渡鹿野島事件とは?辻出紀子さんの失踪事件?容疑者Xと事件の現在 社会

渡鹿野島事件とは?辻出紀子さんの失踪事件?容疑者Xと事件の現在

1998年11月24日、立命館大学卒業後に三重県伊勢市の出版社で務めていた記者・辻出紀子さんが退社後失踪し、現在も発見に至っていない事件。当時、警察の捜査線上に浮上した男性容疑者X、渡鹿野島に蒸発した売春婦説等、小さな島で起きた不可解な行方不明事件を追います。

目次

[表示]

渡鹿野島事件とは?事件の概要と辻出紀子さん失踪後の噂は?

DanaTentis / Pixabay

1998年11月24日、三重県伊勢市内にある出版社で記者として勤めていた「辻出紀子」さんが退社後に跡形もなく失踪し、現在までその消息がつかめておらず、数々の不可解な痕跡が残されている事件です。

渡鹿野島(わたかのじま)とは、三重県志摩市の伊勢志摩国立公園内にあるハートの形をした島です。バブル絶頂期の80年代にはパチンコ屋、ストリップ劇場、ホテル等が散在し、一大レジャーランドと化していました。

そしてこの島では約10年程前まで積極的な売春行為が斡旋されており、その事から「売春島」という異名も持っています。巷では、辻出紀子さんは何らかの理由でこの島へ売春婦として蒸発した、と噂されているのです。

渡鹿野島事件の概要は?編集記者の辻出紀子さんが行方不明に?

GDJ / Pixabay

今から約21年程前、伊勢文化舎という出版社に記者として勤務していた辻出紀子さん(つじで のりこさん、当時24歳)。彼女は失踪当日、勤務先で自身の仕事を夜遅くまで片付けていたといいます。

一段落した彼女はその後勤務先を後にしているのですが、自身の愛車を残したまま忽然と姿を消してしまったのです。彼女の失踪理由が見当たらない事から、警察では行方不明事件として現在も捜査が続けられています。

そして、当時彼女の消息が全くつかめず様々な噂が一人歩きした中で、多くの女性達が身売りの場として足を運んだ渡鹿野島に彼女も足を踏み入れたのではと噂され、渡鹿野島事件とも呼ばれています。

見つかった辻出紀子さんの車には不審な点がたくさんあった?

3093594 / Pixabay

仕事を終えた彼女は午後11時頃退社しています。ですがそのまま家路につく事は無く、翌日彼女の愛車だけが同市内にある損害保険会社の駐車場で発見されました。

その車は施錠されていたものの、車内には彼女の携帯電話等の私物が無く、非喫煙者である彼女の車内に煙草の吸い殻が残されていたり、座席が彼女の身長には見合わない程、後方にスライドされていたのです。

彼女の両親はこれらの不審点から娘が事件に巻き込まれたと確信しましたが、当時三重県警は単なる家出と判断し、事件として処理しなかったそうです。

辻出紀子さんは失踪直前、取材先の男性に会っていた?容疑者X?

辻出紀子さんが失踪した当時、三重県警は単なる家出として捜査に本腰を入れていなかったのですが、調べを進める内に事件性の高さを認識し、ようやく12月になって非公開で捜査が開始されました。

そして、その捜査線上に浮上したのが男性容疑者Xでした。男性容疑者Xは以前、辻出紀子さんから何らかの取材を受けており、二人は数回会って食事をした仲だったようです。

事件当日、男性容疑者Xは彼女の携帯に4回連絡を入れていました。そのあと午後11時頃二人は落ち合い、男性容疑者Xの運転する車に彼女を乗せて数時間話した後、県道沿いに彼女を降ろしたと発言しているのです。

容疑者Xは別件で女性を監禁?逮捕され無罪に?

4711018 / Pixabay

失踪当日に彼女と会っていた事で、三重県警は男性容疑者Xを入念に調査する事に。すると、辻出紀子さんが失踪する約1年前に男性容疑者Xがホテトル嬢を監禁したという疑いが出てきたのです。

その為、三重県警はこの監禁事件で男性容疑者Xを逮捕すると同時に、辻出紀子さんの失踪についても追求を開始したのです。しかし弁護士から助言を受けていた男性容疑者Xは警察の取り調べに黙秘を貫いたといいます。

それどころか、この監禁事件で裁判となった男性容疑者Xは無罪を勝ち取ったあと、国や県警を告訴したのです(後日告訴を取り下げ済み)。その為なのか県警はそれ以降、男性容疑者Xへの捜査を打ち切りにしています。

辻出紀子さんは北朝鮮に拉致された説も浮上?

