頭の回転が早い人の特徴まとめ!遅い人との違いは?訓練法は? 恋愛・心理

頭の回転が早い人の特徴まとめ!遅い人との違いは?訓練法は?

やけに仕事が速かったり、恋愛でも要領よく立ち回ることができたり、「あの人って頭の回転が早いなあ」と周囲を感心させる人っていますよね。頭の回転が早いと感じさせる人に見られる特徴や、頭の回転が早い人になるにはどうすればよいのかなどを紹介していきます。

目次

[表示]

頭の回転が早いとはどういう意味?

geralt / Pixabay

勉強ができる・仕事ができるといったことならば取り組んだことの結果から判断ができますが、頭の回転が早いというのは、もう少し違った意味合いを持ちます。

ここでは頭の回転が早いというのはどのようなことを指すのか、その概要を紹介していきます。

頭の回転が早いとは?頭の回転が早い人ってどんな人?

geralt / Pixabay

頭の回転が早い人というのは、勉強ができる、頭が良いといった人とは少し違った意味を持ちます。

ユーモアがあって会話が上手かったり、場の空気を読む能力に長け、先を読んだ行動ができたりと仕事や学業以外のシーンでも、頭の回転が早い人は人目を引くものです。

頭の回転が早い人は脳の処理速度が速く、1を聞いて10を知ることができると言えるでしょう。

頭の回転が早い人と勉強ができる人は違う?

Wokandapix / Pixabay

頭の回転が早い人には、得た知識を応用する能力が高いという特徴が見られます。自分の知識を臨機応変に活用するため、弁が立つ人が多いです。

そのため努力をしたり、興味のあることを掘り下げて学ぶのが好きだという勉強ができる人と、頭の回転が早い人は必ずしもイコールにはならないでしょう。

要領が良いことから、努力せずともある程度の勉強はできるという人も多く見られますが、頭の回転は早いけれど勉強はできないという人も存在します。

あなたは頭の回転が早い?遅い?テストの方法は?

ijmaki / Pixabay

「自分は頭の回転が早いの?それとも遅いの?」と疑問に感じる人も多いことでしょう。

以下に頭の回転の早さを診断する、簡単なテストを紹介します。幾つ当てはまるか確認してみてくださいね。

頭の回転が速い?遅い?チェックポイント

TeroVesalainen / Pixabay

  • 決断力がある方だ
  • 目上の人に好かれやすい
  • リーダーシップをとりたいタイプだ
  • ついつい周りの人の世話を焼いてしまう
  • 絵を描くのが好き、上手い
  • 手先は器用な方だ
  • 話すスピードが速い、早口と言われがち
  • 自分はおしゃべりな方だと思う
  • 自分に対する悪い評価は気にする方だ
  • 親に愛されて育った自覚がある
  • できれば揉め事は避けたい、議論は好きではない
  • 人の顔と名前を覚えるのが得意だ
  • 自信過剰気味だという自覚がある
  • 1人で物思いにふける時間を大切にしたい
  • 自分はまめなタイプだと思う
  • 「なんで?」「どうして?」が口癖だ
  • 人間観察をするのが好き
  • 小さい頃のことも鮮明に思い出せる
  • 毎日必ず大笑いしている
  • 第一印象では大人しく見られがちだ

上のチェックポイントのうち、自分に該当するものが4個以下だった人は頭の回転が遅い人と言えます。5~8個あてはまった人はやや遅め、9~12個あてはまった人は普通程度と考えられます。

あてはまるポイントが13個以上あったら、頭の回転が早い人です。中でも17個以上該当するものがあったという人は、極めて頭の回転が早いタイプと言えるでしょう。

頭の回転が早い人の特徴まとめ!

