目が笑ってない人の心理や特徴は?芸能人では誰?改善策も紹介! 恋愛・心理

目が笑ってない人の心理や特徴は?芸能人では誰?改善策も紹介!

目が笑ってない人に多く見られる特徴や心理状態はどのようなものなのでしょうか。みやぞんを始め目が笑ってないと言われている芸能人も多数います。目が笑ってない状態の説明や特徴、心理状態に加え受ける印象や改善方法といった情報をまとめました。

目次

[表示]

目が笑ってないとは、どういう状態?怖い?

ivanovgood / Pixabay

目が笑ってないとは、笑っているのに目の形が変わらなかったり、動きが無い様子の事をいいます。口や声では笑っていても、目だけ笑っていない、笑っているように見えない状態です。

目が笑ってない状態の人は怖いと言われたりして、あまり良い印象を持たれません。仕方なく笑っていると思われたりする事もあります。

実際に目が笑ってないと言われている人の画像をみて、どのような状態なのか見ていきましょう。

目が笑ってないのは、仕方なく笑っているから?

目笑ってない状態になるのは、仕方なく笑っているからという意見もあります。作り笑いで口角だけ上げているような笑い方は、目が笑っていないと言われます。

しかし、目が笑ってないと言われる理由はそれだけではなく、目の大きさや作りで普段から笑っていないように見える人もいたりするので、一概に仕方なく笑っているとは言えません。

ただ、目が笑ってない人は仕方なく笑っているように見られる事が多いため、人からそう言われて悩んでいる人もいるようです。

目が笑っていないのはどういう状態?画像は?

上記の画像は目が笑ってないと言われている画像です。特に面白くもない時に、写真をとるため笑顔になるように指示されて、目が笑っていない状態の笑顔になっています。

目が笑ってないため作り笑いのように見えたり、冷たい印象を受けてしまう人が多いようです。特に芸能人は宣伝などで写真を撮る事も多く、何もない所で笑顔を作る際にそのようになってしまう時があるようです。

目が笑ってない人にみられる特徴は?

6335159 / Pixabay

目が笑ってないと言われる人に多く見られる特徴があり、そのような特徴のある人は普通に笑っていても、作り笑いに見えたり、本心から笑っていないように見えてしまう事があります。

逆に作り笑いをしていたりすると、目が笑ってないように見える特徴が出てしまっているという事もあります。

目が笑ってない顔になっていたり、作り笑いに見られないようにするために、特徴を抑えて気を付けていきましょう。

目の形が真顔のときと同じ

Engin_Akyurt / Pixabay

目が笑ってないと言われる理由としては、目の形が変わらないという事が大きいです。笑っているのに目が普段の顔から変化のない状態だと、目が笑っていないと思われる事が多いです。

人に良い印象を与える笑顔というのは、目の下の真ん中部分が少し上にあがっていて、細目気味になっている状態、三日月の下が掛けたような様子の目だとされています。

口と同じタイミングで目も動く

RyanMcGuire / Pixabay

普通の笑顔というのは、口を追いかけるような形で目も動くとされています。ですので、目と口が同時に動いている笑顔は、不自然な印象を与え作り笑いに見えてしまいます。

急にパッと笑顔になったりすると、目が笑ってない状態になることが多く、不自然な作り笑いになりやすいと言われています。

自然になる笑顔というのは、目より先に口が動き、その後に目が動くという順番になっているので、不自然な印象を与えたくないなら覚えておくといいでしょう。

口角の上がり方が不自然

RyanMcGuire / Pixabay

目の笑ってない状態になるのは、口の動きにも影響されます。口角が上がっていないと、頬の筋肉も上がらず、目の形も変化していないという事になり、目が笑っていない笑顔になってしまいます。

顔の筋肉は連動しており、口角が上がると頬の筋肉も動き、目も上で述べた細い三日月のような自然な笑顔の目になりやすく、自然な表情が出来上がります。

ですので、自然な笑顔を作るには、口角も自然に上げる事が重要です。不自然ではない笑顔は、口角もしっかり上がっており、それに追従して目も笑っている状態になっています。