Etereuti / Pixabay

2008年、中朝関係者から情報を寄せられた産経新聞は、「特定失踪問題調査会が紀子さんは北朝鮮に拉致された可能性が高い」と名乗りを上げている、という記事を掲載したのです。

その記事では、調査員達が独自に調査したところ、脱北者数名から「平壌で辻出紀子さんに酷似した人物を見かけた」という証言を得たという事が書かれていました。

その為、民間団体である「特定失踪問題調査会」が北朝鮮に拉致された疑いがある人物として、辻出紀子さんを特定失踪者リストに加えました。

辻出紀子さんが取材していた渡鹿野島(通称・売春島)にいる説も?

geralt / Pixabay

辻出紀子さんは学生の頃から記者を志し、東南アジアの難民キャンプをはじめミャンマーやタイなど、自ら現地へ取材の為に赴くとてもフットワークの軽い方だったそうです。

その取材先である東南アジアでの子供や女性虐待の事実を探る内に、日本へ身売りの為に密入国している人達の事を知り、その密入国ルートの先に有ったのが渡鹿野島(売春島)であったというのです。

彼女がその島の情報を秘密裏に探る内に、渡鹿野島で売春業を営んでいる闇の組織がそれを察知し、彼女を言葉巧みに呼び出して連れ去った挙句、現在彼女は島で娼婦として働かされていると噂されているのです。

被害者の辻出紀子さんについて

1998年11月24日、三重県伊勢市内の勤務先を退社後、現在に至るまでその消息を断っている辻出紀子さん。失踪当時の彼女の身体的特徴や服装、経歴や出身大学について解説していきます。

辻出紀子さんの経歴や出身大学は?

TeroVesalainen / Pixabay

辻出紀子さんは1997年3月、立命館大学法学部をご卒業されています。同年4月、三重県伊勢市にある伊勢文化舎に入社し、地元情報誌「伊勢志摩」の編集記者として勤務されていました。

失踪時の身体的特徴は?

camilasz433 / Pixabay

  • 身長 : 161cm
  • 体重 : 46kg
  • 髪型 : 黒髪セミロング
  • その他 : 左薬指の付け根に1cmの凍傷

身長が161cmで体重が46kgと発表されていることから、失踪時は細身な体型であったと思われます。

失踪時の服装は?

  • ベージュのタートルネックセーター
  • 黒のスリムパンツ
  • オレンジ色のスニーカー(New Balance)
  • 濃緑色ビニール製のショルダーバッグ

上記画像に掲載されているバッグとスニーカーは、辻出紀子さんが失踪当時、身に付けていた物と同様の物かと思われます。

辻出紀子さん失踪事件の不可解な点とは?

xusenru / Pixabay

辻出紀子さんが突然行方不明になったこと自体不可解ではありますが、実はこの事件、更に不可解な出来事が起きていたのです。彼女の失踪後にかかってきた謎の電話や男性容疑者Xの不可解な行動について解説します。

辻出紀子さんが失踪後実家にかかってきた不可解な電話

Alexas_Fotos / Pixabay

辻出紀子さんが失踪した3日後、彼女の実家に1本の奇妙な電話がかかってきたのです。通話相手はクロネコヤマト総務部の山口と名乗っていたといいます。

「クロネコヤマトの宅急便です。××(紀子さんの妹の名)様のお荷物をお預かりしております。ご本人様に直接お渡ししたいのですが、ご住所がわかりません。妹さんのご住所を教えてください。」

(引用 : 迷宮入り事件を解く鍵[三重県女性編集者失踪事件・20年目の事実])

この電話を受けた辻出紀子さんの母親は不審に思い、この時逆に通話相手の連絡先を聞いています。すると相手は存在しない12桁の番号を伝えてきたそうです。彼女のご両親は即日、この件を警察に報告したそうです。

後になって、ご両親はあるインタビューでこう発言されています。「通話相手が伝えてきた電話番号の下4桁は男性容疑者Xの携帯番号の下4桁と同じだったんです」これはただの偶然なのでしょうか。

容疑者Xは辻出紀子さんと会って何をしていたのか?供述は?

Momonator / Pixabay

辻出紀子さんが失踪した当日に会っていた事を認めていた男性容疑者X。実は当初警察にはこの様に供述していたのです。

「取材に関するやりとりで行き違いがあり、直接謝りたかったので呼び出した。(発見現場の)駐車場で落ち合い、自分の車に乗せて1~2時間話をした。その後、駐車場から少し離れた県道沿いで降ろしたが、別れてからの彼女の行動は何も知らない」

(引用 : 伊勢市女性記者行方不明事件まとめ)

ですが、実際は「取材に関するやりとりでの行き違いを謝罪する」というのは彼女と会う口実に過ぎなかった様で、男性容疑者Xの本来の目的は彼女と会ってセックスをする事だったのです。

男性容疑者Xのもくろみは一体どうなった?

Vitabello / Pixabay

行為に及ぶ為に辻出紀子さんを謝罪名目で呼び出した男性容疑者X。その後について、この男性容疑者Xはこの様に供述しています。

「辻出さんとは車内で話をした後、セックスをして別れました。一緒にいたのは1~2時間ぐらいで、後のことは知りません」

(引用 : [未解決事件の闇11] 女性編集者失踪・容疑者Xの知られざる真実)

ですが当時、辻出紀子さんには将来を誓い合った彼氏が存在していたのです。そんな彼女がそう簡単に合意の上で、付き合いの浅い人物と不貞を働くでしょうか。真実はこの二人だけにしか分かりません。

容疑者Xは辻出紀子さんの両親に無罪になったら話すと言っていた?

