頭でかいのには原因が?小さくする方法やオススメの髪型とは? 美容

頭でかいのには原因が?小さくする方法やオススメの髪型とは?

頭でかい人の悩みは、色々なものがあります。頭がでかくなる原因とはどのようなものなのでしょうか。頭を小さくする方法や頭がでかい人に似合う髪型や帽子の種類も一緒に載せています。また頭がでかい事によるメリットや頭のでかい芸能人も一緒にまとめました。

目次

[表示]

自分は頭がでかい?頭のサイズ男女別の平均値は?

200degrees / Pixabay

自分の事を頭でかいと感じ、気にして悩んでいたり、何とか隠そうとしている人もいるようですが、本当に頭でかいのかどうか、平均値を知っておきましょう。

周りに頭が小さい人が多いため、頭でかいように見えるだけかも知れませんし、平均値くらいの大きさでそのように思い込んでいるだけの人もいるようです。

また、大きいと言っても縦が長いのか横が長いのか、様々な大きさがあります。正しい測定方法と一緒に、男女別の平均値をまとめましたので、頭の形や平均に比べてどのくらいのサイズなのかを調べておきましょう。

頭の正しい測定方法とは?

newsong / Pixabay

正しい測定方法でサイズを調べて、数値を出してみましょう。頭の大きさを細かく測るには、スケール(メジャー、巻き尺)を用意した方がいいでしょう。頭囲、頭の長さ、頭の幅の測定方法を載せています。

頭囲とは頭周りのサイズで、被る帽子の大きさを知るのにも役立ちます。正しい頭囲の測定方法は、眉毛と耳の1cm上と、後頭部の一番出ている部分をまっすぐ通して図ります。

頭の長さは頭高とも呼ばれます。頭高は頭のてっぺんから顎の下までを測り、頭の幅は両方の耳の1cm上を直線で測ります。襖のような頭を挟めるものに一度挟み、その幅を調べると楽に測れます。

頭のサイズの男女別平均値はどれくらい?

geralt / Pixabay

  • 男性の平均値(頭囲:頭の長さ:頭の幅):57cm:24cm:16.2cm
  • 女性の平均値(頭囲:頭の長さ:頭の幅):55cm:23cm:15.4cm

頭の大きさの平均値は男性と女性で変わってきます。男性の方が少し大きめとなっています。測定された男性たちの身長の平均値は約170cm、女性たちの平均身長は約160cm程となっています。

下記の表は18歳から30歳までの成人男性女性の平均値で、高齢者や未成年者はまた別の値になってきます。あくまでも大体の目安となります。また、身長が大きい人は当然頭も大きい場合が多いです。

頭でかい原因とは?

KELLEPICS / Pixabay

頭でかいのには、様々な原因があります。頭がでかいと言われる人の多くに当てはまる原因をまとめてみました。また、身長が大きい人は当然頭も大きい場合が多いです。

頭がでかい原因①:頭蓋骨の歪み

頭蓋骨とは数十種類の骨が縫合し合って出来ています。普段の生活環境や、何かの拍子に骨が歪み、頭の大きさに影響している可能性もあります。

不自然な姿勢を長い期間続けていたり、物を噛む時にいつも右側だけで噛んでいたりといった事でも、頭の骨は歪んでしまう事があります。

頭がでかい原因②:筋肉の強張り

skeeze / Pixabay

筋肉は発達すると太く大きくなる事があります。アスリートの人に目立ちますが、一部の筋肉が発達している人も多くいます。競輪選手やスケートなどは足の筋肉が特に発達して、大きくなっています。

顔の筋肉も同様で、発達して大きくなることがあります。普段から顔に力を入れていたり、硬いものを好んで食べている人などは、筋肉が発達し顔が大きくなりやすいと言われています。

頭がでかい原因③:ホルモンの分泌量

3844328 / Pixabay

頭の大きさは女性より男性の方が大きくなりやすく、それはホルモンの分泌量が関係しているとされています。テストステロンというホルモンはいわゆる男性ホルモンと呼ばれるもので、男性により多く分泌されています。

しかし女性でも男性ホルモンの分泌量が多い人もいて、男らしさや性格、体つきなどに関係してくるとされています。男性ホルモンの分泌量が多い人は、頭も大きくなりやすいと言われています。