目を見開いて笑っている

Skitterphoto / Pixabay

目を見開いて笑っている人も、目が笑ってないように見られやすいです。そもそも目が大きい人は笑顔になっても、目が笑っていないように見える人が多いのです。

自然に見える笑顔は、目は細くなっている状態で、見開いていると不自然な印象を与えてしまいます。目を見開いて笑っている人は、目に力が入っている事が多く、不自然に見えてしまいます。

普段目が小さくて、大きく見せようと開いている人も、笑顔の時は力を抜いて細くした方が、自然で違和感のない笑顔になります。

姿勢が悪く顎が前に出ている

姿勢が悪く顎に不自然な力が入っていると、口の筋肉が上手く動かずそれに連動して目も笑ってない状態になり、見ている人に違和感を与えてしまう場合が多いです。

自然に見える笑顔は、顎に力は入っていない状態で、口角や頬の筋肉が上がっているのです。顔に力を入れていると、目にも力が入り、動きが出にくくなり、目が笑ってない状態になりやすいのです。

笑うタイミングがおかしい

6335159 / Pixabay

そもそも笑うタイミングではない所で笑っている、普通笑わない場面で笑っている時は作り笑いになって、目が笑ってない状態になりやすいとされています。

営業をやっている人の営業スマイルなどの仕事で使う笑顔の時になりやすい、と言われています。楽しかったり面白いから笑うのではなく、相手に笑顔を見せるために笑う時です。

慣れていなかったり、心から笑っている訳ではなく作り笑いの時には、目が笑ってない状態になりやすく、そのような営業スマイルは、逆に冷たい印象を与えてしまう事もあるので注意が必要です。

暗い色の瞳をもっている

SarahRichterArt / Pixabay

暗い色の瞳をもっている人には、心を読み取られているような印象を受ける人が多く、そのような瞳の持ち主には笑顔になっても、目が笑ってない印象を受けやすくなります。

暗い色の瞳の持ち主には本心から笑っていないという印象も受けやすいのですが、そのような瞳になっている人は、人の気持ちを考えすぎて、笑顔になる余裕がないとも言われています。

目が大きく変化が分かりずらい

StockSnap / Pixabay

目が大きい人は変化が分かりにくく、笑顔になっても目が笑ってない状態にみえる事が多くあります。元々目が大きい人もそうですが、目を大きく見せようとする人も、目に力が入り変化しにくくなります。

元々目が大きい人は変化しても分かりずらいので、なるべく変化を付けるのを心がけた方がいいかもしれません。変化が無いと目が笑っていなように見える上に、不気味です。

目が小さくて、大きく見せたい人も笑顔になる際は力を抜いて、自然な状態の目にした方が、良い印象を与える笑顔です。

笑顔の表情がいつも一緒

ivanovgood / Pixabay

笑顔が毎回同じ表情の人も、作り笑いという印象を与え、目が笑ってないと感じさせてしまう事が多いです。笑顔といっても、微笑みやクスッと笑うような微笑、声を出して笑っている笑顔など様々です。

場面や状況が違うのに毎回同じ笑顔になっている人は、仕方なく笑っているのではないか、作り笑いではないのか、と疑われてしまう可能性が高くなります。

多彩な感情を表現するのが苦手

ivanovgood / Pixabay

感情表現が苦手な人は、上で述べたような笑顔の表情がいつも一緒になりやすく、目が笑ってない笑顔や作り笑顔になってしまう、そう見えてしまう事が多くあります。

感情表現が苦手な人は、相手に冷たい印象を与えてしまったり、何を考えているのか分からない、と思われてしまう事も少なくありません。

しかしそこで無理に笑顔を作ると、目が笑ってない笑顔になってしまう事が多いので、日頃から感情を表に出す事や、自然に笑えるように過ごしていくのが大切です。

目が笑ってないといわれる原因は?