StockSnap / Pixabay

頭の回転が早いと言われる人達には、共通した特徴が見られます。ここでは、頭の回転が早いと評価される人達に見られる特徴を紹介していきます。

①相手の話の理解も早い

StockSnap / Pixabay

頭の回転が早い人は、どんな人が相手であっても上手に会話を運ぶことができます。話下手な人が相手であっても、相手の少ない言葉の中から情報を抽出して、自分の中で組み立てて理解できるのです。

そのため相手の話の要点を理解することが速く、テンポの良い会話ができます。

②例え話がうまく、相手に物事を伝えるのも早い

ambroo / Pixabay

お笑い芸人などでも、例え話が上手い人っていますよね。頭の回転が早い人は1つの物事を冷静に分析して、似た特徴を持つものを自分の知識の中から引っ張り出してくるのが得意です。

そのため、難しいことや専門的なことを畑違いの人に説明する時にも、例え話を巧みに用いて噛み砕いて説明することができます。

③ゆっくり話して、と言われるほど話し方が早口

mohamed_hassan / Pixabay

頭の回転が早い人は、早口になりがちという特徴を持ちます。物事の理解が速いことから会話を先に先に進めようとするため、早口になってしまいがちなのです。

時に、会話の相手がついて行かれないようなスピードで話を展開させてしまうことから「ゆっくり話してもらえない?」と言われることもあるでしょう。

④話をまとめるのが早い

jamesoladujoye / Pixabay

頭の回転が早い人は、理解力が高いために物事の先を読むことが得意です。話をしていても要点を整理して結論を導き出すため、1人だけ先に話をまとめて納得してしまうことがあります。

同じレベルの人同士の会話ならば問題ないのですが、頭の回転が遅い人からすると展開の速さについて行かれないこともあるでしょう。

⑤会話の展開、進む速度が早い

StockSnap / Pixabay

先を読んでしまうことから、1つ1つの話を終えるのが速く、会話をどんどん展開させていくのも頭の回転が早い人の特徴です。

このような点からも頭の回転が早い人は、「もう少しゆっくり話して」「今そんな話してたっけ?」と周囲から言われてしまいがちです。

⑥情報整理が早く、同時に仕事をこなせる

SerenaWong / Pixabay

頭の回転が早い人は、脳内で情報を整理することが得意なため、同時に複数のことをこなす「マルチタスク」ができることが多いです。

しかも正確に情報を整理して動くことから、同時に複数のことをこなしていても失敗することがありません。

複数の業務を抱えてもパニックにならずに同時進行ができるため、頭の回転が早い人には仕事ができる人が多いと言えます。

⑦多角的な視点で物事を捉える

Skitterphoto / Pixabay

頭の回転が早い人は、視野が広く多角的にものごとをとらえることができます。

1つのことだけに注目するのではなく様々なことを関連付けて考えられるため、同時に幾つものことを考えて解決に導くことができるのです。

⑧グズグズせずに、パッと決断する

Ramdlon / Pixabay

決断力が速いというのも、頭の回転が早い人に共通してみられる特徴です。悩む時間が長いからと言って、正しい判断ができるとは限りません。

頭の回転が早い人達は合理的な考え方を好むため、無駄に時間を使うのを嫌がります。そのため、あれこれ悩まずに決断して、実行に移すのが速いのです。

⑨効率主義

TeroVesalainen / Pixabay

頭の中で常に優先順位や、やるべきことにかかる時間を計算しているため、頭の回転が早い人は効率的に仕事を進められます。

ただ周囲の人に同じ能力を求めたり、人にやらせるよりも自分でやった方が速いからとワンマンになりがちなところもあるでしょう。

⑩物事の優先順位を決めるのが早い

rawpixel / Pixabay

頭の回転が早い人は、素早く取捨選択ができます。何を優先するべきなのか判断して素早く計画を立てることができるので、仕事に取り掛かるのも終えるのも速いのです。

⑪臨機応変な対応ができる

JESHOOTS-com / Pixabay

予想外の出来事が起きた時に、臨機応変に柔軟な対応ができるのも、頭の回転が早い人の特徴と言えます。

変化に対応するのに必要な情報を素早く考えることができるので、ここぞという時に頼りになる存在と言えるでしょう。

⑫好奇心旺盛でいろんなことに興味がある

qimono / Pixabay

知識欲が旺盛なことから、頭の回転が早い人は自分の仕事に関係ないことや、実生活で役立つ以外のことであっても積極的に知りたがる傾向があります。

多趣味で色々なことに挑戦したがり、そこで得た知識を忘れません。好奇心旺盛で、畑違いのことについても、その道のプロに対して気後れすることなく積極的に質問していきます。

