ジェンダーレス女子とは?ファッションや髪型、メイクも紹介!美容

ジェンダーレス女子とは?ファッションや髪型、メイクも紹介!

最近話題となっている「ジェンダーレス女子」といえば、モデルの中山咲月さんを連想される方も多いのではないでしょうか。今回は、気になる男性と女性を超えるジェンダーレス女子のメイクのやり方や髪型、ファッションをご紹介していきます。

目次

[表示]

ジェンダーレス女子とは?

こちらでは、ジェンダーレス女子についての基礎的な情報をまとめます。

ジェンダーレスとは?

kerplode / Pixabay

ジェンダーレス女子の「ジェンダーレス」とは、性別を意味する「Gender」と、無くすを意味する「less」を合わせた単語で、読んで字のごとく「男女間の性別による差をなくす」という意味です。

現在では、性差をなくすという意味よりもファッション用語として使われている事も多く、ユニセックス(男女の区別がないもの)な服装を指す場合に使われる事もあります。

ちなみに、ジェンダーレスが広く使われるようになったのは、世界的なハイブランド「イヴ・サンローラン」が女性モデルに男性用のスーツを着せたのが発祥だと言われています。

ジェンダーレス女子はファッションやメイクが特徴的?

Gromovataya / Pixabay

ジェンダーレス女子はファッションやメイクをあえて「女性か男性かハッキリ分けない」という特徴があります。

女性が男性のように見えるメイクやファッションをするジェンダーレス女子のスタイルは、自然と特徴的なものになるのです。

ジェンダーレス女子のメイクやファッションについては、細かく後述致しますので是非最後までご一読ください。

ジェンダーレス診断をしてみよう!

rawpixel / Pixabay

ジェンダーレス女子に憧れているし、自分はジェンダーレス女子になのかもしれないと思う方は、1度「ジェンダーレス診断」をやってみてはいかがでしょうか。

例えば、ブログや占いなどのサービスを提供している「woman.excite」では、4つの選択肢から1つの回答を選ぶだけで簡単にジェンダーレス診断が出来ます。

woman.exciteのジェンダーレス診断は、インターネット上で気軽に行える上、料金が発生する事はありません。

カッコ良いジェンダーレス女子になるには?【髪型編】

pattyann / Pixabay

こちらでは、カッコ良いジェンダーレス女子になるためにおススメの髪型をご紹介します。

アシンメトリーなおしゃれショート

あえてアシンメトリーにしたショートヘアは、個性的なディテールが目を引きますし小顔効果や首が長く見えて全体的なスタイルアップ効果が期待できるヘアスタイルです。

バングだけをアシンメトリーにすれば、ジェンダーレス女子初心者の方にも取り入れやすくマニッシュな雰囲気になれます。

トップから耳下までをアシンメトリーにカットしたショートヘアは個性的で、注目される事間違いなしです。アシンメトリーのショートヘアの場合、インナーカラーを派手にしてみると相性が良く、オシャレに見えます。

ふんわりマニッシュショート

全体的にふんわりと柔らかな質感に仕上げたマニッシュショートは女性らしいラインでありながら男性っぽい雰囲気を出す事ができる「甘辛ミックスヘアスタイル」です。

アジアで活動されているジェンダーレスなモデルさんやタレントさんは、このふんわりマニッシュショートの方が多く、ジェンダーレスモデルの中山咲月さんもマニッシュショートです。

マニッシュショートは、ストレートの場合はクールな印象になり、くせ毛風のパーマをかければ柔らかな印象になります。

もみあげをなくす

https://twitter.com/ysmt521/status/784249163869323264

上記でご紹介した「アシンメトリーショート」と「ふんわりマニッシュショート」だけでは男性っぽさが薄い、と感じるようなら、思い切ってもみあげを無くしてみてください。

もみあげがなくなる事で、横から見ると「ツーブロック」にしているように見え、男性的なディテールになります。

前髪は長めに?かきあげバング

https://twitter.com/OTAKU0320/status/1134380282209923072

前髪を長めにした「かきあげバング」は、ミステリアスな雰囲気とマニッシュな色っぽさを演出できる、大人のジェンダーレス女子にぴったりなヘアスタイルです。

ロングヘアのかきあげバングは、女性的な色気が出ますが、ジェンダーレス女子になるためのかきあげバングは、ボブかショートヘアがオススメです。

ショートヘアのかきあげバングは、顎のラインがシャープに見えて小顔効果が抜群です。ヘアカラーは、あえて落ち着いたダーグブラウンにすると抜け感が出ます。

マッシュウルフ

1980年代に大流行したヘアスタイルどあるウルフカットが、最近また注目され始めています。

最近のウルフカットは1980年代に流行した襟足だけを伸ばしたディテールではなく、パーマやカットで全体的に丸みを出したマッシュヘアに、トップから襟足までレイヤーを入れてウルフにしています。

そのためシルエットはカッコいいのに女性的な柔らかさがある、まさにジェンダーレス女子にぴったりなヘアスタイルになるのです

ソフトウルフ

https://twitter.com/IIVprfLFiE0JXn7/status/1133996008331853829

ソフトウルフは、マッシュウルフよりも髪が長めのものが多く女性的なディテールになります。

マッシュウルフは、ショートヘアでも丸みがありユニセックスな雰囲気ですが、ソフトウルフはボブ~ミディアム程度の長さで、トップから襟足までのレイヤーも大きくありません。

その為、ジェンダーレス女子っぽさが欲しいけれど、なるべく男性的な雰囲気は隠したいという「中性的なジェンダーレス」を目指す方にオススメなヘアスタイルです。

グレージュショート

https://twitter.com/soff_27n/status/717978279823552512

去年の夏あたりから流行しているグレージュカラーと、マニッシュなショートヘアを組み合わせる事で、垢抜けた透明感のあるジェンダーレス女子になれます。

グレージュカラーとは、グレーとベージュ(グレイッシュベージュ)を短縮させた呼び名で、グレーの透明感とベージュの軽さを併せ持った良いとこどりの髪色です。

グレージュカラーは、透明感があって垢抜けた雰囲気になれますので、シンプルなショートヘアでも十分にお洒落です。

ぱっつん前髪と外ハネショートスタイル

ぱっつん前髪といえば、特徴的なヘアスタイル・おかっぱなどのイメージが強いかもしれません。ですが、ショートスタイルに外ハネをプラスすると、ぱっつん前髪がマニッシュなジェンダーレスヘアになります。

ショートスタイルに外ハネをプラスする為には、パーマをかけるよりもアイロンを使って自宅で簡単にヘアアレンジすれば、気分によってハネ方を変えられるのでオススメです。

こちらから、アイロンを使った基本のヘアアレンジのやり方を紹介した動画をご覧いただけます。

ワンレンボブ

美人系のジェンダーレス女子に憧れているのなら、ワンレンボブスタイルがオススメです。

ワンレンボブは、長い前髪が顎のラインを細く見せてくれ、顔の幅が狭くなるので目力が強くなり、顔のパーツが際立った美人顔に見せてくれる効果があります。

ただ、面長の方がワンレンボブに挑戦すると顔の長さが強調されてしまう可能性がありますので注意して下さい。

NEXT:ダークカラー
1/4