Free-Photos / Pixabay

目が笑ってないと言われる原因を知っておけば、人に冷たい印象や作り笑いだと思われるのを、回避するのに役立つかもしれません。

素敵な笑顔の持ち主に惹かれるという人も多くいます。その逆の目が笑ってない笑顔の原因を知って、自然で良い印象を与える笑顔を作れるようにしておけば、人間関係も上手くいく可能性が高まります。

中には普段は良い笑顔をしている人でも、肉体的や精神的な問題で目が笑ってない笑顔になっている事もあるので、たまたまそのような目になっていたら、その人の様子や状況を考えてあげた方がいいかもしれません。

目を開くことを意識しすぎている

目を開く事を意識しすぎるという人は、世の中には意外と多く存在します。普段目が小さい事を気にしている人や、目が大きい方が可愛い、カッコいいと考えている人に多く見られます。

そのような人たちは目を意識的に大きく開いているため、目に力が入っている状態になっています。そうすると自然な筋肉の動きを邪魔して、不自然な目、目が笑ってない状態になりやすいのです。

普段は目を大きく見せた方が、良い顔になっているのかも知れませんが、笑顔の時に目が笑ってない状態だと、逆に悪い印象を与えてしまいます。ですので、笑顔の際は、目の力を抜いた方がいいでしょう。

心ここにあらず

geralt / Pixabay

関心が無い事や別の事を考えていて、とりあえず話を聞いている体で、笑顔を作っていたりすると、目が笑ってない状態の笑顔になりやすいです。

人の話を聞いていないというのは、話をしている人からすると意外と分かるものですので、しっかりと相手と向き合って話をした方がいいでしょう。

心の底では笑ってない

心の底では笑ってない、別に面白くは無いけど相手や周りに合わせて笑っている、といった状況でも目が笑ってない笑顔になる可能性が高いです。

周囲に合わせて面白いと感じていなくても笑顔になったり笑ったりするというのが、良いか悪いかは置いといて、明らかに周りに目が笑ってないと思われる笑顔だと、悪い印象を与えてしまいます。

ただ合わせて笑ってるだけだと気づかれてしまいますし、面白くなさそうと思われてしまいます。どうせ合わせるなら良い笑顔を作れるようにしておいて、周りに良い印象も与えておきましょう。

なにか心配ごとを抱えている

Free-Photos / Pixabay

心配ごとや悩み事といった心に不安を抱えている状態や、精神的に不安定な状態だと、上記の心ここにあらずといった様子や、本心からは笑えなくなっている事が多く、目が笑ってない笑顔になりやすいです。

心配ごとを抱えている状態では、そもそも笑顔にもなりにくく、無理に笑おうと思っても、不自然な作り笑いになってしまう可能性が高いです。

顔の力もそうですが、精神的にもリラックスしている方が自然な笑顔になりやすいです。逆にいつも素敵な笑顔の人が普段と違う目の笑顔だったりしたら、何か心配ごとや悩み事を抱えているのかもしれません。

作り笑いが癖になっている

作り笑いが癖になってしまっている人は、口角が上がっていても目が笑ってない状態の笑顔になっている、という事が多々あります。

普段から面白くなかったり、本心から笑っていない状態で笑顔を作っていると、そのまま目が笑ってない状態の笑顔が張り付いてしまったようになってしまう事があります。

表情を作る顔の筋肉に、常に力が入っているような状態で、不自然な笑顔になってしまっているのです。ずっと作り笑いをしている人は不気味と捉えられる事もあるので、たまには顔の力を抜いてリラックスしましょう。

自分の見た目にコンプレックスがある

Comfreak / Pixabay

自分の顔にコンプレックスがある人も、不自然な笑顔、目が笑ってない笑顔になっている事が多いです。例えば上記の目が小さいと感じ、大きく見せようとする人は目に力が入ってしまいます。

他にも歯を見せる事に抵抗がある人や、自分の笑顔が好きではないといった人も、顔に力が入ってしまっている事が多く、不自然な笑顔になりやすいです。

表情を作るのに必要な動きをしている筋肉は、力を入れていると自然な顔になりません。強張った笑顔や不自然な笑顔、目が笑ってない笑顔になってしまうので、逆に不気味に見えたり悪い印象を与えてしまいます。

目が笑ってない人の心理状態は?