⑬知識が多く、常に収集している

rawpixel / Pixabay

頭の回転が早い人は、広く浅く様々なことを知っていることが多いです。彼らは気になることがあるとすぐに調べるため、自然と知識が蓄積されていくのです。

読書家の人も多く、話をしていると知識量の豊富さに驚かされることもあるでしょう。

⑭記憶力がよい

PhotoMIX-Company / Pixabay

勉強に限らず日常生活のちょっとしたことであっても、頭の回転が早い人はしっかり覚えていることが多いです。

「自分のことをよく覚えてくれている!」と好印象を持たせられるため、対人関係においても記憶力の良さが役立つことが見られます。

⑮人間関係を把握する能力が高い

頭の回転が早い人は洞察力に優れていることから、初めて来た環境でも、その場の人間関係や力関係を見抜くことが得意です。

そのため新しい職場に移動した際にも、効率的に人間関係を築いていくことができます。

⑯空気を読むのがうまい

Free-Photos / Pixabay

自分の置かれている状況や環境を冷静に判断できることから、頭の回転が早い人は空気を読むことが得意です。

自分のことも客観的に見れるため、場面に合わせて何を求められているのかも理解して動くことができます。

⑰アイデアをどんどん生み出せる

qimono / Pixabay

多角的に物事を見ることができ、アイデアが豊富なのも頭の回転が早い人に見られる特徴です。豊富な知識を生かして思いがけない提案をすることも多く、周囲を驚かせることもあるでしょう。

⑱知識自慢はしない

rawpixel / Pixabay

頭の回転が早い人は知識量が豊富ですが、それをひけらかすことはありません。また、ものを知らない人に対しても見下すような態度はとりません。

必要な時に必要な知識を披露するため厭味を感じさせず、博学であることが周囲に評価されます。

⑲面白くユーモアがある

Hans / Pixabay

頭の良い人、勉強ができる人というと真面目な堅物というイメージがありますが、頭の回転が早い人はユーモアのある会話を好む人が多いです。

例え話のうまさや知識量の豊富さを普段の会話にも交えて面白おかしく活用できるため、ウィットに富んだ会話ができます。

頭の回転が早い人は大きな声でバカ騒ぎをするというよりも、知的さを感じさせる面白い会話を得意とする人が多いです。

⑳習い事を色々とやっていた経験がある

Vladvictoria / Pixabay

子供の頃に習い事をしていたというのも、頭の回転が早い人には比較的多く見られる特徴です。

幼い頃から様々な経験を重ねてものごとに挑戦することを恐れなくなり、新しいことを知りたいという欲求も育つのでしょう。

頭の回転が早い人は天然扱いされがち?

RyanMcGuire / Pixabay

話の展開が速く会話のペースも速いことから、頭の回転が早い人は周囲に理解されずに、不思議ちゃん・天然という扱いをされることもあるようです。

しかし、目上の人と話している時は会話が普通に噛み合っていることから、後になってただの天然ではないということが知られることも多いでしょう。

頭の回転が早い人になるには?方法まとめ!

Pexels / Pixabay

頭の回転が早いというのは、生まれつきの才能という印象がありますよね。しかし、頭の回転が遅いと悩んでいる人でも、毎日の生活習慣を少し変えるだけで頭の回転を早くすることができるのです。

ここでは頭の回転が早い人になるにはどうしたら良いのか、その方法について紹介していきます。

NEXT:①知識を増やす
1/2