頭がでかい原因④:顔のむくみ

qimono / Pixabay

顔の血行が悪かったりして、顔に老廃物が溜まっていたりすると顔がむくみやすくなります。また水分のとり過ぎなどでも、むくんでしまう事があります。

顔がむくんでいると大きく見え、頭がでかく見える原因になります。

頭がでかい原因⑤:脂肪の量

顔に脂肪がつき過ぎていると、大きくなります。脂肪が多いと結構も悪くなりやすく、たるみの原因となったり、垂れてきてしまりのない顔になったりもします。

体質にもよりますが顔をあまり動かさないという人は、筋肉も発達しにくく、顔に脂肪がつきやすいので、頭でかいと言われる原因に繋がりやすくなります。

頭がでかい原因⑥:遺伝

qimono / Pixabay

親などが頭でかい人たちで、その特徴が引き継がれて自身も頭がでかい状態になっている、という事もありえます。というよりも遺伝による影響はかなり大きいとされています。

特に身長や体の部位の大きさや長さなどは、遺伝による影響を受ける事が多く、頭の大きさも遺伝によって大体のサイズが決まる可能性が高くなっています。

親や親戚などに頭の大きい人がいたら、その特徴を遺伝している可能性が高いと言われています。

頭がでかい原因⑦:病気

marionbrun / Pixabay

頭がでかい原因として、一番注意しなくてはならないのが、病気の可能性です。頭がでかくなってきた、平均より大きいという場合は、病気の可能性もあります。

頭がでかい原因となる病気には、髄液が頭蓋に溜まる水頭症やそれを引き起こす原因となる脳腫瘍といった病気があります。

また、頭をぶつけたりした際に起こる硬膜下血腫も、頭の中に血がたまり頭がでかい原因となる場合があります。中には気づきにくいものもあるので、異常を感じたら病院に行ってみた方がいいかもしれません。

頭を小さくする方法は?

Free-Photos / Pixabay

頭でかい人でも、小さくする方法を実践していけば、今よりも小さくなる可能性があります。また、現状より大きくしないようにするためにも効果的なので、試してみるといいかもしれません。

頭を小さくする方法①:正しい姿勢をとる

xusenru / Pixabay

頭を小さくする方法の1つとして、普段から正しい姿勢をとるようにすると、骨が歪みにくくなったり、歪んでいる骨が改善されていったりします。

頭が骨の歪みで大きくなっていたら、有効な方法と言えます。また、血行をよくする事にも繋がりますので、普段から正しい姿勢を心がけた方がいいでしょう。

頭を小さくする方法②:血行を良くする

geralt / Pixabay

正しい姿勢をは血行を良くする事に繋がると述べましたが、血行を良くする事は頭を小さくする事にも関係しています。血行が悪いと頭に老廃物などが溜まりやすくなり、顔のむくみの原因となります。

顔のむくみは頭の大きさに関係しますので、血行を良くして顔をすっきりさせるのは、重要です。姿勢だけではなく、日頃の食事や運動などの生活習慣も、血行に関係します。

普段から規則正しい生活をすると、頭を小さくする事に繋がります。他にも頭のマッサージなどは、血行を良くするのに、効果的と言われています。

頭を小さくする方法③:ストレスをなくす

DanaTentis / Pixabay

ストレスを無くす、溜めないようにするのも、頭の大きさに関係してきます。ストレスは心身共に様々な不調を起こす原因となりますが、むくみにも関係してきます。

他にも頭を大きくするホルモンの分泌量やバランスにも影響を及ぼすので、ストレスを無くし、溜めないようにする事は、頭を小さくする方法の1つと言えます。

頭を小さくする方法④:たるみをなくす

Jonas_Fehre / Pixabay

顔の筋肉が衰えていたり、脂肪がつき過ぎているとたるんできてしまい、頭が大きく見えます。程よく筋肉がついていると、顔も引き締まり頭を小さくする事に繋がります。

よく喋ったり表情を良く変えたりする他に、顔の筋トレをしたりすると、筋肉がつき引き締まり、たるみを抑える事が出来ます。

頭を小さくする方法⑤:筋肉をほぐす

cuncon / Pixabay

筋肉がつき過ぎていたり、力を入れ過ぎていても顔は大きくなり、頭の大きさにも繋がっていきます。また血行を悪くする原因ともなるので、マッサージをしたり力を抜いてリラックスするのも重要です。