ElisaRiva / Pixabay

目が笑ってない人とはどのような事を考えている場合が多いのか、という事を知っておき、自分がそのような事を考えていたら、不自然な笑顔になっているかもしれないという事を覚えておきましょう。

また、目が笑ってない笑顔になっている人の考えを知る事で、相手の気持ちが分かり、そのようになっている人と友好的な関係を築くのに役立つかもしれません。

本当は笑いたくない

Ultra_Nancy / Pixabay

本当は笑いたくない状況で、無理に笑顔を作っている人や笑顔を強要されている場合、目が笑ってない笑顔になりやすいと言われています。

ですので、笑顔なのに目が笑ってない人を見かけたら、本当は笑いたくないのに無理して笑っている、精神的な負担をかけているのかもしれない、と考えてみた方がいいかもしれません。

悲しいことを隠している

darksouls1 / Pixabay

笑えるような心身の状態ではない場合も、目が笑ってない状態になりやすく、悲しい出来事を隠しているという可能性もあります。

どこかいつもと違う笑顔で、目が笑ってない状態になっていたら、気に留めて置いたり、相談相手になってあげたらいいかもしれません。

身体がとても疲れている

whoismargot / Pixabay

精神的な疲労だけではなく、身体がとても疲れている場合も、目が笑ってない状態の笑顔になりやすいです。笑顔を作るのも億劫だ、というくらい疲れている様子だったら、無理をさせないようにしましょう。

笑っているように見えないだけ

1643606 / Pixabay

普段から目が笑ってない状態に見えてしまうという人も、中には存在します。目が大き目で変化の分かりにくい人だったり、感情を表すのが苦手な人というのが、そのような人たちです。

相手をよく知らない状態で、目が笑ってない笑顔をしているからといって、話を聞いていない、本心から笑っていないと判断するのは止めておきましょう。

目の形や表現方法で、笑っていても目が笑ってないように見える人もいる、という事は覚えておきましょう。

自分の笑顔を気にしすぎている

KELLEPICS / Pixabay

自分の笑顔にコンプレックスを持っている人に多い考えで、他にも人前で笑う事に抵抗のある人も存在します。

特に口を開けて笑う事が下品だと考えている人もいるため、自分が笑顔になる事を気にしていたりします。

あまり気にし過ぎない方が、自然な笑顔になり人に良い印象を与える事が多くなります。

相手を心から信じられていない

pixel2013 / Pixabay

相手を心から信じられていない場合というのも、心から笑えないという事に繋がり、目が笑ってない笑顔になってしまう事が多いです。

そもそも自分がそのような笑顔をしていたら、相手もこちらに心を許してくれなくなる可能性が高まります。たとえ初対面でも、自然な笑顔を作れるようにしておいた方が、人間関係は上手くいきやすくなります。

逆に相手が初対面でも素敵な笑顔を見せてくれたら、良い印象を持ち心を許してしまう、という人も多くいます。

話についていけてない

StockSnap / Pixabay

話についていけてない場合も、とりあえず笑っておこうという考えから作り笑いになり、目が笑ってない不自然な笑顔になっている事が多いです。

特に何かを説明している時などに目が笑ってない笑顔をしていたら、しっかり確認するべきでしょう。

また、自分が話についていけてないのに、とりあえず笑っている場合も目が笑ってない顔になっているかもしれません。いい加減に流して悪い印象を与えるより、確認した方が後々の関係も良くなる場合が多いです。

NEXT:冷静に分析している
1/3