渡鹿野島事件について捜査をしていた三重県警は、この男性容疑者Xをホテトル嬢監禁容疑で逮捕しています。その勾留中に辻出紀子さんのご両親と面会した男性容疑者Xはこう発言していたのです。

「無罪になったら話をします。」

(引用 : 迷宮入り事件を解く鍵[三重県女性編集者失踪事件・20年目の事実])

しかし、実際にはその約束が果たされる事はなく、現在に至っても未だ男性容疑者Xは口を硬く閉ざしているのです。

辻出紀子さんのその後の調査は?

geralt / Pixabay

1998年11月24日に辻出紀子さんが失踪して、はや21年の月日が経とうとしています。数々の不可解な謎を残している渡鹿野島事件。当日、彼女の身に一体何が起きたのでしょうか。

これまで、彼女の行方を追う為に三重県警やメディアでも様々な取り組みが行われてきました。その一部を紹介していきたいと思います。

辻出紀子さんはテレビの超能力調査で池に沈められたという説も?

3dman_eu / Pixabay

渡鹿野島事件が発生した数年後、行方不明事件を取り扱う「TVのチカラ」というTV番組で、ある女性の証言が放送されましたその女性の話は以下の通りです。

夜中伊勢自動車道を走っていると、クルマのボンネットに黒髪の若い娘さん(勿論この世の人ではない)がへばりつき、戦いました。後日、自宅にもこの女性の幽霊が現れたので「貴女はひょっとして、辻出紀子さんではないですか?」と訊くと、この美女の幽霊は俯いて、首を縦に振り、かぼそい声で「・・・寒いです。わたしの身体は水浸しです。捜してください。」と懇願されました。

(引用 : 迷宮入り事件を解く鍵[三重県女性編集者失踪事件・20年目の事実])

この証言を受けた同番組は、ある超能力者に辻出紀子さんの居場所を透視してもらう事に。すると、その超能力者は「彼女は殺されてため池に沈められている」と発言したのです。

辻出紀子さんは池で発見された?

GDJ / Pixabay

超能力者の透視結果を受けた同番組は、めぼしい池の水を抜き大掛かりな捜索活動にあたりましたが、結局ご遺体がみつかるどころか彼女への手掛かりは一切発見されませんでした。

辻出紀子さんは山中に埋められたという説もあった?

Quangpraha / Pixabay

辻出紀子さんが失踪してから巷では様々な説が流布し、そして様々な情報提供が行われてきました。

そしてその中の情報の一つに、「彼女が失踪した当時、重機を使って山中で不審な作業をしていた人物がいた」という情報提供を受けた三重県警は尾鷲近郊の林道を大規模に掘り返すも、何も発見されませんでした。

辻出紀子さん失踪事件の現在は?

cocoparisienne / Pixabay

辻出紀子さんが21年間にも及び行方不明となっているこの渡鹿野島事件。不可解な点を多く残し、未だその全容は謎に包まれたままとなっています。ここからは現在の捜査状況について解説していきます。

辻出紀子さん失踪事件について、発見への手がかりは現在もなし

2019年現在、辻出紀子さんが行方を晦ましてから既に20年もの月日が流れました。様々な捜索活動が行われたにも関わらず現在も何ら進展しておらず、発見への手掛かりは掴めていない様です。

「今でも時々、警察の方が訪ねてこられます。捜査が具体的に進展したとかそういった話は一切ありません」(母、美千代さん)

(引用 : 日刊ゲンダイデジタル)

遺族も亡くなったと思っている?

Anemone123 / Pixabay

現在、辻出紀子さんのご両親は現代のDNA鑑定の技術が進歩している事に願いを掛けているそうで、辻出紀子さんが失踪当時乗っていた車を今でも大切に保管している様です。

ただ、下記のご発言の通りご両親は娘の存命には期待を低くしている事が見受けられます。

「もちろん犯人は捕まえて欲しいです。それができなくても、どこかに眠っている娘をいち早く見つけてあげたいんです」(母、美千代さん)

(引用 : 日刊ゲンダイデジタル)

辻出紀子さんの写真展が開催された?

1997年3月に立命館大学をご卒業された辻出紀子さん。渡鹿野島事件発生の約2年半後、同大学の仲間達が彼女の情報を求める為、東京と伊勢市で写真展を開催しました。

この写真展は、大学時代に写真研究会に所属していた辻出紀子さんが、あらゆる問題点を抱えた国に自ら赴き、彼女が撮りためた千点を超える写真を展示する為に同大学の友人や教職員からの寄付により実施されました。

現在でもこの写真展を企画した実行委員会によって、辻出紀子さんの写真展に関する情報や彼女の生い立ち、彼女が残した作品等についてホームページが開設されています。

NEXT:辻出紀子さんの今後について
1/2