頭を小さくする方法⑥:矯正する

Free-Photos / Pixabay

頭蓋骨が歪んで大きくなっていたりする人は、骨の歪みを矯正すると、頭が小さくなる可能性があります。整骨院や病院などで、矯正してもらうのも1つの方法です。

また、ただしいマッサージや正しい姿勢で過ごす事も効果的です。

頭を小さくする方法⑦:マッサージも効果的?

rhythmuswege / Pixabay

上記でも述べていますが、血行を良くしたり、顔の筋肉をリラックスさせたりするのにマッサージは効果的です。

他にもたるみを軽減するためだったり、気持ちのいいマッサージはストレスの解消にも繋がります。頭を小さくするのに、マッサージは色々な効果をもたらしてくれると言われています。

頭を小さく見せるにはどうしたら良い?

Free-Photos / Pixabay

根本的な頭の大きさはどうしようもないと感じている人や、小さく見えればいいと考えている人には、着用品や頭髪で頭を小さく見せる方法もあります。

ファッションなどで頭を小さく見せる方法は、やろうと思えばすぐ出来るので、今すぐ頭を小さく見せたいという人におすすめの方法となっています。

頭を小さく見せる方法①:帽子を被る

JillWellington / Pixabay

頭を小さく見せる方法の1つとして、帽子を被るという方法があります。頭でかいため、帽子が似合わないと感じていたり、使用を避けている人も多いとされていますが、帽子で小さく見せる方法もあります。

頭がでかい人におすすめの帽子は、つばの広い帽子です。つばの広い帽子は頭本来の大きさを隠し、頭が小さく見えます。

逆にぴっちりと頭のサイズが分かるキャップのような帽子は、頭の大きさがはっきりと分かるため、気にしている人は避けておきましょう。

頭を小さく見せる方法②:目線をそらすアイテムを着用する

littleprince2 / Pixabay

頭に目線が行かないように、他の部位を目立たせるという方法もあります。ピアスやネックレス、服装などでも構いませんが、頭から目線をそらすようなファッションやアイテムを着用するのも効果的です。

シンプルなファッションはそれだけその人本来持っているものが目立ちますので、目立つ服装やアクセサリー類を付けて、頭の大きさに気が行かないようにしましょう。

マフラーやストールといったアイテムも、頭を小さく見せるためのファッションとして効果的です。

頭を小さく見せる方法③:髪で見える面積を減らす

RyanMcGuire / Pixabay

顎のラインやエラは、顔の大きさ、頭の大きく見える事に関係しています。他にも頬骨なども頭がでかいように見える原因となります。

それらを髪で隠し、相手から見える面積を減らすと顔も小さく見えるとされています。

頭を小さく見せる方法④:ヘアカラーを暗くする

panajiotis / Pixabay

暗めのヘアカラーは、表情や顔が引き締まったように見える要因となりますので、顔を小さく見せる効果もあります。

逆に明るいヘアカラーだと、顔全体の印象は明るくなりますが、小さくは見えなくなります。頭がでかいと悩んでいる人は、ヘアカラーを暗めにした方が周囲からは小さく見えます。

髪型も重要?男女別頭が小さく見える髪型とは?

Free-Photos / Pixabay

髪型の違いは頭の大きさの見え方に大きく関わってきます。坊主のような髪型にした場合は、頭の大きさがはっきりと分かります。

髪型の中には頭が小さく見えるものもありますので、頭でかいと悩んでいる人は、髪型を変えてみるのも、効果的だとされています。

頭が小さく見える髪型【男性】:ヌーディパーマ

ゆるいパーマを全体に掛けたヌーディパーマは、小顔に見せる効果もあり、人気の髪型となっています。無造作感もでて、大人の男という印象を与えるだけではなく、小顔効果もあるのです。

色気のある男が演出できる髪型として、人気の髪型です。

頭が小さく見える髪型【男性】:ツーブロック

ツーブロックも小顔に見える効果のある髪型として知られています。男らしく男性に人気の髪型で、芸能人ツーブロックにしている人も大勢います。

頭が小さく見える髪型【男性】:ウルフスタイル

ウルフスタイル、ウルフカットと呼ばれる髪型も小顔に見える髪型となっています。特にエラなどが目立つ人に合う髪型と言われていますが、あまり人を選ばない万能な髪型となっています。

ウルフのロングヘアーバージョンなどもあり、女性にも人気の髪型となっていますが、男性の髪型として人気があるのは短めのウルフスタイルです。

NEXT:頭が小さく見える髪型【女性】:ショート
1/3