解消して良いのか自分に問う

Seaq68 / Pixabay

同棲の解消を決めてから、一度自分の心に本当にこれで良いのか問いただしてみてください。

同棲を解消するということは、2人は今までのような関係ではなくなることが多いですが、そうならないこともあります。じっくり自分自身と相手に向き合って考えましょう。

NEXT:転居届をちゃんと出す
1/2